タグ:新型コロナウィルス

 

8月27日、TBSの山本里菜アナウンサーが武漢ウイルスに感染したことが明らかになりましたが、その直後にSNSでの女子会自慢投稿を慌てて削除して証拠隠滅を謀っていたことでネット民から批判が殺到しています。

 

※51枚300円!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

*即納* 大量見積可能 VFE BFE 95%以上 箱 付き メルトブローン式 ...

価格:300円(税込、送料別) (2020/8/31時点)


楽天で購入

 

山本里菜が削除するから怪しくなる 

 

報道によると、山本アナは26日に任意でPCR検査を受け、27日夜に陽性と判明。現在、咳は出ているものの発熱はなく、症状は軽いとのこと。

 

山本アナは26日に感染が判明した爆笑問題の田中裕二さんと23日放送の「サンデージャポン」で共演しており、田中さんの妻である山口もえさんが先に感染が確認されています。

 

これだけ蔓延すれば感染も仕方ないですし、誰が感染源、というのは詮索しても仕方のないことです。

 

が、山本アナがほぼ無症状であるため、田中さんの感染が判明しなければ検査もしなかった可能性はあり、もし、TBS社員である山本アナの不注意が原因で番組がクラスター化してしまえば、局として責任を追求される可能性があるだけに、彼女の行動履歴に注目が集まっていたのですが…

 

[以下引用]

山本アナについて、その不可解な行動を不審に思う声も出ている。同月18日に投稿したインスタグラムの写真を、削除していたことが発覚したのだ。

 

「削除されたのは、山本アナがテレビ朝日の三谷紬アナ、フジテレビの久慈暁子アナ、セレブとして知られるノニーらと女子会を開いた際の投稿でした。山本アナはかなりご満悦だったようで、《幸せな時間!刺激を受けた時間!有意義な楽しい時間だったな ノニーちゃん初めて会ったのに初めまして感ゼロ 会った瞬間楽しかったもん》などと興奮気味につづり、《つむたんとくじこにはほぼ毎週会ってる気がする そして来週も会うww笑》と、かなりの頻度で女子会を開いていることを明らかにしています」(芸能記者)

 

この投稿削除を受けて、ネット上では厳しい声が殺到している。果たして山本アナは、どのような理由で女子会の投稿を削除したのだろうか?

[まいじつ]

 

これはクサイですね。

 

というか、こんな分かりやすい証拠隠滅をすれば疑われるのは当たり前。

 

正直なところ、きちんと対策をしているなら、3、4人程度の食事くらいいいのでは、と思います。

 

が、いざコロナに罹ったときにこんなふうに削除するということは、そもそもが後ろめたい要素があったんでしょう。それならそもそも公開しなければいいのに、私の充実した生活を見て!みたいな自己承認欲求があったんでしょうか。

 

実際、ネットでは感染が発覚した事実そのものに対してではなく、発覚直後にSNSを削除するという悪質な行為に対し、

 

「イケてる充実生活を世間にアピールしといて逃亡なんて、情けない」

「感染発覚して削除するなら、最初からノーマスク女子会なんかすルナ!」

「何で削除した?またマスコミは事実を隠蔽しようとしてるの?」

「Go Toを批判してたのに、素行悪くてクラスター起こすなんて、恥ずかしくないの?」

 

このような厳しい声が飛び交っています。

 

 

 山本アナのコロナ感染・女子会自慢の影響

 

[スポンサーリンク]

 

ただ、山本アナが三谷アナや久慈アナと毎週のように女子会していたことがこういう形で注目されたのは、三谷アナ、久慈アナにとってもマイナスでしょうね。

 

まず、山本アナは昨年赤ベンツに乗った外資系企業に務める彼氏にベタベタとチューを迫ってる写真を報じられてだらしない認定されています。

 

そんな山本アナと親密な時点で、同類と見られますよね。

 

久慈アナなんて、昨年5月にヤクルトの原選手との半同棲が報じられ、もしかして干されてる?なんて言われていましたが、コロナ禍で毎週女子会してるなんて自覚なし、と目されても仕方ないのでは。

 

さらに三谷アナですが、まさか4月に噂になっていたテレ朝の危機感ゼロの女子アナというわけじゃ、ないですよね?

 

危機感ゼロの女子アナ。コロナ禍の中未だに飲み会三昧のテレ朝関係者がいるとか

 

現在、政府では武漢コロナウイルスをSARSや結核と同じ”2類相当”から、季節性インフルエンザなどと同じ”5類相当”に引き下げることを検討中ですが、それが実現すれば無症状・軽症者までを含めて全ての感染者を強制的に入院させる必要がなくなります。

 

それにより、各都道府県は病床確保のために多大な労力を使うことから解放され、医療崩壊の危険性を回避できるようになりますが、これまでは公費だった治療費が自己負担となります。

 

もちろんコロナに感染した人も様々で、十分注意していたのに移ってしまった人がいるのはわかっていますが、予防を怠り夜遊び三昧で感染した人もいるのも事実だと思うと、なんだか好きに遊んで最初に罹った人が得をすることになるみたいでモヤモヤします。新宿など地域によっては罹ったら10万円支給、みたいな変なのもありましたしね。

 

コロナって、そういうモヤモヤがついてくることが多いです。

 

それでもやっぱり罹りたくないですけどね。

 

◆男性に迫る山本里菜がなんだかちょっと気持ち悪い!

[閲覧注意]→ geinou ranking geinou reading

[閲覧注意]→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山本里菜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウィルスに感染し肺炎を発症、1ヶ月近く入院しやっと退院した石田純一さんですが、感染前後の自分勝手な行動のため未だにバッシングはやみません。

 

そのバッシングに燃料投下となりそうな写真が女性セブンに、石田さんのウソが週刊新潮に掲載されています。

 

 

※安くなりました。

 

 

 

 石田純一の衝撃写真

 

本日発売の女性セブンには、派手なスポーツウェアに身を包んだ石田さんが近所を散歩する様子が掲載されています。

 

そんな中、こんな気になる文章が。

 

[以下引用]

都内屈指の高級住宅街の住民が目撃したのは、新型コロナから復帰した石田純一(66才)だ。この日は退院からわずか2日後で、時刻は人気の少ない夜8時30分頃。

 

「石田さんは肩で息をしていて、苦しそうに走ったり歩いたりしていました。時折、マスクを外して豪快にくしゃみをするときもあって…正直、心配になりましたね。まだ安静にしていればいいのに、わざわざ外に出てくるなんて。ウオーキングは日課のようですが、マスクをつけてウロウロ歩いている姿は徘徊しているように見えました」(前出・目撃者)

[NEWSポストセブン]

 

そもそも出歩くなという話もあります。再陽性になることもありますし、しばらく家にいましょうよ。

 

その上マスクを外して豪快にくしゃみ…ダメなやつですね。

 

そういう人、日常で見かけますが、それではマスクの意味がないわけで。

 

しかしそんなまさかと思ったら、NEWSポストセブンにはそのくしゃみの瞬間の写真がありました。

 

 

 

 

この前後の写真もたくさんあったのですが、女性セブンの記者さん、この散歩に張り付いていた?それとも目撃者のご近所の方が撮影していた?

 

撮られた経緯は不明ですが、夜中ということで周囲に人がいなくてなによりです。

 

が、こんな研究結果もあり…

 

 

沖縄からの帰り、大丈夫だったんでしょうか…。

 

 

石田純一、またもウソをつく 

 

[スポンサーリンク]

 

石田さんが入院後、スポニチが報じたところによると、北関東でゴルフした後に行われた食事会の参加者から複数の感染者が出ており、女性2人が先に感染が分かったことから、時期的に感染経路になった可能性があること、石田さんと一緒にプレーした男性1人が石田さんと同時期に発症し、同じ病院に入院している、ということでした。

 

もはや再起不能。新型コロナ感染の石田純一はゴルフ三昧!同席女性が感染経路か。行動歴がヤバい

 

しかし、石田さん本人が感染源と言われる茨城県でのゴルフについて語るとこうなります。

 

[以下引用]

「感染経路は、実はよくわかっていません。ひょっとしてここで、と思ったのは4月5日、北関東でゴルフをしたときです。2組8人でプレーした後、デリバリーを頼み、みんなで食事しまして、いま思えば軽率でしたが、日本酒やワインを利き酒のように回し飲みしたんです」

 

その後、沖縄に赴いた石田。同席していた会社社長から「メンバーの中に熱があった人物がいた」と電話で聞かされたのは、滞在中の4月11日のことだったという。ただし、その人物はPCR検査で陰性が確認されている。

 

「感染したのはゴルフ場以外ではないか、といまは思っています。一緒にゴルフと食事したなかで陽性になったのは、僕とその社長だけで、しかも、その社長はいろいろな方に会う仕事をされているので、どこで感染したかわからないというのです」

 

症状らしきものが出たのは電話の翌日。一部で「沖縄のゴルフ場で倦怠感を覚えた」と報じられてもいるが「ゴルフの調子が振るわず、うなだれていただけなんです」。帰京後に本格的に病状が悪化し、順天堂医院に入院。年齢が年齢だけに命の不安も感じたという。妻に宛てたメールの中で、小学2年生の息子・理汰郎くんに遺言もしたためた。

[デイリー新潮]

 

スポニチの記事と今回の石田さんの言い分が異なっていますが、それは当然ありえることであり、ふつうに考えれば本人が語ったほうが正、なんでしょう。

 

しかし、新潮の記事が本当なら、北関東のゴルフのあとの食事会で熱のある女性に対して石田さんが放った「こんな時期に勘弁して」ってなんだったけ?となります。

 

その発言は、入院後サンスポが報じた中にありました。

 

 

[以下引用]

また、石田の感染源の可能性として浮上したのが、5日に北関東のゴルフ場で参加したプライベートのコンペ。一部上場企業の社長ら8人ほどが参加し、ラウンド後の寿司を食べる会に参加した複数の女性を含む数人が、その後コロナ陽性と判明したという。

 

「私の知っているメンバーは半分ほど。女性とも面識はなく、うち1人が『熱っぽい』と言っていたので、こんな時期に勘弁してほしいなぁと思っていたほどなんです」と振り返りつつ、「ゴルフはたまたま、この時期に重なっただけ。最近は年間10ラウンドぐらいしかしないのになぁ」と自嘲気味に打ち明けた。

[4/22サンスポ]

 

石田さん本人が、参加者の一人から「熱っぽい」と聞いてたように読み取れますが…。

 

その他、北関東のゴルフでの感染者数も食い違っていますね。

 

また、症状らしきものが出たのはデイリー新潮によると4月12日、沖縄にいるときとありますが、退院直後に石田さんが話したところによると、東京に戻ってからということだったんですけど。

 

 

退院した石田純一が早速生出演も自己弁護ばかり…直筆謝罪文も他人の筆跡疑惑で意味無しか

 

上記記事で指摘していますが、その退院直後に石田さんが語った内容だけでもいくつも矛盾がありました。

 

要するに自己弁護で、どういうストーリーにしたら自分が悪くないことになるかと一生懸命考えたのかもしれませんが、所詮ウソなので話がブレるということなのでしょう。

 

元気になってよかったですが、表舞台からは身を引いたほうが良さそうです。

 

◆なにか上から…石田純一の謝罪文

全く共感できないよ!→ geinou ranking geinou reading

全く共感できないよ!→ geinou reading geinou ranking

 

※洗えるひんやりマスクです

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※石田純一さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウィルスに感染し闘病の末退院した石田純一さんが芸能界引退危機と言われています。

 

※鎌倉のTシャツやさんのマスクです

 

 

 自己弁護を繰り返し家族を引っ張り出し美談化する石田純一

 

先月15日に新型コロナウィルス感染を発表し入院した石田さんは今月12日に退院。翌日には『Live News it!』の電話取材に対応し14日には『とくダネ!』に生電話で出演し、コロナ体験と謝罪を繰り返しています。

 

しかしネットを見る限り、その謝罪を受け入れる人はあまりいません。

 

そもそも謝罪を求めているわけではないというか、謝罪されたところで受け入れられないというか…。

 

感染すること自体は仕方ありません。

 

でもそれが外出自粛要請が続くも感染拡大中だったときにゴルフに行って食事会を開いて感染しているのであれば話は別です。

 

さらに、緊急事態宣言が出されたあとに沖縄に行って発症してるのにゴルフをして東京に帰ってきてるのに「発症したのは東京に帰ってから」と主張しているあたりが「ウソばっかり!」となっています。そもそもゴルフへ行っていたことは報じられるまで言っていませんしね。

 

テレビ出演時も沖縄行きで2回もゴルフを予定していたにも関わらず仕事が理由だったと主張する不自然さを説明することはなく、発症したのは東京だと主張するも沖縄に体温計と血中酸素濃度を測る器械を持っていっていたから大丈夫だったと意味不明の釈明をしたり、結局のところ自己弁護しかしていない印象です。

 

入院早々何度も電話取材に答えていたことも影響し、コロナ感染をネタに仕事を増やそうとしてるようにしか見えないというのもマイナスポイント。

 

退院した石田純一が早速生出演も自己弁護ばかり…直筆謝罪文も他人の筆跡疑惑で意味無しか

 

さらに本日発売の女性自身では闘病中の苦しさ、死を覚悟しまだ小さいお子さんに「偉くなるとか、お金をいっぱい稼ぐだけが人生じゃない。努力して新しい自分を獲得すること。これが本当に大切なことなんだよ」と遺言を残したこと、退院した今も家族への感染を恐れて家の中で完全に生活エリアを分けていることなどが語られていますが、そんなにたくさん喋らなくても…

 

 

 石田純一に対し、視聴者、スポンサーが完全NG

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「非常に残念な話だが、スポンサーからは完全NGが出てしまった。性格なのかもしれないが、石田はヘラヘラしているように見えてしまうんです。さらにネットなどでは女性と一緒=浮気、沖縄も女遊びのため……といった臆測記事が飛び交っている。負の連鎖です」(キー局編成マン)

 

石田に対しNGを出したのは実は広告界だけでない。テレビ界も厳しい対応を取らざるを得ないという。

 

「そもそもテレビ界の石田のポジションは俳優ではなく芸人に近いひな壇タレント。今回のコロナ騒動で沖縄県民を敵に回し、しかも、この緊急事態宣言下にゴルフ場に行って感染してしまったため、ゴルフ場のイメージを悪くしゴルフ関係者からも総スカン状態。視聴率や制作費が厳しい時にトラブルメーカーと化した石田を好んで起用するテレビマンはいないでしょう」(前出のキー局編成マン)

[日刊ゲンダイ]

 

自業自得という言葉が浮かびます。

 

女性と一緒=浮気、沖縄も女遊びのため、という憶測は、石田さんがこれまでそういう行動をしてきたからなわけで。

 

沖縄に嫌われたのもゴルフ関係者に総スカンなのも、石田さんがそう行動したからですからね。

 

百歩譲って石田さんが4月5日に行ったという北関東でのゴルフまではよしとします。

 

わざわざ女性を呼んで食事会を開いたのも、石田さんらしいと言えば石田さんらしいです。

 

しかしそこに参加した女性が発熱してると聞いていたのに、その後そんなことなかったかのように自宅へ帰り、次女の誕生日会で東尾理子さんの年老いた両親を呼び、沖縄へ行き体調不良を感じながらもゴルフをし、体調が悪いのに公共交通機関で帰って来たというのが、バイオテロと言われても仕方ない行動です。

 

それで、関係者の皆様すみません、でも苦しかった、死を意識して小さい子どもたちのことが頭をよぎった、なんて言われても、その前に小さい子どもたちのことを考えて行動を自粛すべきだったのでは、としか…。

 

石田さんはイベントで家族の話をペラペラ喋るため記事になりやすく、スポンサーとしては呼んで益になるタレントで、一度に100万円のギャラを受け取っていた時代もあるようです。

 

が、もう今後は厳しいでしょうね。

 

長谷川理恵さんとの長年の不倫で「不倫は文化」という迷言を生み出し一度は干されるも復活した石田さんですが、今回ばかりは事実上の引退となるのでは。 

 

◆これ石田純一の直筆?事務の人が書いたなら公開する意味なくない?

全く共感できない謝罪文→ geinou ranking geinou reading

全く共感できない謝罪文→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

新型コロナウィルスに感染した石田純一さんが、入院から3週間経つも未だ退院の目処が立っていないと報じられ、ネットでは自業自得の声が溢れています。

 

 

※洗える絹のマスク。

 

 

石田純一の長引く入院にネットの声は… 

 

[以下引用]

石田は4月14日に肺炎で入院し、同15日にPCR検査で陽性となった。その後、治療薬の候補となっている「アビガン」を投与され、4日ほどで平熱に戻ったと、文化放送のラジオ番組で報告していた。

 

入院して3週間となり、事務所担当者は「平熱で食事もしっかり取っています」としながらも「アビガンの副作用で血管が詰まりやすくなるので、サラサラになる薬を処方してもらっています。脳溢血(いっけつ)や脳梗塞(こうそく)になりかねないので慎重に治療をしています」と説明。PCR検査で2度陰性が出れば退院となるが「(入院後は)まだPCR検査は受けていないです」としている。

[スポーツ報知]

 

これに対しネットでは、「高齢だしな」と心配する声もありますが、大方は

「遊び歩いたツケだね 反省してください」

「全く同情しない」

「私、人間ができていないので、こいつのコロナ関連ニュースはイラっとしかしない」

「退院のめどが立たないんじゃなくて退院させたくても当人が拒否してんじゃねえか?」

「さっさと家に帰ってベッドを空けて」

「コロナウイルスの治療ではなく、脳梗塞の予防だとは?」

「自分の都合で遊んですぐ入院ができて食欲もあり元気なのに今度はアビガンの副作用で退院できないだなんて、この人のせいでベット一つ埋まってるから入院できない人もいますね」

「アビガンの認可に躊躇う理由はこれだったのか!副作用の影響で病床が、圧迫するのか!」

「こういう人を見て外出を控える人が出るといいな。」

等々、批判的なものが多くなっています。

 

 

平熱になり食欲が回復しても退院できない石田純一って…

 

[スポンサーリンク]

 

日々感染者が増える中、感染経路が追えないケースも多く、もはや誰が感染しても仕方ない状態です。

 

そんな中、すでに芸能人も何名かコロナに感染していますが、ライブやゴルフに興じたり生活エリアを超えて不要不急の移動をして感染した宮藤官九郎さんと石田さんについては同情の声は出ません。

 

それは、感染したことが非難されているわけではなく、その前後の行動が身近だったり報道だったりで見る外出自粛せず身勝手に動き回り感染を拡げてる人と被り、不満のはけ口になってる部分もあるんでしょうね。

 

宮藤官九郎がサンドバッグ状態に!身勝手コロナ感染者の代表格に

 

そんなはけ口の一人、宮藤さんは、岡江久美子さんの死をきっかけにとてつもない自責の念にかられているとか。

 

 

自責の念を語るも好感度が下げ止まらない…宮藤官九郎に望むこと

 

自分が苦しいだけじゃなく、自分が感染したことで誰かにうつし、その人が苦しい闘病をした末にもしかしたら家族に看取られることなく亡くなり火葬されているかもしれない、と思ったら、宮藤さんも辛いでしょうね。

 

ちなみにコロナに感染し重症化し長く病床につくと肺が回復した後も起き上がるためのリハビリが必要になるケースもあるそう。しかし理学療法士が感染防御をしながらリハビリを行うのは非常に難しいという現実もあるといいます。

 詳細は→コロナ「重症患者」を実際に治療した医師の証言(東洋経済オンライン)

 

石田さんの状態がどんなものかわかりませんが、66歳という年齢を考えると、血液サラサラ以外にもちゃんと日常生活が送れない状況があるのかもしれません。

 

石田さんがなかなか退院できないことで空かないベッドは気になりますが、治療法が確立していない病気に感染する怖さが周知され、終息に向けて行動する人が増えると良いですね。

 

◆石田純一さんもですが…日本の芸能界から消えそうなのは

この人!→ geinou ranking geinou reading

この人!→ geinou reading geinou ranking

 

※夏マスク

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング