先週発売の週刊文春が日テレの人気番組『イッテQ』の人気企画「お祭り企画」で今年放送されたラオスの「橋祭り」がでっち上げだったことを報じ、話題騒然となりましたが、今週はさらに昨年放送されたタイの「カリフラワー祭り」もでっち上げだったと報じています。

 

日テレは「橋祭り」「カリフラワー祭り」ともに疑惑を認め謝罪しています。

 

 

 

 

タイのカリフラワー祭りも嘘だった!

 

[以下引用]

「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

 

[Amazon]

 

だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。

 

「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません

[週刊文春]

 

祭りの出場者には賞金や参加費などが渡されており、「祭り」の運営費は、「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が運営費を負担していたとのこと。

 

普通の地元の祭りなら運営費は地元から出るはずですから、もう「クロ」ですね。

 

週刊文春が日本テレビに「カリフラワー祭り」の開催経緯などについて尋ねたところ、次のような回答が。

 

[以下引用]

「『カリフラワー祭り』や先にご指摘をいただいた『橋祭り』を含め、『祭り』企画において、番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントとして開催したケースがありました。

 

また番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております。『祭り』企画に関しましては、現在、詳細を確認中です。今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます」

[週刊文春]

 

先週よりは幾分かまともではあります。

 →日テレ『イッテQ』にヤラセ発覚

 

が、明日発売の週刊文春には「下請けに責任を押し付ける日本テレビの対応」についても掲載されるそう。

 

「当社に責任があると考えております」と言ってはいるものの、その前にあくまでコーディネート会社がやったことだとしているところが、そうではなく、企画自体に日テレスタッフが関わっていたということなのでしょうか。

 

今回日テレに責任を押し付けられているM社は、先週のラオスの件でも名前の出ていたタイにある日系の会社です。

 

こうなるとM社が関わった企画を片っ端から検証してみたら、他にもヤラセがあるかもしれませんね。

 

 

『イッテQ』が失った信用

 

今回の件については、部外者である内山信二さんは「何で人気ある番組を叩こうとするのかな。 誰か傷つく人がいるんですか、誰も傷ついていないのでいい」と言い、岡村隆史さんは「(番組)制作の人がどうやったらこれ笑ってくれるのかなぁ思って一生懸命考えた結果が『ヤラセや』言われて。なんか悲しいっちゃ悲しいですよ」「ほじくらん方が夢あってええんちゃうか」とコメントしています。

 

また、出演者のロッヂ中岡さんは「人を不快にしたくてやってることなんて1ミリもない」とコメントしており、やってる人にとったらそれはそうなんだろうなと思います。

 

でも、「伝統的な祭り」として紹介された祭りがまるで関係のないものだったラオスやタイの人たちの立場に立ったらそんなこと言えないんじゃないですかね。

 

逆に考えて、日本に「振り子のように揺れるボールを避けながら細い橋を自転車で渡り切る祭り」や「カリフラワーの20キロ早採り祭り」がある、これらは日本古来の伝統的な祭りだと海外で放送されたらどう思うんでしょう。

 

また、ラオス政府の「日本人は誠実だと思っていた」という言葉を聞いても同じことが言えるのでしょうか。

 

 

ネットには、ヤラセが発覚したことで『イッテQ』が楽しめなくなった、これまで観て楽しんだ祭りの中には他にもでっち上げのものがあったのかもしれないと思うとがっかりだという声もあります。

 

悲しいのは、イモトさんの登山企画なども怪しく思えてしまうことです。

 

 

『イッテQ』は、しっかりと何がウソで何が本当だったのか公にして、今後の対策を練って発表しないと、視聴率右肩下がりで寂しいことになるかも。

 

◆これも不快にする気ゼロだったとでも?

ロッヂ中岡さん!→ geinou reading geinou ranking

ロッヂ中岡さん!→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング