全国区の知名度を誇り、熱狂的なファンを多く抱える超大物シンガーが現在、深刻な麻薬中毒に陥っていると東スポが報じています。その症状はかなり重度で、専門的な更生保護施設に入らなければならないレベルだそうで、音楽活動はすべて中止、しかも捜査当局も逮捕を視野に内偵を進めているといいます。いったい誰なのでしょうか…?

 → ranking

※ネットではASKAさんでは?と言われていますが…

[楽天市場]



[以下引用]

「Xの名前を公表すれば芸能界はおろか、日本中が大ショックを受けるのは間違いありません。それだけの大物で、Xサイドもひた隠しにしようと必死なんですよ」

そう声を潜めるのは、事情に詳しい音楽関係者だ。

Xは超人気ユニットで活躍。ミリオンヒットを次々と連発し、ドラマの主題歌になったことも数知れない。作詞、作曲を行うなど創造性、独創性に優れ、ソロでの活動も多い。

長い活動期間があるので幅広い世代でファンがいるのが特徴です。ユニット内で確執などもありましたが、本当に仲が悪いわけではない」とはレコード会社関係者。

そんな超有名人が薬物中毒とはにわかには信じられないが、ここ最近兆候はあったという。

「Xは英国滞在中に薬物を覚えたそうですが、今では音楽活動ができないほどに体調を崩してしまっているんです。さまざまなイベントもすべて中止。しばらくは公の場に出て来られないというんですよ。Xサイドは、表向きいろいろ差し障りない理由で説明していますけどね」(前出の音楽関係者)

ところが、だ。薬物中毒だけなら隠し通せても、現実はもっと緊迫している。捜査関係者が言う。

「すでに捜査当局にはXの薬物情報が複数寄せられている。最初に入ってきたのは、今から10年ほど前になるのではないか。そのときはまだ中毒といえるほど深刻ではなかったが、最近のXは本当にヤバイ…。現在、当局は慎重に内偵を進めている状況。証拠が固まり次第、逮捕に動く方針です

のりピーと芸能界クスリ天国/芸能界薬物汚染研究会

のりピーと芸能界クスリ天国/芸能界薬物汚染研究会


[関連商品]

さらに深刻なのは、ある反社会的組織までもが、Xの薬物使用の動かぬ証拠を握ってしまったといわれることだ。水面下ではこれをタネに脅されるという最悪の展開となっている。

「その組織が握ったのは、実際にXが薬物を使用している映像だよ。盗撮かどうかはわからないが、Xが部屋でクスリを吸引しているシーンを収めているそうだ。これが闇社会に流出しているんですよ。そしてXは脅されているという話だよ」(事情通)

まさに表からも裏からも追い込まれ絶体絶命の危機。しかし、現在のXには、それに立ち向かうだけの余力はない。体調不良と言えば聞こえはいいが、重度の薬物依存症だからだ。絶対匿名を条件に、ある芸能プロ関係者が明かした。

「Xの悲劇は何も反社会的勢力に脅されているからではありません。中毒がシャレにならないんです。もう精神にも異常をきたし始めている。音楽活動どころじゃない。更生保護施設に入るしかないだろう

逮捕されるか、反社会的勢力の餌食になるか、施設に入るのか…。いずれの選択肢も、Xにとってみれば悪夢に違いない。

[東スポ]



ということで、なんだかスゴイことになってますね。

重度の薬物中毒に捜査当局による逮捕、そして闇組織による脅し…一体誰のことなのか、非常に気になります。

ネットを見てみると、超大物アーティストということで「コブクロ」「B’Z」「安全地帯」「ゆず」「ドリカム」「CHAGE&ASKA」「サザンオールスターズ」「ミスチル」などの名前が挙がっていましたが、

 超大物アーティストが薬物中毒で逮捕秒読み!

記事には“ミリオン連発”“ユニット”“不仲説”“ソロ活動も多い”などのヒントから、「ASKAさんではないか?」というのが有力になっています。

ひらめき東スポに掲載されたシルエット

 似てる…?→ ranking reading reading ranking

確かに“ドラマの主題歌”という点では『101回目のプロポーズ』の『SAY YES』、『振り返れば奴がいる』の『YAH YAH YAH』、『妹よ』の『めぐり逢い』などなどが挙げられます。

※「SAY YES」は最終的に300万枚以上のセールスを記録しました。

CHAGE&ASKA/CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A

CHAGE and ASKA VERY BEST NOTHING BUT C&A


[関連商品]

「ASUKA」表記を「ASKA」に変更したのは、1989年に渡英したときに「イギリス人は『アシュカ』と読んでしまう」と指摘されたことがきっかけということで、“英国滞在”という点もクリアしてしまいます。

ちょっと前には“激太り”が話題になったこともあり、そのときは「病気療養中」との理由が明かされていましたが、

 ASKAが激太り克服も今度は一過性脳溢血症に…

コカインなど食欲はなくなるものの“太る”薬物もあるといいますし、「薬物をやっていたら激ヤセするはず」ということにはならないようです。

もちろん、だからといって今回の件がASKAさんを指している事にもなりません。

ひらめき薬物中毒でこんな素晴らしいパフォーマンスができるのか?

 ASKA&桜井和寿[動画]→ ranking reading

 ASKA&桜井和寿[動画]→ reading ranking

ちなみに、過去に薬物関連で逮捕されたことがあるミュージシャンと言えば、元サザンの大森隆志さん、元光GENJIの赤坂晃さん、元JAYWALKの中村耕一さん、槙原敬之さん、岡村康幸さん、そして故・尾崎豊さんなどたくさんいます。

東スポもここまで書いて憶測を呼ぶなら実名を、とも思いますが、記事によると、すでに複数のメディアがこのスキャンダルを追いかけているといいます。全てが白日の下に晒されるのは時間の問題かもしれません。

※追記※

残念ですが、ASKAさんでした。

やっぱりASKAだった!薬物使用現場を脅迫され、逮捕間近の大物シンガーはチャゲアス飛鳥だと週刊文春が報じる

※そういえば大森隆志さんって今何してるんでしょう?

熱いくちづけ / 遠い夏 / GMP Inc./Flavour of Sound

熱いくちづけ / 遠い夏 / GMP Inc./Flavour of Sound

[関連商品]

※超大物アーティストのブログはこちら

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

当サイトのコピー・複製はご遠慮ください。

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら



◆◆◆ 関連ニュース ◆◆◆

酒井法子の元夫・高相祐一はラーメン店でタトゥーを隠してバイト中!

今井メロに薬物疑惑!写真集の収入は新しい彼氏に貢いでいた

中居正広と篠田麻里子の熱愛報道と薬物中毒疑惑の関係とは?

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

AKB48新曲のジャケットwwwwwwwなにこのセンスwwwwwww

やはりセンターが。

子宮頸がんワクチン「サーバリックス」 戦後最大の薬害事件の可能性

子供のためと注射させていた親の気持ちを思うと…

このおかずさえあればご飯を何杯でも食べられる! 最強のおかずランキング

ご飯がたべたい。