タグ:長瀬智也

 

ゴールデンウィーク期間中に複数女性を集めて”三密パーティ”を開催していたことがバレて、ジャニーズのコロナ復興チャリティプロジェクト「Twenty☆Twenty(トニトニ)」から追放されてしまった手越祐也さん。

 

「私生活ではチャラチャラしているものの、仕事だけは誰より真剣に取り組み、ボランティアや社会貢献にも積極的」という自負心があるだけに、今回の厳しい?ペナルティを科した滝沢秀明副社長には猛反発しているとのこと。

 

しかし、実際には滝沢副社長よりもベテランのタレントたちの方が不満は大きいそうで、今後は連鎖的に退所が続く可能性もあるといいます。

 

※メルカリでは出品禁止になってしまいました。



 

 

 滝沢ではなくジャニーに恩を感じているベテランたち

 

[以下引用]

「手越をはじめ多くのジャニーズタレントは、昨年7月に逝去したジャニー喜多川氏に発掘され、何から何まで世話になって、手塩にかけて育てられたわけです。一方、滝沢氏は先輩とはいえ、つい2年ほど前までは同じタレントで、一緒に遊ぶ仲でもあった。滝沢氏としては今やジャニーズ事務所本体の副社長でもあるので、所属タレントのスキャンダルについて立場上厳しく対応しなければななりません。ただ、手越としては“ジャニーさんに言われるなら納得できるけど……”といった感情もあり、より反発しているそうです」(芸能プロ関係者)

 

ジャニー氏が逝去する前後、手越のみならず、ジャニーズ事務所から多くのタレントが退所するのではないかという報道もあった。

 

「今回の処分で、手越がより具体的に退所に向けて動く可能性は否定できません。また、手越だけではなく、滝沢氏の采配に不満を抱いている中堅どころも少なくありません。トニトニへの不参加が明らかになったTOKIOの長瀬智也もジャニー氏を尊敬して入所した口ですから、滝沢氏に事務所残留を諭されても、受け入れることはできないのではないでしょうか。そもそも長瀬の方が先輩ですしね。また、KinKi Kidsの堂本剛も、ジャニー氏がいたからこそ事務所に残っていたと言われる筆頭です。以前は上層部から冷遇されていたJr.が続々と辞めるのでは、という報道もありましたが、手越を皮切りに長瀬、キンキ、関ジャニなど、中堅どころの大量離脱が起こるなんてこともあるのかもしれません」(同)

[日刊大衆]

 

手越さんについては、すでにジャニーズ退所濃厚との報道が多く見られます。

手越祐也、ジャニーズ退所後のユーチューバー転身はほぼ確定

 

長瀬さんについても同様…というか、すでにTOKIOの仕事をボイコットしているなんて言われたり。

城島リーダーからの直電を拒否&トニトニ不参加は解散が既定路線であることの証

 

一方、堂本剛さんについては、2005年に「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」というプロジェクトを始動して以来、現在に至るまでソロ活動をメインに行うなど、ジャニー社長の”特別な存在”としての地位をフル活用して好き勝手にやってます。

 

ジャニー社長が亡くなった後にも、本人は「事務所を退所することはない」と言ってましたし、今の自由が保証される限りはジャニーズに留まることでしょう。

 

ただ、それは逆に言うと「特別待遇がなくなればサッサと独立する」ことでもあります。

 

ジャニー&メリー体制の時はどれだけスキャンダルを起こしても守られてきた手越さんも、タッキー&ジュリー体制になってその特権が剥奪されたわけですからね。

 

今後、どうなるかは分かりません。

 

また、脱退者が続いた関ジャニや年末で活動休止となる嵐のメンバーにも退所予備軍がいるとも言われていますが、実はあの超大物もその中に含まれるそうで…

 

 

 なんと!キムタクにも退所の動き

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

ここ最近、木村拓哉がネットをザワつかせている。娘のCocomiやKoki,と共にInstagramを活用して話題づくりに余念がないが、その裏には妻・工藤静香の暗躍があるという。

 

「木村さんはSMAPの解散騒動の時も、最終的に他のメンバーを裏切って独立を拒否しましたが、それも工藤さんの進言に従ってのこと。木村さんは万事がこの調子。彼女はメリー喜多川氏に気に入られていて、木村さんの売り出し方についても口を出せる立場にあり、誰も暴走を止められない状況なんです」(芸能事務所関係者)

 

さらに、今回の新型コロナウイルスの騒動で、工藤のプロデュースも新たな局面に入ったようだ。

 

「工藤さんが、木村さんの独立を画策しているという話があるんです。というのも、嵐の活動休止後は、若手グループのKing & PrinceやSixTONES、SnowManの売り出しで世代交代を進めるため、安定した稼ぎ頭として木村さんは事務所を支えることになる。そのことに工藤さんは危機感を募らせているんです。そもそもSMAPの独立騒動の時も、安定的な収入を得られるからと木村さんに事務所に残留するよう指示していたわけですから、こうなったらいっそのこと独立した方がいいのではと考えているようです」(芸能関係者)

 

木村の独立に関しては、中居正広の影響も大きいという。

 

「中居さんは、独立後もジャニーズ事務所と良好な関係を保っていて、部分的に協業する形を取っています。工藤さんは、中居さんと同じスタイルで木村さんを独立させたいようです。ここ最近の家族総出のSNSを使った露出も、木村さんの独立後を睨んでの“木村家ブランド戦略”の一環ですし、今年中にも独立するのではないかとの噂が出始めています」(民放関係者)

[サイゾー]

 

ということですが、キムタクが本当に独立するとなれば、手越さんや長瀬さん、堂本剛さんどころではなく、大変な騒ぎになるでしょう。

 

記事によると、キムタクをコントロールしているのは妻である静香さんで、彼女の判断の基準は「どちらを選べば、より多くの銭を稼げるか」とのこと。

 

そういえば、木村一家にはこんな動きもあるそうで。

キムタク一家にまさかの金欠疑惑浮上!

 

ここ最近、ダンナと娘たちがハイブランドのアンバサダーやらCMやらにやたらと出演しているのは、やはり台所事情が厳しい証拠…なのかも?

 

このままジャニーズに所属しながら好きに稼がせてくれるのなら”残留”、事務所が邪魔をするようなら”独立”となることでしょう。

 

アフターコロナ時代のジャニーズ事務所、いったいどうなっているんでしょうか?

 

◆キムタクのあの新CMがそんなに黒かったとは…

こわっ→ geinou ranking geinou reading

こわっ→ geinou reading geinou ranking

 

※家で楽しみましょう。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

2021年に退所が確定とされているTOKIOの長瀬智也さんが移籍先を決めたと文春オンラインが報じています。

 

 

 

 長瀬智也が退所するのは2021年4月以降

 

[以下引用]

ベーシストの山口がいなくなっては、バンドとしての音楽活動はできない。実質解散状態となったことで、長瀬は事務所へ退所を申し入れた。現在のところ、来年1月期のドラマ出演が内定しているので、退所は2021年4月以降とみられるという。

 

「長瀬くんはすでに、とある俳優事務所と今後について話をしています。そこには彼がいままで一緒に仕事をしてきた演出家や脚本家なども所属をしていて、気の置けない人間関係がある。ジャニーズとしてもこれまでの付き合い上、ムゲにはできない事務所です。もしも退所後、そこに所属となればひとまずは安泰でしょう」(同前)

[文春オンライン]

 

文春が移籍先のことまで知っていたから、長瀬さんは直撃されたときに否定しなかったのかもしれませんね。

 

長瀬さんは音楽活動だけにこだわっていたわけではなく、長瀬さんへ回ってきた俳優仕事が別のタレントに回されていたことを知りモチベーションが下がったと新潮が報じています。

 

これは確かにムリ…長瀬智也がジャニーズを辞めたい本当の理由

 

具体的には、二宮和也さん主演の『ブラックペアン』や生田斗真さんが出演した大河ドラマ『いだてん』など。

 

そこで事務所は長瀬さんに来年1月のドラマの仕事を与え時間を稼ぎ、なんとか辞めない方向に持っていきたいとしていると言われています。

 

しかし、「ジャニーズとしてもこれまでの付き合い上、ムゲにはできない事務所」と話が決まりそうなのであれば、気が変わることはないのかも。

 

 

 長瀬智也の新所属事務所は大人計画か

 

[スポンサーリンク]

 

さて、長瀬さんの移籍先ですが、これはもう宮藤官九郎さんがいる大人計画しかないような。

 

俳優事務所、いままで一緒に仕事をしてきた演出家や脚本家なども所属、気の置けない人間関係がある、ジャニーズも無下にできない、ですもんね。

 

この中でも「ジャニーズも無下にできない」というのは今後俳優業を続けていくなら大事な要素です。

 

中居正広さんは一応個人事務所ですが、マネージャー兼運転手はジャニーズ時代と同じということですし、ほぼジャニーズ内独立みたいなものだと言われています。

 

錦戸亮さんは勢いよく事務所を出て個人事務所を作った後はファンクラブも順調、赤西仁さんとのコラボ企画としてハワイライブも発表され、SNSで「やりたい放題だぜ!誰にも縛られないぜ!インディーズ最高!Yeahhhhh!!!!!」なんてつぶやいていました。

 

が、今年に入って自分が出演したドラマを見返したそうで、「懐かしくもあり、大変でも充実した日々だったなぁなんて、想いに耽っていました。 あー面白かった。 久々セリフ言いたいなって欲も出てきました。何にも気にしないで馬鹿なふりして気軽に連絡くれればいいのにな」なんて、まさかの泣き言を言っていました。

 

 

錦戸亮の現在がやばすぎる!「連絡くれればいいのにな」「やっぱりボツでした」病みツイート連発

 

順調だったはずの音楽活動も、赤西さんとの企画であるハワイライブは新型コロナの影響で中止が発表されました。

 

5月末なのに早めの結論は来場者のためにも優しかったと思いますが、現状では国内でもライブの実施は難しく、収益的に厳しくもなっていくでしょうね。

 

錦戸さん、退所のタイミングを間違ったと思っているかも。

 

◆勝ち組から一転して負け組になった錦戸亮の

信じられないこだわり→ geinou ranking geinou reading

信じられないこだわり→ geinou reading geinou ranking

 

※ライブはマスクではしのげなそう

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※錦戸亮さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

2021年にジャニーズ事務所を退所するのがほぼ確定と言われる長瀬智也さんですが、山口達也さんが退所しバンド活動ができなくなった、という以外にも事務所に見切りをつけた理由があるそうで。

 

 

※ドラマは2017年のこちら以降ありません。

 

 『ブラックペアン』は二宮和也ではなく長瀬智也だった

 

デイリー新潮によると、長瀬さんは確かに音楽活動に熱心ではありますが、バンド活動ができなくなったから辞めるというほど短絡的ではないとのこと。

 

長瀬さんの希望としては俳優の仕事がしたいのに、2017年7月期の『ごめん、愛してる』を最後にドラマの仕事がありません。

 

それがオファーからないならともかく、オファーはあるのに仕事が別に回されるそうで。

 

例えば昨年放送された大河ドラマ『いだてん』の脚本は長瀬さんもたびたび起用されてきた宮藤官九郎さんでしたが…。

 

[以下引用]

「『いだてん』には、ジャニーズからは生田斗真(35)が出演していました。彼が演じた熱血漢な役どころは、確かに長瀬が演じても不思議ではなかった。NHKの事情は分かりませんが、ここ数年、テレビ局から長瀬にオファーをしても、ジャニーズからは若いタレントを推薦されることが増え、長瀬主演のドラマは成立しなくなっているんです。例えば、18年4月期に嵐の二宮和也(36)が主演した『ブラックペアン』(TBS)も、当初は長瀬主演で話が進んでいたそうです」(同・業界関係者)

[デイリー新潮]

 

『ブラックペアン』が当初は長瀬さんだったとは。

 

二宮さんは童顔で身長も低いことから腕のいい医者感がないとか、共演の竹内涼真さんとの身長差がエグいとか言われていました。

 

結果的に二宮さんはさすがの存在感を見せたとは思いますが、たしかに長瀬さんで見たかったようにも思います。

 

そういえば岡田准一さんの『白い巨塔』も、作者のイメージからも長身の役者さんが演じたほうが良さそうなものでしたが、もしかして…?

 

※面白かったです

[Amazon]

 

 長瀬智也は自分に来た仕事が他人に回され激怒していた

 

[スポンサーリンク]

 

とはいえ、事務所の方針や都合というものもあるでしょうから、仕事の采配は事務所次第なのは仕方ない部分もあるはず。

 

[以下引用]

「それを所属タレントの耳に入れてはいけないことは、芸能事務所としての鉄則です。マネージャーは口が裂けても言えないことですが、それが長瀬に漏れ伝わってしまったのが、現在のジャニーズ事務所を物語っているのかもしれません。長瀬は自分にオファーされたドラマが、自分以外の所属タレントに回っていたことを知り、激怒したそうです。一方で、同じTOKIOの松岡には『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日)や『死役所』(テレビ東京)の仕事が入っているわけですからね。彼はそれで退所を考え始めたというんです」(同・業界関係者)

[デイリー新潮]

 

 

長瀬さんは2016年に『フラジャイル』で破天荒な病理医を演じています。

 

それでまた2年後に他局で医者を演じるのでは役がかぶりますから、今回は別の人で、となっても不思議はないと思うのですが、その経緯がタレント本人に漏れてしまうとモチベーションに関わるかもしれませんね。

 

しかもそれが、『ブラックペアン』『いだてん』と続いていたのであればなおさら。

 

加えて音楽活動のこともありますからね。

 

音楽面も好きなことができない、自分に来た仕事も他に回される、となれば、ちょっと考えてみようかなとなるかもしれません。

 

◆しかも自分にはこんないわくつきのドラマが回ってくるし

ね、メリーさん→ geinou ranking geinou reading

ね、メリーさん→ geinou reading geinou ranking

 

長瀬さんは2021年以降の退所疑惑を文春に直撃されたとき、最初はうまく逃げそうでしたが、ちょっと突っ込まれたら否定せず、実質的に認めたようになっていました。

 

しかしデイリー新潮によると2021年1月期には主演ドラマが予定されており、それで長瀬さんが心変わりしないかと事務所も期待しているんだとか。

 

そこでもうちょっといてみようとなるのか、やっぱりもういいやとなるのか。

 

長瀬さんの決断が気になります。

 

※続編の予定が武井咲さんのデキ婚でなくなったとも。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※二宮和也さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

中居正広さんがジャニーズ事務所を3月末で退所することが発表されて噂されるのが、ジャニーズからの流出が今後も続くであろうということ。

 

早速長瀬智也さんがその筆頭に上がっていますが、他にも意外な人物の名前が上がっています。

 

 

 

 

 タレントの流出が免れない理由1:公取委の注意

 

これまでジャニーズ事務所を辞めると露骨にテレビ出演がなくなり干された状態になるのが当然でした。

 

それが昨年、稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんに対し、テレビ出演させないよう圧力を書けた疑いがあるとして公正取引委員会の「注意」があり、ジャニーズは辞めジャニのテレビ出演を邪魔できなくなりました。

 

そのため、昨年9月末にジャニーズを辞めた錦戸亮さんも既に『スッキリ』に出演しています。

 

この公取委の注意も、なんというか、どこか仕組まれた感がありますよね。

 

というのも、本来「注意」は公取委の処分の中でも軽度のもので、このレベルがニュースとして流れることはないそう。

 

なのにNHKは速報という形で報じていました。

 

ジャニーズの影響力を削ごうという何らかの力が動いたのかも、と、考えてしまいます。

 

ちなみにフライデーによると、独立後の中居さんのレギュラー番組継続を特にバックアップしているのはテレ朝だとか。

 

退所会見の会場がテレ朝だったのも、「うちはもうジャニーズ事務所には忖度しませんよ」という意思表示だったといいます。

 

 

 タレントの流出が免れない理由2:ジャニーズの影響力低下

 

[スポンサーリンク]


近年、ジャニーズの人気グループ二番手である関ジャニ∞の解散の噂は断続的に続いています。その根拠は渋谷すばるさん、錦戸亮さんが次々と脱退、退所したこと。同様に、TOKIOも山口達也さんの退所以来、長瀬智也さんの退所・解散の噂が流れています。

 

そして、ジャニーズにとっての一番の痛手は2021年からの嵐の活動休止です。

 

[以下引用]
「事務所の稼ぎ頭だった『嵐』が活動休止した後、その穴を埋められるほど新人が育っていない。この原因の一つは2017年、当時副社長だった藤島ジュリー景子社長が『ジュニアをCDデビューさせない』という方針を打ち出したことにあるのではないでしょうか。これに危機感を抱いたのが滝沢秀明でした。彼は新人教育に力を入れ、今年1月にはSnow ManとSixTONESをCDデビューさせました。とはいえ、彼らもエースと呼ぶには程遠い。ジュリー派とタッキー派は今、役割分担をしながらうまくやっていますが、いつまた対立が表面化するかわかりません。ジャニーズ事務所内も一枚岩とは言えないのです」(スポーツ紙芸能デスク)

 

中居の円満退所を許したことにより、ジャニーズ事務所自体が弱体化している事実を露呈してしまった。今後、退所者が後を立たなくなる恐れがある。

[フライデー]

 

フライデーによると、業界で今退所予備軍として噂されているのは、週刊文春や女性セブンも報じた長瀬智也さんの他、山下智久さん、Hey!Say!JUMPの知念侑李さんだとか。

 

Hey!Say!JUMPは中島裕翔さんに噂が出たことはありましたが、知念さんとは。意外です。

 

そして、今まではテレビ局はジャニーズへの忖度であまり使いたくないジャニーズも起用してきましたが、今後はそれがなくなっていき、人気や実力がなくても「ジャニーズだから」で仕事ができた時代は終わると見られています。

 

Jr.として長年くすぶっていてもデビューできるかわからない、そしてデビューしても仕事があるかわからない、「ジャニー喜多川」というシンボルもいなくなってしまった、いかにもジャニーズだったSMAP、嵐、TOKIOがいなくなり…となったら、どれだけのアイドル希望の人がジャニーズ事務所を希望するようになるのか…。

 

いよいよ変わりそうですね。

 

※ザ・ジャニーズがまだいましたね。…ズボン上げすぎでは??

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※木村拓哉さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング