パンくずリスト
  • ホーム
  • ゆきぽよ
タグ:ゆきぽよ

 

今年1月、文春砲によって親密男性X氏の“コカイン逮捕過去”が報じられたゆきぽよさん。

 

自身の自宅で倒れたX氏については、

 

「地元の先輩で、付きまとわれていて困っていた」

 

などと釈明したものの、

 

「それならどうして部屋の合鍵を渡していたんだ?」

 

という矛盾点もあり、世間からのイメージは完全に失墜。

 

https://imashun-navi.com/article/yukipoyo-x.html

 

その後、起死回生を目論んで写真集を発売したものの、当初の70万部の10分の1どころか、100分の1にも満たない初週916部という大惨敗。

 

現時点での総売り上げも1000枚程度と見られ、出版元の光文社はあり得ないほどの大赤字に頭を抱えているといいます。

 

ゆきぽよ、芸能界引退へ

 

しかも、つい先日にはゆきぽよさんの所属事務所である「デルタパートナーズ」の小泉宗弘社長が、所属タレントA子さんと退所を巡ってトラブルとなり、彼女に対して約7000万円にも及ぶ損害賠償請求をしていたことが明らかに。

 

こちらもネタ元は文春砲ですが、A子さんは

 

「辞めたいと伝えたのに事務所は辞めさせてくれなかった。賠償金についても全くの言いがかり、私は3カ月しか活動していない。これまでも社長から恫喝めいたモラハラ、嫌がらせを受けていた」

 

と涙ながらに訴えていました。

 

記事を読む限り、そのやり口はまるで半グレと言われても文句は言えないような恐ろしいもので、ゆきぽよさんにもさらなるブラックなイメージが上塗りされてしまったことは否めません。

 

※守護霊さま、呼んでみる?

芸能界の「闇」に迫る レプロ・本間憲社長 守護霊インタビュー (OR books) - 幸福の科学広報局 編

芸能界の「闇」に迫る レプロ・本間憲社長 守護霊インタビュー

[Amazon]

 

ちなみに、この小泉社長は早稲田大学出身で、渋谷のギャルたちの間では伝説となった“パラパラ社長”だといいます。

 

[以下引用]
「2000年前後のガングロ、パラパラブームの際、素肌のうえに直接白スーツを着たままでパラパラを踊って脚光を浴び、”こいちゃん”の愛称で親しまれました。その後はイベントオーガナイザーとしてエイベックスと共にギャルサーブームを仕掛け、全国のギャルを相手にクラブでパラパライベントを開催。ギャルが出演するテレビ番組のコーディネートも手がけてきました。ギャルブームが衰退してからは、アイドルのプロデュースを並行して手掛けたものの泣かず飛ばず。そんな時に出てきたのが、ゆきぽよで、彼女は小泉社長にとって唯一無二のヒットタレントでした」(プロダクション関係者)

[文春オンライン]

 

といった豆知識はさておき、この”コイちゃん”とゆきぽよさんは二人で涙ながらに

 

「何でもやります!どうか許して下さい!」

 

と、関係各所を謝罪行脚していたといいますから、今回の写真集大爆死はかなりショックだったはず。

 

なにしろ、これまでゆきぽよさんのグラビアは

 

「出せば数万部の売上が見込める優良コンテンツ」

 

として大手出版社が争奪戦を繰り広げるほどの人気で、袋とじの先行カットに数百万円のギャラが支払われていたそうで、今回で評価も大暴落してしまったそうですから…

 

[以下引用]

「ゆきぽよと社長、ダブルで“怖い”イメージが付いてしまった。テレビは格安ギャラで使っていますが『ゆきぽよがいなければ成立しない』というわけではなく、いよいよタレント生命の危機に瀕している」(テレビ関係者)

 

では、一発逆転の策はないのか?これに対する関係者の見解は一致している。大人路線に行くしかないというのだ。

 

「元ヤンだし、Vシネマなんかはいいと思いますけどね。すでにオファーはいっているようで、あとは事務所がこの緊急事態でGOを出すかどうか」(スポーツ紙記者)

[TOCANA]

 

「なんでもやる」といった以上は、「やるしかない」のかもしれません。

 

いや、やらざるを得ないでしょう。

 

ただ、Vシネに出るといっても、今回の件もあってギャラは格安でしょうし、再び大爆死してしまう可能性は高いと思います。

 

やはり、こういう時に特に芸のないタレントは厳しいですよね・・

 

せめて、A子さんのように

 

「東京芸術大学卒業で、絵画の腕前はプロ級」

 

といったウリでもあれば、また展開は違ったと思うのですが・・

 

ゆきぽよさんの今後に注目です。

 

◆コイちゃんの怪しすぎる経歴

 スーフリ和田と同級生?→ geinou ranking geinou reading

 スーフリ和田と同級生?→ geinou reading geinou ranking

 

◆カワイイ人生だったとは、とても言えません、今のままでは。

ゆきぽよ流 愛される秘訣 死ぬとき「カワイイ人生」だったっていえる生き方じゃないと意味がない - 木村 有希

ゆきぽよ流 愛される秘訣 死ぬとき「カワイイ人生」だったっていえる生き方じゃないと意味がない

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※キムタクのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

5月25日に3rd写真集「はじめまして。」を発売したばかりの“ゆきぽよ”こと木村有希さんが、大変なことになっているといいます。

 

なんでも、写真集の売り上げが悲惨なほど大爆死しているそうで、発行元もスポンサーも完全に見切りを付けてしまったそうで…

 



 

 

衝撃の売り上げ!その部数は、なんと…

 

文春砲の詳細はこちら。

 

ゆきぽよ彼氏が薬物摂取で泡吹いて倒れ逮捕!本人も尿検査を受けていた!振り込み詐欺逮捕歴まで

 

 

こ報道を受け、ゆきぽよさんは自身のインスタで謝罪コメントを発表したほか、同日放送の「サンデー・ジャポン」にもVTR出演して弁明。

 

その後、しばらくは芸能活動休止状態にあったものの、3月25日からは彼女が出演するRIZAPのCMがオンエア開始となり、同29日には写真集の発売も発表されました。

 

[以下引用]

「ゆきぽよは、写真集でRIZAPのトレーニングによって生まれ変わった姿を披露しています。スキャンダルの影響で、テレビ露出が激減していましたが、写真集の情報解禁から発売までの間、スポーツ紙や週刊誌で盛んにPRを行い、4月13日には自身のインスタでも『予約開始中』と宣伝。しかし、先月25日の発売から1週間強での売り上げは、わずか1,180部と悲惨な結果だったんです」(芸能プロ関係者)

 

「文春」報道後のネガティブなイメージを払拭するためにも、この写真集はヒットさせたかったところだろう。この結果に、ゆきぽよ自身も、さぞ焦っているかと思いきや…

 

「写真集の発売前後は、タレント自身、活発にPR活動を行うものですが、ゆきぽよのメディア出演はほぼストップ。彼女のインスタを見ても、直近の投稿は美容アイテムやサロンの紹介など、いわゆる“企業案件”の内容ばかりで、写真集に関する投稿はありません。写真集の売り上げはPR活動でも大きく変わってくるので、版元の光文社も困っているといいます」(同)

[サイゾーウーマン]

 

彼女の場合、どちらかというと男性ファンよりも若い女性からの共感を武器にテレビに出ていた感じなので、そもそも写真集との愛称が良くなかったという話もあります。

 

ですが、1週間で1200部にも届かないなんて、もはや芸能人とは言えないレベル。

 

これでは、経費やギャラなどを考えれば大幅な赤字は確実で、光文社も完全に読み間違えましたね。。

 

 

「もう起用しない」ゆきぽよドタキャン連発で口先だけの謝罪確定、テレビ局激怒

 

スキャンダルでヤル気消失。芸能界引退へ

 

それにしても、どうしてゆきぽよは宣伝活動に消極的なのでしょうか?

 

その裏を探ると、どうやら彼女のヤバイ状況が関係しているようで…

 

[以下引用]

そもそも“文春砲”を受けた時点で、本人は活動休止したかったそう。しかし、RIZAPとのCM契約の事情で、活動せざるを得なかった。1月6日に同社のYouTubeチャンネルで、“ビフォー”姿のゆきぽよがダイエットを宣言するCMが解禁された後、一時的に活動を休止しましたが、ダイエットに成功した“アフター”の姿を見せなければ、当然違約金が発生してしまう。それを回避するため、早期復帰したのでしょう。実は、今回の写真集や各スポーツ紙でのインタビューにも、RIZAPが関わっています。写真集が発売され、RIZAP側の条件をクリアしたことから、“ミッション完了”といわんばかりに、SNSでの宣伝もストップしているのでしょう。すでに芸能活動に対してやる気を失っているようです」(広告代理店関係者)

[サイゾーウーマン]

 

もともと彼女は、特に何ができるわけでもなく、ただ単に流れに乗ってポッと出てきただけのなんちゃってタレントですからね。

 

本人的にも自分の芸能人寿命がそれほど長くないことは分かっていたと思いますし、いつまでも業界にしがみついていようというハングリー精神もないのでしょう。

 

文春砲に過去のイタイ部分を突かれ、

 

「もう、メンドイ!もうじゅうぶん楽しんだし、一般人に戻る!」

 

こんな気持ちなのでは?

 

芸能界を引退すれば、大好きなアウトロー男子とも好きにお付き合いできますし。

 

https://imashun-navi.com/article/yukipoyo-x.html

 

ということで、サヨウナラ!

 

◆ゆきぽよのbefore→afterが凄い!

 改造人間?[画像]→ geinou ranking geinou reading

 改造人間?[画像]→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ゆきぽよのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

週刊文春が反社会的勢力の男性との交友関係を報じ、一気にイメージダウンしたゆきぽよさんですが、このスキャンダルの対応がまずくてさらなるピンチに陥ってるようです。

 

ゆきぽよさんがドタキャンを連発してテレビ局各局の不評を買い、「もう起用しない」と激怒されてるんだとか。

 

 

 

『ロンハー』で早速ネタにしドン引きされたゆきぽよ

 

ゆきぽよさんは先日『ロンハー』の「格付けしあう女たち」に出演。

 

どうやらこの収録は文春報道の直後だったということで、『ロンハー』もゆきぽよさんの出演をどうするか迷った末のGOだったとか。

 

よりによってテーマは「男を見る目が無さそうな女」で、ゆきぽよさんがいじられまくる展開に。絡まれるたび、「もう飲み会は行かない。興味なくなった」「これからは定時で帰って来て、スーツ着てる人がいい」等、ギャルキャラを捨てて精彩ない対応をするに終始しました。

 

ネットでは「もうネタにしてるの?」と驚く声が連発。多少の炎上は『ロンハー』も覚悟の上でのゆきぽよさん起用だったと思いますが、報道直後の収録でアレだったと思うとたしかに驚きです。

 

 

 

場当たり的な対応でドタキャン連発、信用をなくしたゆきぽよ

 

[スポンサーリンク]

 

とりあえず『ロンハー』はこなしたゆきぽよさんですが、実は複数の番組をドタキャンしてかなりの不興を買ってしまったようです。

 

[以下引用]

「ゆきぽよは、『サンジャポ』やインスタでの謝罪から2日後の1月26日に、『Radyの撮影』と通常モードで仕事の報告をインスタで行ったのですが、これに対して『立ち直り早すぎ!』『本当に反省した?』との批判が寄せられました。自ら火に油を注いでしまったゆきぽよは、その焦りからか、『ロンハー』以外に出演が決まっていた複数の番組を、収録直前になってキャンセルしたそうなんです。詳しい理由は明かされていないものの、“自己都合のドタキャン”には変わりないため、番組や局サイドは激怒し、関係者からは『もう起用しない』という声まで出ています。現状、これから放送される出演番組は、騒動前に収録済みのものとみられ、その全てが消化された時、ゆきぽよの姿をテレビで見ることはなくなるかもしれません」(前出・局関係者)

[サイゾーウーマン] 

 

特殊詐欺と薬物で逮捕された男性はただの知人という立場でいるゆきぽよさんからしたら、そのただの知人が自宅で勝手に薬物を使って泡吹いて倒れてただけで、自分は薬物にも特殊詐欺にも関係ない、それなのに文春でもサンジャポでもSNSでも謝罪したんだからもういいでしょ?というところだったんでしょうね。

 

だからすぐに通常運転に戻したのに、思ったよりも風当たりが強いことに困惑してるとは報じられていました。

 

その結果、次々と番組をキャンセルしたんでしょうが、キャンセルされた側からすれば迷惑でしょうし、「あ、『ロンハー』は出たんだ」と複雑な思いもありそう。

 

ゆきぽよさんは謝罪の中で「責任ある社会人となるよう日々頑張っていきたいと思います」などとコメントしていましたが、責任ある社会人とドタキャンって対極にあるような。

 

結果同じだとしても、仕事をくれているテレビ局の判断に任せるべきだったのでは。

 

そのあたり、ゆきぽよさんの事務所もかなり高圧的で態度が良くないようなので、考慮できる大人がいないのかもしれません。

 

薬物以外にも問題が!ゆきぽよは謝罪しても干されていく運命だった

今後、厳しそうですね。

 

※バウム山盛り

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ゆきぽよさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

ゆきぽよさんが出演番組から消えたと報じられています。

 

ゆきぽよさんは交友関係にあった男性が特殊詐欺と違法薬物で逮捕されていたことが判明、その後ゆきぽよさんがプロデュースした下着にパクリ報道がありました。

 

 

 

 

メディアから消え始めたゆきぽよ

 

[以下引用]

トラブルが立て続けに報じられているギャルモデル「ゆきぽよ」こと木村有希がテレビ番組から“消えた”と話題だ。

 

注目されたのは2日放送のクイズ番組『そんなコト考えた事なかったクイズ! トリニクって何の肉!?』(テレビ朝日系)。ゆきぽよは若手芸能人から成る「トリニクダイヤモンド」の一員として以前から同番組に頻繁に出演しているが、この日にかぎっては、全体が映る引きの映像では姿が確認できたものの、彼女の姿をアップで映すシーンや、単独でコメントする場面は見当たらなかった。

[エンタメガ]

 

ゆきぽよさんは2月1日発売の『週刊ヤングマガジン10号』の表紙も差し替えになっています。

 

それで翌日放送のテレビでこういう扱いだと、避ける傾向がになってるんだろうなと思いますよね。

 

同日放送されたフジテレビ系の『華丸大吉&千鳥のテッパンいただきます!』では通常通り出演していて、局や番組により対応が違うのか、たまたまなのかというところですが、きっとクレーム回避の策だったんでしょう。

 

同じようなことがあったなと思ったら、木下優樹菜さんでした。

 

 

クライアントが最も嫌うタレントに成り下がった木下優樹菜。芸能活動再開も結婚生活も大ピンチ

 

引きの画面では映るのに抜かれることはなく発言もなく不自然でしたが、それはもう木下さんがタピオカ騒動を謝罪し活動自粛を発表する前に収録されたものを、活動自粛後に放送するための苦肉の策だったのに、ゆきぽよさんの場合、特に活動自粛の雰囲気はないのにこれって、かなりヤバいのでは。

 

 

サンジャポでの謝罪の仕方がまずかった、という話

 

[スポンサーリンク]

 

ゆきぽよさんサイドにしたら、報じられた男性は交際相手ではなく遊び仲間で、付きまとわれて迷惑していたけど人脈的に拒絶できずにいたら、自宅で勝手に泡吹いて倒れていただけなのに、きっちりサンジャポやSNSなどで謝罪もしたのになんで、というところかもしれません。

 

が、そのサンジャポを謝罪の場に選んだのがまずかったという指摘もあります。

 

[以下引用]

「“攻めの演出”は『サンジャポ』の真骨頂で、他局の情報番組は真似できません。そのスタイルが視聴率にも反映されています。  

ところが、ゆきぽよさんは、生謝罪でなくVTRで謝罪しました。異例の判断にテレビ業界は『あのサンジャポでも生出演を回避するほど、ヤバいネタだったんだ』と再認識させてしまったのです。ゆきぽよさんサイドにとっては誤算だったと思いますね」(同・スタッフ)  

[デイリー新潮]

 

最近サンジャポに「生出演」し謝罪・釈明を行ったのは、再度の不倫が報じられた宮崎謙介さん、コロナ禍で90人規模のマスクも徹底していないパーティーを主催したデヴィ夫人など。

 

いつものサンジャポであれば、ゆきぽよさんも生出演してスタジオにいる人たちが情け容赦なく質問したり糾弾し、それに答え続けることで視聴者もだんだん同情の念を持ち始め、禊終了、となる流れです。

 

が、そうならなかった、攻めるサンジャポですらVTR出演がギリギリだったということで、これはネタにできるものではないと他局・他番組も自覚し対応し始めたのでは、と分析されていました。

 

実際、4日発売の週刊新潮はゆきぽよさんプロデュースの下着にデザイン模倣の疑いがあると報じています。

 

原因は生産する中国の工場の管理のずさんさにありそうだとも言われていますが、もともと所属事務所幹部の態度が上からで現場の評判が悪かったという話もあり、切られやすいところにいたのかもしれません。

 

 

薬物以外にも問題が!ゆきぽよは謝罪しても干されていく運命だった

 

今後新しい仕事のオファーは控えられるだろうと言われていますが、いろいろ落ち着いた後にまたゆきぽよさんにオファーがあるのかどうなのか…要するにゆきぽよさんが「芸能人」か「芸NO人」かだと思いますが、さてどうでしょうね。

 

◆ゆきぽよのbefore→after

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ゆきぽよさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング