能年玲奈さんの独立・洗脳騒動が話題ですが、業界では所属事務所であるレプロエンタテインメントに対して、「自業自得」という声が出ているとか。



そして、同じ事務所に所属している新垣結衣さんも、事務所に対し不信感を募らせているといいます。



ranking



※朝ドラ主演中から冷遇されていたとか



[楽天市場]




能年さんの洗脳・独立騒動はこちら。



 能年玲奈に洗脳騒動!事務所に無断で個人事務所設立の裏には、魅力開発トレーナー滝沢充子氏? – 芸能スクープ、今旬ナビ!!



 能年玲奈が消えた理由



能年さんは今年1月、所属事務所であるレプロに無断で個人事務所を設立。演技指導の女性とともに同居生活を送っていたといいます。



この状態につき、東スポやアサ芸が報じたのは演技指導の滝沢充子氏による「洗脳」で、能年さんは滝沢氏のアドバイスを聞き仕事を断っていたと報じました。



これに対し28日発売の週刊文春は洗脳を否定。



能年さんがレプロ社長・本間憲氏から冷遇されており、仕事を入れてもらえなかったこと、『あまちゃん』出演時の月給がたったの5万円だったことなどを報じています。



また、滝沢さんが能年さんの生活面をサポートするようになったのは、「あまちゃん」の撮影が立てこんでいて、洗濯が間に合わず身に付ける下着がなくなり、しかもそれだけ忙しいのに新しい下着を買うお金もなく、精神的に限界が来た時だったとか。



※滝沢充子さんの著書。ネットで読めます



あなたのままで女優のように魅力的になる方法 -

あなたのままで女優のように魅力的になる方法 –



[Amazon]


レブロ自体、業界での評判は悪く、インタビューという友好的な現場にも威圧的な事務所関係者が立ち会ったり、取材メディアの選定に厳しかったり、取材直前に取材NGにしたりといったことで、業界では今回のトラブルも同情されるよりは自業自得という声があふれているんだとか。



そんな苦しい状況なのは能年玲奈さんだけではなく、新垣結衣さんも同じ思いを抱えているといいます。



[以下引用]


こうした厳しい規制は、メディアに対してだけではない。レプロの意向によって“干された”といわれる能年も同様だが、同プロの稼ぎ頭である新垣もまた、現在精神的に追い詰められた状態に陥っているという。



近頃周囲に、『女優としてもうやりたくない』『事務所は辞められないのかな』と相談しているそうです。元々新垣は、精神的に脆い一面があるようですが、事務所がそのフォローがまったくできていないためと見られています。能年と同じく、内心ではレプロに対する不満を抱えているのかもしれませんね」(芸能プロ関係者)



[サイゾー]




レブロは長谷川京子さんや新垣結衣さん、川島海荷さん、菊地亜美さんなどが所属する事務所で、バーニング系列です。



独立でトラブルになり干される芸能人というのは多くいますし、よりによってバーニング系…と思いきや、週刊文春によると、バーニングの申し子小泉今日子さんは完全に能年さんを支持しているといいますし、そもそもこの独立騒動自体、レブロと揉めたバーニングが仕組んだという話もあるようです。



能年さんがレブロの社長に冷遇されるようになったのは、能年さんが打てば響くようなタイプではなかったことが原因だとか。



そんな好き嫌いで、20歳やそこらの女性が仕事できなかったり仕事に意欲が持てないというのも気の毒ですね…



能年さんにバーニングがついているというならば、今後も安泰ということでしょう。



ひらめき[閲覧注意]幼少時代のガッキーが怖い



え、えええーーー!!→ ranking geinou reading



え、えええーーー!!→ reading geinou ranking



※ふつうに更新している能年玲奈さんのブログはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング





◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆



GLAYとラルクってどっちの方が凄かったの?



二宮和也が東京駅の八重洲口で弾き語りしていた過去が発覚!



(・o・)