タグ:亀梨和也の記事一覧

タグ:亀梨和也
既に抗議殺到!亀梨和也を主役にゴリ押し改悪で『ストロベリーナイト』リメイクは失敗の予感しかしない

[スポンサーリンク]

 

4月から放送されるドラマ『ストロベリーナイトサーガ』が二階堂ふみさんと亀梨和也さんのW主演であると発表され、ネットでは不満の声が上がっています。

 

 

※竹内結子と西島秀俊がコンビを組み、熱烈なファンがいました。

 

 

[以下引用]

「二階堂はノンキャリアでありながら27歳の若さで警部補に昇任した女性刑事・姫川役で、亀梨は西島が演じた“姫川の年上の部下”となる巡査部長・菊田和男を演じます。また、クセ者刑事で姫川の天敵・ガンテツこと勝俣健作は武田から江口洋介に変わるとのこと。原作の誉田氏はリメイクにあたり、『まず私がフジテレビさん側に申し上げたのは、“前作を越えなければいけないんですよ”ということ。決定したキャスト表を拝見し、なるほど、生ぬるい前例踏襲はしない、やるなら全く新しい「ストロベリーナイト」を作りたい、という意気込みを感じました』と、コメントを寄せています」(芸能ライター)

 

しかしネットユーザーからは、「原作の誉田さんがOK出したのもガッカリ」「『ストロベリーナイト』は、あのキャストのままそっとしておいて」「改悪悲しい。フジテレビの理解力のなさにも失望」と、シビアな感想が続出。ドラマの公式Twitterアカウントに向け、「前回のイメージを崩したくないので今回は見ない」「一部キャストを変更して続編作った方がよかったと思う。残念でならない」などと、抗議も見受けられる。

 

※演技力はそれなりに評価されていますが…

[Amazon]

 

さらにキャスティングに関して、「二階堂に警部補役なんて若すぎ」「主役はあくまで姫川で、菊田は一歩下がって支える立ち位置だからこその関係性。なんで菊田が主役なの」「菊田は背が高い人にやって欲しい。亀梨は身長低いし、なよっとしてる」「西島から亀梨とかレベルダウンがひどすぎ」「ガンテツの武田鉄矢には江口洋介じゃ太刀打ちできない」といったダメ出しが相次いでいる。

[サイゾーウーマン]

 

竹内結子さん主演の『ストロベリーナイト』は2012年に放送された連ドラが全話平均視聴率15.4%、2013年公開の映画の興行収入が21億超と成功を収めています。

 

一応、まだ映像化してないストーリーを扱うということではありますが、立派な結果を出した作品はそのままきれいな形で終えてほしかったような。

 

フジテレビは過去『GTO』(反町隆史さん→AKIRAさん)、『花ざかりの君たちへ~イケメン♂パラダイス~』(堀北真希さん→前田敦子さん)でリメイクしそれぞれ前回を超えられない結果を出していますし、続編という意味では『ショムニ』を江角マキコさん主演で作りましたが全盛期を超えることはできませんでした。

 

以前からフジテレビはお役所的というか大企業病というか、斬新な企画を持ち込んでも「それ成功するの?失敗したらどうするの?」という感じで新しいものに手が出せないところがあると報じられていましたが、まさにそんな感じなんですかね。

 

前作が成功している場合、次に演じる人の演技力がどうのではなく、あとから演じる人のほうが不利です。

 

特に問題は、亀梨和也さん。

 

前作の西島さん同様脇役なら良かったと思いますが、主役ですからね。

 

本来脇役の人を主役にするからには原作を変える必要が出てきます。しかも菊田ですからね。それだけで原作ファンも前作ファンも見ることをためらうでしょう。

 

なんともジャニーズらしさを発揮した感じですが、気の毒なのが亀梨さんに対する批判になることです。

 

ふつうに演じても叩かれるでしょうから、プレッシャーもあるでしょうね。

 

せめて整えすぎの眉やメイクを軽くしてくれればと思いますがどうでしょう。

 

また、二階堂ふみさんも元彼新井浩文さんが逮捕された直後のキャスティング発表で微妙な感じもあり。

 

このドラマ、成功するのは難しいかもしれません。

 

◆こっちでもジャニーズ批判が…

なぜこういうことをするのか→ geinou ranking geinou reading

なぜこういうことをするのか→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※二階堂ふみさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

キスマイ千賀健永がKAT-TUN時代の亀梨和也を「器ちっせぇ」

『ごぶごぶ』に出演したキスマイの千賀健永さんが、ダウンタウンの浜田雅功さんに「シバきたかった先輩」を問われ、「今は違うけど」と勇気を持って告白した相手がKAT-TUNではないかと報じられています。

 

※ギリギリで生きていた頃[楽天市場]

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Best of KAT-TUN [ KAT-TUN ]

価格:3146円(税込、送料無料) (2017/12/2時点)



 

 

[スポンサーリンク]

 

 

[以下引用]

なんでも、その先輩が所属するグループのリハーサルが終わらないうちに用意されていた焼肉弁当を先に食べていたところ、リハを終え戻ってきた先輩は「おめえら!なんで、先輩より先に弁当食ってんだ、コラ!」とブチ切れて、千賀たちは殴られてしまったとのこと。それゆえ千賀は「めちゃめちゃ器ちっせえ人間だな」「焼肉弁当ごときでなにキレてんの、こいつ?」と当時思っていたことをブチまけた。

[アサジョ]

 

 

アサジョではネットで名前が上がっているのはKAT-TUNだとして、昔はかなりギラギラしていたこと、先輩である嵐の櫻井翔さんですら怖かったと言っていること、Hey!Say!JUMP伊野尾慧さんが明かしていた「昔怖かった先輩」がKAT-TUNであり、その理由として挙げたエピソードが「ジュニアたちが先にリハーサルを終えた際、用意されていた5種類ぐらいある弁当をジュニアが先に選んで食べてしまい、KAT-TUNにはのり弁当しか余らなかったそう。その時の亀梨和也がとても怖くて、リハーサルなどを含めたさまざまなところで厳しく当たられた」という、まさに弁当絡みだったことから、KAT-TUNで当たりではとしています。

 

 

見た目通りギラギラもしてたのかもしれませんし、とても楽しみにしていたのでしょうし。

 

記事にある千賀さんの話では人数分焼肉弁当が用意されていたような印象でしたが、もし焼肉弁当が限られた数しかなかったなら、怒ってもしかたないかなあと思ったり。

 

ただ殴るのは良くないですが。

 

後輩である千賀さんが先に弁当を食べたことを怒られ本来なら反省すべきなのに「器ちっちゃ」と思ったのも、殴られたからじゃないですかねえ。

 

それでも、「今は本当にいい先輩だし! 現場で会ったらすごい話すし…昔はめちゃくちゃ怖かったっす」と、今ではいい関係になっていることも話してますし、今なら「あの時は怖かった」ってもうネタにできてることなのかもしれませんね。

 

 

※今は焼肉珍しくないくらい稼いでるでしょうけど[Amazon]

http://amzn.to/2Bt3PoL

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元KAT-TUNの3人のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

黒歴史必至!亀梨和也主演ドラマ『FINAL CUT』が低視聴率に終わりそうな理由

2018年1月期、フジテレビ火曜9時から放送される亀梨和也さん主演のドラマ『FINAL CUT』について、亀梨さんのファンから「黒歴史を作るな!」との批判が寄せられているんだとか。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

FINAL CUT』は12年前、殺人事件の犯人扱いをされた母親が自殺に追い込まれてしまった主人公が、事件に関係した人々に復讐をしていくというストーリーです。

 

 

主人公の亀梨さんは、「これがあなたのファイナルカットです」との決め台詞とともに公開することで相手の人生が終わる映像“ファイナルカット”を突きつけ復讐対象を言いなりにしていく、というもの。

 

 

 

[以下引用]

テレビ誌のライターが指摘する。

 

「なにしろほとんどのドラマが爆死続きのフジテレビですから、亀梨のドラマも低視聴率に終わるとの危機感がファンの間で高まっているようです。そして決め台詞のトホホ感も難点。MACのPCを使っている人には『ファイナルカット』という動画ソフトがおなじみで、『これじゃアップルストアのジーニアス(専門知識を持つスタッフ)だよ』という批判すら聞こえてくる始末です」

[アサジョ]

 

 

亀梨さんは日テレでの主演ドラマが多く、今年の24時間テレビ内で放送された『阿久悠ものがたり』ではその演技が好評でした。

 

この度フジテレビのドラマに出るのは11年半振りということで、アサジョによると「他局が育てた俳優をかっさらうのは仁義にもとる」という指摘もあるということですが、そこはまあ専属契約をしているわけでもなし、なんとも言えないんじゃないかという気が。

 

『逃げ恥』が当たれば新垣結衣さんを、高橋一生さんが人気だとなれば高橋さん、石田ゆり子さんが美魔女で話題となれば石田さん、というように、流行り物に乗るのもフジですし、気にしないんでしょう。

 

しかし『FINAL CUT』、どうでしょう、なんとなく一桁な気がします。

 

※初回は12.0%、一桁続きで全話平均は9.5%

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボク、運命の人です。 Blu-ray-BOX【Blu-ray】 [ 亀梨和也 ]

価格:19972円(税込、送料無料) (2017/11/26時点)

 

 

フジテレビ火曜9時の関テレ制作ドラマで復讐がテーマというと、思い出されるのは草なぎ剛さんの「戦争」シリーズ。

 

2015年に『銭の戦争』、2017年に『嘘の戦争』が放送され、視聴率は2作通じてすべて二桁。それぞれ全話平均視聴率が13.4%、11.3%と、昨今のフジテレビにはあり得ない高視聴率でした。

 

フジテレビが放送する中でもこの枠は比較的良質で視聴率も高めだと言われていますが、全話平均が一桁なのも珍しい話ではなく、今年の7月、10月は6%台と低いです。

 

今回の亀梨さんのドラマも復讐モノで、実は草なぎさん主演で企画し戦争シリーズ第三弾となるはずだったのが亀梨さんになったのでは、と指摘する声もあります。

 

おそらく草なぎさんなら、独立後初主演ドラマという話題性と過去2作の成功がありますからまた二桁はかたかったと思いますけど、亀梨さんは…どうでしょうね。

 

ファンは多そうですが、それと視聴率はまた別な気がしますし、なんせフジテレビです。

 →亀梨和也が「低視聴率男」と呼ばれる

 

関テレも、草なぎさんにしておけばよかったと地団駄踏むことにならなければいいですが。

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※草なぎ剛さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

「小山慶一郎要らない」の声多数!『24時間テレビ』2017のメインパーソナリティーがいつもと違う

2017年の日テレ『24時間テレビ』のメインパーソナリティーが嵐の櫻井翔さん、KAT-TUNの亀梨和也さん、NEWSの小山慶一郎さん3人で務めることが発表されました。

ネットでは「小山要らない」の声が多く出ています。

ranking



この記事の続きを読む