パンくずリスト
  • ホーム
  • ムロツヨシ
タグ:ムロツヨシ
[スポンサーリンク]

 

日テレ4月期のドラマ制作にあたり、有名俳優三人が日テレに絶縁状を叩きつけたと報じられています。

 

 

 

日テレに絶縁状を叩きつけた俳優3人!日テレは小学館に絶縁状

 

[以下引用]

日本テレビが四面楚歌に陥ろうとしている。ムロツヨシが同局に絶縁状をたたきつけたという話が業界に流布している。

 

さらに取材を進めると、日テレをめぐるヤバい状況が明らかになってきた。

 

「ムロだけではない。出演予定だった吉岡里帆やディーン・フジオカもNGを突き付け、『ドラマから降板する』と通告したというんです」(業界事情通)

[週刊実話]

 

 

この3人というと、4月クール土曜ドラマ枠の『たーたん』ですね。

 

 

『たーたん』は2月中旬に日テレが制作中止を発表したドラマです。

 

 

1月末に原作者の芦原妃名子さんが亡くなった日テレドラマ『セクシー田中さん』の制作経緯が不明の中、原作が未完の漫画で出版社が小学館であり、チーフプロデューサーが三上絵里子さんであるなど、『セクシー田中さん』との共通点が多いことで、このドラマが放送されることに疑問の声が多い中のことでした。

 

 

が、日テレがそれらを重要視した結果の中止ではなかったよう。

 

 

 

[以下引用]

「ドラマ『たーたん』が同じ小学館が版元であったことや、『セクシー』と同じチーフプロデューサーが名を連ねていたことで制作中止を余儀なくされた。スポンサーからもNGが出た。しかし、それ以上に今回は漫画の映像化に関し、小学館サイドが細かい確認事項とチェックを要求してきたため、NGになったんです。日テレは小学館との付き合いを見直し、同社が権利を持つ出版物には触らない方針だそうです」(前出・事情通)

[週刊実話]

 

これは要するに小学館が作家を守る方向で正しく動こうとしたところ、それがうっとうしくなった日テレが「もういいよ!止めるから!!」ということになった、ということでしょうか。

 

 

人ひとりが亡くなってるのになんとも反省のない…

 

 

小学館作品を触らない、なんて日テレは強気ですが、困るのは日テレじゃ…

 

 


ムロツヨシが降板した決定打はギャラ

 

『たーたん』中止はあくまで制作サイドの話ということで、出演者はスライドして新しいドラマに出ると報じられていましたが、結局のところムロさんは降板しました。

 

 

そのウラは円満とは言えないものだったよう。

 

 

[以下引用]

「ムロが日テレに、絶縁状に近い形で『たーたん』の次の企画ドラマ降板を申し出たそうです」(同・事情通)

 

『たーたん』中止の事情は分かったが、問題はそのあとだった。

 

「制作陣の口から出てくるのは『小学館が協力的でなかった』の責任逃れの言葉ばかり。さらに新企画ドラマの打ち合わせと称し、長時間拘束された揚げ句、アイデアが何も出てこない状態が3週間以上も続いたそうです」(同)

 

決定打は出演料だ。

 

「ムロはドラマ『たーたん』で1本150万円~のギャラを提示されていた。しかし、新企画ドラマでも同じギャラだったそうです。話数が激減することは分かっており、コスパも悪い。ムロは自分のスタッフを養っているという気持ちで働いている。また、制作陣の投げやりな態度にカチンときたそうです」(同)

[週刊実話]

 

 

ムロさんが降板したドラマは後任が森本慎太郎さんに代わり『街並み照らすヤツら』というドラマであることが発表されましたが、放送開始は4月27日でギリギリ4月。

 

 

ふつうに考えたら2話くらいは短くなってそう。

 

 

1本150万ですから、10話だったら1500万だったところが、8話なら1200万円ですもんね。

 

 

元々そのつもりだったならともかく、ドラマ自体別のもののつもりでOKを出していたことや、『セクシー田中さん』問題がそのまま引きずっているモノに出るリスクなどなど。

 

 

全てをクリアできるような誠意が日テレからは感じられなかったんでしょうね。

 

 

小学館とムロさん、もしも絶縁が本当なら、すぐに日テレが困ることはないでしょうけど、ジワジワきそう。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

[スポンサーリンク]
[スポンサーリンク]

 

日テレ4月期放送予定のムロツヨシさん主演「たーたん」が放送中止に傾いていると文春が報じています。

 

 

※未完です

 

芦原妃名子さんの死に日テレと小学館が言葉少ない理由

 

昨年10月期に実写ドラマ化された「セクシー田中さん」の原作者である芦原妃名子さんが亡くなった後、不自然なほどに言葉が少ない日テレと小学館に対し不審の声が上がる中、週刊女性がその理由を4月期のドラマにあると報じました。

 

 

なんと、4月から日テレで放送される予定のドラマが、またも小学館で出版されている漫画「たーたん」(原作西炯子氏)の実写化であり、プロデューサーが「セクシー田中さん」と同じだったとのこと。

 

 

日テレダンマリの理由は4月期の実写ドラマ!プロデューサーが「セクシー田中さん」と同じだった

 

 

ちなみにその後文春が報じたところによると、主演はムロツヨシさんだとか。

 

 

 

「たーたん」主演はムロツヨシ判明も最凶タッグで放送中止の危機!

 

 

そりゃ日テレは黙ってやり過ごしたいところだろうなというところですが、そういうわけにもいかず、社外の人材も含めて調査することになりました。

 

 

 

ムロツヨシが「たーたん」制作に異論、日テレは放送中止決断か

 

 

[以下引用]

日テレ×小学館×「セクシー田中さん」のプロデューサーが“再タッグ”を組んだ作品ということで波乱万丈な船出となったドラマ版「たーたん」。2月の第2週に予定されていたキャストの発表は「諸般の事情を鑑みて」延期になっていたが、ここにきて、ドラマ制作そのものの中止や延期の可能性が浮上した。

 

さらにその裏ではドラマ版「たーたん」の脚本をめぐり、「セクシー田中さん」の前轍を踏みかねない“未遂事件”があったというのだ。

 

ドラマ制作スタッフが打ち明ける。

 

原作のストーリーを脚本で“改変”していたことが分かったのです」

 

現在、「週刊文春電子版」では、ドラマ版「たーたん」で発覚した“脚本トラブル未遂事件”を報じた記事を配信中だ。主演のムロツヨシから上がったドラマ制作への“異論”、制作スタッフが「セクシー田中さん」と同じプロデューサーに不信感を募らせている理由、「たーたん」脚本で原作が“改変”されていた箇所なども併せて詳報している。

[文春オンライン]

 

 

何をどう改変していたのか気になるところです。

 

 

内容によってはまだ大炎上間違いないでしょう。

 

 

今ネットではその改変内容が書かれていたりしますが、それが本当ならちょっとあり得ない、人としてないと思えるほどのことなので、本誌を読んでからにしようと思います。

 

 

原作者の西さんはSNSをやってはいますが、1月20日のポスト以来1か月沈黙しています。

 

 

もともと1か月2か月空くのが当たり前の方なのでここは通常運転だと思われます。

 

 

が、芦原さんの死に関連し、多くの漫画家が様々な声をあげている中、西さんにも複雑な思いがないわけがありません。

 

 


ヨソから見ても過密スケジュールな日テレのドラマ作り

 

ドラマの制作予定、仕事の割り振りはおそらくずいぶん前に決まるものなのでしょう。

 

 

がしかし、スゴイ売れっ子なんですね、チーフプロデューサーの三上さん。

 

 

同じプロデューサーが2023年10月期「セクシー田中さん」、2024年4月期「たーたん」ですよ?

 

 

さらに、実は2024年1月期、つまり現在放送中のドラマ「厨房のありす」のチーフプロデューサーも三上さんでした。

 

 

「チーフ」ですからとりまとめだけなのかもしれませんけど、それでどうにかなるモノなんでしょうかねえ。驚きました。

 

 

ちなみに実写ドラマはだいたい1年前に決まると言われていますが、「セクシー田中さん」は芦原さんが実写化を承諾したのは6月だったとか。

 

 

ドラマは10月期で、クランクインは9月、相当慌ただしい時間で放送開始にこぎつけたことになります。

 

 

俳優は暇じゃないですから、キャストはかなり前から押さえていて、そこから作るものを探すなんてよく言われているのでキャストには困らなかったんでしょうけど、このスケジュールでよく放送にこぎつけたなと感心します。

 

 

そして、そのキャストを先に押さえてるあたりが、原作改変に大きく影響してるのかという指摘があります。

 

 

キャストはすでに決めちゃってる、原作にいなくても、キャラが合わなくても、脚本でどうにかしちゃえば大丈夫だろう、ということで、原作者にしわ寄せがくる感じで。

 

 

きっとこれが真相…「セクシー田中さん」実写化の裏に時系列的におかしい4人

 

 

「たーたん」はどうなんでしょうね。

 

 

主演はムロさんで、現時点でわかっているキャストは、娘の鈴役は月島琉衣さん、鈴の実の父親役はディーンフジオカさん、ムロさんの同僚役は吉岡里帆さん、吉川愛さん…

 

 

やっぱり突貫工事で集められるキャストじゃないですね。

 

 

※追記※

文春の速報によると、「たーたん」は放送中止になったとのこと。

 

[以下引用]

ドラマ制作スタッフが明かす。

 

「21日午前に監督をはじめ、衣装や撮影、照明のメインスタッフ約20人が『今後について話がある』と日テレ本社に集められました。日テレのプロデューサーが説明の場に立って『私たちは(ドラマを)やりたいと思っているが、周りの反響などを見ると今はできない。別の企画をやりましょう』と”中止”が伝えられました。チーフプロデューサーの三上絵里子さんは来ていませんでした」 

[文春オンライン]

 

 

つまり、自分たちはいいと思うけど周りがダメっぽいから…みたいな?

 

 

まるで、子どもを叱るときに、「ほら、あのおばちゃんに怒られちゃうから」みたいな、そんな他人事さを感じます。

 

 

自分たちの姿勢に反省がないのであれば、何度でも同じことを繰り返すのでは。。

 

 

◆SMAPと嵐、今後のキーマンは

NとN→ geinou ranking geinou reading

NとN→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

今年4月に日テレ系列で小学館の発行する漫画「たーたん」がドラマ化され、「セクシー田中さん」と同じプロデューサーが担当すると報じられていましたが、主演がムロツヨシさんであると文春が報じています。

 

 

 

 

日テレが芦原妃名子さんの死に沈黙する理由

 

 

先日週刊女性プライムが、芦原妃名子さんが亡くなった後、本来であれば芦原さんが亡くなる経緯を明らかにし再発防止に努めるべき日テレが沈黙を続ける理由を報じました。

 

 

それによると、4月期に日テレで放送されるドラマが「セクシー田中さん」プロデューサーと小学館の再タッグであるために、日テレも小学館も歯切れが悪いコメントしかできないとのこと。

 

 

日テレダンマリの理由は4月期の実写ドラマ!プロデューサーが「セクシー田中さん」と同じだった

 

 

本来であればすでに制作発表をしている予定でしたが、「諸般の事情を鑑みて」延期になったとのこと。

 

 

 


「たーたん」放送中止の可能性も

 

ちょっと黙ったところで4月なんてもうすぐです。

 

 

そろそ放送予定を明らかにしなければいけない時期です。

 

 

しかし、芦原さんが亡くなったのが原作者の希望を違えた制作の姿勢が原因と思われる中、また、小学館の未完の漫画と「セクシー田中さん」プロデューサーの再タッグ作品となれば、まあ波風立てたくないでしょうね。

 

 

仕事が決まるのは今日昨日の話ではないとはいえ、いえ、だからこそ、なぜ同じプロデューサーである三上さんが続投してるのか。

 

 

日テレ×小学館はともかくとして、そこは変えられるのでは。

 

 

今裏ではいろいろあるようで。

 

 

[以下引用]

「たーたん」のドラマ化について小学館に聞くと、

 

「企画に関する詳細についてはお答えしておりません。また、現在映像化が企画されている作品については、あらためて様々な検討を重ねているところです」(小学館広報室)

 

日テレにも質問状を送ったが、期限までに回答はなかった。

 

現在配信中の「週刊文春電子版」では、日テレ・小学館・「セクシー田中さん」プロデューサーの三者が再タッグを組む「たーたん」のドラマ化のほか、芦原さん急死で対応が二転三転する小学館の内部で起きていることなどを、独自入手したメールと共に詳しく報じている。

[週刊文春オンライン]

 

 

もちろん検討は必須です。

 

 

芦原さんの悲劇を繰り返さないためにもルール作りは必要ですが、そのルールが完成するのを待っていては、現場は回らないのも事実でしょう。

 

 

プロデューサー個人を矢面に立たせるわけにいかないのもわかります。

 

 

それでも、「セクシー田中さん」がどのように制作されたのかを明らかにしないまま進めては、「たーたん」の視聴拒否にもつながりそう。

 

 

このタイミングで原作者の立場で公表されることになる西炯子さんは複雑でしょうね。

 

 

もちろんムロツヨシさんも。

 

 

◆え、今年も24時間テレビやるの?またジャニタレ起用?

日テレっていったい…→ geinou ranking geinou reading

日テレっていったい…→ geinou reading geinou ranking

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

ムロツヨシさんが現場でパワハラ三昧、それがリークされるなどすっかり嫌われてしまったようだと報じられています。

 

 

 

ムロツヨシの「アドリブハラスメント」?

 

[以下引用]

彼がよく出演する演出家の福田雄一さんが手がけるドラマや映画の撮影現場で、“アドリブ”を多用するんですよ」(映画配給会社関係者)

 

どんなアドリブを繰り出しているのだろう。

 

「若手のスタッフに、“いまから〇〇くんが、おもしろいことやりま~す”と無茶ぶりするんです。ムロさんは“俺は出世するスタッフを見抜けるんだ”と冗談まじりに言っては、若手のスタッフに“試練”を課しているんですよ」(同・映画配給会社関係者)

[週刊女性プライム]

 

ムロツヨシさんや佐藤二朗さんってアドリブなんだろうなと思う演技たくさんありますよね。

 

相手する方もよく吹き出さないなと思いますが、それがアドリブハラスメントと言われるとは…と思ったら、なんだかちょっと違い、スタッフに対しての無茶振りですか。

 

ムロさん自身がそうやって育てられたという思いがあるようで、たしかに瞬発力や度胸、発想力など育つものもありそうです。

 

でも油断してるところに「いまから〇〇くんが、おもしろいことやりま~す」って、正直めんどくさいかも。

 

それにムロさん、何か怖いんですよね。

 

笑っていても目が笑っていない感じというか、できない人、できる人見分けてる感じというのか、見下してる感があるというか。つまらないと感じた人には話しかけることもしなそうな雰囲気があります。

 

そんな人に「いまから〇〇くんが、おもしろいことやりま~す」なんて言われたらメチャクチャ嫌です。

 

 

天狗になったムロツヨシ

 

[スポンサーリンク]

 

そんなふうに無茶振りを繰り返すムロさんには最近天狗を疑われる変化があるようで。

 

[以下引用]

「小さな劇場で公開される映画のオファーは内容をほとんど見ないで断るようになってしまったんです。仕事の大小で選ぶ傾向があるので、業界内では、“ブレイクして天狗になっているのでは?”と言われていますよ」(芸能プロ関係者)

 

たしかに、ここ数年彼が出演する映画は『銀魂』や『今日から俺は!!』など、大手の配給会社が手がける作品ばかりだ。ほかにも、“天狗”エピソードが─。

 

「あるWebメディアのインタビューで、取材にきたライターに対して、“なんで俺が答えなきゃいけないの?”とめんどくさそうにしたり“なんかおもしろいこと言ってみて”と要求したそうです。そのライターは、“もう彼のインタビューはやりたくない”とカンカンだったといいます」(同・芸能プロ関係者)

[週刊女性プライム]

 

 

オファーも多いんでしょうから仕事を選ぶのは別にいいんじゃないでしょうか。

 

内容を見て選ぶ方が好感は持てますが、ムロさんは仕事の大小で選ぶ、そういう人なのでしょう。

 

そこは価値観かなと。

 

インタビューに来た記者に「なんで俺が答えなきゃいけないの?」は、じゃあオファー受けないでよ!って感じでしょうか。

 

無茶振りも「なんで俺が」も、自分のほうが立場が上だと思ってるからやるんでしょうから、やっぱり天狗なのかも。

 

損得勘定で動くのも嫌らしい感じがするでしょうけど、ライターにそういう態度をとってもムロさんは損するだけですし、本来は持ちつ持たれつの関係で、スタッフもライターもどっちが上なんてことないでしょうに。そういうところで丁寧に接していれば、こういうサゲ記事も出にくいと思うんですけどね。

 

個人的にはドラマを観ていても、あんまりアドリブが過ぎるとときに逆にしらけて観るのが嫌になって、ストーリー自体は面白いのにムロさんが出てくると切りたくなる衝動に駆られたことも何度もあります。

 

石原さとみさんなどは共演者がアドリブを入れてくると、「完璧に演じたいので、台本どおりにやっていただけると嬉しいです」とやんわり言うらしいので、ほどほどに、相手を選んでの方がいいでしょうね。

 

 

石原さとみがブチ切れ!共演者に対して言い放ったキツイ一言とは?

 

 

◆もしも彼氏だったら、親に紹介したくない俳優ランキング。10位ムロツヨシ

1位は?→ geinou ranking geinou reading

1位は?→ geinou reading geinou ranking

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※ムロツヨシさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング