タグ:東スポの記事一覧

タグ:東スポ
次に逮捕されるのは日本アカデミー賞受賞の大物俳優!現在は海外にって、アノ人?

東スポが次に逮捕される芸能人として日本アカデミー賞を受賞した大物俳優を、ほぼ名指しする形で報じています。

 

 

 

[以下引用]

事件化すれば大波紋を呼ぶだろう。酒井法子、清原和博氏、ASKAなど、ここ10年ほどの間、覚醒剤で逮捕される有名人が後を絶たない中、これまで映画に何度も主演し、日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞したこともある大物俳優を捜査当局がマークし、すでに強制捜査に踏み切ったとの衝撃情報を本紙はキャッチした。逮捕を恐れたこの俳優は、すでに海外に脱出したともいわれている――。

[東スポ]

 

東スポには、「確かに言動がおかしかった」「目の焦点が合ってなかった。というか、目が完全に泳いでいた」「もう1年くらい、そんな感じだったのでは…」といった繁華街の飲食店やクラブ関係者や、「彼には、以前からクスリ使用に関する噂が絶えませんでしたからね。捜査当局も1年以上も前から、クスリ使用の情報を入手し、慎重に捜査を進めていたんです」という芸能関係者の話がありました。

 

ものすごく似た内容を、今年7月に日刊大衆が報じています。

 →関西在住の大物俳優に強制調査

 

その時、ネットで有力候補として名前が上がっていたのが窪塚洋介さんです。

 

◆え、窪塚さんナニイッテルノ?

と嘲笑された件→ geinou reading geinou ranking

と嘲笑された件→ geinou ranking geinou reading

 

※日本アカデミー賞受賞、関西在住

 

今回、さらに窪塚さんだと印象づけるのがこの一文。

 

[以下引用]

「今回は取り逃がしましたが、捜査当局は彼の逮捕をあきらめていない。実際に家宅捜索を受けたことで、本人も逮捕される危険を感じたのか、1か月ほど前から“海外で大きな仕事が入った”と言って、日本を脱出する計画を立てていた。もう実際に脱出したとの情報もある」(捜査関係者)

 

本人は周囲に“長期の仕事だ”などと言っているそうだが…。

 

「実際は仕事ではなく、『再び強制捜査を受けて逮捕されることを恐れての海外移住ではないか?』といった声もある。ほとぼりが冷めるまで、ひょっとすると1年ぐらいは、日本に帰国しないこともあるといわれている」(同)

[東スポ]

 

窪塚さん、1ヶ月ほど前にインスタにこんなメッセージをあげており、今は家族3人で海外にいるようです。

 

 

日刊大衆の記事が出たときは、以前から窪塚さんはその言動から大麻はやっているんじゃないかと度々名前が出てきていましたが、調査が入っても逮捕に至らなかったということは、グレーだったのがシロになったということで良かったと思ったんですけどね。

 

今回の東スポの記事によると、強制調査の結果逮捕に至らなかった理由は「覚醒剤は、現行犯での逮捕が基本だから、その場にクスリがなかったら所持や使用の証拠が得られず、逮捕には至らなかったようだ」ということで、疑惑は継続しているとのこと。

 

そういう場合、薬物検査すらできないのかと疑問です。

 

少なくともこの東スポの記事は窪塚さんを想定して書いてるんじゃないかと思うのですが、窪塚さんに薬物疑惑がつきまとうのは、やっぱりマンションの9階から飛び降りたというショッキングさと、大麻礼賛していた過去でしょうね。

 

しかし大麻礼賛はもちろん麻薬としてではなく、日本の歴史を振り返るとしめ縄など神事に利用されていたもので医学的利用価値もあるものなのにという意味のようで、そういう意味で「日本古来の大麻」ならいざしらず化学物質である覚せい剤は手を出さないような。

 →窪塚洋介、大麻礼賛直後に飛び降り疑惑の人に。

 

なによりお子さんも生まれたし長男は俳優デビューしたし、東スポでは長期の仕事を嘘のように書いていましたが、仕事かどうかはいずれわかることで、そんなバレる嘘もつかないと思うんですが。

 

早く疑惑が晴れるといいですね。

 

※この本もしっかりした内容です。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※窪塚洋介さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

東スポの女優引退報道に真木よう子がツイッターで猛反論!しかし、視聴率3%台まで落ち込んだ「セシルのもくろみ」の打ち切りは避けられない状況に

現在放送中の真木よう子さん主演ドラマ「セシルのもくろみ」(フジテレビ系木曜22時~)を巡り、思わぬ騒動が勃発していています。

 

[スポンサーリンク]

 

昨日発売の東スポによると、発端となったのは10日に放送された第5話の視聴率が判明した14日に真木さんがツイッターで呟いたことだそうで…

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

IQUEEN Vol.2 真木よう子 “A DAY OF SUMMER”【Blu-ray】 [ 真木よう子 ]

価格:2430円(税込、送料無料) (2017/8/20時点)

 

真木は『視聴率3・8%。こんなに視聴率が低いから是非、ドラマを見てください』とつぶやいてしまったんです。そもそも視聴率の数字は、ビデオリサーチが管理し契約会社だけに配布する“資産”でもある。それを何の断りもなく勝手に、視聴率データを個人のツイッターで公表してしまったから、マズいのひと言」(関係者)

 

しかも、「ビデオリサーチ調べ」という表記もなかった。

 

「それだけじゃない。自分のファンに対して個別に『ドラマを見て』と誘導までしている。万が一、ビデオリサーチ社に営業妨害、権利侵害だとフジと真木が訴えられたら、間違いなく負ける案件なんです」(同)

 

実際に真木のツイッターは、つぶやいてから1時間もしないうちに削除された。さらにフジテレビの編成幹部らがビデオリサーチ社本社を訪れ、謝罪までしているのだ。

 

「その後、フジの編成部から真木の事務所に対し厳重注意が出されたようです。でも、もとをただせば視聴率不振のドラマを少しでも盛り上げたいと思う気持ちからやってしまったこと。結果、フジテレビが全ての責任を負うことで、一応の決着をみたようです」(芸能プロ関係者)

[東スポ]

 

真木さんは以前から視聴率をツイッターで呟いていてますが、それをフジテレビ側から止めさせられてる気配はないんですけどね。

 

この記事を書いてる時点でも、

 

こんにちわ!いきなりだけど、向かい風上等よ!!!!」

 

というメッセージとともに、

 

『セシルのもくろみ』打ち切りムードが漂い危険水域3.8%に」

 

というネット記事へのリンクを張った8/17のツイートが残っていますし、数字を出すことはそんなにイケナイことなんでしょうか?

 

 

また、真木さん自身も東スポの記事に対して次のように猛反論しています。

 

此処で、皆様に質問です。

 

私は「視聴率がこんなに低いからドラマを観てください」 と、懇願したツイートは、ありますか??

 

私は私が犠牲になっても一向に構いませんがね、記事にするなら、ライターさん、お名前をきちんと表示して下さい。

[真木さんの20日付のツイッターより引用]

 

この直後のツイートでは、「向かい風乾杯!!!!」「それでも、駆け抜けて笑顔で生き抜くわ」とコメントしていて、マジで怒っているというよりも話題作りという感じはしますが、とにかくそれほど大きな問題にはなっていないような。

 

ただ、東スポは「視聴率が3%台になったことで、スポンサーが降板を申し入れた」「当初10回予定のドラマが、7~8回の話数で打ち切りに向け話し合いが行われている」など、かなりトバシ気味に書いてますからね。

 

真木さんが黙ってられないのも当然かと。

 

「女優ならツイッターなどで放送元のフジに対しリップサービスをしないで演技力で挽回しろということです。今回のツイッター事件で“真木=やばい女優”というレッテルが貼られてしまった。ナショナルクライアントは、絶対に起用したがらない。要はスポンサーが付かないということ。今後、仕事は大激減する。下手をしたら引退ですよ!」(事情通)

[東スポ]

 

とにかく、東スポが下げネタ出してギャアギャア騒ごうがなんだろうが、ゴールデンタイムのドラマで視聴率3%台というのは、主演として何も言い訳できないことは事実。

 

このままでは今後の女優人生にも大きな影響が出てくるでしょうし、なんとかして挽回しないといけないと思うのですが…

 

真木さんの演技力だけで数字がアップするわけでもなし、かなり厳しいですよね。。

 

こうなったら、松居一代さんばりにYoutubeを使った「涙の番宣」でも敢行して、視聴者に直接訴えてみるしかないかも?

 

新スキャンダル発覚の手越祐也がイッテQ降板へ!元彼女による変態プレイ&女子高生制服フェチ暴露でNEWS脱退の可能性も

先月、金塊強奪犯との親密写真流出騒動で大きな注目を集めたジャニーズの手越祐也さんが、大ピンチに陥っています。本日発売の東スポが出演中の人気バラエティ番組「世界の果てまでイッテQ!」からの降板を速報し、さらに写真週刊誌「FLASH」が元彼女の地下アイドルによる変態プレイと女子高生の制服マニアであることを写真付きで暴露。一連のスキャンダル爆弾にジャニーズ事務所関係者はパニック状態になっていると言います。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

NEWS・【公式写真】・・手越祐也・・JOHNNYS WEB
価格:350円(税込、送料別) (2017/6/6時点)



この記事の続きを読む

社内でハレンチ行為!民放局アナが不倫相手とイチャつく場面が監視カメラに写っていた…

昨年1月のベッキーさんとゲスの極み乙女。川谷絵音さんの不倫報道以降、芸能界の不倫摘発が続いており、今月だけでも渡辺謙さんや大塚愛さんの夫であるRIP SLYMEのSUさん、NHKの女子アナと映画監督などが報じられていますが、そういったニュースを報じているテレビ局にはもっとゲスな不倫が転がっているそうです。

ranking



この記事の続きを読む