2016年11月20日、以前からたびたび復活が噂されては実現しなかった、山本圭壱さんの吉本復帰と極楽とんぼ復活が発表されました。しかし、これはフジテレビが仕込んだ島田紳助さん復帰に向けた実験台だったそうで、すでに新番組の構想もあるといいます。

ranking

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 新 いつも心に紳助を /島田紳助(著者) 【中古】afb
価格:198円(税込、送料別) (2016/12/11時点)






[以下引用]

「’06年の淫行騒動から10年。7月には、かつてレギュラー出演していたフジテレビの『めちゃ×2 イケてるッ!』に出演。9月からは、加藤浩次と共に極楽とんぼとしての単独ライブツアーを開始していましたから、既定路線だったのでしょう」(芸能関係者)

今でも世間の山本アレルギーは根深いものがあるが、吉本興業の筆頭株主でもあるフジテレビが、この復帰を後押ししたと言われている。

視聴率低迷にあえぐフジにとって、『めちゃイケ』は最大のお荷物。山本を視聴率回復のカンフル剤にしたいという見方もあるが、の陰に、実は本当の狙いがその先にあるという。

「山本の復帰は、あくまでも観測気球。視聴者からの批判がどれだけ来て、その後、落ち着いてくるかというシミュレーションだと言われています。フジが本当に狙っているのは、島田紳助の復帰です」(構成作家)

’11年8月、暴力団関係者との“黒い交際”を理由に芸能界を引退。以降、隠居生活を送っている紳助は、雑誌インタビューには何度か登場しながらも「復帰はない」を繰り返している。

「しかし、あれだけの話術の才能を持った男ですから、本心は“また自分の声を届けたい”ですよ。実際、ベッキーのゲス不倫問題や、石坂浩二の『開運!なんでも鑑定団』降板問題のときは、コメントを発表していますし、本人も復帰に色気たっぷりです」(同)

紳助復帰にあたり、フジが用意するのは、まずは『ヘキサゴン』の復活だという。

「りゅうちぇるや滝沢カレンなど、新世代のおバカも揃っているし、盛り上がることは間違いありません。また“老後に残すべきは金と筋肉”が持論の紳助は、筋トレブームを盛り上げたい思いもあるようで、番組企画をいくつか温めているという話もあります」(同)

[週刊実話]



どうなんでしょう、これは。

紳助さんの場合、暴力団との関係を認めて自ら芸能界を引退したわけですから、闇勢力との繋がりがクリアになったことをしっかりと証明できない限り、復帰はかなり難しいと思います。

※こちら、旧世代のおバカさんたちです。

クイズ!ヘキサゴン2 2009合宿スペシャル [ 島田紳助 ] - 楽天ブックス
クイズ!ヘキサゴン2 2009合宿スペシャル [ 島田紳助 ]

[関連商品]

ただ、フジテレビに限らず、テレビ局としては数字を持っている紳助さんの復帰を内心では「心待ちにしている」ことは想像できます。

紳助さんが引退してから5年が経ちましたが、その間にも視聴者のテレビ離れはますます進み、今ではYoutubeなどのネットメディアで話題になってからテレビが後追いすることは珍しくなくなりました。

そんな中、司会者としてのスキルだけではなく、世の中に大きなインパクトを与えられるような斬新な企画力を持っている紳助さんなら、テレビ復権の起爆剤となるはず…

そのような期待もあるのではないでしょうか?

本人的にも、まだまだ隠居するには早過ぎたと思っているフシはありますし、吉本興業も復帰に前向きであることを考えたら、復帰の障害となるのは世間的なイメージだけ。

山本圭壱さんをその実験台に使ったというのは、あながち信憑性の低い話でもないかと。

※島田紳助の近影。なんか、ちょっと…

 画像→ geinou reading

 画像→ geinou ranking

ちなみに、11月26日放送の日テレ系バラエティ番組「誰も知らない明石家さんま 初のロングインタビューで解禁!」では、「島田紳助さんをどう思ってる?」という質問を受けたさんまさんが、「芸能界に帰る気ないんだなって思ってます」と答えていました。

ま、回答内容は置いといて、このタイミングで紳助さん復活を話題に上げたこと自体が、何かの兆候なのかなあ…とも。

完全にオワコンになっていれば、そもそも名前なんて出さないでしょう。

あの国民的アイドルSMAPでさえ、まさかの引退に追い込まれた2016年。

2017年は、まさかの“紳助復活”が芸能界を席巻するかもしれません。

いつも風を感じて -
いつも風を感じて –

[関連商品]

※島田紳助さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

今旬ナビ!最新記事はこちら