TBS系の人気音楽番組「CDTV ライブ!ライブ!」(TBS系)に、番組サポーターとしてレギュラー出演しているおEXITのりんたろー。さんと兼近大樹さん。

 

しかし、1月30日の放送に二人は出演せず、番組内でも不在について全く言及されなかったため、

 

「やっぱり、芸能界追放は免れなさそうだ・・」

 

と話題になっています。

 



 

 

[以下引用]

なぜ「EXIT」が番組に姿を現さなかったのか、それは世間を賑わせている連続強盗事件が深く関わっている可能性が高い。

 

「特殊詐欺の容疑で逮捕状が出ているのは、フィリピン入管施設で拘束中の渡邉優樹容疑者を含む計4人。現在、次々に逮捕されている実行犯は、ネットの闇バイトで集められた単なる寄せ集めで、渡邉容疑者らが連続強盗事件の黒幕だと疑われています。

 

そして兼近といえば、過去に女子高生への売春斡旋や札幌で起きた強盗事件によって逮捕された前科がある。その札幌の事件で兼近と一緒に逮捕されたのが〝ルフィ〟と名乗る主犯格の渡邉容疑者だったと、週刊誌『FLASH』で報じられたのです」(芸能ライター)

 

ネットでは、

 

《芸能界をEXITしそうなのか》

《ルフィとの過去が掘り起こされて活動自粛はおかしすぎる》

《やっぱ過去のこと掘り起こされたから、EXIT出てないのかしら…》

 

とザワついているが、番組放送の翌31日に兼近はツイッターを更新。

 

《多少脚色されたデマもありながら、ほとんどが既に公表している事実です。当たり前とは程遠い想像を越えたイカれ少年期を過ごしていましたため、弁明の余地もありません》

 

などと言及し、「活動を控えるべきでは?」といった旨のリプライには、

 

《絶対に控えません!》

 

などと返信していた。

 

しかし、ネット上には「記者会見を開いて、もう一度、過去の過ちや渡邉容疑者との関係性などを説明するべきだ」などといった声も多い。

 

《彼は改心して今を頑張っているだろうけど、今後テレビには呼ばれづらくなると思う。会見を開き全ての質問に答えないと道は閉ざされてしまう可能性がある》

 

《刑罰を受ければそれで終わりというものではないと思う者からすると、メディアでへらへらとした姿を見かけるのは不快感》

 

《闇営業や多目的トイレ不倫などで、逮捕もされていないのにTV出演できなくなっている芸人との差が大きい。スポンサーの判断はどうなるでしょうか》

 

 

 

EXIT兼近大樹、ルフィとの関係を認めた!世間の反応は…

 

渡邉容疑者と今村容疑者は、かつて暴力団の〝周辺者〟として活動していたとの情報もある。

 

「ネット民の言う通り、半グレたちの宴会に出席して事務所を通さずにギャラを受け取った芸人が〝永久追放〟扱いで、ガチの犯罪者たちの〝共犯くずれ〟だった兼近がテレビに出まくっているのは違和感がある、という声も無視できないと思います」(芸能ライター)

[週刊実話、まいじつ]

 

ということですが、兼近さんは1月29日のトークライブで一連の報道について言及。

 

「ちょっと皆さんにも悲しい思いをさせているかなと思って、改めてその、ご迷惑をおかけして、本当、すいません」

 

と謝罪した上で、ネットで始まったバッシングについては、

 

「別にそんなに気にしていないよ。気にしなきゃいけないんだろうけど、まぁどうしようもないことというか。これから僕がどうしていくかということ」

 

と説明し、

 

「この先もずっと、ふざけ続けて皆さんを笑わせていこうと思っているので」

 

と前向きなコメントで締めていました。

 

ただ、いくら10年前の話とは言え、女子高生への売春斡旋に加えて現金約1000万円の窃盗事件で逮捕されたことがあるというのは、テレビの世界で生きていくのは厳しいかと。

 

テレビは国民の財産である公共電波を使って放送されているので、現実問題として犯罪歴のある人を「見たくない」という視聴者感情を無視して起用することは難しいはず。

 

また、民放のテレビ番組はスポンサー料で成り立っていて、各企業はタレントの人気や好感度に乗っかって自社の製品やサービスを宣伝しているわけです。

 

数千万円、数億円という莫大なおカネを払って。

 

それを考えたら、少しでもイメージの堕ちた芸能人をリスクを負ってまで起用するというのは、普通に考えたら「あり得ない」こと。

 

そういった事情を考えると、兼近さんがテレビの世界から退場させられたとしても、仕方ないと思います。

 

ただ、テレビから消えたからと言って、芸能生活まで終了となるわけではありません。

 

今後はお笑いコンビ・EXITを受け入れ、応援してくれる人たちだけを相手に、ライブ会場やネットを主戦場として活動していけばいいだけのこと。

 

彼らほどの実力と人気があれば、一時的には落ちたとしても、長い目で見ればきっと今以上に活躍できるはず。

 

ということで、さようならEXIT!

 

いつかまたどこかでお会いできる日を楽しみにしております。

 

◆出てきたときからこうなることは決まっていた・・



 

 

ちなみに、ですけど・・

 

今回の件で最も被害を被っているのは、「ONE PIECE」という作品と主人公のルフィ、そして原作者である尾田栄一郎さんなのではないでしょうか?

 

もし、渡邉容疑者が”キムタク”なんていうコードネームだったとしたら、マスコミは「キムタク、キムタク!」って連呼してたでしょうか?

 

するわけないですよね、ジャニーズ忖度まみれのマスコミが。

 

いつも「風評被害はイカン!」などとギャアギャア騒ぎ、どこかの国の人間には”配慮”して本名ではなく通り名で報じるくせに・・

 

対象がアニメキャラで「大丈夫じゃね?」と見るや、調子こいて悪ノリするのって、なんだかスゴく不愉快です。

 

マスコミの皆さん!

 

一連の犯行の指示役は他にも「キム」や「ミツハシ」などとも名乗っていたらしいですから、もうちょっと犯人グループの呼称にも”配慮”して頂けませんか?

 

って、もしかして”配慮した結果”が”ルフィ呼び”なんでしょうか?

 



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※兼近大樹さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

よかったらシェアしてください!
カテゴリー