タグ:香取慎吾の記事一覧

タグ:香取慎吾
ジワジワ陰険…ジャニーズのイジメが酷い!元SMAP3人に対する圧力実例

[スポンサーリンク]

 

8月1日発売の「週刊文春」がマツコ・デラックスさんによる元SMAP3人への圧力について報じたことが話題になっていますが、実は同誌ではジャニーズによる圧力の実態についても実例を挙げて詳しく報じています。

 

それによると、もはやそれは”イジメ”とも取れるもので、公正取引委員会が”注意処分”にとどめたことが甘すぎると感じるほど壮絶なもののようです。

 

 

 

 

[以下引用]
ジャニーズによる元SMAP“イジメ”の対象はテレビ局だけではなかった。
 
「今年八月から公演が予定されている稲垣の舞台から、長年、彼の主演舞台で企画と製作を担当してきたパルコが外れました。稲垣サイドには同社の担当者から『今後一緒にやることが難しくなった』という連絡があったそうです。その理由は、ジャニーズ事務所からパルコに対し、ジャニーズタレントの舞台名をちらつかせ、『うちとカレンのどちらを取るのか、はっきりしてください』と通告されたことだといいます」(舞台関係者
 
一二年から昨年にかけて、パルコは複数回に渡って稲垣の主演舞台「恋と音楽」シリーズの企画と製作を請け負ってきた。ところが、一八年八月に稲垣が独立後初となる舞台「FREE TIME,SHOW TIME」を上演したところ、ジャニーズ事務所の幹部B氏が、パルコの担当者に「これ(稲垣の舞台)を続けるなら、うちは全部外します」と告げたという。
 
ジャニーズの舞台やイベントを数多く手がけるパルコは、稲垣の舞台から手を引くこととなった。
 
「B氏はジャニーズの関連会社で、舞台などの企画、運営を行なう『東京・新・グローブ座』の取締役です。藤島ジュリー景子副社長の覚えもめでたく、今年五月に同社の社長に就任したばかり。取り引き先に無理難題を告げる際にはB氏は必ず『ジュリーさんの考えではありませんが』と付け加える。その一言がかえって相手を萎縮させるのです」(同前)
 
稲垣は長年仕事を共にしたプロデューサーが離れることにショックを受け、舞台の企画自体が潰れかけたこともあったという。
 
「それでも、昨年まで音楽を担当していた作曲家が亡くなったことを受け、自分たちで何としても追悼公演をやろうと立ち上がったといいます」(同前)
[週刊文春]

 
 
トカナというネットメディアには、「たとえば編成権を持っている編成部長や編成局長などがジャニーズのチーフマネージャーなどとどこかでバッタリ会ったときに『香取さんの番組は春以降も継続ですか?』などと聞かれるんです。素直に『続くと思います』などと答えると、『そうですか…なるほど…』という返事がくるんです。ただの質問と答えのような会話ですが、この言葉の間が怖いんです」というテレビ局プロデューサーのコメントもありました。
 
元SMAP3人はテレビの世界から追放されたものの、舞台の世界では順風満帆な活動を続けていると思っていましたが…
 
裏ではここまで酷いことになっているとは、驚きました。
 
「新しい地図」の所属事務所であるカレンは、この件について次のようにコメントしています。
 
「経緯はしかとは判りませんが、稲垣吾郎主演の舞台『FREE TIME,SHOW TIME』の令和元年八月公演の企画・制作について、株式会社パルコ担当者より辞退させて頂きたい旨のお話をいただいたことは事実であります」
 
一方、パルコは「企画の経緯につきましてはお答えしておりません」、ジャニーズ事務所は「弊社従業員がご指摘のような行為を行なった事実は一切ございません」と回答したといいますが…
 
ここまであからさまな圧力を掛けている以上、調査をしっかり行えば確たる証拠が出てくるのは時間の問題でしょう。
 
公取委の調査は、テレビだけではなく舞台を含めたすべての芸能活動が対象になりますし、排除効果・妨害効果が大きかったという有力な証拠があれば、行政指導でも一段大きい警告に至る可能性もあります。
 
※それでも、しっかり頑張ってます。 

 [AMAZON]
 
さて、ジャニーズによる元SMAP排除の動きはこれだけではありません。
 
6月28日に公開された香取慎吾さん主演映画「凪待ち」も、民放キー局では番宣が全く出来なかったといいます。
 

[以下引用]

「メガホンを取ったのは2017年に『彼女がその名を知らない鳥たち』、翌年には『孤狼の血』などでブルーリボン賞監督賞に2年連続輝いた白石和彌監督。本来ならもっと話題になってもいいはずですが、民放キー局はジャニーズに忖度して、完全にスルー。情報番組などでも一切取り上げられることがなかった」(映画ライター)

 

スクリーン数は85館と小規模とあって、興行成績的には大きな数字は見込めなさそうだが、映画そのものや、香取の演技に対する評価は、関係者の間でうなぎのぼり。白石作品のファンからも絶賛されている。

 

「SMAP時代も、香取はけっして演技がうまいわけではなかった。しかし、この作品に限っては『見直した』『いい意味で期待を裏切られた』という声が圧倒的。関係スタッフからは、『映画賞を狙える』との声も出ています」(前同)

[日刊サイゾー]

 

ということですが、映画賞という話が出てもジャニーズに潰されてしまうことは必至ですし、もしも受賞したところでワイドショーではカットされる未来もほぼ確定ですね。

 

東京オリンピック・パラリンピックを支援する日本財団の笹川陽平会長はブログでこう喝破しています。
 
〈「ジャニーズ事務所からの圧力はなかった」などとするテレビ局側の白々しいコメントを信じる視聴者など、どこにもいないだろう。独禁法違反につながりかねない状況を公取委が確認したのであれば、各テレビ局も謙虚に事実を認めるべきである〉
 
今となっては、世論のほとんどが笹川会長の意見に賛同していると思います。
 
ジャニーズとテレビ局に自浄作用は期待できない以上、世論の後押しを受けた公取委の”英断”に期待したいところです。
 
 



◆マツコ・デラックスは自らピンチへ向かった…

今後の身の振り方の難しさ → geinou ranking geinou reading

今後の身の振り方の難しさ → geinou reading geinou ranking

 

 

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

紅白決定!元SMAPの稲垣吾郎、香取慎吾、草なぎ剛が強力な後ろ盾で存在感をアピール

ジャニーズから退所した稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が2018年の紅白歌合戦に出場することが決まったと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「今年のテーマはズバリ、2020年の東京五輪・パラリンピック。NHKは、局を挙げて平成最後の紅白を東京五輪一色に染め上げるつもり」(NHK関係者)

 

それにしてもなぜ、元SMAPの3人の名前が取り沙汰されるのか?

 

「3人はパラリンピックの広報大使なんです。また、配信限定でしたが、パラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』は12万ダウンロード超えを記録し、大ヒットとなりました。しかも3人は、この売り上げを全額パラスポーツ支援のために寄付したんです。1億円近い金額になったはずですよ」(音楽プロダクション幹部)

 

NHKとしては、こうした社会的な貢献度から、元SMAPの3人を無視できないという。

 

さらに――、


「彼らの後ろには日本財団が付いている。NHKもスルーはできないでしょう」(テレビ関係者)

[週刊実話]

 

制作事情通によると、3人は常に二桁の視聴率を誇ると言われる人気番組『チコちゃんに叱られる!』とのコラボ企画で出演予定とのこと。

 

ちなみに3人はボランティア枠であるためノーギャラ出演、ジャニーズも「天下の御旗に近いパラリンピックを前面に出されると、何も言えない。しかも、ノーギャラ。黙るしかありません」というのが芸能関係者のコメントでした。

 

週刊実話なので正直どうなのかわかりませんが、ない話ではないですよね。

 

※歌も売れましたが、歌で出ると言われるより納得

[Amazon]

 

何しろ平成最後の紅白歌合戦だというのに目玉不足なのは明らかです。

 

ドリカムや桑田佳祐さんがサプライズで登場するのではとか、米津玄師さんをギリギリまで口説くとか言われていますが、ドリカムや桑田さんはもはや特別感がないですし、米津さんも出るとは思えません。

 

元SMAPの3人が出れば、盛り上がるかはちょっとよくわかりませんが、NHKのジャニーズに対する姿勢が話題になりそうですし、元SMAPの3人にとってもボランティア枠だろうがノーギャラだろうが、紅白に出れば健在アピールになります。

 

ただ東京五輪は再来年です。

 

今年の年末からそこまで盛り上げてたら息切れしそうですが…それだけの一大イベントということでしょうか。

 

◆1985年の紅白歌合戦出場者が

凄いと話題→ geinou ranking geinou reading

凄いと話題→ geinou reading geinou ranking

 

 

※順調です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

人気男性アイドルに隠し子発覚!子供は小学生女児で周りから浮いちゃうくらい美形という噂

芸能界で時々噂になる隠し子。2017年4月には当時ジャニーズ事務所に所属していた元SMAPの香取慎吾さんにも報じられたことがありますが、その時に同じくジャニーズのアイドルが肝を冷やしていたんだとか。

 

 

※この方にも認知した子がいます。

 

香取慎吾さんの隠し子報道は、2016年末にSMAPが解散した翌年4月、週刊文春が報じたもので、それによると、香取さんは20年間にわたり2歳年上の恋人と同棲中で、その自宅には中学生ぐらいの少年も生活しており、ハワイや遊園地などで香取さんと一緒に歩いている姿が確認されているとのことでした。

 →香取慎吾に隠し子発覚!

 

香取さん自身が番組でネタにしたことでなんとなく沈静化しましたが、他にも同様のスキャンダルを抱えているアイドルがいるんだとか。

 

[以下引用]

「あの報道の際、肝を冷やした人気男性アイドルがいたそうです。というのも、リアルに女の子の隠し子がいて、すでに小学生ぐらいになっているといわれています。母親の女性には事務所ぐるみで手厚すぎるほどの“保証”をしているのだと。おかげでこれまで隠し子の存在がバレることはなかったようです」(週刊誌記者)

 

その男性アイドルに問題が浮上しうたのは、今から10年以上前のことだったという。

 

「女性に対して責任をとって芸能界を引退しようと決意。しかし、事務所社長に説得されて引退を撤回したようです。女性に対しては、一切、口外しない代わりに生活を全面的にバックアップするという条件をのませたといわれています。その女性は自分の親にぐらいしか子供の父親について打ち明けていないようで、取材を進めた週刊誌もあったようですが、裏が取れなかったようです」(同)

 

その男性アイドルは先ごろ、大きな決断を発表したばかりだが、隠し子の存在をいつになったらカミングアウトするのだろうか。

[週刊実話]

 

ということで、これは滝沢秀明さんのことのよう。

 

※火山探検は続ける?

[Amazon]

 

滝沢さんの隠し子疑惑はファンの間で数年前から「都内の公立小学校に周りから浮いちゃうくらい美形な子がいて、その母親が親しくなったママ友に思わずタッキーの子供であることを匂わせてしまった」というストーリーで知られていました。

 

そんな根拠のない噂話が先日発売の雑誌で記事になったのがこちら。

 →滝沢秀明に隠し子発覚

 

写真があるわけでも本人のコメントがあるわけでもないので真偽の程は不明ですが、それだけお金をもらっていながら公立小学校というところが、シングルマザーだともしかすると私立が難しかったのかなと、その点は筋が通っているのかなと思います。

 

それにしても子供ができたときも責任をとって引退を決意とか、滝沢さんは割と芸能界に未練のないタイプなんでしょうか。

 

ジャニーズには木村拓哉さんや山口達也さんなどデキ婚の前例もありますし、滝沢さんにもそういう選択肢もあったと思うのですが、それを取らずに引退まで考える滝沢さんだったのに、事務所の説得で芸能界に残ることを決め、女性を未婚の母にするというのはなんだかチグハグ感があり、事実とは考えにくいような。

 

しかも滝沢さんは女児が生まれたであろうこの10年ほどの間でフライデーされたこともありますし。

 →滝沢秀明が一般人女性とホテル密会

 

引退を考えるほどその女性に責任を感じながら別の女性とも交際していたなら、滝沢さんの印象が変わります。

 

フライデーのときの大沢あかねさん似の彼女が子供の母親というなら一途ということでそれはそれ。

 

もしかしたら引退後落ち着いたら結婚することもあり得るかもしれませんね。

 

 

◆あのイケメン俳優にも隠し子!赤ちゃんとの写真あり

これはショッキングでした→ geinou reading geinou ranking

これはショッキングでした→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※山田孝之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

誤発注商法?元SMAPの「新しい地図」カレンダーが在庫大量で「助けて!!」

元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が2018年のカレンダーを作成したところ、「誤発注」で大量にあまり中の人が「助けて!」と援助を要請していることにつき、「誤発注商法」との声が上がっています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

元SMAPの3人が作成した「新しい地図」カレンダーのお知らせはこちら。

 

 

新しい地図さん(@atarashiichizu)がシェアした投稿

 

限定15万部で作成したものの、残ってしまったよう。

 

アイドルファンは「限定」に弱いこと、さらにジャニーズはデビュー10年でカレンダーを出さなくなるため3人がカレンダーになること自体久々であることから、売り切れ間違いなしかと思われました。

 

しかし、たびたびカレンダーの宣伝が繰り返されるため、もしかして売れていない?という声があがり始めたところで、「新しい地図」のキャラクター図っくんが「たすけてー」というタイトルでサイト内の「図っくんルーム」というブログを更新しました。

 

それがこちら。

 

[以下引用]

「新しい地図のカレンダーが大大大大大大大好評につき・・・!!」と前置きした上で、「どちゃくそ余ってるっず」と、大量の段ボール箱が積み重なっている写真をアップした。図っくんの主張によれば、「初めてのことで前のめり過ぎて発注し過ぎちゃって、、、!」「いろいろ言い訳ブッこいておりますが、要は、いわゆる発注ミス。ぜんぶ『中の人たち』の責任なこれ。ナイショ」とのこと。

 

切羽詰まった状況をアケスケにつづり、“NAKAMA”ことファンクラブ会員に対して「在庫抱えまくりの、『NAKAMA限定』カレンダーですが、、、『一般のお客様』にも、お売りしちゃっても、いいかな~???」と、投げかけた。なおも、カレンダー情報の拡散を呼びかけた図っくんは、最後に「このままだと大赤字で偉い人に怒られちゃうっずマジでほんとガチで」と、冗談交じりに告白している。

[サイゾーウーマン]

 

ネットではこれについて、「確信犯だな」「誤発注商法」「いらないし」「発注ミスというより、売れる数の見積もりをミスったってことでしょ」といった声が上がっていますが、ファンの人達は「正直すぎて笑っちゃいました。追加購入しましたよ」「買えなくて悲しい思いをするNAKAMAが続出するよりは、余ってもみんなの手元に届く方がずっと素敵」とちょっと違うよう。

 

また、現在発売しているのはファンクラブ会員対象、つまり、ファンクラブ会員に優先販売しているため、売れ残ったら一般も対象にすることになり、それだと「これから買うつもりだったのに」と困るファンクラブ会員もいるかもしれない、ということで、そのあたりも気遣った対応だとして高評価になっているよう。

 

ちなみに、現役ジャニーズで一番売れたHey! Say! JUMPでも週間で8.0万枚だといいますから、15万部はかなり作りすぎたと言わざるをえないかと。

 

その辺、飯島さんが見誤るとも思えないのですが…。やっぱり誤発注商法?

 

まあ、それをやっても笑いにできる3人なのかも。これに木村拓哉さんや中居正広さんが混じっていたら、たとえ明らかな発注しすぎでも 「人気凋落」というのが前面に出てしまいますしね。

 

とはいえ、今年はまだ独立したばかりなのと、「ジャニーズ=ブラック」のイメージが強いのでどうにかなる部分もありますが、いつまでもそれが続くわけじゃないですし、気をつけたほうが良いのでは。

 

◆ジャニーズ入所当初のがぞういろいろ

若いです→ geinou reading geinou ranking

若いです→ geinou ranking geinou reading

 

 

※これが噂のジャニーズ白抜き、元SMAPはそのまま雑誌の表紙[楽天市場]



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元SMAPさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング