ホリエモンこと実業家の堀江貴文さんが、自身がプロデュースする和牛専門店で餃子食べ放題企画を行うことを発表しました。

 

しかし、件の餃子騒動がいまだに収まらぬ中での煽り企画の発表に、ネットでは批判の声が殺到しています。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ネット限定野菜餃子 100個 あっさりした野菜の餃子は女性に大人気 餃子 ぎょう...

価格:3456円(税込、送料無料) (2020/10/13時点)


楽天で購入

 

 餃子でトラブルの堀江貴文が餃子食べ放題

 

ホリエモンと言えば、先月22日に自身のフェイスブックの中で、広島・尾道の餃子店に行った際、一緒に来店した知人がマスクを着けなかったことを理由に入店拒否されたことを暴露し、ネットを中心に大問題に発展したばかり。

 

堀江貴文とトラブルの餃子店が休業に追い込まれる。ホリエ脳がヤバい!

 

店側にはネット民からの誹謗中傷が相次ぎ、現在は休業を余儀なくされています。

 

[以下引用]

そんな中、堀江氏は自身がプロデュースをしている和牛専門店で、17日に餃子食べ放題企画を行うことを報告。12日にツイッターで「土曜日餃子食べ放題企画やりますー」と呼びかけ、自身はその場に立ち会わないとしつつも、「マスクなしで大丈夫?」といった質問には「大丈夫ですよー」と答えていた。

 

この発表に、堀江氏のファンからは「このタイミングで餃子企画は面白すぎる!」「餃子騒動からのこの企画好きです」「鬼畜過ぎて笑いました」といった声が集まっていたが、一方では「頑張って営業していた餃子屋さんを休業に追い込んでおいてこれはひどい」「煽り企画としか思えない」「ここまで陰湿なのは引く」といった呆れ声が集まっていた。

[リアルライブ]

 

 

トラブルになった餃子店は女性自身の取材に答えていますが、一日100件を数える嫌がらせ電話などで奥さんが体調を壊し、お子さんも不安定になって今は親戚の家に身を寄せているとのこと。アルバイト店員はコロナ禍で辞めてしまって、一人では営業が厳しいものの、店の維持費は40万円かかるし、とありました。

 

そんな状況を知った2ちゃんねる開設者の西村博之さんは、10日にツイッターでクラウドファンディングを使っての通販やデリバリーの再開などを提案、12日に餃子店公式ツイッターで、ネット通販や販売所での販売に切り替えていくことをアナウンスしています。

 

どうにか道を模索しないといけないでしょうから、頑張って欲しいものです。

 

 

堀江貴文のえげつなさ 

 

[スポンサーリンク]

 

そんな報道があったところで、堀江さんは餃子食べ放題。

 

自分が引き起こした騒動を逆手に取って、自身の焼肉店でひと儲けですか…

 

ホリエモンさん、今頃は自分を取り囲む信者たちに向かって「オレって天才だな!」などとほくそ笑んでいることでしょう。。

 

というのは冗談にしても、ちょっとやることがえげつないですね。

 

口の達者なホリエモンさんのことですから、論戦になればあーでもないこーでもないと上手に相手を手玉に取り、さらに自身が持つ強大な影響力を使って弱者を踏みにじるなんてのは朝飯前。

 

正直、彼ほどの才能と財力、行動力を持っているのなら、一生懸命に生きている真面目な人へのイジメなんてしてないで、ぜひ国のため、社会のために尽くして欲しいところ。

 

実際、そういった期待を持っている人は多いと思うのですが…残念です。

 

こんなことを続けていれば、因果応報の法則でそのうちとんでもない報いを受けるんじゃないかと、他人事ながら心配になってしまいます。

 

◆有名ですが…

堀江さんの地雷ワード→ geinou ranking geinou reading

堀江さんの地雷ワード→ geinou reading geinou ranking

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※堀江貴文さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング