米倉涼子さん主演「ドクターX」(全話平均視聴率20.9%)と役所広司さん主演「陸王」(同16.0%)の2強に注目が集まった10月期の民放連続ドラマ。

 

その裏では、視聴率不振によって完全に株を下げてしまった俳優・女優もいますが、その中でもテレビ業界で「こいつはオワコン」と認識されてしまった人が3人いるといいます。

 

 

[スポンサーリンク]

 

 

急落筆頭は篠原涼子

 

その筆頭といえるのが、『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)で主演を務めた篠原涼子さん。

 

全話通じて一度も二桁に浮上することがなかったばかりか、最終回では自己最低&月9史上最低単話視聴率となる4.6%を記録。

 

しかも、全話平均視聴率でも今年1月期の西内まりやさん主演『突然ですが、明日結婚します』と並ぶ同じ6.7%で月9歴代ワーストタイという惨憺たる結果でした。

 

[以下引用]

「やはり、主演・篠原の力量不足という面も否めません。現在の篠原は“カッコイイ女”のイメージで売っているものの、芸能活動を始めた当初は、バラエティで体を張る“おバカキャラ”だっただけに、『篠原が市議会議員の役なんてミスキャスト』とも言われていたんです。視聴者に、こうした違和感を抱かれてしまうのは、篠原に難ありだったという証でしょう。しかも今回、月9史上最低女優という不名誉な肩書まで得てしまったとあって、今後の女優業が不安視されています。このまま本格的に“オワコン女優”となる可能性もありますよ」(テレビ局関係者)

[サイゾーウーマン]

 

このドラマに関しては、いくらフィクションとはいえ現実離れし過ぎた設定、役割不明の登場人物、もはやストーリーとして成り立っていない脚本など、ドラマとしての作りそのものが完全に崩壊していたことが原因なのでは?

 

ネット上では「ただの主婦がすぐに市議会議員に当選し、しかもあっという間に市長になるなんて非現実」などといった声もありました。

 

個人的には篠原涼子さんは戦犯であると同時に最大の被害者でもあるような気がします。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

民衆の敵〜世の中、おかしくないですか!?〜 DVD-BOX [ 篠原涼子 ]

価格:15800円(税込、送料無料) (2017/12/29時点)



 

 

顔でごまかせなくなってきたディーン・フジオカ

 

さて、続いて名前が挙がったのは、『今からあなたを脅迫します』(日本テレビ系)で武井咲さんとW主演を務めたディーン・フジオカさん。

 

初回8.0%、最低は第6話の4.9%、全話平均は6.2%と期待外れの数字でした。

 

[以下引用]

「2015年のNHK連続テレビ小説『あさが来た』を機に大ブレークしたディーンは、歌手としての一面も持ち、今年6月には『ミュージックステーション』で、“日本のテレビ初パフォーマンス”を披露しました。ところが、その歌声には『微妙すぎる……』『自分に酔っていて引いちゃう』『幻滅した』と語る視聴者も少なくなかったようで、徐々にディーン人気に陰りが見え出したんです。そんな中始まった『今からあなたを脅迫します』では、視聴率低迷とともに、“アンチディーン旋風”が加速し、『いつも同じ演技』『顔で騙されてたけど、演技力ないね』といった声が噴出。朝ドラから続いていた“おディーン様フィーバー”もついに終わりを迎えました」(テレビ誌関係者)

[サイゾーウーマン]

 

まあ、ディーンさんは以前から人気捏造の疑いが持たれていましたし、今ドラマがコケたとしても今さら影響はないような。

 

それよりも、武井咲さんとのW主演ということがほとんど話題にもならず、結果にも繋がらなかったことが問題なのでは?

 

放送直前には武井さんのデキ婚というビッグニュースがあったにも関わらず、です。

 

妊婦である武井さんを気遣ったのか、気絶設定、入院設定が多用されてるという話題はありましたけどね。

 →武井咲の妊婦対策が斬新

 

もはや知名度のあるキャスティングだけでは視聴者を振り向かせることができない証のように思います。

 

 

 

「国民的アイドル」と呼べなくなってきた櫻井翔

 

最後は嵐の櫻井翔さん。

 

主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)は初回こそ10.1%とギリギリ二桁に乗せたものの、最終的には8.8%という結果に。

 

もはや「どこが国民的アイドルなの?」といった状態ですが、テレビ局側も完全に期待を裏切られた思いらしく、今後のジャニタレ起用にも影響が出てきそうだといいます。

 

[以下引用]

「土曜午後10時では、4月期にKAT‐TUN・亀梨和也主演『ボク、運命の人です。』、7月期に関ジャニ∞・錦戸亮主演『ウチの夫は仕事ができない』が放送され、年明けからはHey!Say!JUMP・山田涼介主演『もみ消して冬~わが家の問題なかったことに~』が始まる予定。なんと丸1年間ずっとジャニーズドラマを放送することとなり、業界内では『あの枠は完全にジャニーズ枠になった』などと指摘されています。しかし、亀梨や錦戸のドラマ視聴率もさほど振るわず、櫻井ですらこの結果だけに、日テレは『本当にこのままジャニーズドラマを続けていいのか?』と不安になっているようです」(テレビ局プロデューサー)

[サイゾーウーマン]

 

ということですが、ドラマ自体に対する評価は高いものがありました。

 

教育問題の切り取り方、教師と高校生の実態など視聴者に「深く考えさせる」良い脚本・演出だったという意見も多く、個人的にも見応えある作品でした。

 

やはり、テーマが重そうに思えて取っ付きづらかったというのが、数字に結びつかなかった大きな要因のように感じます。

 

櫻井さんは日テレで報道系のニュースキャスターも務めていますし、アイドルらしい恋愛モノや気軽に観られるコメディタッチの作品よりも、こういったシリアスな作品が向いているような。

 

ただ、期待を裏切ってしまったことは確かですから、今後は俳優としてよりもキャスターとしての活動に軸足を移していくかもしれませんね。

 

 

以上、今秋ドラマで株をさげてしまった3人のご紹介でした。

 

◆笑顔が胡散臭い芸能人

TOP3のうち二名がジャニーズ→ ranking reading

TOP3のうち二名がジャニーズ→ reading ranking

 

※胡散臭い感じもドラマによく合ってました[Amazon]

http://amzn.to/2lntx7r

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※櫻井翔さんの彼女・小川彩佳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング