先日、公式サイトで自身の薬物疑惑とそれに関連するトラブルを全否定したASKAこと飛鳥涼さんが、週刊文春の取材に対し、一転して事実だと認めました。

ranking

※ASKAさん…

【送料無料】SCRAMBLE (CD+Blu-rayDisc) [ ASKA ]

【送料無料】SCRAMBLE (CD+Blu-rayDisc) [ ASKA ]
価格:3,951円(税込、送料込)

[楽天市場]



[以下引用]

人気大物デュオ「CHAGE and ASKA」のASKAが週刊文春のインタビューに応じた。

同誌が8月8日号で「シャブ&飛鳥の衝撃飛鳥涼は『覚せい剤吸引ビデオ』で暴力団に脅されていた!」と報じて以来、初めてのメディアへの登場となる。

自宅で3時間にわたり記者からの質問に答えたASKAは、薬物を暴力団員から受け取っていたこと、ガラスパイプで吸引するシーンを盗撮され、それを使って金をせびられていたことなどを認めた

8月に予定していたスペシャルライブは延期したが、現在は新曲発表に向けスタジオで曲作りなどに励んでいるという。果たしてASKAは完全復帰できるのか。

[薬物、暴力団員、ビデオ…ASKAがついにすべてを語った!]



最初は匿名で報じられた「超大物シンガーの薬物中毒疑惑」。

 超大物シンガーが重度の薬物中毒疑惑で逮捕秒読み!

それが、8月1日発売の週刊文春でASKAさんだと断定的に報じられました。

 ASKA薬物吸引ビデオで脅迫!

しかし、ASKAさんサイドは公式サイトで弱々しく否定しただけ。所属事務所の社長も吸引ビデオを見ており、レコード会社との契約上、否定するしかなかったのではと推測されていました。

先日やっと本人が否定するも、覚せい剤使用という犯罪に関わったことを誤って報じられたのに法的手段には出ないという不自然さから、クスリが抜けて、逮捕の危険がなくなったから否定したのでは、と言われていました。

どうやら覚せい剤は本人の告白だけでは起訴されず、尿検査や毛髪検査でクロと判定されてはじめて起訴となるとか。

それでもASKAさんの場合イメージもありますし、このまま逃げ切ると思っていたのに、一転して認めたなんて…。

詳細は明日の文春を見ないとわかりませんが、とても驚きました。

※追記10/9※

週刊文春には「アンナカ」という興奮剤の使用のみ認めていました。

ひらめきこんなにいる!麻薬で逮捕された芸能人一覧

 そういえばそんな人いましたね…→ ranking geinou reading

 そういえばそんな人いましたね…→ geinou ranking geinou

※ASKAさんのブログはこちら

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

当サイトのコピー・複製はご遠慮ください。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら