TBSが放送する『冒険少年』の人気コーナー「脱出島」で絶対王者として君臨するあばれる君のやらせ疑惑を報じた文春が、続報として、ハリセンボンにも同じ疑惑があると報じています。

 

 

 

 

 

目次

閉じる

空腹でキレたはずの近藤春奈、現実にはコンビニ弁当を食べていた

 

 

[以下引用]

1月9日、文春オンラインが報じた一連のTBSの「『アイ・アム・冒険少年』やらせ疑惑」報道。

 

同番組の名物企画「脱出島」は、出演者が45Lのリュックひとつ=ワンバッグに入る分の持ち物のみを無人島に持ち込み、それ以外は島にある限られたアイテムだけを使ってイカダを作り、有人島へ脱出するまでの時間を競うというものだ。ところが、取材班が現地に行って、撮影の様子を確認すると、そこで過剰演出ややらせと思われる撮影が行われていたことがわかったのだ。

 

TBSはこの報道を受け、出演者であるあばれる君を乗せたイカダを小船が牽引したワープ行為などの演出について、「出演者の安全面を考慮しての対応だった」とし、「今後の放送に影響はありません」とスポニチの取材に回答した。

 

だが、取材班が確認した番組の過剰とも言える「演出」はあばれる君に対して行われたものだけではなかった。1月3日に放送された『冒険少年 新春! 超・脱出島SP』で「脱出島」企画に初挑戦したお笑いコンビ「ハリセンボン」の2人に対しても首を傾げたくなるような「演出」が行われていたのである。

[文春オンライン]

 

 

ということで、文春オンラインには、昨年夏の撮影で、近所の人があばれる君のイカダがけん引される様子を目撃した、とか、数時間後、約10キロ離れた海辺で再度あばれる君のイカダを目撃。浜辺にはジャングルポケットの3人が座っていた、といったエピソードや、コンビニ弁当を持ってホテルに入るハリセンボンの二人などなど、多くの怪しい行動が挙げられています。

 

春奈さん、番組では空腹でキレやすい感じに仕上がっていましたが…。

 

文春にはこんな専門家の話がありました。

 

 

[以下引用]

放送倫理・番組向上機構(BPO)の元委員でメディア法を専門とする立教大学名誉教授・服部孝章氏は、今回の疑惑に対してこう語る。

 

「今回の件で一番問題なのは、ドキュメンタリーという体裁の番組で、ドラマのような撮影方法をして視聴者をだましたことです。視聴者が『なにか演出があるな』とうすうす分かっていたとしても、TBSはそれに胡坐をかいてはいけませんでした。テレビに対する不信感が増してしまいます。

そもそも、この『脱出島』という企画自体に無理があったのだと思います。限られたアイテムだけで無人島から脱出するというのは、誰がやっても相当な危険が伴います。素人が作ったイカダなんて海に出たら壊れるのは目に見えていますし、南の島だからといって11月の海は非常に寒く命の危険があります。だからこそ、イカダを作るのはプロがやったり牽引したりしたのでしょうが、その結果、危険性そのものが伝わらなくなってしまいます。本来であれば『専門家の指導のもと安全に配慮してやっていますので、マネしないでください』という注意書きをするべきでした。子どもに与える悪影響は全くないとは言い切れないし、出演者もそういった問題からは無縁ではいられないでしょう」

[文春オンライン]

 

たしかに「専門家の指導のもと安全に配慮してやっています」と書いておくだけで、ずいぶん違ったと思うんですけどねえ。

 

 

5寸釘ナイフを作った経緯も、やらせ

 

今回の続報は、あばれる君の件が暴かれたあとなので、そりゃそうだ、他の出演者にも何かしらあっただろうねという話なのですが、気になったのがあばれる君の5寸釘ナイフの件です。

 

11月の撮影では、あばれる君が脱出した翌日に再度あばれる君がハリセンボンの2人とともに島に上陸し、「偶然」遭遇したシーンやマリンスポーツ対決のシーンが撮影されていたそう。

 

しかし、放送ではあばれる君はイカダ作成前にハリセンボンと対決、負けてナイフを奪われたために5寸釘ナイフを作成したことになっていました。

 

つまり、マリンスポーツ対決は勝敗までやらせということですよね。

 

だって、前日にすでにナイフを自作していたわけですから。自作する理由がマリンスポーツ対決での敗北なわけですから。

 

ちなみにこの5寸釘ナイフは文春の第一報で、作ったのはあばれる君ではなくスタッフで、作っていたのはロケ前日だったと報じられています。

 

それに対してTBSは、「安全確認などのため、シミュレーションとして行ったもの。現地(無人島)には持ち込んでいません」と回答しています。

 

が、番組ではマリンスポーツ対決で敗北→ナイフ損失→5寸釘ナイフ自作という流れだったのに、ロケ前日にシミュレーションしていたということからして、マリンスポーツ対決のやらせを自ら暴露しちゃっていたようなものだったわけですね。

 

材料を多少用意していたり、スタッフがイカダ作成に手を貸していたり、安全を考慮しての牽引だのは、まああるかもね、という話でもありました。

 

しかし、ああいう勝負もやらせとは。

 

まあそもそも脱出レース自体がやらせぽいですけどね

 

文春の第一弾に対し、TBSは「今後の放送に影響はない」と強気の姿勢でした。

 

その結果が追い打ちをかけるこの第二弾だったのかもしれません。

 

そして、今回もTBSは文春の取材に対し、「前提とする認識に隔たりがあるためお答えのしようがありません」と回答しています。

 

こんな感じでは、さらに追い詰めるための第三弾、つまり同じ放送回に出演したSexy Zoneの菊池風磨さんについての暴露もあるのでは。

 

ただ菊池さんはスケジュールの都合上、まったく違う日に撮影をしているということなので、何もない可能性もありますが。

 

もしも菊池さんにも大きな嘘が発覚したら、今好感度が上がってるだけに、ダメージが大きくなりそうですね。

 

◆ジャニーズはすでに大激怒という話も…

どうするの?TBS→ geinou ranking geinou reading

どうするの?TBS→ geinou reading geinou ranking

 

※今年も手作りは止めたほうがいいかも

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※近藤春奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!