パンくずリスト
  • ホーム
  • 半沢直樹
タグ:半沢直樹

杏さんに代わり今田美桜さんが主演する「花咲舞が黙ってない」に「半沢直樹」が出演すると判明し、予想合戦が激化しています。

 

 

[スポンサーリンク]

 

「花咲舞が黙ってない」に半沢直樹が出演

 

『花咲舞が黙ってない』は池井戸潤氏原作の銀行を舞台としたストーリー。

 

 

不正を絶対に見て見ぬふりできない舞が、弱い立場の人たちのために立ち上がり問題を解決するのが痛快で、2014、2015年に放送された前シリーズは杏さんが花咲舞を、相馬役を上川隆也さんが演じ好評でした。

 

 

その後池井戸潤氏がドラマと同名の新作小説『花咲舞が黙ってない』を出版し、この新シリーズは花咲舞を今田美桜さん、相馬を山本耕史さんが演じ、好評を得ています。

 

 

そんな『花咲舞が黙ってない』第5話に“半沢直樹”が登場すると予告で告知され、大きく盛り上がっています。

 

 

 

「花咲舞が黙ってない」に堺雅人は出ない理由

 

『半沢直樹』といえば同じく池井戸潤氏の原作で堺雅人さんが主演でドラマ化され大ヒットした作品です。

 

 

同じ池井戸潤氏の登場人物で、原作にも半沢直樹が出ていますが、こういう展開はあると盛り上がりますよね。

 

 

ここで堺雅人さんがしれっと半沢直樹役を演じればさらに盛り上がること間違いなし!

 

 

でもそれはほぼないだろうと言える理由があります。

 

 

それは、『花咲舞が黙ってない』が日テレ、『半沢直樹』がTBSのドラマだから。

 

 

局をまたいで堺雅人さんが半沢直樹を演じるくらいの面白さ、あってもいいと思うんですけど、まあほぼないかなと。

 

 

 


「花咲舞が黙ってない」の半沢直樹は誰なのか

 

ということで、誰が半沢直樹を演じるのか、注目を集めています。

 

 

現時点で公開されているのはこちら。

 

 

Array

 

 

後ろ姿からして堺雅人さんではないのはわかりますが、細身の印象などイメージは受け継いでる感があります。

 

 

でもこれだけでは誰だか…

 

 

後ろ姿だけ見ると山本耕史さんが相馬役で出ていなければ山本耕史さんの可能性もあったけど、違いますし。

 

 

声が渋めなので若手じゃなさそう。

 

 

でも、半沢直樹の所属が産業中央銀行で、合併前の設定なので『半沢直樹』の半沢直樹よりも若いはず。

 

 

となると、せいぜいアラサーなのかなと。

 

 

現時点で予想されているのは宮田俊哉さん、高橋一生さん、賀来賢人さん、などの名前が挙がっています。

 

 

どなたにしても半沢直樹=堺雅人というイメージの中、オファーを受けたのは立派です。

 

 

一体だれが半沢直樹なのか、楽しみです

 

 

※追記※

結局劇団ひとりさんでしたね。

宮田俊哉を主役に抜擢か!「半沢直樹」劇団ひとりのキャスティングで”宮沢直樹”がなぜかトレンド入り - Johnny's Watcher

 

 



 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※今田美桜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]

 

コロナ禍で4月期、7月期のテレビドラマが軒並み放送延期となった影響で、今後のテレビ業界が大幅に変わっていく可能性が高くなっているといいます。

 

そして、視聴率20%超えが当たり前になっているお化けドラマ「半沢直樹」が全20話に延長されるかもしれないそうで…

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

半沢直樹 -ディレクターズカット版ー DVD-BOX [ 堺雅人 ]

価格:17556円(税込、送料無料) (2020/8/17時点)


楽天で購入


 

[以下引用]

「これまでドラマといえば、1月、4月、7月、10月にスタートし、10回程度が放送されるのを基本パターンとされてきました。しかし、コロナで撮影がストップし、その間を穴埋めした過去の人気作品の再放送が軒並み視聴率2桁を記録。本放送より高視聴率が取れるものですから、スポンサーも新作である必要がないと気づき始めています。最近はネット番組のオリジナルドラマのクオリティも高くなっており、コロナでスポンサー収入の激減が予想されるなか、民放各局はこれまで以上に『面白いコンテンツ』を作ることが要求されるでしょう」(テレビ関係者)

 

現在放送中の『半沢直樹』(TBS系)は、視聴率が22%超えで推移。10回程度では物足りないと感じる視聴者も多いのではないか。

 

「極端な話、視聴率が悪ければ3~4話で打ち切りとなり、逆に視聴率が良ければ、放送回数が延長されるというシステムになると見ています。高視聴率を記録したドラマは、何度でも再放送され、その都度、役者たちにギャラが支払われる。どの枠か、どんな作品か、共演は誰かなど、事務所サイドの目利きが重要になってくるでしょうね」(前同)

 

テレビ局側には、広告収入以外のメリットもある。

 

「最近のテレビ各局は、海外に販売してライツ収入を増やすことに力を入れています。しかし、海外ドラマは2クール以上が基本となっていて、日本の1クールドラマでは放送枠が埋まらないので売りにくかった。良作でかつ放送回数が増えれば、海外への販売は格段にしやすくなります」(前同)

 

『半沢直樹』がもし20話放送されたとしたら、その経済効果はとてつもない額になりそうだ。

[日刊サイゾー]

 

これはありそうです。

 

まだまだコロナショックが続くのは確実な状況で、すでに1月、4月、7月、10月という決まった時期にドラマを放送するのは難しくなっていますからね。

 

撮影できるタイミングを逃さず、集中的に撮影を済ませてしまい、放送できるようになったらクールに関係なく放送する。

 

こういうやり方こそ、”withコロナ時代”には適しているんじゃないかと。

 

また、数字が良ければ放送回数が延長されるというのは、テレビ局、スポンサー、そして視聴者にもメリットがあります。

 

これは海外ドラマではよく使われる手法で、人気があればシーズン2、シーズン3とどんどん続編が作られる一方、視聴率が不振だとシーズン1の途中でも打ち切られるというのは、多くの人が知っているのでは?

 

どうして日本のテレビ業界がこの方式を採用してこなかったのか不思議なくらい…

 

とも思いましたが、よく考えると出演する俳優さんにとっては

 

「長く同じ役を務めるとイメージが固定されて、他の作品に出づらくなってしまう」

 

というデメリットがあります。

 

日本の芸能界では「芸能事務所>>テレビ局」という力関係が成り立っているので、なかなか導入には至らなかったのかな…

 

「半沢直樹」も同様の理由で堺雅人さんサイドから「続編NO!」を突きつけられ、結局、続編が作られるまで7年も掛かってしまいましたから。

 

ただ、収束の気配が全く見えないコロナショックを受けて、仕事が激減している俳優さんもそんな悠長なことを言ってられなくなってきたので、流れは変わるような気がします。

 

※堺&香川コンビが好きな方、こちらは超オススメです!

鍵泥棒のメソッド - 堺雅人, 香川照之, 広末涼子, 荒川良々, 森口瑤子, 内田けんじ, 内田けんじ, 深瀬和美, 赤城聡, 大西洋志

鍵泥棒のメソッド - 堺雅人, 香川照之, 広末涼子

 

ちなみに、16日夜に放送された「半沢直樹」第5話の平均視聴率は、これまでで最高となる25.5%を記録したそう。

 

今シリーズは初回22.0%、第2話22.1%、第3話23.2%、第4話22.9%と5話連続で22%を超えるという凄まじい勢いを続けていますが、この調子だと7年前のファーストシーズンが叩き出した”最終回42.2%”という平成ナンバーワン記録を塗り替えるかも…

 

今から全20話に延長するのはムリとしても、編集で1話か2話くらい伸ばしたり、ちょっとした番外編を作ることはできないですかね、TBSさん?

 

で、なんとか堺さんを説得して、なるべく早い時期にサードシーズンを実現して欲しいところです。

 

◆半沢直樹2から消えたあの人たちの裏事情

 自業自得な人も→ geinou ranking geinou reading

 自業自得な人も→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※堺雅人さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

放送開始が延期になっているTBS日曜劇場のドラマ『半沢直樹』の撮影現場で新型コロナウィルス対策がなされていないという告発が週刊新潮されています。

 

 

※満を持して、こちらの続編です。

 

 マスクを付けずに指示する演出家、密集しての記念写真…

 

[以下引用]

記事によると、エキストラにはマスク着用と事前の体温測定を求められたものの、現場での確認はなかったとか。また、TBSドラマ制作部のエースディレクターで同シリーズ演出家のF氏は、マスクを付けずに大声で指示を出し続けていたとか。なお、TBSは「感染の防止に配慮して行っておりました」とコメントしているという。

 

「このエキストラの男性は、40~50人のエキストラが密集状態で記念写真を撮らされたことなども暴露。実際、ドラマのホームページには『エキストラ写真館』と題し、エキストラ同士が触れるほど密集した集合写真が掲載されています。基本、エキストラはスタッフに言わるがまま動くしかありませんから、証言が本当だとすれば参加者はなかなかつらかったでしょうね」(記者)

[エンタメガ]

 

演出家のFさんって、福澤克雄さんでしょうね。

 

マスクがうっとうしいのは想像がつきますが、今は自分のためにも他人のためにも外してはいけないはず。

 

「エキストラ写真館」を見ると、たしかにみっちりとした集合写真がいくつも確認できます。

 

エキストラ写真館用に写真を撮り、公式サイトで顔を披露するのは、本来であればエキストラの方々も嬉しかったことなんでしょうけど、今は集合写真自体がちょっと遠慮したいのは確かかも。

 

というか、そもそも撮影に参加することからして嫌でしょうね。そして撮影が厳しいから、徐々にスケジュールがこなせず放送延期になっているんでしょう。

 

待ちに待たれた『半沢直樹』ですが、まさかこういうタイミングになるとは。

 

※せめてマスクしての記念撮影なら…

 

テレビ業界の「アフターコロナ」 

 

[スポンサーリンク]

 

新型コロナウィルスに感染していた富川悠太アナウンサーが出演していた『報道ステーション』も、番組として放送される分にはソーシャルディスタンスが保たれていましたが、現場は3密そのものだったといい、現時点では関係者2名の感染が確認されています。

 

『報道ステーション』で感染者が出たことで、『半沢直樹』に限らずテレビ各局の現場はかなり焦ったんじゃないでしょうか。

 

情報番組ではリモートでの出演が始まっていましたが、それで対応できる番組ばかりではないですし、そもそもがスタッフは出勤が必要ですし。

 

どの局も、ドラマ、バラエティ問わず収録ができず、GW明けには在庫がつきそうだ、なんて話もあります。

 

そうなれば再放送の連続で、最初は良いかもしれませんが、それが1ヶ月、2ヶ月、と続くにつれ、AmazonプライムやHuluなどネット配信の方が自分で選べるしいいんじゃ、ということになり、視聴者はテレビからどんどん離れていきそう。

 

「アフターコロナ」としていろいろ言われていますが、テレビ業界も相当の変化がありそうです。

 

◆私服がダサいだけでフライデーされた堺雅人

確かにこれは…→ geinou ranking geinou reading

確かにこれは…→ geinou reading geinou ranking

 

※自宅で家族と楽しむ時です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※体調が心配される石田純一さんの妻・東尾理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

来年4月に放送が近づいた『半沢直樹』の続編ですが、7年を経て続編が放送されるウラに、主演の堺雅人さんの所属事務所によるかなり強気な要求があったと週刊女性プライムが報じています。

 

 

※最高視聴率42.2%。歴史的視聴率です

 

 これまで続編が放送されなかった理由

 

『半沢直樹』はその人気もさることながら、ドラマが完全に続編ありきの終わり方だったため、すぐにでも続編が放送されると期待され、そんな噂も度々流れていました。

 

「半沢直樹」の続編が決定!唐沢寿明ら研音のベテラン俳優陣で脇を固め、早ければ年明けにも制作発表か!?

 

しかしなかなか実現せず、このたび7年も経ってからの続編となったのは、キャスト側に理由があったとか。

 

[以下引用]

「『半沢』に出演して以降、さらに多忙になった役者のスケジュールの兼ね合いもありましたが、肝心の主役である堺さんがなかなか首を縦に振らなかった。これほどの大ヒット作を続編が視聴率をはじめ人気を超えるのは難しいですし、ひとつの役のイメージが強くなることを避けていたようです」(同・TBS関係者)

[週刊女性プライム]

 

そういえば『半沢直樹』でブレイクしその後露出を増やした俳優さんは多くいましたね。

 

その方々にオファーができなかったのもわかりますし、堺さんサイドの拒否理由は当然だと思います。

 

続編が噂され、しかし主演がそれを拒否しているという場合に大抵同じ答えがされていますしね。

 

実際、テレ朝には『相棒』『ドクターX』『科捜研の女』などなどそういう続編で繋いでいる作品がありますが、主演の水谷豊さん、米倉涼子さん、沢口靖子さんが他の作品にほぼ出ないこともあり、その役のイメージが固定されつつありますし、徐々に視聴率も落ち着いてきてはいます。

 

今回オファーを受けたのは、「今や人気俳優として不動の地位を確立した堺は、今回のオファーを断る理由がなかったのだろう」とのこと。

 

※『半沢直樹』後の堺雅人さん主演ドラマ

[Amazon]

 

 続編にあたり堺雅人サイドが突きつけた要求とは…

 

[スポンサーリンク]

 

そんなこんなでやっと来年4月から放送される『半沢直樹』の続編ですが、そのキャストには度肝を抜かれるとか。

 

[以下引用]

「いっさい登場しないというわけではないんです。実は、少し前に堺さんの事務所サイドが“『半沢』の色を変えたい”という希望を示し、堺さん以外のキャストを“総入れ替えしたい”と、要求してきたようなのです。しかし、その時期にはすでに、上戸彩さんや北大路欣也さんなどのスケジュールを押さえていた手前、現実的に総入れ替えはできなかったというのが真相なんですよ」(前出・芸能プロ関係者)

 

そこで、堺の事務所からの意向を受けたTBSは、

 

「そういった経緯から“前作キャストの登場シーンを当初から減らす”という折衷案で調整しているそうです。この方法であれば、堺さんの事務所サイドの希望も叶えられる形になりますからね。

 ただ、出番が減るとはいえ、前作に出演したメンバーの多くを登場させると“既視感”が生まれて、新鮮味がなくなる可能性はあります。その一方で、7年前に大盛り上がりを見せた、銀行常務役だった香川照之さんらによる“帰ってきた『半沢』が見たい”と期待している視聴者も多いと思うので難しいところですね」(同・TBS関係者)

[週刊女性プライム]

 

いやいやキャストの総入れ替えを言ってきたのが少し前って、さすがにそれはないんじゃ…。

 

今回の続編放送でTBSは相当気合が入っていて、『半沢直樹イヤー記念』と銘打って正月にスペシャルドラマを放送するほどです。そんな気合の入った作品だったらもうキャスティング済なのは素人でも想像できますし。

 

もしそれを堺さんサイドが言ってきたんだとしたら、オファーを受けたときに言うんじゃないでしょうかね。

 

それはともかく、続編の舞台は半沢の出向先である『東京セントラル証券』だそうですから、そもそもがあまりキャストはかぶらないかも?

 

香川照之さんは出て欲しい気もしますが、それこそ既視感がありそう。香川さんは『半沢直樹』後も同じ枠で顔芸を披露したり似た役をやったりしてますし。

 

気になる視聴率ですが、『半沢直樹』後、池井戸ドラマが乱発され、日曜劇場ではあのパターンは何度も繰り返されていますからね。

 

やっぱり初回以上は無理だろなとは思いますが、ワンパターンでも結局面白いのが池井戸ドラマなので、初回は相当行くと思います。それ以降は内容次第ということで…

 

◆菅野美穂は知っている?

堺雅人の黒歴史→ geinou ranking geinou reading

堺雅人の黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング