パンくずリスト
  • ホーム
  • 久慈暁子
タグ:久慈暁子

 

今年4月いっぱいでフジテレビを退社したばかりの久慈暁子アナが、バスケットボールの世界最高峰リーグであるNBAのトロント・ラプターズで活躍する渡邊雄太選手との婚約を発表しました。

 

ネットでは突然の発表に対して驚く声とともに、「いきなり女子アナ界の勝ち組トップクラスに仲間入りだな」などと羨む声も多く飛び交っていますが、実際には「これは試練の始まりだろう」と見る向きもあるようです。

 

 

 

 

[以下引用]

「フジテレビお昼の生番組『ポップUP!』で、突然の発表でした。この番組は坂上忍さんが司会を務めていた『バイキングMORE』の後番組として4月からスタートしたのですが、視聴率的には惨敗続き。そこでのサプライズ発表で、大いに番組も注目された。古巣に大きな“貸し”を作ったと言えるでしょうね」(ワイドショー関係者)

 

しかも、お相手は八村塁選手と並ぶ日本人NBAプレーヤーの渡邊選手。‘21年の東京オリンピックではキャプテンとして、チームをけん引した姿も記憶に新しい。

 

「NBAで活躍する渡邊選手は、チームからの年俸とスポンサー料を合わせると、年収3億円ほどと言われています。まして、歴代を含めNBAでプレーした日本人は3人しかいませんから、引退後も活躍の場は引く手あまた。久慈さんはいいお相手を選んだと言えますね」(スポーツ紙記者)

 

久慈アナによれば、出会いは‘19年に『めざましテレビ』での取材だとか。交際がスタートしたのは、東京オリンピック後だと明かしている。

 

「久慈アナといえば、19年にプロ野球ヤクルトスワローズの原樹理投手との“半同棲生活”が報じられ、球場で熱心に応援する姿もたびたび目撃されていました。ただ、担当していたスポーツ番組では、選手に的外れな質問をするなどで、バッシングを浴びたこともありましたね」(テレビ誌デスク)

 

学生時代から『non-noモデルオーディション』でグランプリに輝き、入社1年目から女子アナの看板番組『クジパン』を担当するなど、鳴り物入りだった久慈アナ。だが、アナウンス力不足やアドリブ力のなさなどが指摘され、徐々に活躍の場は減っていたところでの独立だった。

 

「久慈アナの番組卒業を記念した回の『さんまのお笑い向上委員会』で、お笑いコンビ『鬼越トマホーク』の“ケンカ芸”で大泣きしてしまったことが話題になりました。とにかく真面目すぎるので、“フリーでやっていくのは厳しいだろう”というのが大方の見方でした。 しかし、渡邊選手と結婚となれば、まさに一発大逆転。“アスリートの妻”としてや、“ママタレ”的な立ち位置など、多方面での活躍が十分に期待できるでしょう」(前出・スポーツ紙記者)

[デジタルフライデー]

 

久慈アナは今後、女子アナとしてではなく女優・タレントとしての活動をメインにしていくと報じられていていました。

 

実際、所属先もフリーアナを多く抱える有名事務所ではなく、フジに入社する前にお世話になっていた古巣を選んだので、この報道は正しいと見られていたのですが・・

 

渡邊選手と結婚したとなると、当然アメリカに移住することになりますよね?

 

となると、日本での芸能活動はほとんど不可能になると思うのですが・・

 

それとも、結婚直後から別居生活するとか?

 

そうなると、いったいなんのためにこのタイミングで結婚したのか分からなくなります。

 

うーむ、なんだかいろいろと謎ですね。

 

また、ネットでは「大逆転」とか「勝ち組」なんて言葉も飛び交っていますが、渡邊選手はまだ所属先チームでレギュラーポジションを獲得してるわけではありません。

 

もちろん、客観的に見てもNBA選手として優れたパフォーマンスを持っていることは間違いありませんが、いつマイナー契約に落ちてしまうか分からないのがプロスポーツの世界の厳しさ。

 

もし、調子を落として下部リーグに降格したり、アメリカからの撤退を余儀なくされたりすれば、これまでの例を見ると久慈アナに大きな批判が集まるのは必至かと。

 

喜ぶのはまだ早い・・というか、これから大きな試練が待ち受けていると考えるほうが自然だと思うのですが。

 

って、別におめでたいニュースにケチをつけるつもりはありません。。

 

”これからの有望プレイヤー”である渡邊選手をしっかり支え、夫婦二人三脚で力を合わせ、アメリカでの大成功を勝ち取ってくださいね!

 

◆女子アナの戦い

こ、これは怖い→ geinou ranking geinou reading

こ、これは怖い→ geinou reading geinou ranking

 

※婚約者です

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※久慈暁子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

4月いっぱいでフジテレビを退職する久慈暁子アナ。すでにアナウンサーとしての需要はゼロで、本人も「モデルや女優をやりたい」と希望しているものの前途は多難。

 

しかし、そんな彼女がいきなり”攻め”の姿勢を示し、業界では驚きの声が上がっているそうで・・

 

 

◆もう、女子アナをアイドル扱いする時代は終わり。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

フジテレビ女性アナウンサーカレンダー2022〜Unveile[本/雑誌] / 光文社

価格:2530円(税込、送料別) (2022/3/30時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

ヤル気のなさから局も「戦力外」と判断――。一部のネットニュースにこう報じられた久慈アナだが、実際、慰留などなく〝全番組降板〟で局を去るという。

 

「加藤綾子のように、局を退社しても、これまで担当していた番組を引き継げたのがフジのよさだったのですが、よほど不評を買ったのでは」(芸能ライター)

 

もともと、久慈アナは鳴り物入りでの入社だった。

 

「2017年、青山学院大から入社。かわいい系美女でスタイルは抜群。将来のエース候補として〝クジパン〟の呼び名が定着しました」(前同)

 

ところが、入社2年もたたずに、プロ野球ヤクルトの原樹理投手と熱愛していたことが発覚。写真週刊誌に同棲疑惑が報じられ、これが大問題となった。

 

「入って間もない上に、次期エースの期待もあるのに交際、半同棲。局も別れるように説得したのに交際を続けた(昨年、破局)。さらに、司会の方も物足りなさが目立ってきた。彼女が進行すべきところを、いつも黙って見ているだけ。ゲストが番組を回すのですから、まるで〝立ちん坊〟」(女子アナライター)

 

退職後の5月以降は、女子アナ系の事務所ではなく、大学時代に所属していた芸能プロダクション『インセント』に出戻りするという。

 

「夕刊紙によれば5月以降、他局の番組は1本もなし。インセントはモデルやグラビアアイドル、女優などが多数在籍する芸能プロ。彼女は学生時代に艶やかな水着姿を何度もこなしているだけに、話題のためにも再開するともっぱらです」(グラビア雑誌編集者)

 

久慈アナは身長166センチ、推定バストサイズ83センチのナイスC級バディを誇る。

 

「今、写真集の争奪戦になっているといいます。ルックスは折り紙付きだし、万人が大好きな〝C級〟フォルムも申し分ない。白いビキニがとても似合います。実は、すでに大手出版社が競争の末に落札。超極小でのサプライズ写真集を制作するという話もある。実現すれば部数20万部は間違いないでしょう」(同・編集者)

[週刊実話]

 

まあ、実話節炸裂!といった感じですが、「すでに大手出版社が落札」と言い切っているのが気になります。

 

こういう場合、最後に「・・らしい」と付けるのが普通なのですが、よほど確度の高い情報なのでしょうか?

 

まあ、それはともかく、本当にフジ退社直後に写真集を出せば、かなりの部数を捌けると思います。

 

”出戻り娘”を受け入れるインセントとしては、その収益だけで「元は取れる」といったところ?

 

ただ、彼女の身長では”本格モデル”は無理でしょう。

 

かといって、女優としても需要があるのかどうか疑問。

 

彼女の武器はそのルックスにあるわけで、アイドルならまだしも、演技力や存在感が重要になってくる役者の世界は向いていないような。

 

もちろん、女子アナという職ですらヤル気も進行スキルもトーク力もダメでクビになったわけですから、こじるりや指原さんのようなタレント業も無理。

 

・・まあ、際どい写真集で話題を集め、しばらくはその勢いで仕事をもらいつつ、気づいたら消えているのでは?

 

故郷・岩手に帰れば食べていけないことはないでしょうし、数年後にどこかのお金持ちかリッチな有名人と結婚、というのが関の山かと。

 

頑張って下さいねっ!

 

◆消えた女子アナたちの現在

 懐かしい名前も→ geinou ranking geinou reading

 懐かしい名前も→ geinou reading geinou ranking

 

◆最初から女子アナじゃなくて女優を目指してれば良かったのに。

恋子focus~ある女子校生の物語~ 【Blu-ray】 - 久慈暁子, 樋口柚子, 牧田哲也, 青山裕企

恋子focus~ある女子校生の物語~ 【Blu-ray】

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※久慈暁子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

カテゴリー

 

フジテレビを今春退社する久慈暁子アナウンサーが、番組収録中に号泣した事件が波紋を広げています。

 

というのも、泣いたこと自体よりも、その後に明石家さんまさんが放った”非情過ぎる一言”が、彼女の精神をズタズタに引き裂いたからだそうで・・

 

 

 

[以下引用]

舞台となったのはバラエティー番組「さんまのお笑い向上委員会」で、今月下旬放送予定の「久慈アナ番組卒業記念回」の収録に、お笑いコンビ「鬼越トマホーク」が出演。口論の最中に仲裁した人物に対して暴言を吐くいつものネタの際、止めに入った久慈アナに対し「うるせえんだよ、お前がフジテレビ辞めたって1ミリも痛くねえんだよ!」と言い放ったという。

 

さんまは「もちろんシャレやで」とフォロー。スタジオも大爆笑となったというが、久慈アナは「うえ~ん!」とガチ号泣。焦った出演芸人たちがボケまくり、さんまも「すまん、許してくれ。俺は女の涙で何回も地獄見てきた男や」「今回は笑いの天国行かせてくれ」とフォローしたが、久慈アナは泣いてしまったことに責任を感じて「うえ~ん!」と再び号泣してしまったという。

 

さんまは該当シーンについては半分カットを予想し、「もう1回(収録に)来るんで、ちゃんと謝ろうと思ってる」と謝罪の意向を口にした。  もっとも「一言返してくれれば成立するのに」と芸人の立場も思いやった。さらに「おそらく八木(亜希子)や加藤(綾子)とかはそれを返せると思う」と共演してきた同局の〝OGアナ〟の名を挙げた。

 

久慈アナにとっては鬼越のネタよりも、この言葉の方がグサッと胸に刺さる。フジ局員の話。 「久慈は加藤を目標のアナに挙げ『めざましテレビ』のメインキャスターを目指していた。さんまさんから、その加藤を引き合いに〝落第点〟を突きつけられたことに、ショックを受けているようだ」(前出局員)

 

大学時代にモデルやタレントとして活躍し、2017年4月に次期エースアナと期待されて入社。実際に入社年からエースアナ候補の登竜門番組「クジパン」のほか、「めざましテレビ」のサブキャスターに就任。19年4月からは「めざましどようび」のメインキャスターに就任し、加藤アナと同じ〝出世コース〟に乗っていたが、昨年3月に大学の1年後輩である井上清華アナにめざましテレビのメインキャスターの座を奪われた。

 

「新人時代から厳しい目を向けられてきた原稿読みは向上していましたが、さんまさんの言う通り〝臨機応変な対応力〟は育たなかった。入社時、カトパン大好きで知られた当時の亀山千広社長から『加藤のようになれよ!』とハッパをかけられていたんですが…」(別のフジ関係者)  気になる退社後については、モデルとしてだけではなく女優業にも興味を持っている。

 

「大手出版社から局アナとしてラストグラビアとなる撮影オファーが届いており、前向きに検討している。局内では久慈が最も生き生きしているのは、インスタグラムの自撮り姿とも言われていた。退社したら『アナウンサーを卒業するのでは?』という声も出ている」(前同)

[東スポ]

 

人を傷つける笑いの是非はとりあえずおいておいて。

 

さんまさんの、八木さんや加藤さんと比較するコメントはきついですね!

 

きついですが、バラエティ番組の収録中に、毒舌芸人のネタをぶちかまされて号泣する局アナって・・

 

まあ、いろんな意味で「女子アナ」にも「アナウンサー」にも向いてないんでしょうね、久慈アナは。

 

今後はフリーアナではなく、モデルや女優として活動していく方針ということですから、そっち方面に”転職”すればこういうことにはならないハズ?

 

ただし、頭の回転が必要なバラエティは無理でしょうか。

 

それに、正直、彼女に女優をやらせたら、”棒”女優界でクイーンの座を熾烈に争っている佐々木希さんと本田翼さんもウカウカしてられなくなるような気もします。

 

なにしろ、久慈アナの”棒読み”アナウンス技術を超えることが出来た女子アナはいなかったわけですから・・

 

”伝説の女王”復活で本田翼と佐々木希が大ピンチ!

 

いずれにせよ、サラリーマンを辞めてやっていくのは、これまで以上に覚悟が必要。

 

「うわーん、うわーーん!!」

 

と幼児のように泣きじゃくっても、誰も助けてくれませんよ!!

 

 

◆これは職場環境的にきつかったかも…

同期アナとのリアル→ geinou ranking geinou reading

同期アナとのリアル→ geinou reading geinou ranking

 

久慈暁子アナ、フジテレビをさっそく出入り禁止に。速攻で絶縁状を叩きつけられた理由

◆女優なら昔やってたから、大丈夫だもーん!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恋子focus~ある女子校生の物語~【Blu-ray】 [ 久慈暁子 ]

価格:4991円(税込、送料無料) (2022/2/13時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

1月22日放送の「めざましどようび」にて、フジテレビの久慈暁子アナウンサーが4月いっぱいで同局を退社することを生報告しました。今後はタレントへの転身すると見られていますが、すでにフジテレビは彼女に絶縁状を叩きつけ、出入り禁止にしたといいます。

 

 



 

 

大谷翔平選手と同郷であることで知られる久慈アナは、高校時代からその美貌は図抜けていたのですが、青山学院大学に入学してからはさらに垢抜け、道で大勢のスカウトに囲まれて歩けなくなったというスゴイ逸話も。

 

◆久慈暁子、17歳の時に交際していたオトコは・・

 あらら、そうですか→ geinou ranking geinou reading

 あらら、そうですか→ geinou reading geinou ranking

 

その後、タレント活動を経て、2017年4月にフジテレビに入社すると、未来のエース女子アナ候補として「めざましどようび」や「めざまし8」の情報キャスター、「さんまのお笑い向上委員会」といった番組で着々と経験を積んでいたのですが・・

 

 

[以下引用]

「そんな久慈アナについて、昨年12月配信のニュースサイト『文春オンライン』が、フジテレビを退社してタレントやモデル活動を展開していく方向であるとスクープ。今年1月20日には、久慈アナ自身が退社を希望したことや、『気付けば27歳。何か新しいことにチャレンジしてみたい気持ちが大きくなりました』という退社理由のコメントがスポーツ紙などで報じられ、その2日後に放送された『めざましどようび』で、本人の口からあらためて報告が行われました」(芸能ライター)

 

同日深夜には、さんまがラジオ番組『ヤングタウン土曜日』で久慈アナ退社の話題に触れ、「久慈は(『お笑い向上委員会』に)残りたいって言ってる」と、番組卒業の裏側を明かしたが…

 

「今月20日に久慈アナの退社報道が出た時点で、彼女はすべての出演番組から卒業すると伝えられていました。なお、久慈アナの退社理由に関するコメントは、一応、局サイドから報道各社に配られたものでしたが、その際に『“フジテレビから発表された”とはせず、あくまでも“各社が本人から取材した”体で記事にしてほしい』という“異例の注文”があったそう。これは『もう久慈についてPRしたくない』という意思表示とみられ、周囲の想像以上に局と久慈アナの確執は大きいようです」(テレビ局関係者)

 

それでも久慈アナがフジテレビの番組への出演継続を望むのには、理由があるとか。

 

「通常、アナウンサーが退社と同時に古巣の番組に出演しなくなると、業界内では『ケンカ別れ』『NGを突きつけられた』と認定されます。久慈アナも、4月末の退社をもってレギュラー番組全降板と報じられているだけに、状況からして円満退社とはいえない。だからこそ、本人は『お笑い向上委員会』だけでも継続して悪い印象を和らげたいのでしょうが、さんまはラジオで『4月からのアナウンサー決まってない。久慈の後、誰にすんのか、いろいろあったみたいでね』と漏らしていただけに、フジとしてはすでに久慈アナの降板は決定事項で、残留は許されないようです」(同)

[サイゾーウーマン]

 

まあ、当然でしょう。

 

史上最速の入社4ヶ月でエースアナ候補の登竜門番組でもある「パンシリーズ」の10代目に起用し、その2か月後から昨年3月までは「めざましテレビ」のスポーツキャスターと情報キャスターを任せるなど、手塩にかけて育ててきたフジテレビ。

 

それなのに、投資分を全く回収しないうちに身勝手に退社されてしまうわけですから。

 

しかも、退社後は念願のタレント活動を再開するなんて、

 

「ウチで女子アナやってたのは、ただの腰掛けかよ!」

 

となるのはムリもありません。

 

ここ最近はフジテレビも業績が急激に悪化し、使えない中高年層のクビ切りに躍起になるなど、まったく余裕はありません。

 

「立つ鳥跡を濁した」久慈アナなんて、もはや二度と顔も見たくないほど嫌ってるはず。

 

退社後、どんな大事務所に所属しても、フジテレビが彼女を使うことはないでしょう。

 

それに、サラリーマンである女子アナと実力勝負のタレントでは、求められる要素が全く違います。

 

正直、久慈アナにルックス以外の取り柄があるとは思えませんし、そのルックスに関してもタレントとして見たときに果たしてどこまで武器になるのかは疑問。

 

ひな壇で盛り上げるとか、気の利いたコメントをアドリブで連発できるとか、司会者として場を切り回せるとか、そういった強みがないとなかなか生き残るのは難しいような。

 

でもまあ、彼女は自信があるからこそ、フジを飛び出して勝負を懸けたのでしょう。

 

もしかして、大谷選手とのスゴイことがある・・とか?

 

彼女が果たしてどんなサプライズを隠し持っているのか、注目です。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

恋子focus~ある女子校生の物語~【Blu-ray】 [ 久慈暁子 ]

価格:4991円(税込、送料無料) (2022/1/26時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※久慈アナ、大谷翔平選手のSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング