週刊文春に二股不倫が報じられた宮迫博之さんが出演するアフラックのCM動画が公式サイトから削除されました。

 

アフラックの広報部は「今回の事案を含めて総合的に判断し、削除することを決めました」と報道の影響があったことを認めています。

 

[スポンサーリンク]

 

 

削除されたCMは、宮迫さんが出演していた「生きるためのがん保険 寄りそうDays」の「野菜ジュース篇」です。

 

テレビで流れていたのは2014年9月~2016年6月で、既に公式サイトだけでの公開となっていました。

 

今後の動画復活は「予定していません」、顧客からの問い合わせ数などについては「お答えできません」としているものの、「今回の事案を含めて総合的に判断し、削除することを決めました」と、宮迫さんの不倫報道でCM公開を止めたという事実は隠していないというのは、アフラックとしての拒絶の現れなんでしょうね。

 

『バイキング』に出演した時にうまく謝罪し、さらに上原多香子さんのスキャンダルとタイミングが被り、宮迫さんの不倫はなかったことのようになっているのに、スポンサーはなかったことにはしないようです。

 

しかしこれは当然の事のようです。

 

[以下引用]

「特に金融や保険の業界はクリーンなイメージが求められる。そのため、女性スキャンダルなどはNG。いくら不倫を否定したところで、世間は納得しない。その世間のイメージがあるだけに宮迫のCMが削除されるのも当然の措置」(広告代理店関係者) 

[デイリーニュースオンライン]

 

 

 

 

そして思い出したのは、河本準一さんの生活保護不正受給騒動の時。

 

河本さんは当時ホンダのCMに出演中でしたが、報道について吉本が公式に説明することがないだけでなく、スポンサーであるホンダに対しても何の説明もなく、さらにCMを止めるという通知に対しても何の反応もなかったとホンダが認めています。

 吉本興業がスポンサーを蔑ろに!

 

今回はきちんと対応したのでしょうか。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※最新ドラマ&映画情報はこちらからどうぞ

※今井絵理子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング