かなり話題になったNHK「セカンドバージン」で主演した鈴木京香さんに、熱愛の噂です。

 

お仕事同様、私生活もとても充実しているようで、なんと恋人・真田広之を追ってロサンゼルスに豪邸を購入していたとか。

 

[スポンサーリンク]

目次

閉じる

鈴木京香が真田広之のあとを追い渡米

 

[以下引用]

真田広之は2003年の映画『ラスト・サムライ』をはじめ、主演した映画『たそがれ清兵衛』も2004年にアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされるなど、ハリウッドで高い評価を得る。そこで本格的なハリウッド進出を目指し、活動拠点をアメリカ・ロサンゼルスに移した。

 

そしてその後を追うように、2008年京香は、当時の所属事務所を辞め、ロスに豪邸を購入。仕事があるときだけ日本に滞在するという生活スタイルになった。(中略)

 

「真田さんは海に近いエリアに住んでいるんですが、京香さんの家からは車で10分くらい。ふたりの噂はたくさんありますよ。お互いの家を行き来して、よく飲みにも行っているそうですね」(現地在住日本人ジャーナリスト)

[NEWSポストセブン]

 

 

 

ふたりは1994年の映画での共演で出会い、2001年に再度共演したときに交際がスタートしていたようです。

 

 

かなり長いお付き合いなんですね。

 

 

鈴木京香さんの自宅は、高級住宅街で有名なビバリーヒルズにほど近い住宅街にある超豪華マンションで、購入価格はなんと2008年当時約2億円!

 

 

寝室が3つもある約200㎡の部屋とのこと。

 

 

アメリカで自由にデートできて、充実しているようです。

 

 

 

真田広之と過去の不倫相手・葉月里緒奈の今

 

真田広之さんは、ドラマですが「ロスト」にも出演しているし、着々とハリウッド進出しているということでしょうか。

 

 

真田広之さんというと、どうしても思い出すのが葉月里緒奈さんとの不倫騒動。

 

 

二人は1995年に映画『写楽』で共演後不倫に発展。

 



 

 

取材に対し「恋愛相手に奥さんがいても平気です」と答えるなど「魔性の女」なんて言われていました。

 

 

しかし、真田広之さんが妻の手塚理美さんと離婚しても葉月里緒奈さんと再婚することはなく、1996年にはイチロー選手との熱愛報道が出て、イチローさんは認めるも葉月里緒奈さんはノーコメント。

 

 

そして1998年にアメリカ在住の寿司職人と結婚するも2ヶ月で離婚。

 

 

まさに魔性ですが、恐ろしいのが葉月里緒奈さんは1975年生まれ。

 

 

真田広之さんとの不倫の時点で20歳なんですよね。

 

 

そんな葉月里緒奈さんも、2004年に再婚後はお子さんも生まれ、最近ではドラマにも出演しているとか。

 

 

20歳で人の家庭を壊した葉月里緒奈さんは、今後自分のしたことの重さに気づくのでしょうか。

 

 

よかったらシェアしてください!