タグ:ZOZOの記事一覧

タグ:ZOZO
「剛力彩芽面接参加」よりもヤバイ記事があったのに…ZOZOが辞めさせたい週刊新潮のネガキャン

[スポンサーリンク]

 

先日剛力彩芽さんがZOZOの採用面接に参加していたと週刊新潮が報じ、ZOZOサイドが「事実とは異なります。当社の採用面接に役員及び社員以外が同席することは一切ございません」と完全否定し、「当社の名誉や事業活動に不当な損害を与える記事については、法的措置も含めた対応を検討してまいります」と法的措置も辞さない構えを見せました。

 

この強硬な態度のウラには、剛力さんの面接同席以上にヤバイ話があったと指摘されています。

 

 

 

ZOZOの「もっとヤバイ」話

 

[以下引用]

新潮はかねてZOZOのネガティブキャンペーンを展開。剛力記事など序の口で、前号では「背伸びがバレたZOZO『前澤社長』 プロが読みとく経営状況、実際は“赤字14億円”!?」という記事を掲載。ZOZOは先月31日に発表した決算で、通期の連結経常利益は従来予想の400億円から265億円に下方修正し、今期の年間配当を36円から24円へ大幅に減額した。その決算の数字から会計評論家の男性がZOZOの本当の経営状態を分析。その結果、業績はこの1年で大幅悪化し、実際は14億円の赤字状態にあると結論付けた

 

ZOZOが訴えるならば、確実にこっちの方。そこに反応せず、今回の剛力記事に噛み付くのですから、何をか言わんや、です(笑)。ZOZOとしては新潮のネガティブキャンペーンをどうしても止めたいと考え、法的措置をチラつかせてきたのでしょう」(同)

[TOCANA] 

 

確かに、14億も赤字状態である、なんて言われてそれが真っ赤な嘘であれば、それこそZOZOの信用に関わりますから、剛力さんが採用面接にいた、なんてことよりも真っ先に否定すべきことです。それをしないということは、痛いところ突かれた、ということなんでしょうね。まあ、そもそも減益自体自ら認めてはいますが。

 

ZOZOは昨年12月、有料会員になれば全品10%割引を受けられるという「ZOZO ARIGATO」というイベントを始めましたが、その途端オンワードやライトオン、ミキハウスが撤退することを発表し、その他ブランドも「メンテナンスのお知らせ」としているところがポツポツとあり、退店の流れは止まっていないと見られています。

 

これについても週刊新潮ではミキハウス社長がZOZO出店を辞めた理由を赤裸々に告白したインタビュー記事が掲載されていましたし、ZOZOからすれば週刊新潮にはいい加減静かにしてほしいところなんでしょう。

 

前澤さんは昨年末に「『出る杭は打たれる』から『出過ぎた杭は打たれないかも』にトライしてみたけど、結局打たれまくった」とつぶやいてましたが、まだまだ打たれていると言いたいところかもしれませんが、前澤さんもちょいちょい下手打ってるんですよね。

 

例えばTwitter休止宣言の直前には「1万円の服の原価は2、3千円。後でセールになるなら、定価で買うのは馬鹿らしい?」「後々セールすることが決まっているなら、最初からセール価格で販売してほしい」といったアンケートのようなものをつぶやいていました。

 

それがZOZO ARIGATOの理由なんでしょうけど、それを全ブランドに了承なく実行したのはまずかったでしょうね。いくら10%オフ分はZOZOの収益分で補ってるにしろ、ブランドにはイメージもあります。庶民の味方はありがたいですが、ZOZOは仕入元であるブランドも大事にしないといけなかったでしょうに。

 

そりゃ株価も下がりますね。

 

 

剛力彩芽とオスカーの関係

 

[以下引用]

「オスカーに面接官をしていたか否かについて問い合わせたところ『ないと聞いています』のひと言。“聞いています“と断定しきっていない部分について突っ込むと『お察し下さい』で返されたそうです。ようは剛力がどこで何をしていたか把握できておらず、制御不能ということです。彼女はオスカーではなく、前澤氏のコントロール下にあると言ってもいい」

[TOCANA]

 

よくそんな感じで契約が維持できるものですね。

 

先日は出演するバラエティ番組で前澤友作さんとの出会いやキスの話まで赤裸々に話し、そこまでバラすかと話題にもなっていましたが、それはもうまさに「見放した」という状態のよう。

 

[以下引用]

「女優はイメージ戦略がモノを言う職業ですから、日頃の“ラブラブアピール”を注意せず野放しにしている時点で、事務所が剛力を見限っていることは明白ですよ。『ますだおかだ』岡田圭右の娘・岡田結実をドラマ主演させ、バラエティーから役者へシフトさせることで後継枠も埋まりましたし、いつ剛力が“寿引退”しても事務所は困りません。現に、MCを務めていた『オスカル! はなきんリサーチ』は昨年いっぱいで降ろされましたし、ヒロインを務めたドラマ『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)も、4月スタートの続編には出演しない“降板”となっています」(エンタメ誌記者)

[リアルライブ]

 

実質的な引退はもう近そうですね。

 

最近はSNSに投稿しても不安を煽るような感じが多く、この先が心配ではあります。

 

 

◆意外な人の名も

SNSを辞めたほうがいい芸能人→ geinou ranking geinou reading

SNSを辞めたほうがいい芸能人→ geinou reading geinou ranking

 

※いい夢見たな、という感じでしょうか

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※剛力彩芽さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

スター気分でご満悦の剛力彩芽。前澤友作に利用され、着実に芸能人生命が終了に近づきつつあることにも気づかず…

ZOZOの前澤友作社長との熱愛が大きな注目を集めている剛力彩芽さんが、芸能人生命の危機に陥っているといいます。

 

しかも、本人はその自覚が全くないどころか、何か書けばすぐ話題になる現状が嬉しくて仕方なく、仕事が減っていることもまるで気にしていないんだそうで…

 

 

[以下引用]

「最近は剛力さんがインスタを更新するたびにその内容がネットニュースで扱われ、ワイドショーでも取り上げられます。うんざりしている視聴者も多いですが、当の本人はこの状況に大喜びのようです」(ワイドショースタッフ)

 

自分たちのプライベートは本来そっとしておいてほしいと考えがちだが、大喜びとは意外だ。その理由は何か。

 

簡潔に言えばスター気分を味わっているようです。インスタを更新するたびにニュースになり、世間がザワつくため、影響力を持ったと思っているという噂があるんです。たしかに有名人ではありますが、決してインスタに関して良い評価を与えられているわけではありません。しかし本人はこの状況を楽しんでいる模様です」(同)

[TOCANA]

 

それは良くないと周囲が忠告しても、現在前澤さんに傾倒しきっている剛力さんにはその忠告は届かず、剛力さんの評判が落ちると同時にCMギャラも半額以下に下がってしまったとか。

 

さらに、通常なら剛力さんくらい知名度のある芸能人のギャラが下がればそのお得感から新規のCMオファーが舞い込むものなのに、それでも新規のオファーがないため、業界では相当な低評価となっていると見られているとのこと。

 

もはや剛力さんを見るとZOZO前澤さんを思い出すようになった今、自社の宣伝をすればするほどZOZOの宣伝にもなるような状況は、スポンサーとしても不快でしょう。

 

剛力さんはもともとゴリ押しで出てきており、女優としてもその能力はビミョーとされていましたが、CMもなくなってしまったら厳しいですね。

 

一方の恋人・前澤さんは、年間何十億かかけていたZOZOのCMを廃止し、代わりに剛力さんとの交際や納税額、月旅行など話題を提供することでCM代わりにしているという話も。

 

これが本当ならとんでもないやり手とも言えますが、剛力さんがスター気分を味わっている間にタレント生命が終了となってしまっては、所属事務所としては立場がありません。

 

実際、オスカープロモーションの古賀誠一社長は激怒しているそうで、二人を破局させるべく密かに動いているんだとか…

 

[以下引用]

「インスタグラムでラブラブアピールしたり、アンチの投稿に過剰に反応したり…。前澤氏はいいけど、剛力さんの商売は上がったり。現にクライアントから『なんとかならないか?』と問い合わせも入っているようです」(スポーツ紙記者)

 

発売中の「週刊新潮」(新潮社)によれば、ひと月ほど前に見かねた古賀社長が2人を呼びつけ「インスタを控えるように」とダメ出し。その際、ラフな格好だった前澤氏に対し古賀氏は「前澤は手土産も持ってこなかった」とボヤいていたという。

 

「完全にナメられています(笑)。そりゃあ前澤さんの会社とオスカーでは事業規模が違いすぎる。オスカーも芸能界では有力事務所ですが、向こうは時価総額1兆円企業ですからね。その証拠に前澤氏は、古賀氏から忠告を受けたあとも、何食わぬ顔で剛力さんを連れ回し、インスタに登場させている。前澤氏に夢中の彼女は、社長の言葉など耳に入ってこない」(芸能プロ関係者)

 

芸能界はメンツが命。“ナメられている”と感じた古賀氏は2人の“破局計画”を検討し始めたというが…

 

「時すでに遅しです。剛力さんに仕事を入れて拘束しようとしても、本人が難色を示して、(仕事に)穴を開けたりでもしたら、オスカーの方が業界内で信用がなくなる。今はひたすら彼女の熱が冷めるのを待つしかありません」(前出スポーツ紙記者)

[日刊サイゾー]

 

オスカーの古賀社長、当初は2人の交際を容認していたみたいですね。

 

なんでも、前澤さんと二人で何度か食事にも行っているそうで、古賀社長は「俺の若いころにソックリだ!」と絶賛していたんだとか。

 

それなのにこんな事態になってしまい、まさに裏切られた気分?

 

まあ、いずれは熱も冷めて破局すると思われますが、その時には”詫び料”として100億円くらい頂戴したらいかがでしょうか?

 

個人で毎年70億円も納税している前澤さんからすれば、そのくらいは余裕で払えるでしょうから…

 

◆前澤友作が剛力彩芽ととんでもないことを計画中!

 これはヤバイ、ヤバ過ぎる…→ geinou reading geinou ranking

 これはヤバイ、ヤバ過ぎる…→ geinou ranking geinou reading

 

※当の本人は幸せなんでしょうね!

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング