熊田曜子さんが芸能界引退どころか、追放の危機を迎えています。

 

 



 

 

クロ情報が次々と明らかになる熊田曜子

 

5月18日、会社経営者の夫から暴行を受けたとして警察に通報した熊田さん。

 

その後、禁断アイテム持参でテレビ局プロデューサーと不倫していたと夫に暴露され、

 

熊田曜子、芸能界引退へ。夫から衝撃の浮気証拠を告発されて万事休す

 

さらに元交際相手からも、過去の警察沙汰を告発され、そのトラブル体質が明らかに。

 

なんでも、浮気を疑った男性が厳しく問い詰めると、突然家を飛び出し、近くの目黒警察署に駆け込んで助けを求めたそうで、

 

「今回の熊田夫妻の警察トラブルを見て、自分と同じだと感じた」

 

と告白していました。

 

熊田曜子に前科あり!結婚前の元交際相手とも警察沙汰に!浮気がバレると事件化して被害者ぶる卑怯な手口の常習犯

 

[以下引用]

「報道が確かなら、熊田は自分が責められると、警察に飛び込んで被害者アピールするようですね。夫から激しい暴行を受けたと主張していますが、こうなると『布団を払ったときに手が当たっただけ』という夫の証言も信ぴょう性が増してきます。男性の証言によると、熊田は交際前に男性を中目黒のマンションの自宅に誘ったようで、床で寝ようとする男性に対し『そんなとこにいないで、こっちに来たら』とベッドに呼んでそのまま抱き着いてきたといい、性に関してはかなり奔放のようです。携帯に残されていた社長やディレクターとの間にも、なんらかの淫らな関係があった可能性は高いのではないでしょうか」(週刊誌記者)

 

男性の告白に対し、ネット上では

 

《完全に自分から誘いにいってるじゃん》

《よく考えたら目立った活動のない熊田曜子さんが、何十年もテレビに出ていられることがおかしいもんね。なるほど、こういうことだったんだな》

《独身時代から枕とは筋金入りだな。そりゃ旦那さんも怒るのもわかるよ》

《簡単に警察に駆け込まないでほしい。本当のDV被害者まで嘘っぽく見られる》

《色々出てくるなぁ~。テレビを封じ込んでも、もう無理でしょ》

《父親を前科者にしてまで、芸能界に残ろうとしたやり方は、子どもにとって最悪。もう引退したほうがいい》

 

などと、大きな反響を呼んでいる。

 

現在まで、熊田と夫の離婚協議に進展はみられず、夫側もこれから、第2・第3の矢を放ってくることが予想される。このまま泥沼の暴露合戦が続けば、熊田の芸能界での居場所はなくなるだろう。

[まいじつ]

 

熊田さん、子育てで散々お世話になった義母さんから被害届を取り下げるように頼まれた際にも、

 

「肩を強く揺さぶられた!」

 

と主張していて、その時のやり取りも音声データに残しているんだとか。

 

ここまで来ると、もはや完全に被害者商法の常習犯ですよね・・

 

今後、いくらDV被害者ぶっても、それに騙される人はいないでしょう。

 

※コレの知名度は爆アゲしましたが。

ウーマナイザー - ブリトニー・スピアーズ

ウーマナイザー - ブリトニー・スピアーズ

 

 

”枕営業”だけが唯一にして最大の武器だった熊田曜子

 

[以下引用]

「自分で警察を呼んで夫が逮捕されているのに、そのことは完全スルーしSNSで日常風景をアップ。それが急転直下、離婚まで表明した裏には、自身の不倫疑惑を打ち消す目的があったのでは?熊田さんは、おっとりしているように見えますが、なかなか計算高い。夫から交際を申し込まれたときも『結婚前提なら』と念を押し、『子供はいつまでに欲しい』などと家族計画まで伝えたそうですからね」(スポーツ誌記者)

 

DV被害者として離婚したのであれば、悲劇のシングルマザーとしてママタレを続けられたかもしれないが、テレビマンとの不倫疑惑は致命傷になりかねない。

 

「今でこそママタレとして活躍している熊田ですが、以前は『枕営業と言われても全く気にならない』と公言していた強者。グラビアからバラエティー番組に進出したあたりから、仕事をもらうために番組Pや大物MCなどを次々に陥落し、現在のポジションを確立した。僕が聞いているだけでも、番組の司会も務める超大物お笑い芸人S、O、M、Aなどが彼女と関係を持っています。ただ、明石家さんまさんだけは、熊田のアタックを断ったそうです。今回も彼女にとっては不倫ではなく、ただの営業の一貫だったのかもしれません(苦笑)」(某民放テレビ局関係者)

[週刊実話]

 

なんか、寂しい人ですね、熊田さん。

 

今回の騒動で、特になんの芸もない女性タレントがバラエティ番組に出るだけで

 

「あの女、枕で仕事取ったんだろ」

 

みたいに見られるとしたら、いい迷惑。

 

もはや、芸能界に熊田さんの居場所はないのでは?

 

すでに現在の夫と離婚するのは確定的ですが、業界全体で彼女に対する警戒心がMAX状態になっているのであれば、今までのやり方は通用しそうにありません。

 

夫と別れ、子どもの親権も奪われ、その慰謝料と養育費を支払っていかなければならないとなると、これまで以上に稼ぐ必要があるはず。

 

これまでの芸能人生を”暴露本”にまとめ、出版する日も近いかもしれません。

 

◆暴露本収集家が選ぶ不動のツートップとは?

 読んでみたい→ geinou ranking geinou reading

 読んでみたい→ geinou reading geinou ranking

 

◆これもある意味暴露本。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※熊田曜子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー
タグ