フジテレビが“ポスト海猿”として満を持して制作したドラマ「HEAT」。回を重ねるごとに視聴率は右下がりで、GP帯の打ち切りラインとされる視聴率5%を第2話以降、一度も超えられない大惨敗。しかしながら、フジテレビは映画化を強行せざるを得ないそうで、大赤字になれば経営的にも大打撃を受けると予想されています。

ranking

※そんなに、オレが悪いのか!!

[楽天市場]



[以下引用]

第1話が6.6%、第2話が3.9%、第3話が4.2%。そして直近の第4話はワースト記録となる3.4%でした。今後も視聴率が上向く傾向はまったく見られません」(事情通)

『HEAT』の放送が始まってからというもの、フジテレビ幹部連は「水曜日が怖くてたまらない…」と恐れおののいているという。

「ビデオリサーチが水曜の朝9時に『HEAT』の視聴率を発表するんです。大勢の局員がごった返しているはずなのに、その日だけはお通夜のように静まり返っている。ここだけの話ですが、ゴールデンタイムのテレビドラマ史で例のない視聴率1%台を記録するのではと皆、ビビっているんです」(同)

本来なら早々に打ち切り、何事もなかったことにしたいフジテレビだが、今回ばかりはそうもいかない。『HEAT』の続編が異例の速さで決まったばかりか、映画化も正式発表されているからだ。

「タイトルも、『DRAGON』(仮題)に内定し、公開は来年1月ごろです。消防団員だったAKIRAが新たに創設されたばかりの特殊災害専門部隊“ドラゴンハイパー・コマンドユニット”のメンバーになるまでを描いていく。総務省と東京消防庁の全面協力を取り付けているばかりか、映画ありきでAKIRAや他の共演者をキャスティングしているんです。しかも、スポンサーは映画化内定というエサをチラつかせて大々的に集めてしまった。これは、テレビに出稿するCM料金で映画がワンセットになってくるようなもの。番組視聴率が悪く、スポンサーが集まらないフジの苦肉の策です」(映画関係者)

※小学生が考えた名前みたいですね。

日本の消防車2016 (イカロス・ムック) -
日本の消防車2016 (イカロス・ムック) –

[関連商品]

ちなみにドラマ&映画の収支だが、現在のままでは完全に赤字だという。

制作費は1本5000万円。AKIRAの出演料が100万円。他に栗山千明が140万円、佐藤隆太が120万円、田中圭が80万円、菜々緒が50万円、小芝風花が30万円、稲垣吾郎が150万円。これに映画の製作費が3億円以上。でもこんな番組視聴率だったら大コケは必至です。本来なら映画企画を白紙撤回したいが、それもできない。行くも地獄、去るも地獄です」(同)

[週刊実話]



ということですが、私自身は脱落せずに毎週見ています。

巷で言われているほどAKIRAさんの演技が大根だとは思いませんし(上手くもないですが)、ストーリー的にもそんなにヒドイとは思わないのですが…

どうして“消防団”という中途半端な設定にしちゃったのかなあと。

ホントに“ポスト海猿”を目指しているのかなあと。

AKIRAさんといえば、その身体能力を活かしたアクションシーンは得意なはずですし、最初から“消防庁のエリート救命士”みたいな設定にして、派手なシーンをバンバン登場させていれば、ここまでの惨状にはならなかったと思います。

要するに、最初っからドラゴンハイパーコマンド・AKIRAで良かったんじゃない?

って、見てる人がほとんどいないんじゃ、賛同してくれる人もいないですね、ハイ。。

 内情はドロドロのEXILE!大根AKIRAはメンバーからボロクソに…

※消防団員から、映画ではこんな感じに化けるんでしょうか?

バックドラフト [DVD] -
バックドラフト [DVD]

[関連商品]

さて、そんなこんなで大爆死確定の「HEAT」ですが、それでけでは終わらないのが今のフジテレビ。

先月末に放送された「FNSうたの夏まつり」の平均視聴率が過去最低を記録してしまった上に、フジが総力を結集してスタートさせた「水曜歌謡祭」が平均視聴率3~5%台の低空飛行を続けるなど、何をやってもダメダメな状況になっています。

特に「水曜歌謡祭」は亀山千広社長の肝いりで立ち上がった看板番組だけに、局内では社長の力量を疑問視する声も上がっているといいます。

[以下引用]

「番組のコンセプトも歌をじっくり聞かせたいのか、トークを交えたバラエティ路線でいくのかはっきりしない。その結果、出演を渋るアーティストやレコード会社もチラホラ出始めている。司会の森高千里の降板説もささやかれています」(テレビ誌ライター)

かつては一強と言われたフジが、視聴率争いで3位に食い込むのがやっとという状態になって久しいが、いまだ浮上の気配すら見えてこない。象徴的なのが週末のゴールデン帯。日曜20時台の「ニュースな晩餐会」、21時台の「オモクリ監督~O-Creator‘s TVshow~」ともに3%台に突入する体たらく。同時間帯に放送しているテレビ東京の2時間特番に負けることも珍しくなく、まさに目も当てられない状態だ。

4月からゴールデン帯に昇格した金曜19時台の「世界HOTジャーナル」、土曜19時台の「おーい!ひろいき村」も結果を残せていない。なかでも「ひろいき村」が4%前後をウロウロしているのは、非常に大誤算だと業界ではささやかれている。視聴率男の異名をとる、有吉弘行をもってしても低迷に歯止めがかからなかったからだ。

「日テレの『有吉ゼミ』や『有吉反省会』は視聴率2ケタをキープしています。ですから『ひろいき村』も楽観的だったと聞きます。ところが結果は惨敗。つまり、有吉個人が飽きられているわけではなく、フジの制作力とブランド力の低下がとてつもなく落ちていると見るべきでしょう」(前出・テレビ誌ライター)

[アサ芸]



「水曜歌謡祭」は、森高さんだけではなく渡部建さんも交代させたほうが良いかと。

OGも含めたフジの女子アナとキムタクの組み合わせだったら、かなりの視聴率を稼げると思います。

ひらめき「うたの夏祭り」が過去最低を記録した最大の原因は…

 お前らだ!→ reading geinou ranking

 お前らだ!→ ranking geinou reading

それにしても、看板番組は過去最低を記録し、新番組は“視聴率請負人”を起用しても軒並み総倒れとは、厳しいですね…

最新の調査によると「視聴率が1%急落すると市場価値にして10億円以上の損失に値する」そうですから、冗談じゃなくフジテレビの台所事情はかなりヤバイのでは?

こうなると、起死回生で送り出したはずの「HEAT」が、逆に瀕死の自分自身にトドメを刺すことになるのも、時間の問題かも!?

そういえば、先月末には国民的アイドル・櫻井翔さんのお父さんが総務省トップの事務次官に就任することが決定しましたね。

 父の事務次官就任に加えて弟もテレビ局への就職が内定済み

こうなったら、一度放送免許を返上して、天下のジャニーズ事務所のもとで“ホンキのエンターテイメント”だけを追求するテレビ局に生まれ変わってみてはどうでしょう?

もちろん、その時はどこかの国の資本は一切お断りで。

だって、それが全ての元凶なんですから…

※できることならば、あの頃に戻ってやり直したい…?

フジテレビデモに行ってみた! [ 古谷ツネヒラ ] - 楽天ブックス
フジテレビデモに行ってみた! [ 古谷ツネヒラ ]

[楽天市場]

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

【質問】虫って地球に必要なんですか?【長年の疑問】

SMAP香取慎吾の結婚発言にファン悲鳴