波瑠さんが7月のドラマにも主演することが発表され、いい加減出過ぎでお腹いっぱい、飽きたという声が出ています。

 

※あれ、髪が長い

 

 

[以下引用]

「波瑠のドラマはもうお腹いっぱい、といった声が起きているんです。波瑠は下積み時代が長かったことから、現在の休みがない売れっ子状態に感謝しているそうですが、視聴者のほうが食傷気味で参り始めているようです。その高い演技力から、波瑠は老若男女問わず支持されている稀有な女優ですが、ここまで極度に使い回したら飽きられるのも当然。さらに今秋は主演を務める『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』と主演の有村架純を支えるメインキャストとして出演する『コーヒーが冷めないうちに』という2本の映画公開が控えています。“見飽きた”が“ゲンナリ”に変わってしまわないうちに、少し休んだほうがいいように思います」(映画誌ライター)

[アサジョ]

 

現在27才の波瑠さんが芸能界に入ったのは2004年、中学1年生のときに受けたオーディションでスカウトされたことがきっかけです。

 

その後しばらく仕事がなく、あっても冒頭であっさりいなくなるセリフもないような役柄ばかりだったとか。

 

※この話題作にも出演していますが、記憶にない

[Amazon]

 

その後、『セブンティーン』の専属モデルの仕事をメインに女優も続けたものの高校卒業後あまりの仕事のなさに資格取得も考えたそう。しかし「逃げ道を作ってはいけない」と退路を断ち、2013年からは『A-studio』のアシスタントを務め、2015年の下期NHK朝ドラ『あさが来た』で主演し念願のブレイクを果たしました。


以降、『世界一難しい恋』(2016年4月期)、『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』(2016年7月期)、『お母さん、娘をやめていいですか?』(2017年1月期)、『あなたのことはそれほど』(2017年4月期)、『もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜』(2018年1月期)、未解決の女 警視庁文書捜査官(2018年4月期)、そして7月期に『サバイバル・ウェディング』と、主演、脇問わず連ドラだけで7作品。合間に単発ドラマも3つほど。映画は意外と少なくて今年公開予定が2つということですが、そりゃ「え、また?」にもなるかなと。

 

まだ27才で、純粋なヒロインはもちろんのこと意地悪な役や不倫の役もこなす貴重な存在だとは思いますが、どんな逸材でも出ずっぱりは飽きられます。

 

2016年末の時点ですでに同様の記事が出ていて、それでもまだ露出の続く波瑠さんは限界超えているのでは。

 →波瑠が露出過多で消耗されすぎメンタルに不安

 

 

◆波瑠って結構好感度低いんじゃ…

というエピソード→ geinou ranking geinou reading

というエピソード→ geinou reading geinou ranking

 

 

※髪を切ったのは良かったかも

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※波瑠さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング