土屋太鳳さんが本当の意味で崖っぷちだと報じられています。

 

 

 

 

現在大学8年生の土屋太鳳

 

[以下引用]

女優の土屋太鳳が5月24日のInstagramで、大学のオンライン授業を受けていることを報告。「機械の操作が得意ではないので1日に一回は頭が真っ白になってます」と、慣れないシステムに戸惑いながら受講しているようだ。これにネット上では、「まだ大学通っていたのか」「今年こそ卒業して欲しい」といった声が相次いだ。実際、土屋の大学生活は“崖っぷち”状態にある。

 

「土屋は10歳の時に、スーパー・ヒロイン・オーディション ミス・フェニックスで審査員特別賞を最年少で受賞して芸能界入りしました。芸能活動と並行しながら中学・高校生活を送り、その後、日本女子体育大学に入学し、舞踊学を専攻します。しかし、芸能活動が多忙を極め留年を繰り返し、現在は8年生に。在学できる最後の年となるため、今年の取得単位が足りなければ、そのまま退学になってしまいます」(芸能ライター)

[エンタメガ]

 

土屋さんは2013年4月に大学入学、その翌年にNHKの朝ドラ『花子とアン』に出演、さらにその翌年の朝ドラ『まれ』ではヒロインを演じてからは映画にドラマに大活躍ですから、大学に通う時間はなかったことと思います。

 

それでも諦めず、2016年にはフライデーで「芸能人だからって特別扱いはイヤなんです。きちんと学んで、何年かけてでも卒業します」と語っていたといいますから、頑張ってますね。

 

 

この数年で好感度がずいぶん変わった土屋太鳳

 

[スポンサーリンク]

 

とはいえ、大学というのは何年もいられるものではないので、8年生の今年がラストチャンスです。ほんとに崖っぷち。

 

8年いても卒業できる望みがまったくなければもっと早く諦めていたのかもしれませんし、きっと希望があるのでしょう。

 

オンライン授業は忙しい土屋さんにとってはありがたいところでしょうが、問題は実技でしょうか。

 

しかし、土屋さんの留年についてちょっと調べてみて驚いたのが、その好感度の変化です。

 

初めて留年が決定したときは、ネットでは「忙しいんだし仕方ない」「中途半端で投げ出さないのは偉い!」といった好意的なコメントが多く確認できました。

 

しかし今年、8年生になることが決定したときには、「もう辞めれば?」「がんばりやさんって言ってほしいのかな」「イメージ無いけど、意外とだらしないのかな?と思ってしまった。両立出来ないならどっちかに集中すればいいのに」といった声が目立つように。

 

ゴリ押しで出まくった結果でしょうか。

 

その一方で大学を犠牲にしてまで時間を費やしてきた仕事でも結果が出せず、女優としても崖っぷちに…。

 

土屋太鳳、オファー激減!空気を読まない天然発言に失望され今後は露出減の方向へ

 

大学と女優、2つに手を出した結果、どっちも手に入らないんじゃ悲しすぎます。

 

せっかくですので大学は卒業してほしいですね。

 

◆大学以外でも…土屋太鳳が「卒業するする詐欺」

ファンですら心配→ geinou ranking geinou reading

ファンですら心配→ geinou reading geinou ranking

 

※1箱1000円切ってます

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング