タグ:NGT48の記事一覧

タグ:NGT48
黒幕確定か。NGT加藤美南が山口真帆の卒業に嫌味炸裂し自爆

[スポンサーリンク]

 

ファンから暴行を受けたこと、その件にメンバーが関わっていたことを告発した山口真帆さんが先日NGT48から卒業しましたが、そのニュースの画像にケチをつけたNGTメンバーが炎上しています。

 

 

※こちらが問題の加藤美南さん。正しくAKBっぽい…

[Amazon]

 

[以下引用]

加藤はこの日、Instagramのストーリーを更新。そこには「NGT48 山口真帆 “最後のステージ”」とのテロップが入った、卒業公演の模様を伝えた「ミヤネ屋」が映るテレビの写真と、「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」とのコメントが書かれていた(※現在は削除済み)。  

[ナリナリドットコム]

 

その画像がこちら。

 

 

 

 

 

これは公開されてほんの1分ほどで削除されたようですが、ネットにはこのストーリーの35秒時点と50秒時点のスクリーンショットが拡散されています。

 

ファンの中には合成を疑う声もあるようですが、ホンモノだったとしたら怖いですね。

 

気に入らないニュースが流れてるけどネイル中だから変えられないよ、つまり、山口さんの話題は見たくない、ということなんだと思うのですが、ネイル中でチャンネルも変えられないのにSNSにアップするとは。

 

裏垢と間違えたんじゃないかという見方もありますが、加藤さん本人が発信したんだとしたら、何にしろ、間違えたんでしょうね。

 

すぐ気づいて削除したしセーフ、と思ったけど実は拡散してしまって慌てているんじゃないでしょうか。

 

ちなみに加藤美南さんというのは地元のイベント会社「株式会社新宣」有力企業の社長令嬢であり、そのコネでNGTに入ったという噂や、今回の暴力事件の黒幕だという噂もありました。

 

ただイマイチ地味で目立ってこなかったため、他のメンバーに注目が集まっていたわけですが、今回の誤爆で一気に注目株に。

 

インスタ乗っ取りを疑う声もありますが、それもなかなか厳しいような…。

 

加藤さんが山口さん暴行事件にまったく関与していなかったとしたら、山口さんが告発したためにNGTが終わりそう、という思いで山口さんを嫌いになる可能性もなくはありません。

 

そうだとしても、卒業公演のニュースで「せっかくネイルで気分上がってたのに変なもの見せんなよ、ちっ」みたいな感想をSNSへ投稿するのは、性格がいいとはとても言えません。

 

今回の山口さんの件は、NGTだけでなくAKB全体に波及し、今年の紅白は厳しいのではとまで言われています。

 

現在放送中の連ドラ『あなたの番です』も、内容云々以上に秋元康さんが関わっていることで拒絶されているという話もあり、もうAKBビジネスはたたむときなのかも。

 

◆加藤美南って知らなかったけど…

インスタと顔が違う!違いすぎる!→ geinou ranking geinou reading

インスタと顔が違う!違いすぎる!→ geinou reading geinou ranking

 

 

<追記>

その後、加藤さんは研究生への降格が発表され、本人も「ネイルサロンでニュースを見て悲しい気持ちになってしまい、友達だけに公開しようと自分の心境をストーリーに述べたのですが、間違えて全ての人に公開してしまいました。親しい友達にしか見せないとはいえ、人の気持ちを考えていない投稿でした」等反省の気持ちを表しています。

 

しかし、「せっかくネイルしてるのにチャンネル変えて欲しい」が、悲しい気持ち…

 

 

※今後頑張ってください

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山口真帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

NGT48山口真帆、沈黙を破る!松村匠取締役がほぼ脅しの形で謝罪を要求していた

NGT48の山口真帆さんが昨年12月にファンの男性から暴行を受けた事件について、事件の詳細やメンバーが絡んでいるかどうか、真相を調べ報告する第三者委員会が調査結果を報告する記者会見を開いたところ、山口真帆さんが約2ヶ月半ぶりに自身のツイッターを更新し、「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました」などとつづり話題になっています。

 

 

※強いひとです

[Amazon]

 

 

[以下引用]

山口は「只今、記者会見を行っている松村匠取締役は第三者委員会が行われる前に『繋がっているメンバーを全員解雇する』と私に約束しました。その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました。コミュニケーションも何も、このことに関して聞くと連絡が返ってきません」とツイート。

 

続けて「私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。私が謝罪を拒んだら、『山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる』と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました」とつづった。

[スポーツ報知]

 

山口さんが謝罪したことについてはなぜ被害者が謝罪を、と違和感を感じたひとが多かったようですが、背景にはまるで脅しのようなことがあったんですね。

 

運営会社のAKSは21日、公式サイトで第三者委員会による調査結果を発表し「事件そのものにNGT48のメンバーが関与した事実はなかった」と発表。

 

運営責任者の松村匠氏、NGT劇場支配人の早川麻依子氏らが会見し詳細を説明ましたが、その会見中に山口さんは、上記引用文の他に「記者会見に出席している3人は、事件が起きてから、保護者説明会、スポンサー、メディア、県と市に、私や警察に事実関係を確認もせずに、私の思い込みのように虚偽の説明をしていました。なんで事件が起きてからも会社の方に傷つけられないといけないんでしょうか」等のコメントをツイートしています。

 

松村氏は元野猿メンバー 

 

 

 また、その1時間半後くらいには、「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。 他のファンには公表できないような、特定のファンとの私的交流を繋がりと言うのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。 証拠がないと仰っていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」と答えています。

 

さらに、「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。 本当に悲しい。 松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。 他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、 スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました。」と、当初松村氏から提示された謝罪文も示しています。 

 

事件が起きたあと、会社の対応を信じて待って1ヶ月沈黙し、何も改善されない状況を自らSNSで告発したのが1月。その後、第三者委員会の設置が発表され、結果が出るまでの2ヶ月半、再度沈黙して待つも、第三者委員会がメンバーの関与を否定したため、再度沈黙を破った山口さん。

 

とても冷静で強い方だと思います。

 

これまで沈黙を守ったけれどそれに返ってくるものがないと判断し、今は発言すべきときとしてるんでしょうね。

 

ちなみに、山口さんの「犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」は会見中にツイートされており、これについて記者から質問が飛ぶと、松村氏はなかなか回答できず。手元の報告書を見ながら「ちょっと待って下さい」と繰り返し、数分沈黙、これまでの発言について「訂正させて頂きます」「私の勘違いでした」などと釈明する事態に。

 

山口さんのSNSでの発言を拾った記者がいてよかったです。 

 

しかし、正直なところ今後芸能界で活躍するのは厳しいんでしょうね。残念ですが。

 

そして加害者と関わっていたメンバーが露出が増えていく?

 

そんなことはありえないと言いたいところですが、すでに疑惑のメンバーがこの調査期間中に全国テレビに出て批判を集めていました。

 

なんでそんな煽るようなことをしたのかわかりませんが、AKSは世間をなめてるんでしょうね。週刊文春は今回なにやら頼りにならないので、他のメデイアで全真相を実名付きで告発しては。

 

◆疑惑のメンバーの性格の悪さ炸裂

ここまで来ると怖い→ geinou ranking geinou reading

ここまで来ると怖い→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山口真帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

NGT疑惑メンバーのクズ動画が超不快!マネージャー暴行事件の関与を匂わせる

様々な闇を感じるNGT48の山口真帆さん暴行事件の続報です。

 

犯人グループだとされる”アイドルハンター”たちはタレントをかばっていた20代女性マネージャーにも手を出していたと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「昨年いっぱいで退社した20代の女性マネジャーAさんです。彼女はハンター集団などマナーの悪い暴走ファンを問題視し、必死に闘っていた。さらに、風紀を乱しているメンバーにも注意できる貴重な人物でもあった。そのため、メンバーと接触したいハンター集団は彼女のことを毛嫌いし、食ってかかるなど、嫌がらせもしていました」(地元メディア関係者)


その嫌がらせは日々エスカレート。ついには彼女をガムテープでぐるぐる巻きにするなど、度を超えたレベルにまでなっていったといわれる。これが事実ならハンター集団の行為は決して許されるものではない。

 

Aさんはハンター集団と闘う恐怖と、山口らメンバーを守れなかったじくじたる思いを周囲に明かしながらも、新潟の地をひっそりと離れたという。

 

「ネット上には、山口と対立していたグループのメンバーが、Aさんの退社をうれしそうに伝えている動画が拡散中。ネットリテラシーが叫ばれる時代ですが、他にもSNS上に発信したメンバーの不謹慎な言動が、どんどん明らかになっている。その発信は事件が起きた後で、グループに激震が走っていた時期。運営側はそうした不謹慎な投稿を厳重にチェックして、注意することができなかったのか!?」(前同)

[東スポ]

 

問題の動画はこちら。

 

正直不快なので、閲覧注意です。

 

 

 

 

配信していたのは1月8日、メンバーの名前は山田野絵さん、太野彩香さん、荻野由佳さんです。

 

19分あたりから「マネージャーが辞めたんですけどそこで紹介したいのがガムテープ」と唐突にガムテープネタが始まり、大笑いしながら「人を縛るのに使えるよね」「このビリビリ音がいいよね」 「太野が山田にガムテープでぐるぐる巻きにされ」という発言も。

 

気持ち悪いです、この動画。

 

ガムテープは基本は梱包に使うもので、そもそも「人を縛る」なんて発想が物騒ですし、しかもマネージャーが辞めたことと絡めていては、関わっていたんじゃないかと疑惑が持たれても仕方ないんじゃないでしょうか。

 

辞めたマネージャーが真実を語ってくれたらはっきりしますが、それが可能な状態かも不安です。

 

◆関与疑惑メンバーの恐ろしい発言まとめ

こういう矛盾もぜひ報道!→ geinou ranking geinou reading

こういう矛盾もぜひ報道!→ geinou reading geinou ranking

 

東スポによると、AKB48グループの関係者が「SNS上の投稿などはマネジャーらが常にチェック。NGT48のような事態は通常なら、絶対にあってはならないと話していたとのこと。

 

真相究明のために設置される「第三者委員会」ではメンバーのネットモラルも議論される予定ということなので、こういう動画の存在はしっかり把握してほしいものです。

 

ちなみに太野さんは山口さん暴行事件に関与したメンバーとして疑惑が持たれていましたが、週刊文春が関与を否定。犯人が太野さんの部屋から出てきたために山口さんは勘違いしただけで、太野さんは1年以上前にその部屋から引っ越しており、当時その部屋には犯人グループメンバーが住んでいた、関与していたのは別のメンバーE子で、近く内々に処分される予定、と報じています。

 

しかしこれが事実なら、山口さんは太野さんが引っ越したことを1年以上知らなかったことになり、メンバーは送迎バスに乗って移動しているというのに不思議な話です。

 

今回の件は他にも矛盾や疑問があり、闇を感じるばかりです。

 

第三者委員会、きちんと機能するのでしょうか。

 

◆こういう疑惑を残していたら終わりしかない

→ geinou ranking geinou reading

→ geinou reading geinou ranking

 

※太野さん。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山口真帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

騙されて激怒か。スポニチが山口真帆暴行事件の関与メンバーを示唆!追い詰められるNGT

当初山口さんのファンだとされていたNGT48の山口真帆さん暴行事件の犯人が、実は別のメンバーの「太客」だったことをスポニチが報じています。

 

ネットでは既に確定情報だったこの内容をスポーツ紙が報じたことには意味がありそうです。

 

 

 

 

 

山口真帆のファンではなかった犯人

 

[以下引用]

複数の地元ファンは「別のメンバーの太客だった。ファンの間では有名な話」と話している。山口に暴行した疑いで逮捕された2人(不起訴処分)は新潟県警に対し「好意を持っていた」などと供述。関与したもう一人の男も山口のファンではないとみられ“会いたかった”という動機が疑問として残る。関係者によると、襲撃犯は山口と対立していたメンバーのファンで親交も深いという。この関係性が事件と、どう関わっているかは不明。運営側は前日の会見で「メンバーに違法性はない」と説明している。

 

今回の背景にあるのは山口と、あるメンバーとの確執だ。山口が運営側に、あるメンバーの「風紀の乱れ」を報告したことから溝が深くなったとみられる。運営側も14日の会見で「風紀の乱れ」については認めており、これはAKBグループでは超異例のことだ

[スポニチ]

 

山口さんを襲った犯人男性たちが警察で「山口さんと話がしたかった。大ごとになるとは思わなかった」と話したために山口さんのファンだということになっていましたが、別のメンバーの「太客」だったということは、警察で嘘を話したということですね。

 

確かにファン設定であれば行き過ぎたファンの暴走で終わる可能性もありました。

 

しかし、山口さんが明かした被害状況によると、誰もいないことを確認してから玄関に入りドアを閉めようとしたら突然隙間から手が出てきていきなり顔を掴まれたとか。

 

これって相当の恐怖です。

 

ファンが話をしたくてする行動ではなく、目的はなんだったのか、悪い想像が働いてしまいます。

 

山口さんが咄嗟の判断で部屋に逃げることではなく廊下に出たことが良かったんだと思いますが、本当に、助かったのはたまたま運が良かっただけなのでしょう。

 

ちなみに不起訴になったのは、関係者はきっちり処分すると運営に説得された山口さんが被害届を取り下げたから、山口さんが暴露したのは約束通り処分するどころか山口さんの被害妄想だとしていることに気づいたからだといいます。

 

 

スポニチが報じた意味

 

これまでマスコミはAKB関係に忖度する傾向があり、特に今回の山口さんの告発が話題になった直後には、スポーツ紙の報道は抑え気味でした。

 

そこにはNGTによる情報統制があったとか。

 

[以下引用]

「NGTサイドは当初、暴行事件に関しては表向き“取材拒否”とする一方、スポーツ紙などには“火消し”に躍起だったんです。山口さんが動画を配信し、ツイッターを公開しても、NGTの関係者などは芸能メディアに『山口には少し精神的な問題がある』と、あたかも狂言であるかのように匂わせるなどしていました」(芸能担当記者)

 

最大の焦点は、山口がツイッターで「男が向かいの部屋から出てきました。その部屋は違うメンバーが住んでいた部屋でした」と、犯人がNGT48のメンバーが住む部屋から出てきたと主張した点だ。NGT内部に“共犯者”がいるとしたら、更なる大問題に発展することは想像に難くない。

 

「芸能メディア側が内々に取材を行うと、NGTサイドは『メンバーの関与は絶対にない』と完全否定。その結果、NGT側の言い分を、一部のスポーツ紙は掲載してしまいました。関係者取材の怖いところではありますが、厳しい言い方をすれば、やはり“誤報”でしょう。NGT側の“情報統制”に騙されたわけです」(同・芸能記者)

[デイリー新潮]

 

一度は騙されてしまったスポーツ紙も、その後すぐに運営がメンバーの1人が道で帰宅時間を聞かれて教えたと関与を認めたために騙されたことに気づき、NGTに対して厳しいコメントをするようになります。

 

例えば1月12日にNGT支配人の解任を求める署名運動を取り上げた日刊スポーツの記事はこちら。

 

[以下引用]

メンバーの関与が明らかになったが12日午後7時現在、NGT48劇場の今村悦朗支配人は謝罪コメント等を発表していない。そうした状況にネットでは同支配人の辞任と、運営スタッフの公式な場での謝罪を求める署名運動が始まった。危険にさらされつつ山口がとった勇気ある行動とは対照的に、誠意ある対応を見せない責任者、スタッフらへの怒りからか、12日午後7時の時点で賛同者は4万7000人を突破した

[日刊スポーツ]

 

NGTのいい加減さが日刊スポーツを怒らせちゃったんでしょうね。

 

そして今回、スポニチがはっきりと「襲撃犯は山口と対立していたメンバーのファンで親交も深い」「今回の背景にあるのは山口と、あるメンバーとの確執だ」とはっきり書いたのも、不誠実なNGTに対する怒りのように感じました。

 

また、犯人は「別のメンバーの太客だった。ファンの間では有名な話」だと報じているので、そのメンバーが誰なのか、推測ではなくわかる人もいるということで、関与メンバーを示唆しているも同じです。

 

ネットでは既知の事実でも、これをきちんと紙面で報じる意味は深いです。

 

ちなみに「太客」とは、「水商売などで多額の金を使う客を指す隠語・業界用語。太っ腹な客」という意味です。

 

こういう深読みできる言葉をさらっと使って報じてるのも、容赦のなさを感じます。

 

◆関与疑惑メンバーの恐ろしい発言まとめ

こういう矛盾もぜひ報道!→ geinou ranking geinou reading

こういう矛盾もぜひ報道!→ geinou reading geinou ranking

 

 

週刊文春のピンチ

 

週刊文春は「直撃! 週刊文春ライブ」で独自取材の結果だとして、ネットで「関与したメンバー」だと噂される太野彩香さん、西潟茉莉奈さんを無実であると断定し、犯行グループはオタク集団「Z会」であり、そのリーダーはNGT48の中井りかさんと交際していること、「Z会」は1年以上前から事件現場のマンション内に部屋を借りていたことなどを報じました。

 

それはそれで衝撃だったのですが、それでは説明できないこともあり、さらにこんなしょうもないことも。

 

[以下引用]

しかし同日、文春は公式ツイッターに新幹線乗り場の写真をアップし、新潟での現地取材をアピールするツイートを行っていたものの、これが新潟駅のものではないことがネットで指摘されると当該ツイートを削除。このため、本当に取材を行ったのかと訝しがる意見も多い。なかには、文春は犯人グループ「Z会」と協力関係にあるため、擁護するために中井りかをスケープゴートにし、つじつまを合わせたという説まで浮上しており、事態はますます混乱の一途を辿っている。

[週刊文春]

 

こういうの、やめてほしいですよね。

 

一つこういうことがあると、週刊文春の信用というものが崩れます。

 

明日は週刊文春と週刊新潮の発売日です。

 

両誌何を報じるのか気になります。

 

◆しっかり週刊文春に説明して欲しい

文春がおかしい理由がわかる相関図→ geinou ranking geinou reading

文春がおかしい理由がわかる相関図→ geinou reading geinou ranking

 

※文春砲ってなんだったんだろう

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山口真帆さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング