タグ:香取慎吾

[スポンサーリンク]

 

昨年大晦日に放送された「絶対に笑ってはいけない」で、久しぶりの地上波バラエティ番組の進出にも関わらず大きな爪痕を残した新しい地図の稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さん。

 

3人は2日放送の「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」(テレビ東京系)にも出演し、8日には香取さんが「スッキリ」にも生出演するなど露出を増やしていますが、今年は”大ブレーク”すること間違いないなんだとか。

 

なぜなら、その裏には強力なサポート役がいるからで…

 

※すでに雑誌には出まくってます。

 

 「新しい地図」を裏で強力にプッシュするSMAPリーダー

 

今週発売の「女性セブン」によると、「笑ってはいけない」「充電」への出演を裏で強力にプッシュしたのが、元SMAPのリーダー・中居正広さん。

 

新しい地図の3人が地上波テレビになかなか復帰できないでいる中、芸能界の親友でもある松本人志さんに「年末特番なら出られるのではないか」と相談したといいます。

 

”元リーダー”の必死な働きかけを知った3人は、「中居くんと松本さんのためにも番組を盛り上げたい」「ジャニーズにいたら絶対にできないことをやる必要がある」と腹を括り、際どいキャラクターを練り上げていったとのこと。

 

その結果、稲垣さんが強烈な下ネタソングを歌ったり、香取さんがおバカな下ネタキャラを演じたりして、視聴者の度肝を抜いて大喝采を浴びていました。

 

[以下引用]

「番組では草なぎさんが松本さんに対し「草なぎ派ですか? 中居派ですか?」と尋ねる場面もありました。ここで中居さんの名前を出せたのは、中居さんが新しい地図をサポートした証拠でしょう。『笑ってはいけない』スタッフも、名前を出して絶対にトラブルにならないという確信があったからああいう演出にしたと考えられます。一方、SMAPのもう一人のメンバーである木村拓哉さんの名前は出ませんでした。それはやはり、放送するとジャニーズ事務所と揉める可能性があるということ。

 

今回、新しい地図の3人は、『笑ってはいけない』で“料理”されることで、バラエティ出演へのハードルが相当下がったと言えます。中居さんがダウンタウンの松本さんに3人の出演を頼んだのだとすれば、そうなることも中居さんは計算済みだったような気がしますね。バラエティ番組を知り尽くしている中居さんなら、十分ありうることだと思います」(民放キー局ディレクター)

[エンタMEGA]

 

「女性セブン」によると、当初、3人の所属事務所であるCULENの上層部は、下ネタをやることに難色を示したそうですが、「どうすれば爪跡を残せるか」と真剣に話し合う3人の熱意に負けて、「今回だけなら」とゴーサインを出したんだそう。

 

そんな裏事情があったと知ると、なおさら今回の大成功が「良かった!」と思えてきます。

 

ちなみに、「充電させてくれませんか?」への出演も、出川さんとは20年来の仲である中居くんのサポートがあったからだそう。

 

こちらでは、香取さんが立ち寄った店の女性に「私はキムタク派」と言われて大爆笑するシーンもありましたが、これは草彅くんのネタに乗っかったのかもしれませんね。

 

中居正広が描くとんでもない計画とは?

 

[スポンサーリンク]

 

さて、今回の高視聴率連発によって、3人にはジャニーズ事務所を辞めた今も根強い需要があることが判明したと言えるでしょう。

 

ここ最近、芸能界ではタレントの移籍による起用自粛といった長年の慣行が破られてきていますし、その流れに乗って「今年は3人の地上波復帰が本格的に加速していく」と予想する関係者も多いといいます。

 

そして、裏で「新しい地図」を一生懸命プッシュしている中居さんは、ある極秘計画を秘めているそうで…

 

[以下引用]

「今年は五輪イヤーですが、中居さんは8大会連続で務めていたTBSの五輪メインキャスターから外れました。これにはさまざまな憶測が報じられましたが、中居さんがTBSを離れてフリーになったのは、東京五輪での“夢の共演”に向けた布石といわれています」(芸能関係者)

 

もともとSMAPは、パラリンピックのスペシャルサポーターを務めていた。SMAP解散後は新しい地図の3人がその仕事を継続している。

 

「SMAPにとって、今年のパラリンピックは最高の舞台になるはずでした。解散したいまはパラリンピックが“復活”のための最高の舞台という人もいます。年末年始の特番で新しい地図とのつながりが強くなった日本テレビかテレビ東京を舞台に、パラリンピックの特番で3人と共演する、中居さんはそんな“計画”を持っているのではないでしょうか」(前同)

[女性セブン]

 

ジャニーズ御用達と言われる「女性セブン」が、堂々とこんなコト書いちゃっていいんでしょうか?

 

それとも、すでにジャニーズ事務所もSMAP5人がテレビ番組などで勢揃いすることを了承済みとか?

 

いずれにせよ、これが実現すればオリンピックが盛り上がることも確実ですし、芸能関係者だけではなく様々な分野からラブコールが起こることは必至かと。

 

ぜひ、”野望”に向けて頑張って下さい、中居さん!

 

◆年始に話題になった・・

 香取慎吾の匂わせ→ geinou ranking geinou reading

 香取慎吾の匂わせ→ geinou reading geinou ranking

 

◆どうせなら、もう一人にも声かけてみては?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【中古】 SMAP ・【写真集】 ・1ST写真集 スーパー写真集

価格:3980円(税込、送料別) (2020/1/9時点)


楽天で購入


 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

大晦日に放送される『ガキの使いやあらへんで』の年越しスペシャル「絶対に笑ってはいけない青春ハイスクール24時!」に、元SMAPの稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が出演するとデイリー新潮が報じています。

 

 

※新しい地図

 

 

 「笑ってはいけない」に新しい地図

 

[以下引用]

「今年の吉本興業は闇営業問題で揺れに揺れました。一時は制作を危ぶむ声もありましたが、日本テレビは続行を決断。それどころか、稲垣吾郎さん(45)、草なぎ剛さん(45)、香取慎吾さん(42)を出演させるという、とてつもないサプライズも準備していたわけです。もちろん撮影は終了しており、日テレは関係者に厳重な箝口令を敷いていたそうですが、これだけの大ニュースです。人の口に戸は立てられなかったのでしょう」(関係者)

[デイリー新潮]

 

人の口に戸は立てられないって、このコメントをしてる関係者にも言えることですけどね。

 

ネットでは「知りたくなかった」「観てびっくりしたかった」「サプライズってなんだっけ」という声もありますが、「知らなかったら見逃したかも」「絶対観る!」「たのしみー!」という声も。

 

今年は佐野史郎さんのケガもありケチがついた感がありましたが、一気に逆転できるかも?

 

[炎上]佐野史郎の怪我は自己責任!?『ガキ使』放送作家高須光聖のラジオ発言に本人が反論

 

 

昨年は実現しなかった新地図のガキ使出演 

 

[スポンサーリンク]

 

実は昨年も同じ様に3人の「笑ってはいけない」への出演が取り沙汰されていましたが実現していません。

 

[以下引用]

「出典は写真週刊誌のFLASHが11月27日号に掲載した記事です。『新しい地図』の3人を『笑ってはいけない』に出演させる動きがあったが、《最終的に日テレがジャニーズに忖度。土壇場で話は立ち消えになった》と伝えました。それが今年は無事に撮影まで漕ぎ着けたわけですから、日テレからすると悲願の企画が成功したということなのかもしれません」(同・関係者)

[デイリー新潮]

 

 

日テレも『スッキリ』ではこの3人の存在をまるっと無視した時期もあったんですけどね。

 

最悪!情報番組がGQ受賞者を報じるも元SMAP3人だけを排除!

 

やはり公正取引委員会の注意が効いているのでしょうか。

 

今年は特に紅白に目玉がないと言われている一方で「笑ってはいけない」は紅白以外の大晦日番組の中でも高視聴率を誇っています。

 

今回の「笑ってはいけない」が高視聴率を取れば、他局も3人を起用することが増えるかもしれませんね。

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※新しい地図さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

[スポンサーリンク]

 

8月1日発売の「週刊文春」がマツコ・デラックスさんによる元SMAP3人への圧力について報じたことが話題になっていますが、実は同誌ではジャニーズによる圧力の実態についても実例を挙げて詳しく報じています。

 

それによると、もはやそれは”イジメ”とも取れるもので、公正取引委員会が”注意処分”にとどめたことが甘すぎると感じるほど壮絶なもののようです。

 

 

 

 

[以下引用]
ジャニーズによる元SMAP“イジメ”の対象はテレビ局だけではなかった。
 
「今年八月から公演が予定されている稲垣の舞台から、長年、彼の主演舞台で企画と製作を担当してきたパルコが外れました。稲垣サイドには同社の担当者から『今後一緒にやることが難しくなった』という連絡があったそうです。その理由は、ジャニーズ事務所からパルコに対し、ジャニーズタレントの舞台名をちらつかせ、『うちとカレンのどちらを取るのか、はっきりしてください』と通告されたことだといいます」(舞台関係者
 
一二年から昨年にかけて、パルコは複数回に渡って稲垣の主演舞台「恋と音楽」シリーズの企画と製作を請け負ってきた。ところが、一八年八月に稲垣が独立後初となる舞台「FREE TIME,SHOW TIME」を上演したところ、ジャニーズ事務所の幹部B氏が、パルコの担当者に「これ(稲垣の舞台)を続けるなら、うちは全部外します」と告げたという。
 
ジャニーズの舞台やイベントを数多く手がけるパルコは、稲垣の舞台から手を引くこととなった。
 
「B氏はジャニーズの関連会社で、舞台などの企画、運営を行なう『東京・新・グローブ座』の取締役です。藤島ジュリー景子副社長の覚えもめでたく、今年五月に同社の社長に就任したばかり。取り引き先に無理難題を告げる際にはB氏は必ず『ジュリーさんの考えではありませんが』と付け加える。その一言がかえって相手を萎縮させるのです」(同前)
 
稲垣は長年仕事を共にしたプロデューサーが離れることにショックを受け、舞台の企画自体が潰れかけたこともあったという。
 
「それでも、昨年まで音楽を担当していた作曲家が亡くなったことを受け、自分たちで何としても追悼公演をやろうと立ち上がったといいます」(同前)
[週刊文春]

 
 
トカナというネットメディアには、「たとえば編成権を持っている編成部長や編成局長などがジャニーズのチーフマネージャーなどとどこかでバッタリ会ったときに『香取さんの番組は春以降も継続ですか?』などと聞かれるんです。素直に『続くと思います』などと答えると、『そうですか…なるほど…』という返事がくるんです。ただの質問と答えのような会話ですが、この言葉の間が怖いんです」というテレビ局プロデューサーのコメントもありました。
 
元SMAP3人はテレビの世界から追放されたものの、舞台の世界では順風満帆な活動を続けていると思っていましたが…
 
裏ではここまで酷いことになっているとは、驚きました。
 
「新しい地図」の所属事務所であるカレンは、この件について次のようにコメントしています。
 
「経緯はしかとは判りませんが、稲垣吾郎主演の舞台『FREE TIME,SHOW TIME』の令和元年八月公演の企画・制作について、株式会社パルコ担当者より辞退させて頂きたい旨のお話をいただいたことは事実であります」
 
一方、パルコは「企画の経緯につきましてはお答えしておりません」、ジャニーズ事務所は「弊社従業員がご指摘のような行為を行なった事実は一切ございません」と回答したといいますが…
 
ここまであからさまな圧力を掛けている以上、調査をしっかり行えば確たる証拠が出てくるのは時間の問題でしょう。
 
公取委の調査は、テレビだけではなく舞台を含めたすべての芸能活動が対象になりますし、排除効果・妨害効果が大きかったという有力な証拠があれば、行政指導でも一段大きい警告に至る可能性もあります。
 
※それでも、しっかり頑張ってます。 

 [AMAZON]
 
さて、ジャニーズによる元SMAP排除の動きはこれだけではありません。
 
6月28日に公開された香取慎吾さん主演映画「凪待ち」も、民放キー局では番宣が全く出来なかったといいます。
 

[以下引用]

「メガホンを取ったのは2017年に『彼女がその名を知らない鳥たち』、翌年には『孤狼の血』などでブルーリボン賞監督賞に2年連続輝いた白石和彌監督。本来ならもっと話題になってもいいはずですが、民放キー局はジャニーズに忖度して、完全にスルー。情報番組などでも一切取り上げられることがなかった」(映画ライター)

 

スクリーン数は85館と小規模とあって、興行成績的には大きな数字は見込めなさそうだが、映画そのものや、香取の演技に対する評価は、関係者の間でうなぎのぼり。白石作品のファンからも絶賛されている。

 

「SMAP時代も、香取はけっして演技がうまいわけではなかった。しかし、この作品に限っては『見直した』『いい意味で期待を裏切られた』という声が圧倒的。関係スタッフからは、『映画賞を狙える』との声も出ています」(前同)

[日刊サイゾー]

 

ということですが、映画賞という話が出てもジャニーズに潰されてしまうことは必至ですし、もしも受賞したところでワイドショーではカットされる未来もほぼ確定ですね。

 

東京オリンピック・パラリンピックを支援する日本財団の笹川陽平会長はブログでこう喝破しています。
 
〈「ジャニーズ事務所からの圧力はなかった」などとするテレビ局側の白々しいコメントを信じる視聴者など、どこにもいないだろう。独禁法違反につながりかねない状況を公取委が確認したのであれば、各テレビ局も謙虚に事実を認めるべきである〉
 
今となっては、世論のほとんどが笹川会長の意見に賛同していると思います。
 
ジャニーズとテレビ局に自浄作用は期待できない以上、世論の後押しを受けた公取委の”英断”に期待したいところです。
 
 



◆マツコ・デラックスは自らピンチへ向かった…

今後の身の振り方の難しさ → geinou ranking geinou reading

今後の身の振り方の難しさ → geinou reading geinou ranking

 

 

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニーズから退所した稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの3人が2018年の紅白歌合戦に出場することが決まったと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「今年のテーマはズバリ、2020年の東京五輪・パラリンピック。NHKは、局を挙げて平成最後の紅白を東京五輪一色に染め上げるつもり」(NHK関係者)

 

それにしてもなぜ、元SMAPの3人の名前が取り沙汰されるのか?

 

「3人はパラリンピックの広報大使なんです。また、配信限定でしたが、パラスポーツ応援チャリティーソング『雨あがりのステップ』は12万ダウンロード超えを記録し、大ヒットとなりました。しかも3人は、この売り上げを全額パラスポーツ支援のために寄付したんです。1億円近い金額になったはずですよ」(音楽プロダクション幹部)

 

NHKとしては、こうした社会的な貢献度から、元SMAPの3人を無視できないという。

 

さらに――、


「彼らの後ろには日本財団が付いている。NHKもスルーはできないでしょう」(テレビ関係者)

[週刊実話]

 

制作事情通によると、3人は常に二桁の視聴率を誇ると言われる人気番組『チコちゃんに叱られる!』とのコラボ企画で出演予定とのこと。

 

ちなみに3人はボランティア枠であるためノーギャラ出演、ジャニーズも「天下の御旗に近いパラリンピックを前面に出されると、何も言えない。しかも、ノーギャラ。黙るしかありません」というのが芸能関係者のコメントでした。

 

週刊実話なので正直どうなのかわかりませんが、ない話ではないですよね。

 

※歌も売れましたが、歌で出ると言われるより納得

[Amazon]

 

何しろ平成最後の紅白歌合戦だというのに目玉不足なのは明らかです。

 

ドリカムや桑田佳祐さんがサプライズで登場するのではとか、米津玄師さんをギリギリまで口説くとか言われていますが、ドリカムや桑田さんはもはや特別感がないですし、米津さんも出るとは思えません。

 

元SMAPの3人が出れば、盛り上がるかはちょっとよくわかりませんが、NHKのジャニーズに対する姿勢が話題になりそうですし、元SMAPの3人にとってもボランティア枠だろうがノーギャラだろうが、紅白に出れば健在アピールになります。

 

ただ東京五輪は再来年です。

 

今年の年末からそこまで盛り上げてたら息切れしそうですが…それだけの一大イベントということでしょうか。

 

◆1985年の紅白歌合戦出場者が

凄いと話題→ geinou ranking geinou reading

凄いと話題→ geinou reading geinou ranking

 

 

※順調です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※稲垣吾郎さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング