[スポンサーリンク]

 

麻薬取締法違反で逮捕され大河ドラマ『麒麟がくる』を降板した沢尻エリカ容疑者の代わりに濃姫役に抜擢された川口春奈さんのギャラや対応が破格すぎると報じられています。

 

 

※明智光秀の話です

 

 

 代役を断った女優たち

 

一説には、貫地谷しほりさん、水川あさみさん、蒼井優さん、広末涼子さん、満島ひかりさん、榮倉奈々さんらの名前があがっていたといわれた沢尻容疑者の代役候補の女優たちですが、皆ことごとく断り、やっと決まったのが川口春奈さんだったとか。

 

[以下引用]

「誰が代役に立っても沢尻と比較されるのは間違いないし、もし視聴率が悪ければ、“戦犯”扱いされかねない。さらには、沢尻より“格下”のイメージがつくデメリットもある。当初、NHKは川口のほかの女優たちに白羽の矢を立てていたようですが、いずれもスケジュールの都合を口実に断られたとか。そんななか、火中の栗を拾った川口の度胸はたいしたものですよ」(テレビ関係者)

[日刊サイゾー]

 

断った女優さんたちの中には、単純にスケジュールがいっぱいだったり新婚で仕事を多くしたくなかったりした人もいるんじゃないでしょうか。

 

大河ドラマは非常に拘束時間が長く薄給だと言いますから、前々から決まっていればちゃんと調整しているでしょうけど、そうでない場合、なかなか都合がつかないというのもウソではないのでは。

 

大河ドラマの旨味はギャラは安いがステータスが高いことだといい、大河後に知名度が上がりCMや民放出演時のギャラが上がるのが狙いだといいますが、すでに知名度もギャラもある程度あれば、何も沢尻容疑者の代役というキツイものじゃなくても、となっても無理はありません。

 

 

 超VIP待遇の川口春奈

 

[スポンサーリンク]

 

その点川口春奈さんはまだ若く発展途上ですから、多少無理してでも出てみようとなるのもわかります。

 

その上、こんな破格な待遇が用意されていたとのこと。

 

 

[以下引用]

「はっきり言って、かなりのVIP待遇ですよ。まずはギャラ。通常、大河ドラマの出演料はNHKへの貢献度によって決定されるのが慣例です。川口はこれまで大河ドラマの出演歴もありませんから、通常ならいいところ1本20~30万円となるところ。しかし、今回は1本100万円と破格。さらに、今後3年間は、NHKのドラマや番組への起用が確約されているのだとか。ここにきて、大みそかの『NHK紅白歌合戦』にもゲスト出演するとの噂が飛び交っています」(前出・テレビ関係者)

[サイゾー]

 

20万円でも出たい人がいる中で、100万円。

 

その上今後3年間もお抱え女優として活躍できるなら、そりゃ多少は無理しちゃうかも。

 

特に川口さんの場合、どうしても初主演の連ドラ『夫のカノジョ』が大コケし、2019年11月現在、今世紀に民放プライム帯で放送された連ドラの中のワースト記録で、さらにその後も決して視聴率的に恵まれていないことから低視聴率女優のイメージが強いですからね。

 

最近は女優業よりもかまってちゃん的なSNSばかり話題になっていたところに熱愛が発覚し、さらにSNSで交際を匂わせていたことから、何もしなければ低視聴率女優のままフェードアウトもありうる感じでした。

 

そんなところでNHKに恩を売ることができ、女優としてチャンスですよね。

 

大河ドラマも近年は視聴率が取れておらず、『いだてん』はワーストを更新し続け当たり前の様に一桁を記録していますから、『麒麟がくる』がコケても川口さんばかりのせいにはされないでしょう。

 

川口さんにとっては千載一遇のチャンスでしたね。

 

◆ここまで匂わせていた

川口春奈のSNS→ geinou ranking geinou reading

川口春奈のSNS→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※川口春奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング