元ファンキーモンキーベイビーズのファンキー加藤さんが、アンタッチャブルの柴田英嗣さんの妻と不倫し柴田さんは離婚、柴田さんの元妻は妊娠し今月中に出産予定であると週刊女性が報じています。

かなり複雑なこの詳細は…

ranking






[以下引用]

「公表されていませんが、柴田さんは昨年の5月に離婚しています。彼は’10年に女性トラブルから1年間休業していますが、今回はそういうことではありませんよ。別れた原因は奥さんの浮気。彼女は2児のママだったのですが、恋に落ちた。その相手というのが、ファンキー加藤さんだったんです」(柴田の知人)

アンタッチャブルで山崎弘也の相方を務める柴田英嗣が、1年前にひっそりと離婚していた。愛する妻の心を奪ったファンキー加藤は、ファンキーモンキーベイビーズ(ファンモン)のリーダーとして活躍したミュージシャンだ。

「ファンモンは’09年から4年連続で紅白歌合戦に出場した人気グループです。ラップを取り入れた曲で中高生から支持を集めました。今は苦しくても、未来を信じて諦めずに頑張ればきっと報われる……といったような、ポジティブな歌詞の応援ソングを得意としています。好きだという気持ちをストレートに歌ったラブソングも多いです。’13年に惜しまれつつも解散しましたが、加藤さんは現在、ソロで活躍されていますよ」(音楽ライター)

[週女プライム]



アンタッチャブルの柴田さんの妻とファンキー加藤さんが不倫。

ファンキー加藤さんは2013年にファンモンのマネージャーだった女性と結婚し子供がいます。つまりW不倫だったわけです。

元妻Aさんの知人によると、Aさんとファンキー加藤さんは1年半ほど前、加藤さんの後輩が開いた飲み会で出会い、交際を始めてからは、Aさんは加藤さんのライブツアーについて行って地方のライブでは一緒に泊まっていたりもしたとのこと。

※そんなときは離婚後も柴田さんが世話をしていたそう

アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑 -
アンタッチャブル柴田英嗣の日本一やかましい動物図鑑 –

[Amazon]

このW不倫愛がきっかけとなって柴田さんとAさんは2015年5月に離婚が成立し、その4か月後の9月にAさんの妊娠が発覚、加藤さんに相談した結果、離婚はしないが認知し養育費も支払うことになりましたが、それはすんなり得られた結論ではないそうで。

[以下引用]

「Aさんが妊娠のことを加藤さんに報告すると、加藤さんから“何とかする。こまめに連絡するから”と言われたそうです。でも、なかなか連絡がとれない時期もあったようです。その後、連絡がとれて、会って話し合うことになったのですが、話し合いの場所には加藤さんと一緒に事務所の方が同席したそうですね」(Aさんの別の知人)

その後も何度か話し合いが行われ、加藤が子どもを認知すること、DNA鑑定を行うこと、そして養育費の額も決定した。

※大事なことですよね。

昨夜未明、大沢樹生が死にました… [ 大沢樹生 ] - 楽天ブックス
昨夜未明、大沢樹生が死にました… [ 大沢樹生 ] – 楽天ブックス

[楽天市場]

「正確な金額は聞いていませんが、養育費は数千万円くらいになったんだとか……」(前出・Aさんの知人)

加藤とAさんの話し合いには、前夫である柴田が参加したこともあった。

「加藤さん、柴田さん、Aさんの3人で話し合いの機会がもたれたときに、加藤さんは初めてAさんの元夫が柴田さんだったということを知ったそうです。そもそも加藤さんは、出会ったときからAさんが既婚者で2児のママだったことを知らなかったようですが。柴田さんと加藤さんは、以前から友人関係だったので、お互いに複雑だったのでは……」(前出・柴田の知人)

[週女プライム]



これは修羅場ですね。

柴田さんが以前休業していた理由は柴田さんの不倫問題がトラブルになったから、と報じられたことがありました。

昨年10月になり、『ダウンタウンなうSP』に出演した柴田さんは初めて休業の理由について言及、もともと後輩とある女性が付き合っていたのですが、別れる際に揉め、柴田さんが仲裁に乗り出したところ逆恨みされ、「柴田に暴行を受けた」と警察に通報され逮捕されたと説明しています。

そんな苦労を一緒に乗り越えたAさんが今度は不倫して離婚してしまったなんて。

一方でファンキー加藤さんというと、これまでひたすらまっすぐ、真剣な愛を歌い続けてきたというのに不倫とは。

今月中に生まれるという子供への養育費や認知など対応は誠実ではありますが、相手が結婚していると知らなかったとはいえ、加藤さんが不倫していたことは事実です。

しかも、不倫相手がそれが原因で離婚に至ったのに、6月に赤ちゃんが生まれるということは、相手の家庭を壊しながらもまだ自分の家庭を裏切り続けたということ。誠意がないです。

やはりその辺、後ろめたいんでしょうか、週刊女性が加藤さんに二人目の子供が生まれることについて直撃取材したところ、なんともダラダラとした答えだったようです。

[以下引用]

――母親は奥さまでなく、“Aさん”という方ですよね?

「ちょっと当人同士で……話し合いは、え~……させてもらってまして……。ンッ(咳き込み)、また、何かしらで、こちらから発表はさせていただこうと……」

――Aさんは、アンタッチャブルの柴田さんの元奥さんですよね? 出会いはどういった経緯で?

「僕からはちょっとそれは……。あの、発表は控えさせていただこうかなと思います。また必ず、何かしらの形で……(発表)させていただきますので……」

――お相手のAさんには、「なんとかする。こまめに連絡するから」と言ったそうですね? しかしその後、連絡がとれない時期があったと聞きました。

「あの……いま話し合いをしていますので……」

――高額の慰謝料をお支払いになったそうですが。

「そうですね、あの……ちょっとまた……改めて発表させていただきます」

――発表されるのはいつごろになりそうですか?

直撃時、驚いたというより、観念したような表情を見せた加藤。終始、口調は重かった

「なるべく早めに。必ず……」

――加藤さんご自身の口で発表するのですか?

「……はい、そうですね。必ず……させていただきます」

 最初から声はかすれがちだったが、話しているうちにさらに音量が下がっていった。

――生まれてくるお子さんの認知はされるんですか?

「……それも含めてまた、発表させていただきます……。スミマセン……」

最後は消え入るような声で答えながら、犬の散歩を途中でやめ、自宅へ戻っていった。

[週女プライム]



加藤さんの事務所へ取材したところ、不倫と妊娠、認知は事実であり、誠心誠意対応すべく話し合い中であると説明があったとのこと。

週刊女性にはもう一方の当事者である柴田さんにも取材した様子が掲載されていましたが、柴田さんは終始ハキハキ、堂々と答えていたようです。

まあ立場が違いますから当然といえば当然ですけど、加藤さんもここまでのことをしながらモニョモニョ話すとは覚悟が足りないです。

しかも、記事の感じだと、「まめに連絡するから」と言いつつフェードアウトしそうだったんですかね。

W不倫も妊娠もまったくもって褒められることではないですが、加藤さんだけの責任ではないですし、できうる対応はしているんだから、もう少し堂々と、そしてファンへの謝罪の一言くらいあってもよかったのでは。

加藤さんは今週末に公開される初主演映画『サブイボマスク』でもまじめで真っ直ぐな青年を演じているとのことですが、なんだかすっかり嘘くさくなりましたね。

※ファンキー加藤さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら