20代後半の巨人4番打者だったころの不倫がもとで、1億円を脅し取られていたことを「週刊文春」に明らかにされた巨人軍の原辰徳監督。脅し取られたのは18年後の06年で、相手は暴力団関係者だったいいますが、この騒動が意外な方面へも展開しつつあるといいます。

 → ranking

※なんだかスゴイことになりつつあります。

原辰徳走り続ける情熱
原辰徳走り続ける情熱


[関連商品]

この記事の続きを読む