タグ:戸田恵梨香

[スポンサーリンク]

 

現在放送中のNHK連続テレビ小説「スカーレット」で、戸田恵梨香演じるヒロイン・喜美子と交際中の陶芸家志望・八郎を演じる俳優・松下洸平さん。

 

二人は撮影中も仲の良さを隠そうともせず常にベッタリなようで、関係者の間では「恋愛体質の戸田だけに、ドラマが終わったら速攻でゴールインすることもあり得る」と噂されているといいます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

連続テレビ小説 スカーレット Part1 (NHKドラマ・ガイド) [ 水橋文美江 ]

価格:1320円(税込、送料無料) (2020/1/4時点)


楽天で購入


 

 松下洸平を完全にロックオンした戸田恵梨香

 

2人は昨年10月末にスタッフを含めた5人で”居酒屋デート”を楽しんでいる姿が報じられています。

 

その時の記事によると、2人は同世代とあって休憩中も一緒にいることも多く、他の共演者が遠慮する中、松下さんだけは主演専用の休憩スペースに堂々と出入りし、戸田さんと談笑したり肩を揉んだり、スキンシップを欠かさないんだとか。

 

[以下引用]
戸田は惚れたら一途の性格のようなので、もはや松下以外の男性は目に入らないはずで、このまま寄り切って一気にゴールインの可能性も考えられます。とはいえ、朝ドラ中の恋愛スキャンダルはご法度。居酒屋での食事記事にはスタッフたちが肝を冷やしていたようです。ただ、放送が終わった後ならば、朝ドラで知り合って交際に発展したことが報じられても何の問題もないでしょう」(NHK関係者)

[リアルライブ]

 

ということですが、松下洸平さんはシンガーソングライターとしても活動する32歳。

 

これまで、ドラマや舞台への出演も多く、年齢相応のキャリアは積んできていますが、決して順風満帆の俳優人生を歩んできたわけではありません。

 

そんな彼がようやく掴んだ、朝ドラメインキャストというビッグチャンス。

 

恋愛体質とも言われる戸田さんが結婚に前のめりになるのは予想できますが、果たして松下さんはどう考えるのでしょうか?

 

 

 松下洸平にとってのメリットとは?

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

「ツイッターでは、ハマっていることを意味する『沼』を使った『#八郎沼』のハッシュタグが出現。ファンが日々、その魅力をつぶやきあっているほど、女性視聴者たちの心をガッチリとつかんだようだ。朝ドラがクランクアップ後、各方面からオファーが殺到しそうです」(テレビ誌記者)



ヒロインを務める戸田といえば、初の朝ドラヒロインを務めるにあたり、いろんなものを“断捨離”して覚悟を固めたことを会見で明かしていた。

 

交際していた俳優の成田凌には別れを告げたそうです。とはいえ、戸田と交際した俳優たちは破局後、ことごとく出世。成田も大いに飛躍しそうです」(芸能記者)

[リアルライブ]

 

要するに、戸田さんは”あげまん”ということでしょうか?

 

ようやく朝ドラで視聴者からの注目を集め、これからブレークを控えている身としては、ぜひともその恩恵にあやかりたいことでしょう。

 

ただ、女性視聴者からの人気を考えたら、ドラマ終了とともに結婚というのはマズイ一手なのでは?

 

戸田さんの共演者キラーぶりを考えると、元カレに一生共演NGされる可能性もありますしね。

 

成田凌を共演NGにした俳優K。今後も2年に1人NG相手が増えて行く予定

朝ドラで共演し結婚へ一直線で好感度もゲットした東出昌大さんという前例はありますが、せめて数年間は仕事に没頭して、人気俳優としての地位を盤石なものにしてから…と考えるのが普通のような。

 

超肉食系とも言われる戸田さんですが、クランアップしてしばらくしたらフラレてしまうことになりそうです。。

 

◆戸田恵梨香の元カレの発言

「山田孝之は毛玉」→ geinou ranking geinou reading

「山田孝之は毛玉」→ geinou reading geinou ranking

 

※戸田恵梨香の彼氏を共演NGにした人

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松下洸平さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

※CD買ってね!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松下洸平 / STAND UP! 【CD Maxi】

価格:1012円(税込、送料別) (2020/1/4時点)


楽天で購入


 

 

[スポンサーリンク]

 

12月13日に封切られた周防正行監督『カツベン!』。

 

成田凌さんはオーディションを勝ち抜いて主役の座をゲットしたといいますが、実は監督が重視するのは脇役で、監督の意を汲む演技ができる脇役が作品のいい味を出すといい、周防監督にも「周防組」と呼ばれる常連俳優が複数います。

 

今回もその常連に声をかけたものの、成田凌さんを理由に断られたんだとか。

 

 

※映画が「活動写真」と呼ばれていた頃の話

 

 成田凌が共演NGで出演を断った加瀬亮

 

[以下引用]

「今だからお話しますが、もう1人の周防組俳優にも声をかけたんですよ。主演の成田のライバルとなるベテラン活弁の役で、オファーしたのは加瀬亮(45)でした。彼は『それでもボクはやってない』で主演しており、信頼も厚かったのでしょう。しかし加瀬は、悩んだ結果、断ってきたんです。結局、その役は永瀬正敏(53)が演じることになりましたが、彼が断ってきたことはショックだったようです」(同・映画関係者)

 

加瀬にとって「それボク」は、ブルーリボン賞やキネマ旬報などの映画賞を獲得した出世作と言ってもいい。最近はテレビドラマの仕事はほとんど入れていないのに、恩人とも言える監督の誘いを断ったのはなぜなのか。

 

「それがね、こう言ったそうです。『戸田さんとの件があるので、どうしても僕は、主役の成田凌と芝居できるイメージが沸きません』と……。つまり、自分の元カノの戸田恵梨香(31)と交際した成田とは、共演NGというわけです。女関係を理由に仕事を断るなんてねえ」(同・映画関係者)

[デイリー新潮]

 

成田さんはなかなか失礼なタイプなのでそれが理由かと思いきや。

 

加瀬さん、戸田さんのことが本当に好きだったんですね。

 

二人が交際していたのは、2015年から2016年の夏までだと報じられています。

 

『SPEC』での共演の後、『この街の命に』で再共演し交際開始、破局の理由は価値観の相違で、円満破局のため友人関係に戻った、ということだったんですけどね。

 

一方の成田さんとは2017年に放送されたドラマ『コード・ブルー3』での共演を機に交際開始し、戸田さんは朝ドラ『スカーレット』主演が決まったタイミングで「男捨離」して別れたと言われています。

 

この通りなら、加瀬さんは略奪されたというわけでもありません。

 

それでも共演できないほどとは。

 

※痴漢冤罪の話

 

 共演NG多すぎの加瀬亮、今後も2年に1人増えて行く予定

 

[スポンサーリンク]

 

出演を拒否したのが戸田さんとの交際が理由なら、加瀬さんは非常に多くの俳優さんと共演NGということになります。

 

なんせ戸田さんは共演者と交際することが多く、元カレはすでに明らかになっているだけでも松山ケンイチさん、綾野剛さん、勝地涼さん、アイドルですが村上信五さんなどなど。

 

今は朝ドラに集中してるかもしれませんが、『スカーレット』で共演する松下洸平さんとのデートが報じられており、いつ熱愛に発展するのは時間の問題かも。

 

となると、加瀬さん、どんどん共演NGが増えていきそう。

 

ちなみに週刊新潮が加瀬さんの事務所に事実関係を問い合わせたところ、「お答えすることはございません」と回答があったとか。

 

こんな情報を漏らされた加瀬さん、周防監督ともNGの関係になりそう。

 

◆正真正銘「美青年」俳優ランキング

…へぇ→ geinou ranking geinou reading

…へぇ→ geinou reading geinou ranking

 

※戸田さんと加瀬さんの共演作

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※戸田恵梨香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ムロツヨシさんと戸田恵梨香さんが熱愛中で結婚も視野に入っていると報じられています。

 

しかしネットの反応は冷めたもので…

 

 

※このドラマ効果の記事でしょうね。

 

 

[以下引用]

濃いキャラでお馴染みの喜劇俳優・ムロツヨシ(43)に熱愛話が浮上した。お相手は“芸能界最強のアゲマン女優”戸田恵梨香(30)。今年9月から放送されるNHK朝の連続テレビ小説『スカーレット』で主演を務める人気女優だ。

 

2人が交際するきっかけになったのが、ドラマ『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS系)。戸田演じる若年性アルツハイマー病に侵された恋人を、ムロが必死に支えるラブロマンスだ。

 

「回を重ねるごとに視聴率は右肩上がり。最終回(昨年12月14日)はドラマ最高の視聴率13・2%を記録しました。放送当初からネットなどでは『ムロツヨシと本当に付き合っちゃえばいいのに!』『これはもうムロさんと戸田さん、結婚して欲しい』などといった声が多数寄せられていた。こうした声に便乗した某スタッフも、ムロさんに『付き合っちゃえ』とけしかけていました(笑)。でも、まさか本当に付き合うとは…」(ドラマ制作会社幹部)

[週刊実話]

 

戸田さんと言うと、過去松山ケンイチさん、村上信五さん、綾野剛さん、勝地涼さん、加瀬亮さん、成田凌さんとの交際が報じられていますが、交際相手が売れっ子になるというのと相手の名前に「りょう」が多いことで有名です。

 

ムロさんに対しても既に「戸田恵梨香効果」は表れており、週刊実話によると、前クールで放送され人気だったドラマ『今日から俺は!!』のスピンオフドラマに主演が決定したんだとか。

 

※むくのき先生スピンオフ?…いらないかも

[Amazon]

 

ほかにも、テレ東開局記念ドラマ『二つの祖国』、テレ朝が社運を賭けるドラマ『24』、さらに2020年放映のNHK大河ドラマに主演級での出演がが内定しているそう。

 

ムロさんはもう既にブレイクしていた印象ではありますが、主演級というとまた違うのでしょうね。

 

必ずしも「イケメン」ではないムロさんが戸田さんと交際できたのは、芸能界最強と言えるほどの気配り具合が理由だとか。

 

どちらかというと尽くすタイプと言われる戸田さんがムロさんの気配りに癒やされたという可能性もあるとは思いますが…43歳のムロさんと30歳の戸田さん。どうでしょうね。

 

ネットでは少し前なら歓迎された話かもしれませんが、今は「ないない」「ホントなら戸田恵梨香、やめときな」といったコメントがよく見られます。

 

ムロさんは先日の新井浩文容疑者に対する無神経コメントでずいぶん株を落としていますからね。

 →ムロツヨシ、新井浩文を応援発言も批判殺到で言い訳

 

気配り上手というならあの発言で被害者に対する気配りはあったのかと思いますし、新井さんのような種類の罪を犯した人をフォローし炎上したことで、内定していたという大河等々の主演級でのキャスティングというのも「再考」になっていたりして。

 

◆ムロツヨシが絶対に本名を明かせない理由

geinou ranking geinou reading

geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ムロツヨシさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

週刊新潮が戸田恵梨香さんを「大役を担うにあたって“身辺整理”をしたとも伝えられるが、目下、心配されているのは“父親”で…」と、戸田さんの父を「ネトウヨ」でありNHKも問題視していると糾弾しています。

 

 

 

 

 

週刊新潮の「戸田恵梨香の父はネトウヨ」報道

 

[以下引用]

〈今、現在も朝鮮人売春婦は、至る所で繁華街で簡単に出会う場所でウロウロしている〉

〈支那人はアホか?〉

 

こんな過激な文言が並ぶのは、戸田パパのフェイスブック。投稿の真意を探るべく自宅を訪ねるも、代わって妻が「素人がやっていることですので……」と答えるのみ。そんな“ネトウヨ父”については、芸能関係者からこんな声も。

 

「これまでも彼は、娘の男性関係を暴露する『放言パパ』として知られていました」

過去には女性誌の取材に、娘の交際相手だったとされる綾野剛を叱りつけたエピソードを喋ってしまったこともあったとか。子に罪はないとはいえ、「公共放送であるNHKは、仮にそれがタレントの父親であっても、思想的な偏りを忌避する傾向が強い」(放送ジャーナリストの小田桐誠氏)と、女優業に支障を来たす可能性もあるのだ。

[デイリー新潮]

 

なんだか気持ち悪い記事ですね。

 

確かにこのお父さんは以前、綾野剛さんとの交際を聞きにきた記者に対して、綾野さんを紹介されたことを認めたうえで手土産がなかったことを愚痴り、松山ケンイチさんと関ジャニ∞の村上信五さんを「彼氏」として紹介されたことまでバラしてしまったことがあり、まあ喋りすぎではありました。

 

FBの件は確かに挑発的ですが、一般人である戸田さんの父がFBに何を書いても自由なのでは。

 

とはいえ、それは綺麗事かもしれません。

 

リアルライブには芸能記者の「記事が広まって韓国や中国の人が事実を知れば、NHKに対しての抗議活動が巻き起こってもおかしくない」という指摘があり、確かにちょっとしたことを突いてきがちな人たちもいますから、そういう意味では注意すべきなんでしょう。

 

が、それだって週刊新潮がわざわざ記事にしなければ気づく人も少なかったのでは。

 

そして、「公共放送であるNHKは、仮にそれがタレントの父親であっても、思想的な偏りを忌避する傾向が強い」って…

 

NHKも流行ってないのに「ハングル語が流行ってる」とか、デビュー前のTWICEを「大ブレイク中」と取り上げたり、なにか偏ってる気がしますけどね。

 

 

 

週刊新潮の家族ネタ

 

週刊新潮は最近芸能人の父親をネタにしますね。

 

北川景子さんの父が実は三菱重工の幹部だったとか、勝地涼さんの父が元暴力団だったとか、吉岡里帆さんの父がNHK勤務だとか。

 

北川さんの父は防衛産業のトップシークレットを握る立場にいるためあまり公にしたくなかったのでは、と新潮も書いていたくらいのことですし、勝地さんの父は足を洗って20年、その後は真面目に不動産業を営んでいるということでした。吉岡さんの父に至ってはこれまで話していた苦労話が嘘だったのかと吉岡さんの評価を下げたにも関わらず誤報というどうしようもなさ。

 

犯罪を犯したわけでもない、普通の一般人のことは放っておいたらいいのでは。

 

 

◆大役抜擢の戸田恵梨香に

「コレジャナイ」→ geinou ranking geinou reading

「コレジャナイ」→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※断捨離後の戸田恵梨香さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング