離婚調停が不成立となり、裁判にまでもつれ込んだ高橋ジョージさんと三船美佳さんの“元おしどり夫妻”。当初、美佳さんは高橋さんの“モラハラ”に苦しめられていたと涙ながらに訴えていましたが、次第に状況は美佳さん側に不利になりつつあるといいます。



ranking



[楽天市場]


[以下引用]


古参の芸能記者は、次のように異議を唱える。



「高橋は美佳の16歳の誕生日に結婚。相手は妻とはいえ、まだ高校生。親のような気持ちがあったことは否めません。一方、美佳も高橋に父性を求めていたのでしょう。『その日のスケジュールをいちいち確認されて自由がなかった』と訴えていますが、自由業の夫婦同士だったら当然だと思いますよ



では、なぜ離婚訴訟にまで発展してしまったのか?



「三船の母親・喜多川美佳さんが黒幕でしょう。喜多川さんは、30歳年上の三船敏郎を妻から略奪する形で同棲を始めました。入籍してもらえなかった喜多川は、このままでは遺産がもらえないと考えたのか、三船の資産を自分名義に変え、しかも三船が老いて要介護状態になると、さっさと老人ホームにあずけてしまった。結局、三船は晩年を妻と過ごしたんです。喜多川の入れ知恵もあって、美佳も家を新築したところで、老いた高橋に見切りをつけたのでは?」(前出・芸能記者)



[アサ芸プラス]




うーん、なるほど…



ということは、モラハラもウソなんでしょうか?



信じていたんですが…



 セクハラに加えて「妾の娘」発言まで!高橋ジョージの信じられない言動に三船美佳も限界だった



DVではなくモラハラに着目したのは“さすが”だと思いましたが、あれは美香さんではなく母親による入れ知恵だったということでしょうか?



高橋さんと離婚させることで、金ヅルである娘を自分の元に取り返し、あわよくば夫婦で築いた財産も奪ってしまおうという考えでしょうか?



いかにも守銭奴が考えそうなことです。



そもそも、三船美佳さんが「三船敏郎の娘」という看板だけで女優の地位を確立できたかどうかは未知数。



そして現在、タレントとしてテレビで仕事を貰えるようになったのは、明らかに「虎舞竜の高橋ジョージ」と結婚した恩恵であることは事実です。



それは高橋さん側にも言えることで、お互い、この24歳差という年の差結婚がなかったら、芸能界に生き残れなかったのでは。



喜多川美佳さん自身も30歳歳上の三船敏郎さんを略奪し、用が済んだらポイ捨てしたとのことですが、もしかしたら自分の娘にもおなじようなことをさせて、“2匹目のドジョウ”を狙っていたとか?



もしそうなら、本当に恐ろしい人間です…



※天国で苦笑いしてる?



黒部の太陽 【特別版】 [ 三船敏郎 ] - 楽天ブックス

黒部の太陽 【特別版】- 楽天ブックス



[関連商品]


さて、初公判の際にも記者会見を行い、話し合いを求めた高橋さんとは対照的に、復縁の意思を微塵も感じさせなかった美佳さん。



世間をすっかり見方につけたつもりでいるようですが、実は公判後初の公の場で「明らかな嘘」を吐いていたといいます。



[以下引用]


「発覚当初、関係者の間では三船側の“不祥事”が疑われたものです。近頃の芸能人夫婦の離婚騒動でも、布川敏和とつちやかおりの一件、また中山美穂・辻仁成と、女性側から離婚を切り出したものの、世間の同情を引くのは夫側、というパターンが続いていました。三船に関しても、あまりにも突然の離婚決意とあって、当然その裏側には“男性の影”があるとささやかれていたんです」(週刊誌記者)



つちやは「週刊新潮」(新潮社)に親密関係の男性の存在をスクープされ、中山も離婚が成立する前から音楽家・渋谷慶一郎との熱愛が報じられた。両元夫婦とも、被害者は完全に“夫側“と認識されるようになり、形勢は逆転した。



「ところが三船に関しては、『女性セブン』でイケメン男性との“疑惑”が伝えられたものの、詳細は不明のまま。先日は同誌に母・喜多川美佳と10歳の娘とともに食事をしている様子が報じられていますが、異性のウワサなどあれ以来まったく聞こえてきません」(同)



公判にも姿を見せなかった三船は、今月12日、映画『ゴーン・ガール』のイベントで、裁判開始後公の場に初めて登場。囲み会見も設けられ、マスコミのインタビューに『ハッピーエンドにしたい』と離婚へ決意を表明していたというが…



「イベント中に三船は、『母は一歩引いた形でそばにいてくれている』と発言しましたが、この部分は完全に嘘です。離婚に際して、段取りをつけたり弁護士との折衝を行っているのは、ほかならぬ母親の喜多川。それに、そもそも離婚を後押ししたのは、喜多川の勧めだったともいわれています」(ワイドショー関係者)



[サイゾーウーマン]




高橋さんは涙ながらに「子どもにとって、両親が話し合いもせずに離婚したっていう事実はつらいもの」と訴えたていましたが、もっともだと思います。



モラハラ夫は一対一でさえ話せれば丸め込める自信があるからそうしようとするといいますし、それを防ぐために話し合いの席につきたくないというのは分かります。



ただ、そこまで話し合いを求める高橋さんに対して、連絡手段すら完全に絶ち、一切の接触を拒否するのはどうなんでしょう。



誰か同席の上で、最後に話し合い、というのはないのでしょうか。



何も譲る気がないなら、話し合いの場をもうける意味もないのかもしれませんが…。



夫婦二人がお互いに納得して離婚するならともかく、他人の気持ちや幸せを平然と踏みにじり、自分のことだけしか考えない守銭奴が裏で暗躍しているというのは、なんとも気持ち悪い話です。



守銭奴というと、やしきたかじんに寄生したさくらさんを思い出します。



この二人、そのうち立場が完全に逆転するような気がするのですが、とにかく今後の成り行きに注目したいと思います。



百田尚樹『殉愛』の真実 -

百田尚樹『殉愛』の真実 –



[関連商品]


※三船美佳さんはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング