タグ:川口春奈の記事一覧

タグ:川口春奈
役者生命に関わるレベルの大コケ!高橋一生と川口春奈共演映画はキャスティングからして失敗だった

[スポンサーリンク]

 

高橋一生さんと川口春奈さんのW主演ドラマが役者生命に関わるレベルの大コケで、そもそもなぜこの二人を共演させたのか、キャスティングからして疑問だと報じられています。

 

 

 

 

映画は同名タイトルの恋愛小説を実写化したもので、とあるマンションに引っ越してきた北村志織(川口春奈)と、平野進(高橋一生)が〝タイムパラドックス〟に翻弄されながら愛を育てていくという内容。

 

2人は宣伝に勤しみましたし、上映館数は全国248スクリーンであるため初週10位以内は十分狙える規模でしたが現実には圏外の11位スタートに終わってしまいました。

 

上映館数251と同レベルの公開規模であり、公開4週目だった『劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ』が同ランキング9位だったことを思うと、この結果の厳しさがわかります。

 

初週がこれだと上映回数やキャパをコントロールする対象となり、今後の盛り上がりは期待できません。

 

原作自体は「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」に選ばれた話題作でしたが、映画にを観た人の感想は「雰囲気はよかった」とする人もいますが、「恋愛とタイムパラドックスがゴチャついてた」「薄っぺらかった」と評する人もいます。

 

小説や漫画原作のラブストーリーの実写化がヒットしにくくなっているのは事実で、たとえジャニタレや人気イケメン俳優主演でもヒットしないケースが多い中、高橋一生さん主演じゃ難しいのも当然です。

 

さらに、「原作は同世代なのに映画は年の差でキモかった」という声も。

 

つまり、そもそもキャスティングもまずかった疑惑が。

 

[以下引用]

「子役のころから数多くの作品に出演していた高橋ですが、主役を張るようになったのはここ数年のこと。2016年ごろから突如として人気が上昇し、30代後半にして脇役メインだった状況を一変させました。しかし昨年、ゴールデン・プライムタイム初主演の連ドラとなった『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)が平均視聴率6.5%と大爆死。ようやくつかんだ主演のポジションも、『器ではなかった』と疑問視され始めています」(テレビ誌記者)

 

 

しかし、映画大コケの責任は高橋だけにあるのではない。ダブル主演という形でパートナーを務めた川口は、13年に主演したドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で「21世紀の民放プライムタイム連ドラ史上最低視聴率」という空前絶後の珍記録を樹立。メディア露出の多さと反比例した需要の低さは明らかで、起用の段階から失敗が約束されていたとさえ言えるだろう。

 

※もはや伝説級

[Amazon]

 

そして、今回の映画が大コケしたことにより、両者の〝実人気〟のごまかしも限界に達したようで…。

 

「『九月の――』の〝逆ロケットスタート〟により、高橋と川口の〝虚像〟が白日の下に晒されましたね。2人ともメディアでは〝人気者〟として扱われていますが、周知の通りドラマの結果は散々。そもそも主演作を爆死させた2人を組ませる発想自体がナンセンスですが、今回の大コケにより、不人気さは隠しきれない段階にまで達したと言えるでしょう」(エンタメ雑誌編集)

[まいじつ]

 

W主演ですから、当然川口春奈さんの責任もあるはず。

 

川口さんは現在放送中のドラマ『イノセンス』の低視聴率スタートの責任もあると言われていました。

 →川口春奈の恐るべき持ってなさが明らかに

 

高橋さんも川口さんもドラマで結果を出せていないのに、よく二人をキャスティングさせたなというのは公開前からあった話ですが、そのとおりの結果となってしまって、制作側も辛いでしょうね。

 

しかし高橋さんの試練はまだ続きます。

 

今秋にも恋愛小説が原作の映画『ロマンスドール』で主演を務めることが発表されています。

 

共演は蒼井優さん。

 

今回ほど大規模公開になるかわかりませんが、結果が出せるといいですね。

 

◆川口春奈って完璧な美人なの?

いやそうでもないという話→ geinou ranking geinou reading

いやそうでもないという話→ geinou reading geinou ranking

 

※長澤まさみさんとの共演映画も10億いかず

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高橋一生さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

戦犯は川口春奈!恐るべき“持ってなさ”が今明らかに

川口春奈さんというと、美人で最近はSNSでもいろいろと頑張っている若手女優ですが、「低視聴率女優」というなんともありがたくないイメージとそのイメージを裏打ちする確固たる実績があるようで…

 

 

 

 

今クールのドラマは弁護士モノが3つ。

 

初回視聴率の良い順に、常盤貴子さん『グッド・ワイフ』(TBS)10.0%、竹内結子さん『QUEEN』(フジ)9.3%、坂口健太郎さん『イノセンス』(日テレ)8.3%と並びますが、この結果は日テレにとって不本意なものだったとか。

 

[以下引用]

「日テレとしては、新年3週目の19日スタートにしたのは、自信の表れだったようです。主演は演技力も人気もある坂口健太郎で、冤罪を科学的に証明し、罪なき人を救っていく硬派なストーリー。ジャニタレを使わず、若手ながら演技派の声も高い趣里、有馬聡子、杉本哲太、藤木直人、草刈正雄などをレギュラーに、第1回のゲストには吉田栄作を起用していました。それに初回放送は15分の拡大放送 ですし、『最初くらい見てみようか』というご祝儀がつくものですからね。他局の弁護士ドラマは9.3%と10.0%だったので、日テレとしては『うちは2ケタはいける!』と思っていたそうです」(業界関係者)

[デイリー新潮] 

 

その結果が、3つの弁護士モノのうち最下位の8.3%であるのみならず、今クールのゴールデン・プライム帯のドラマの中でも最低です。

 

デイリー新潮によると、局内では早くも戦犯捜しが始まっており、川口春奈さんが名指しされたそう。

 

普通、ドラマが低視聴率だったら主演がやり玉に挙がるはずなんですけどね。

 

実際、坂口さんは昨年4月に主演したドラマ『シグナル』も9.7%でスタートし最終的に全話平均視聴率が7.5%でしたし。

 

しかしそれ以上に川口さんが注目されたのが、今期の弁護士ドラマは他2つが女性主演であるという点で、『イノセンス』の女性弁護士といえば川口さん、川口さんと言えば…『夫のカノジョ』というゴールデン帯・プライム帯を合わせても全話平均3.87%という歴代最低記録を保持しているドラマに主演していたことです。

 

[以下引用]

だが、「夫のカノジョ」には“打ち切り女王”との異名を取った鈴木砂羽も出演していたではないか。

 

「確かに当初は、砂羽さんが原因とも言われていました。しかし、川口がその後に出演した連ドラ(ゲスト出演を除く)は、北川景子主演の『探偵の探偵』(フジテレビ系)が平均8.1% 、天海祐希主演の『Chef〜三ツ星の給食〜』(フジテレビ系)が平均7.0% 、福士蒼汰主演の『愛してたって、秘密はある。』(日本テレビ系)が平均8.6% 、昨年夏に放送された窪田正孝主演の深夜ドラマ『ヒモメン』(テレビ朝日系)も途中で打ち切られ 、汚名挽回とはなりませんでした。彼女自身は一生懸命にやっています。でも、美人過ぎて視聴者の共感が得られないのではないか、と言われています。波留や綾瀬はるかみたいに、一見綺麗なんだけど、よくよく見るとちょっと崩れているくらいの方が、視聴者は入り込めるんですよ。もっとも、“1000年に一度の美少女”と言われた橋本環奈は、映画『銀魂』で福田雄一監督に出会ったことでドラマ『今日から俺は!』(日本テレビ系)へと繋がりブレイクという例もある。川口もいいスタッフに出会えるかどうかが今後の鍵になるでしょうね」(同・芸能記者)

[デイリー新潮]

 

なかなかすごい経歴ですね。

 

最近は誰が主演でも一桁で終わるドラマは珍しくないですし、福士蒼汰さんはそもそもが視聴率が取れないと指摘され続けそろそろ主演俳優の座が危ういと言われているので、全てが川口さんのせいだとは思いません。

 

しかし、北川景子さんも天海祐希さんも高視聴率のドラマが多いくらいなのに、なぜ川口さんは出るドラマ出るドラマここまで選んだかのように低視聴率なんでしょう。

 

こうまでレギュラーで出たドラマが当たらない女優というのもそういないような。

 

というか、ここまで低視聴率が続いて、福士さんとの共演がよく成立したなと。いくら同じ研音同士とはいえ、なかなかのチャレンジでしたね。

 

しかし原因が「美人すぎる」というのはどうでしょう。北川さんも天海さんも欠点らしい欠点はないと思うんですけど。

 

もし日テレが本当に「敗因は川口春奈の持ってなさ」と言ってるんだとしたら、どうなんでしょうね。その前に『イノセンス』の内容や主演の坂口さんの演技、そもそも弁護士モノ3つ目で観たい人が少なかったんじゃないかとか戦略上の問題等々、検討すべきところはあると思うのですが。

 

今回、『イノセンス』は初回視聴率はゴールデン・プライム帯で最低スタートとなりましたが、竹内さんの『QUEEN』は続く2話、3話がそれぞれ5.8%、6.4%と一気に下がり、現時点の平均が7.35%で最下位になっています。

 

『イノセンス』の初回放送後の評価は割と厳しいものだったので、2話でまた下がる可能性もありますが、弁護士モノ2つが最下位争いとは。

 

米倉涼子さんが弁護士モノをやったから続くクールで弁護士モノが増えたという見方もありますが、そういう単純なものではないと制作サイドもわかったのではないでしょうか。

 

◆川口春奈って完璧な美人なの?

いやそうでもないという話→ geinou ranking geinou reading

いやそうでもないという話→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※川口春奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

川口春奈が炎上キャラに舵切りか、はたまた…

川口春奈さんのキャラが激変していると報じられています。

ほんの少し前には「おしゃれSNS女子」を全否定していたはずが、今では全力で乗っかり、さらに逆ギレも披露しており、かつて川口さん自身が嫌いだと言っていた姿になりつつあるとか。

 

※顔も…変わった?

 

 

川口春奈さんは少なくとも2017年2月にオンエアされた『今夜くらべてみました』出演時点では、指原莉乃さんと共に、インスタ女子をディスり大盛り上がりしていました。

 

[以下引用]

番組で漏らしたところによると、川口春奈は、【カフェのテイクアウト容器に店員が添えた手書きのメッセージやマークの写真を「今日も1日ハッピーでいられそう」といったコメントを添えながら投稿する女子が嫌い】なのだそう。また、「街で声かけてもらいました」などと投稿するタレントには「そんなん誰が知りたいんやろ? 載せんでいいやん!」と率直な感想。長崎県の五島列島で育ったという川口は、キラキラしている都会の女子がお嫌いな様子だった。

 

“インスタ女子”と言う存在が、見栄っ張り、「可愛い」の声を求めすぎ、虚飾にまみれている……とのイメージを纏わされているだけに、その在り様を否定した『今くら』放送当時の川口春奈は、「素朴な女子」として受け止められたようだった。

 

しかしそんな川口春奈も今やすっかりインスタ女子。自撮り画像のUPが多めだ。また、6月22日と23日には「今日も撮影してます。今日は私の大好きなひとがお誕生日でなんだか私まで嬉しい気持ち。Celebration」「大好きな人が大切な人が幸せでどうかたくさん笑っていられますように」とポエミー全開。インスタ女子ライフを満喫している様子だ。素敵な写真に「今日も1日ハッピーでいられそう」といったコメントを添えて投稿しかねない。

[messy]

 

いわゆるインスタ映えも否定しそうだったんですけどね。変われば変わるものです。

 

自撮り写真の多さは驚くばかりですし、大谷翔平さんを追いかけたと思ったらサッカーW杯が始まればサッカー関連のスタンプを押した自撮り写真と「日本がんばれー!」的なコメントが。

 

日本が負けてしまったときにも日本代表ユニフォームを身に着け頬に何故か五輪マークを描き伏し目がちな自撮り写真とともに「最高でしたね! ほんとにほんとにお疲れ様でした! 感動したって一言で片付けちゃうのにはなんか勿体ないし言葉が出てこないけれどとにかく素晴らしいです!」と投稿し、顔と衣装が合ってない!と話題になれば「JJで2020年のオリンピック企画で五輪マーク描いてもらったけど服はサッカーってだけ。さー、今日は寝ようか、サッカー観るか。悩みながらまた明日」と逆ギレ的なコメントと共に不機嫌な自撮り写真を公開し不評でした。

 

◆え、これ誰

川口春奈と言われても信じられない→ geinou reading geinou ranking

川口春奈と言われても信じられない→ geinou ranking geinou reading

 

川口さんは顔の可愛さとキャラが好印象だったと思うのですが、気づいたらこんなことになっていました。

 

どっちが素なのか、今が計算なのかわかりませんが、計算した上での炎上キャラへの舵切りならまだマシです。

 

なんだか顔に対する違和感もありますし、ぬいぐるみ片手にサングラスでカフェに向かう姿が撮られたこともありますし、なんとなく不安定な感じが心配です。

 

※歴史的低視聴率ドラマ

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※川口春奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

日テレ真っ青!小出恵介効果の皮算用がさっぱり…『愛してたって、秘密はある』が低視聴率で福士蒼汰お先真っ黒

福士蒼汰さん主演のドラマ『愛してたって、秘密はある』の初回視聴率が8.2%と一桁発進で、改めて福士さんの低視聴率男ぶりが注目されています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

福士蒼汰ポストカードブックin台湾 ([バラエティ])
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/7/24時点)



この記事の続きを読む