タグ:松坂桃李の記事一覧

タグ:松坂桃李
松坂桃李にブーメラン!結婚相手の条件をあげるも自分が満たしてない…残念

[スポンサーリンク]

 

松坂桃李さんがイマイチパッとしない現状を打破しようとバラエティ番組に出演し、キャラ変えに挑戦中だと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「松坂といえば、イケメン俳優として知られていますが、やはり番組でも紹介されていたように、イマイチ地味で、伸びしろにかける部分があるといえるでしょう。戦隊ヒーロー出身俳優として期待された2013年公開の実写版『ガッチャマン』は大コケしていますし、昨年主演を務めた『不能犯』も興行成績的に振るわず、完全にファン向けの内容といわれていました。テレビドラマにおいても、現在放送中の『パーフェクトワールド』(フジテレビ系)は、視聴率は6%程度(ビデオリサーチ調べ・関東地区平均)と低迷中であり、なおかつ、障害者と健常者の恋愛といったテーマも炎上しています。出演作は多いが、突き抜けるヒット作に恵まれないのが松坂の置かれた現状だといえます」(芸能関係者)

 

※レビューを見ると、そもそもの設定が…

[Amazon]

そのため、この日の放送では、新たなキャラを出そうとしたのか、「理想の結婚条件20カ条」が掲げられた。譲れない3条件として挙げた「怪我をした時のために常に絆創膏を持っている子」「手の甲にメモを書いている子」「寒い時、男側のコートのポケットに手を入れてくる子」には、ネット上で「私、全部当てはまってるから結婚してくれ」といった声も聞かれた。それでも、地味な印象は全体的にぬぐえなさそうであったが、ネット上では「イケメンなのに地味っていうのは対比としては面白いんでは」「地味過ぎて逆に面白い」といった声が聞かれた。

[リアルライブ]

 

『パーフェクトワールド』は累計発行部数170万部を突破したマンガで、実況は盛り上がっているんですけど視聴率は伸びないですね。

 

※映画版『パーフェクトワールド』も岩田剛典さん主演で興行収入6億ちょっと

[Amazon]

 

言われ尽くしていることですが、今は録画や後の配信、DVDの売り上げなどなど視聴率だけでは測れないということなのでしょう。

 

しかしそれでも、ドラマなら視聴率、映画なら興行収入と、わかり易い指標で結果を出すというのも必要です。

 

そんな中、松坂さんがバラエティでキャラ変…

 

ちなみに先日の番組で明かした松坂さんの好きなタイプ、嫌いなタイプがこちら。

 

<好きな女性のタイプ>

・ケガをした時のため常にばんそうこうを持っている子

・手の甲にメモを書いている子

・寒い冬の日に、男側のコートのポケットに手を入れてくる子

・箸や茶碗の持ち方がキレイな子

・アニメの話を楽しそうに聞いてくれる子

・衣装ケースに「肌着」「靴下」と1つずつラベリングする子

・680円の会計で1180円を出しお釣りを500円玉でもらう子

・ワインを飲んだ後グラスの飲んだところを親指でキュッと拭く子

・女友達のことを本人がいないところで褒める子

 

<嫌いな女性のタイプ>

・自分のことを名前で呼ぶ子

・くしゃみをするときかわいい音を出す子

・へそピアスを開けている子

・実家の父を「パパ」と呼ぶ子

・旅先でデカいサングラスを頭にかける子

・自分がスポーツジムでトレーニングしている様子をSNSにアップする子

・LINEのトップ画像が海で友達とジャンプしているような子

・焼肉で頻繁に店員に網を替えさせる子

・映画館で最後のスタッフロールまで見ない子

・1回使っただけでバスタオルを洗いたがる子

・片方だけ肩が出ている服を着ている子 

 

いろいろ細かいですが、ちょっとした物議を醸しているのが、好きの方の「箸や茶碗の持ち方がキレイな子」、嫌いの方の「1回使っただけでバスタオルを洗いたがる子」です。

 

◆だって松坂桃李本人の箸の使い方が

おかしいんだもの→ geinou ranking geinou reading

おかしいんだもの→ geinou reading geinou ranking

 

こんな変なところも含めていろいろ披露しているのはどう転ぶんでしょう。

 

アイドルのバラエティ進出については、歌番組も減っていますしイケメンなだけでは人気を獲得するのも難しいと思うので、素を出してファン層を広げるのもアリかと思っています。

 

しかし俳優の場合は、基本はミステリアスで良いんじゃないかと思うんですけどね。

 

ただ松坂さんの場合、同世代のくらいのイケメン俳優が多いですし、同じ事務所には菅田将暉さんや中村倫也さん、前田真剣佑さんなどがいて、ぼんやりしてると後回しにされてしまいそう。そんな中で結果が出せず埋もるくらいなら少しでも差別化を図るのは間違いではないのかも。

 

◆差別化を図るも方向性が間違ってるのが

この人→ geinou ranking geinou reading

この人→ geinou reading geinou ranking

 

※進化してるそうです

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松坂桃李さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

いよいよヤバイ松坂桃李。ドラマは捨て映画でヒットしないと俳優人生真っ暗か

[スポンサーリンク]

松坂桃李さんが正真正銘の崖っぷちにいると報じられています。

 

松坂桃李さんは先日、5月17日公開の映画『居眠り磐音』の完成披露試写会に登壇し、ピエール瀧容疑者がコカインで逮捕された影響を受け急遽奥田瑛二さんを代役に撮り直した作品であることを踏まえ「みなさんの応援と支えのおかげで完成披露のところまで来ました。ありがとうございます」と挨拶しましたが、この映画が当たらないといよいよまずいと報じられています。

 

 

※原作。松坂さんは時代劇初主演です。

 

 

[以下引用]

「昨年公開の『孤狼の血』で、日本アカデミー賞の最優秀助演男優賞など数々の映画賞を獲得した松坂。初の時代劇主演でかなり本気で映画賞を狙っているようで、瀧被告のおかげで公開が危うくなった際、所属事務所と配給元の関係が悪化しそうになったようだ。しかし、結局、無事に公開にこぎ着けて一件落着」(映画業界関係者)

 

松坂といえば、4月期のドラマ「パーフェクトワールド」(フジテレビ系)に主演しているが、初回から視聴率が振るわない。

 

「昨年、岩田剛典主演の映画版が公開されたが成績は振るわず。にもかかわらず、オファーを受けてしまったが、案の定、視聴率は初回が6・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)、第2話が5・8%。松坂サイドとしては、もはやドラマの方はどうしようもないので、映画の客入りと評価に期待しているようだ」(芸能プロ関係者)

 

※岩田さん版

[Amazon]

 

[リアルライブ]

 

『パーフェクトワールド』は岩田さんの映画版の興行収入が6億ちょっと。確かになぜ受けた、とも思いますが、公開されたのが10月ですし、もうドラマは話が進んでいたのかなとも思います。

 

今回数字が悪いのは、新井浩文さんがマッサージ店の女性に暴行を働き逮捕された前後から報じられている、マッサージ店店員に対するセクハラ的行動が原因じゃないかという話もあります。

 

けれども松坂さんは以前からあまり数字を持っていないような気もします。

 

似たようなタイプの俳優として福士蒼汰さんが思い浮かびますが、福士さんとの違いは演技力を含めた評判でしょうか。

 →福士蒼汰、演技力不足で今後は助演枠へ

 

俳優なのに演技力があるかないかの話題になるというのがしょうもないところではありますが、福士さんの場合は明らかに不足していますしね。

 

その点、松坂さんは役の幅も広いし将来が楽しみではあります。

 

が、今回の映画はどうでしょうね。

 

時代劇ということで、満員御礼、大ヒットというよりはしっかり内容を含めて評価して欲しい、完全に賞狙いなのかなと思います。

 

それで日本アカデミー賞以外の賞ももらえたら、同世代の俳優の中でも一歩リードとなるかも。

 

◆福士蒼汰が評価を落とす理由

うん…→ geinou ranking geinou reading

うん…→ geinou reading geinou ranking

 

※原作

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松坂桃李さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

綾瀬はるかがストーカーまがいの監視をしていた!松坂桃李も「重い」「疲れる」…視聴率神話が崩れネガキャン始まる?

綾瀬はるかさんというと、これまでバッシングとは無縁と言ってもいいくらいあげ続けられてきた印象ですが、顎が伸びたとか、ストーカーだとか、このところ辛口記事が増えています。

※現在放送中のドラマ「わたしを離さないで」の原作

[楽天市場]

この記事の続きを読む

熱愛交際中の綾瀬はるかと松坂桃李が3月に結婚へ!「わたしを離さないで」「精霊の守り人」の視聴率にも貢献か

2015年の元旦に熱愛が報じられて以来、交際報道が続いている綾瀬はるかさんと松坂桃季さんが3月にも結婚すると報じられています。綾瀬さんと松坂さんはどちらも「友達」とコメントしていて、それは事務所も認めていたのですが…

 → ranking

※二人の共演作

[楽天市場]

この記事の続きを読む