根強い人気を誇る「鬼滅の刃」のアニメ新シリーズ「刀鍛冶の里編」が、放送中止となる可能性が出てきました。というのも、安倍元首相の暗殺事件とオーバーラップする表現が、偶然とは思えないくらいたくさん出てくるからで・・

 

完結、ですか?

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

鬼滅の刃 全巻 1〜23巻セット 全巻 全巻セット 新品 コミック 漫画 マンガ...

価格:10670円(税込、送料無料) (2022/7/23時点)


楽天で購入


 

 

[以下引用]

「刀鍛冶の里編」では、主人公・竈門炭治郎が新たな日輪刀を手に入れるべく、刀鍛冶の里へ赴く。そこで鬼殺隊の恋柱・甘露寺蜜璃や霞柱・時透無一郎と出会い、さらに炭治郎の同期である不死川玄弥とも再会する。そんな出会いも束の間、上弦の伍・玉壺と上弦の肆・半天狗が現れ、炭治郎らは新たな戦いに身を投じることに…。

 

「7月8日、安倍晋三元首相を襲った銃撃事件が発生。犯人は壺を売ることでも知られる宗教団体・世界平和統一家庭連合(旧・統一教会)を恨んでの行為だったと明かしています。『鬼滅の刃』との関係は何もないように思えますが、実は『刀鍛冶の里編』に登場する不死川の持つ武器が銃であること、敵が壺の鬼であることなど、同事件を彷彿とさせる要素が多いのです」(芸能ライター)

 

アニメとは言え、歴史的な痛ましい事件を思い起こさせる要素が多いとなれば、放送中止の可能性もゼロではないだろう。

 

「『刀鍛冶の里編』より後の話になりますが、『鬼滅の刃』には上弦の弐・童磨という敵キャラが登場します。彼はカルト教団の教祖という一面を持っており、これも件の銃撃事件を彷彿とさせる要素の1つになりかねません。ただ、童磨の物語がアニメで描かれるのはしばらく先になるとは思われます」(同・ライター)

 

アニメ「鬼滅の刃」の放送中止に関する噂はファンの間でも騒がれており、ネット上には、様々な声が飛び交っている。

 

《タイミングよく壺売りカルト宗教が世間に悪と認識され始め、タイミング悪すぎ》

《放送していいの?》

《これはもう未来予知だろ》

《フジテレビだし、なんなら放送やめそう》

《鬼滅の刃は社会刺激作品だった!?》

《不死川の兄は銃使い、敵を憎んでいるという設定が。あ…(察し)》

 

果たして「鬼滅の刃」は、ストーリーを変えずに放送できるのだろうか。

[まいじつ]

 

ということですが、さすがにこれはちょっとこじつけが過ぎませんかね?

 

それに、童磨は確かに新興宗教の教祖様として人間たちを文字通り”喰い物”にしてましたが、今回のストーリーでは出てきません。

 

こんなんでいちいちアニメ作品がお蔵入りしていたら、何も放送できませんよ・・

 

◆こちらも”遊郭”が舞台なのにイチャモン付ける声もありました。

鬼滅の刃 遊郭編 6(完全生産限定版) [Blu-ray] - 花江夏樹, 鬼頭明里, 下野紘, 松岡禎丞, 小西克幸, 外崎春雄

鬼滅の刃 遊郭編 6(完全生産限定版) [Blu-ray]

[Amazon]

 

ちなみに、「鬼滅の刃」の原作はすでに完結していますが、アニメはあと何作くらい作られるんでしょうか?

 

一時の大ブームは去ったとはいえ、今でも出せば必ずヒットする超優良コンテンツですし、それは今後もまだまだ続きそうな予感。

 

思うんですけど、最大の伏線を回収せずに終わってしまったことには、多くのファンは納得していないのは事実。

 

かといって、すでに作者の吾峠呼世晴さんには”続き”を描く情熱も残っていなさそう・・

 

となれば、同じJUMP漫画のドラゴンボールのように、作者をチェンジして”第二部”を連載開始するというのも、一つの手法なんじゃないかと。

 

吾峠さんは、キャラデザインや設定など”監修者”という立場で関われば、原作ファンも納得するのでは?

 

ぜひ、無惨様が鬼になった謎だけは明らかにしてくれませんか、吾峠さんっ!!

 

◆貴方も、もう無理せず、誰かにバトンタッチしたらいいのに・・

 超人気作→ geinou ranking geinou reading

 超人気作→ geinou reading geinou ranking

 

第二のとよたろうは必ずいるはず!!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

[新品/あす楽]ドラゴンボール超 (1-18巻 最新刊) 全巻セット

価格:8734円(税込、送料別) (2022/7/24時点)


楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※吾峠呼世晴さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング