第153回芥川賞を芸人のピース・又吉直樹さんと共に受賞した作家の羽田圭介さんが、8月6日放送の「アウト×デラックス」に登場して大きな話題になっています。その面白すぎる“特濃キャラ”には、マツコさんをはじめとした芸人さんたちも、思わず唸ってしまったそうで…

ranking

※本の売上にも貢献したのでは?

[楽天市場]



[以下引用]

羽田はいきなり手作りのクッキーを配り始めたり、自分のことを超合理主義者だと分析し、「結婚してる女友達に会うと、意味ねーなぁって思う。何も起こらないわけですからね。一番無意味なことだと思う」「カレーが食べたくなったら、業務用のスーパーで材料買い込んで、50人分のカレー作って、そればっかり食べる」「印税が入らないから、文芸誌に自分の作品が載っても告知はしない」などと、かなりテレビ慣れした様子でトークを展開した。

 

これには初対面のマツコも「私、あんたのこと好きかも」と珍しく絶賛。矢部浩之も賛同するように手を叩き、南海キャンディーズ・山里亮太も「又吉の陰に、こんな特濃キャラがいたなんて」と、芸人として少し悔しげな表情を浮かべた。

また、芥川賞受賞の連絡が入った際に、デーモン閣下メイクでカラオケを熱唱していた羽田。その映像を見たデーモン閣下本人に「もうちょっと高音部分に研究の余地があるな」とダメ出しされたことが悔しかったと述べ、「じゃあ、今リベンジしてみる?」とマツコに言われると、躊躇する様子もなく白塗りメイクを済ませ、見事な歌唱力を見せつけて番組を大いに盛り上げた。

番組では当然、ピース又吉のことにも触れる。「(又吉の陰に隠れて)損したと思わない?」とマツコに振られると、「そう言われることが多いけど、逆に又吉さんのおかげでメディアへの露出が増えました。又吉の隣で見切れて肩口だけ映ってる奴は誰だ? って検索してくれる人もいますから」と、本人的にはポジティブに捉えている様子。

「番組の趣旨通り、かなり“アウト”な人で、これから需要が出てくる可能性はありますね。3年前に同賞を受賞し、『もらっといてやるか』発言で話題になった田中慎弥さん以来のキャラ立ちした作家さんじゃないでしょうか」(テレビ局関係者)

[日刊サイゾー]



芥川賞受賞時は、完全に又吉さんに話題をさらわれてしまいましたが、まさかこんな形で自分自身が注目されるとは思っていなかったのでは?

羽田さん本人の意向次第ですけど、今回をきっかけに、今後バラエティで見る機会が多くなる予感もします。

「芸人としてはイマイチぱっとしない芥川賞作家・又吉直樹」よりも、「芥川賞作家なのにすごく面白いキャラ・羽田圭介」のほうが、テレビバラエティ的には需要があるでしょうから。

※一度絡んでみて欲しいかも。

AYABE MODE (ヨシモトブックス) -
AYABE MODE (ヨシモトブックス)

[関連商品]

さて、「又吉さん、今頃悔しがってるのかな…」とも思いましたが、そういえばちょっと前にこんな記事が出ていたのを思い出しました。

[以下引用]

「『火花』が芥川賞にノミネートされた後に、彼から聞いたんですが……。“もうバラエティ番組には出ない”と言うので、びっくりしてしまいました。これは本当に作家になるつもりなのかと……」(又吉の古くからの知人)

驚いた知人は、真意を問い質したそう。

「そうしたら、又吉くんは『これまでは『ピース』の名前をなんとか広く知ってもらおうと、どんな番組でも全力で頑張ってきた。でも、これからは本当にやりたいお笑いだけをやっていきたい。ひな壇に並ぶような、バラエティ番組には、もう出なくていいと思ってる』と話したんです

又吉は続けて、「本当にやりたいのは、漫才とコントなんだ」と明かしたという。もともと、この2つをやりたくて、お笑い芸人になった又吉。芥川賞を獲ったいまこそ、芸人としても原点に返りたいということのようだ。

「そして小説だけでなく、お笑いでも、10年に準優勝で終わった『キングオブコント』に再挑戦して“賞”を獲りたいというんです(笑)。もちろん、相方の綾部さんにも、この“夢”は伝えているはず」

[女性自身]



ということで、専業作家になるつもりはなく、本当に自分が好きな“笑い”を追求していきたいということみたいです。

芥川賞作家が本気で挑戦する“お笑い”というのは興味深いですが、これって現在の“バラエティタレント化”してる“自称芸人”さんたちへの強烈なアンチテーゼのような気もします。

ま、これも作家としての自分の将来に自信を持っている証だと思いますが、必然的にテレビにでる機会は激減するでしょうね…

その隙間を埋めるように、羽田圭介さんが“芥川賞作家”の肩書をフルに活かしてバラエティに出まくって有名になり、気付いたらどこかのワイドショーでレギュラーコメンテーターの座に収まっていたりして。。

いろんな意味で、二人の芥川賞作家に注目です!

ひらめき印税を巡り吉本と又吉の間に新たな火種が!

 これはヒドイでしょ…→ geinou reading geinou ranking

 これはヒドイでしょ…→ geinou ranking geinou reading

179万部突破した作品の評価は?

火花 -
火花 –

[関連商品]

※又吉直樹さんのブログはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら