タグ:川口春奈の記事一覧

タグ:川口春奈
通常の5倍!『麒麟がくる』濃姫代役川口春奈のギャラが破格すぎる

[スポンサーリンク]

 

麻薬取締法違反で逮捕され大河ドラマ『麒麟がくる』を降板した沢尻エリカ容疑者の代わりに濃姫役に抜擢された川口春奈さんのギャラや対応が破格すぎると報じられています。

 

 

※明智光秀の話です

 

 

 代役を断った女優たち

 

一説には、貫地谷しほりさん、水川あさみさん、蒼井優さん、広末涼子さん、満島ひかりさん、榮倉奈々さんらの名前があがっていたといわれた沢尻容疑者の代役候補の女優たちですが、皆ことごとく断り、やっと決まったのが川口春奈さんだったとか。

 

[以下引用]

「誰が代役に立っても沢尻と比較されるのは間違いないし、もし視聴率が悪ければ、“戦犯”扱いされかねない。さらには、沢尻より“格下”のイメージがつくデメリットもある。当初、NHKは川口のほかの女優たちに白羽の矢を立てていたようですが、いずれもスケジュールの都合を口実に断られたとか。そんななか、火中の栗を拾った川口の度胸はたいしたものですよ」(テレビ関係者)

[日刊サイゾー]

 

断った女優さんたちの中には、単純にスケジュールがいっぱいだったり新婚で仕事を多くしたくなかったりした人もいるんじゃないでしょうか。

 

大河ドラマは非常に拘束時間が長く薄給だと言いますから、前々から決まっていればちゃんと調整しているでしょうけど、そうでない場合、なかなか都合がつかないというのもウソではないのでは。

 

大河ドラマの旨味はギャラは安いがステータスが高いことだといい、大河後に知名度が上がりCMや民放出演時のギャラが上がるのが狙いだといいますが、すでに知名度もギャラもある程度あれば、何も沢尻容疑者の代役というキツイものじゃなくても、となっても無理はありません。

 

 

 超VIP待遇の川口春奈

 

[スポンサーリンク]

 

その点川口春奈さんはまだ若く発展途上ですから、多少無理してでも出てみようとなるのもわかります。

 

その上、こんな破格な待遇が用意されていたとのこと。

 

 

[以下引用]

「はっきり言って、かなりのVIP待遇ですよ。まずはギャラ。通常、大河ドラマの出演料はNHKへの貢献度によって決定されるのが慣例です。川口はこれまで大河ドラマの出演歴もありませんから、通常ならいいところ1本20~30万円となるところ。しかし、今回は1本100万円と破格。さらに、今後3年間は、NHKのドラマや番組への起用が確約されているのだとか。ここにきて、大みそかの『NHK紅白歌合戦』にもゲスト出演するとの噂が飛び交っています」(前出・テレビ関係者)

[サイゾー]

 

20万円でも出たい人がいる中で、100万円。

 

その上今後3年間もお抱え女優として活躍できるなら、そりゃ多少は無理しちゃうかも。

 

特に川口さんの場合、どうしても初主演の連ドラ『夫のカノジョ』が大コケし、2019年11月現在、今世紀に民放プライム帯で放送された連ドラの中のワースト記録で、さらにその後も決して視聴率的に恵まれていないことから低視聴率女優のイメージが強いですからね。

 

最近は女優業よりもかまってちゃん的なSNSばかり話題になっていたところに熱愛が発覚し、さらにSNSで交際を匂わせていたことから、何もしなければ低視聴率女優のままフェードアウトもありうる感じでした。

 

そんなところでNHKに恩を売ることができ、女優としてチャンスですよね。

 

大河ドラマも近年は視聴率が取れておらず、『いだてん』はワーストを更新し続け当たり前の様に一桁を記録していますから、『麒麟がくる』がコケても川口さんばかりのせいにはされないでしょう。

 

川口さんにとっては千載一遇のチャンスでしたね。

 

◆ここまで匂わせていた

川口春奈のSNS→ geinou ranking geinou reading

川口春奈のSNS→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※川口春奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

密約?川口春奈が沢尻エリカの代役を引き受けた理由

[スポンサーリンク]

 

違法薬物の所持で逮捕された沢尻エリカ容疑者の代わりに大河ドラマ『麒麟がくる』で濃姫役を演じることになった川口春奈さん。

 

代役決定までの約5日間には様々なことがあったよう。

 

 

※ビジネス始まってます

 

 

 代役を断った女優たち

 

[以下引用]

「代役について、NHKは33歳の沢尻容疑者と同じくらいの年齢で、ランク的にも同等で、それなりの知名度があり、かつ時代劇経験のある女優を希望していました。しかし、候補に挙がっていた貫地谷しほり、蒼井優、広末涼子らには断られてしまった。それも当然でしょう。薬物で逮捕された沢尻容疑者の尻ぬぐいなんて、同格の女優たちが受けるわけがありませんし、売れっ子なら来年のスケジュールはもう入っているはずですから」(芸能プロ関係者)

[サイゾー]

 

貫地谷しほりさん33歳、蒼井優さん34歳、広末涼子さん39歳に加え、候補だと言われていたのが水川あさみさん36歳、満島ひかりさん33歳。

 

偶然でしょうがこのうち広末さんと満島さん以外の3人がつい最近結婚を発表したばかりですね。

 

新婚だから少しのんびりしたいという人もいたかもしれませんが、何より皆さん売れっ子ですから、大河という拘束時間の長い仕事をいきなり引き受けるのは難しかったのではないでしょうか。

 

急な代役とはいえ、なるべく近いイメージになる人に演ってもらいたかったのはわかりますが、そもそもNHKがきちんと身辺調査をしていればよかったわけで。

 

受信料を元に作っているんですから、予算を無駄にしないという意味でもそのあたりはしっかりすべきだったんでしょうね。

 

 

理想ではない川口春奈で妥協 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

窮地に追い込まれたNHKとしては、妥協するしかなく、やむを得ず浮上したのが、決して理想ではない“若手”の抜擢だった。

 

「川口が所属する研音は大手中の大手で、特段NHKに媚びるような立場にありません。ただし、来年秋に放送開始の朝の連続テレビ小説『おちょやん』のヒロインに、オーディションなしで、現在売り出し中の杉咲花を起用してもらった“借り”があるのは事実。沢尻と同ランクの女優はとても出せないが、若手の川口なら、研音側にもメリットがあるので、差し出してもいいということでしょう。

川口は時代劇の経験もないですし、沢尻より9歳年下でかなり違和感はありますが、早く代役を決めなければならないので、背に腹は代えられません。そもそもNHKが川口を女優として評価していたなら、これまでにも起用していたはずですが、地上波ドラマはゼロで、BSプレミアムの『受験のシンデレラ』(2016年)に1回出ただけ。今回、川口が代役を引き受けた見返りとして、濃姫役を無難にこなせば、21年の朝ドラのヒロインをまかせるくらいの“口約束”はしてるという話もある。ほかにも、元NGT48でアイドルから女優への転身を目指す山口真帆あたりも、NHKドラマにバーターで出演することになるかもしれませんね」(同)

[サイゾー]

 

結構な言われようですね、川口さん。

 

この状況で代役を引き受けるなんてものすごいプレッシャーでしょうに、妥協でしかないみたいに言われるなんて。

 

確かに沢尻さんを基準にすれば9歳も年下の川口さんは違和感でしょうが、撮り直すならあまり関係ないような?若い頃の濃姫はともかく大人になったときを川口さんが演じられるのかは気になりますが。

 

再来年の朝ドラと引き換えだろうとなかろうと、川口さんにとっては大チャンスなこと間違いありません。

 

これまで出演ドラマで視聴率に恵まれておらず、初主演の連ドラ『夫のカノジョ』は現時点で今世紀に民放プライム帯で放送された連ドラの中のワースト記録となっています。

 

最近はかまってちゃん的なSNSばかり話題になっていましたが、今回の代役で結果を出せれば、女優として飛躍間違いなしですね。

 

それにしても、沢尻さんの濃姫、見たかったです。

 

◆最近はプンプン匂っていた

川口春奈のSNS→ geinou ranking geinou reading

川口春奈のSNS→ geinou reading geinou ranking

 

※斎藤道三、本木雅弘。え?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※川口春奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

沢尻エリカ薬物逮捕には黒幕がいた!?もっとも疑わしいのは…

[スポンサーリンク]

 

沢尻エリカ容疑者がMDMAを所持しており麻薬取締法違反で逮捕されたウラに黒幕がいると報じられています。

 

 

※大河ドラマ『麒麟がくる』で代役に。

 

 

 

沢尻エリカ逮捕の黒幕はライバル事務所? 

 

 

[以下引用]

「沢尻が逮捕された日、B氏の自宅にも捜査員が来たが、何も出てこなかったといいます。実は、沢尻の薬物使用疑惑を警視庁にリークしたのは、沢尻のことも知り、対立する女優や芸能人に近しい関係者なのでは、という話も聞こえてきているんです。沢尻は取り調べに対し、“彼氏から預かった”と供述しているといいますが、その“彼氏”が誰を指しているのか……」(前出の芸能プロ関係者)

 

前述通り尿鑑定の結果、沢尻は陰性だということも明らかになった。

 

「MDMAの場合、違法な成分は数日で抜けるといいます。沢尻の体内から薬物が抜け切ったそのタイミングにもかかわらず、当局は沢尻が違法薬物を所持していると確信して家宅捜索に着手している。そういった点からも警視庁にリークしたの彼女のことも知る近い人物なのではと……。

実は、沢尻のこの事件には“黒幕”がいるのでは、という話が出ています。沢尻の逮捕で、彼女が出演していた来年のNHK大河ドラマ『麒麟がくる』には大きな影響が出ています。代役は川口春奈(24)が務めることに決定しました。川口にはまったく関係ないことですが、この新大河ドラマ開始が近づいたこの時期に、沢尻が逮捕されたことは彼女を追い落とし、代わりに自分が抱える女優を飛躍させたいという関係者がリークに動いた“黒幕説”が疑われても致し方ないですね」(前同)

[日刊大衆]

 

B氏というのは沢尻容疑者が親しくしていた30代後半の飲食店経営者で、沢尻容疑者の長年の彼氏であるファッションデザイナーA氏とは別人で、関係を知る人からはどちらが彼氏なのか、と言われていたそう。

 

沢尻容疑者を捕まえた警視庁には1ヶ月ほど前に情報提供があったようだと言われています。

 

で、この記事では、大河ドラマ『麒麟がくる』で濃姫役だった沢尻容疑者の代わりに飛躍したかった女優を抱える事務所がリークしたのではないかと言ってるわけですね。

 

しかし、実際代役に収まった川口春奈さんの事務所研音はナイでしょう。

 

というのも、沢尻容疑者と極めて親しく夜遊びしていた片瀬那奈さんも研音所属なんですよね。で、沢尻容疑者が捕まったことで片瀬さんにも悪い意味で注目が集まっています。

 

川口さんは女優として飛躍することになりそうですが、一方で片瀬さんの女優生命は風前の灯となってしまいました。研音が片瀬さんを潰してでも川口さんを売り出したい、なんてことはさすがにないんじゃないかと思うので、沢尻容疑者の情報をリークすることはないのでは。

 

※沢尻エリカの黒幕というとこの件も思い出されます

宮根誠司も知っていた!沢尻エリカ問題の本当の黒幕について高城剛が新たな事実を激白!!

 

※歴史的低視聴率ドラマ主演の汚名が雪がれるか

[amazon]

 

フライデーの報じる「タレコミの正体」 

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

今回、警視庁に情報を提供した人物の正体について、薬物捜査に長く携わった元警部は言う。

 

「私の個人的経験では芸能人・素人を問わず、薬物の情報は常に警察が飼っているS(スパイ=情報提供者)からもたらされる。彼らは大抵、薬物の売人や暴力団関係者です。自分が抱える重要なクスリの取引を見逃してもらったり、警察の捜査情報を提供してもらったりする。その代わりに芸能人の情報をタレこむ。一方で警察はSに利用されているとわかっていながらも、芸能人を検挙するとメディアで大きく報じられるため、その情報をもとに捜査を行う。本来であれば入手ルートを解明し、供給源を根絶やしにしなければならないのに、それがおろそかにっているケースもある。そして、Sたちは再びクスリの売買に手を染めるのです」

[フライデー]

 

もしこの売人と芸能事務所がつながってるなんてことになれば、暴力団排除条例絡みの問題になりそうです。

 

フライデーにも今年夏頃タレコミがあったそう。

 

だから「ハリコミ24時」でも沢尻容疑者のプライベートが報じられたんでしょうか。

 

沢尻エリカ、私服がダサ過ぎて好感度アップ!「これでこそエリカ」

 

ただ、沢尻容疑者のドラッグ使用は多くの関係者に目撃されており、複数のメディアにタレコミがあったようで、9月のフェスでは沢尻容疑者をマークするメディアがいくつも確認できたとのこと。

 

そもそも『麒麟がくる』のクランクイン前からこんな記事がありました。

 

沢尻エリカ、大河ドラマ降板か。大麻使用疑惑が再燃でNHKが起用及び腰

 

『いだてん』のピエール瀧さんという前例もあったのに、NHKはなぜ沢尻容疑者の起用についてもう一歩踏み込まなかったのか…

 

N国党の前に沢尻エリカがNHKをぶっ潰したなんて揶揄されたりもしていますが、NHKの担当者も叱られているのでは。

 

◆アノ薬物有名人と熱愛報道も

奔放すぎる沢尻エリカ→ geinou ranking geinou reading

奔放すぎる沢尻エリカ→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※片瀬那奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

役者生命に関わるレベルの大コケ!高橋一生と川口春奈共演映画はキャスティングからして失敗だった

[スポンサーリンク]

 

高橋一生さんと川口春奈さんのW主演ドラマが役者生命に関わるレベルの大コケで、そもそもなぜこの二人を共演させたのか、キャスティングからして疑問だと報じられています。

 

 

 

 

映画は同名タイトルの恋愛小説を実写化したもので、とあるマンションに引っ越してきた北村志織(川口春奈)と、平野進(高橋一生)が〝タイムパラドックス〟に翻弄されながら愛を育てていくという内容。

 

2人は宣伝に勤しみましたし、上映館数は全国248スクリーンであるため初週10位以内は十分狙える規模でしたが現実には圏外の11位スタートに終わってしまいました。

 

上映館数251と同レベルの公開規模であり、公開4週目だった『劇場版シティハンター 新宿プライベート・アイズ』が同ランキング9位だったことを思うと、この結果の厳しさがわかります。

 

初週がこれだと上映回数やキャパをコントロールする対象となり、今後の盛り上がりは期待できません。

 

原作自体は「書店員が選んだもう一度読みたい文庫」に選ばれた話題作でしたが、映画にを観た人の感想は「雰囲気はよかった」とする人もいますが、「恋愛とタイムパラドックスがゴチャついてた」「薄っぺらかった」と評する人もいます。

 

小説や漫画原作のラブストーリーの実写化がヒットしにくくなっているのは事実で、たとえジャニタレや人気イケメン俳優主演でもヒットしないケースが多い中、高橋一生さん主演じゃ難しいのも当然です。

 

さらに、「原作は同世代なのに映画は年の差でキモかった」という声も。

 

つまり、そもそもキャスティングもまずかった疑惑が。

 

[以下引用]

「子役のころから数多くの作品に出演していた高橋ですが、主役を張るようになったのはここ数年のこと。2016年ごろから突如として人気が上昇し、30代後半にして脇役メインだった状況を一変させました。しかし昨年、ゴールデン・プライムタイム初主演の連ドラとなった『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)が平均視聴率6.5%と大爆死。ようやくつかんだ主演のポジションも、『器ではなかった』と疑問視され始めています」(テレビ誌記者)

 

 

しかし、映画大コケの責任は高橋だけにあるのではない。ダブル主演という形でパートナーを務めた川口は、13年に主演したドラマ『夫のカノジョ』(TBS系)で「21世紀の民放プライムタイム連ドラ史上最低視聴率」という空前絶後の珍記録を樹立。メディア露出の多さと反比例した需要の低さは明らかで、起用の段階から失敗が約束されていたとさえ言えるだろう。

 

※もはや伝説級

[Amazon]

 

そして、今回の映画が大コケしたことにより、両者の〝実人気〟のごまかしも限界に達したようで…。

 

「『九月の――』の〝逆ロケットスタート〟により、高橋と川口の〝虚像〟が白日の下に晒されましたね。2人ともメディアでは〝人気者〟として扱われていますが、周知の通りドラマの結果は散々。そもそも主演作を爆死させた2人を組ませる発想自体がナンセンスですが、今回の大コケにより、不人気さは隠しきれない段階にまで達したと言えるでしょう」(エンタメ雑誌編集)

[まいじつ]

 

W主演ですから、当然川口春奈さんの責任もあるはず。

 

川口さんは現在放送中のドラマ『イノセンス』の低視聴率スタートの責任もあると言われていました。

 →川口春奈の恐るべき持ってなさが明らかに

 

高橋さんも川口さんもドラマで結果を出せていないのに、よく二人をキャスティングさせたなというのは公開前からあった話ですが、そのとおりの結果となってしまって、制作側も辛いでしょうね。

 

しかし高橋さんの試練はまだ続きます。

 

今秋にも恋愛小説が原作の映画『ロマンスドール』で主演を務めることが発表されています。

 

共演は蒼井優さん。

 

今回ほど大規模公開になるかわかりませんが、結果が出せるといいですね。

 

◆川口春奈って完璧な美人なの?

いやそうでもないという話→ geinou ranking geinou reading

いやそうでもないという話→ geinou reading geinou ranking

 

※長澤まさみさんとの共演映画も10億いかず

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※高橋一生さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング