カテゴリー:お笑い芸人の記事一覧

カテゴリー:お笑い芸人
24時間テレビのヤラセ暴露!EXIT兼近の二股はウソ!出演の元カノ・マナさんが裏側を証言

[スポンサーリンク]

 

2019年の『24時間テレビ』は、チャリティ駅伝でアンカーのいとうあさこさんが放送時間内にゴールできないというアクシデントがありましたが、もう一つ、「無事終了」とは言い難い事態が発生しています。深夜に放送されたコーナー「二宮和也のあの人に会いたくない」でヤラセがあったことを、お笑いコンビEXITの二人と元カノ・マナさんが暴露しました。

 

兼近大樹さんが会いたくない人である中学時代の元カノ・マナさんが登場し暴露した内容が日テレの指示の元、誇張した内容だったようで…

 

 

 

 

EXIT兼近の元カノ登場、二股どころか七股だったとか…

 

「二宮和也のあの人に会いたくない」は、その名の通り会いたくない人に無理やり合わせるコーナーで、兼近さんの場合は中学時代の元カノ・マナさん。中学卒業以来の再会だったといいます。

 

イケメン兼近さんは予想に違わず中学時代も美少年でモテまくっていたそうで、兼近さんからマナさんに猛アピールし交際開始、しかし兼近さんがその後もチャラチャラ遊び二股が発覚し破局した、というVTRが流れました。

 

VTR終了後、兼近さんは落ち着かない様子で「二股と言っていたが、実際は七股」とネタなんだかよくわからないコメントをしたところでマナさんが登場し、当時告白自体罰ゲームだったという噂もあった、さらに芸人になる前に死んだという噂が流れて泣いたのに嘘だった、というエピソードも暴露され、兼近さんはさらに動揺。「告白は罰ゲームという手でしたことで、死んだというのは芸人になるという事実を知られるのが恥ずかしかったから」と反論しました。

 

相方のりんたろーさんは「調子はいいけど適当なことをするやつじゃない」と納得できない様子ではありましたが、最終的には和解しておしまい、だったわけですが、兼近さんについてはチャラそうに見えてピュアかと思えば想像以上にチャラかったと、ネット上で評価が爆下がりの事態になりました。

 

 

元カノ・マナさんが「伝えたいこと」で伝えた番組の裏側

 

[スポンサーリンク]

 

[以下引用]

しかし放送終了後、マナさんは自身のユーチューブチャンネルで『伝えたいこと』と題して番組の裏側を明かす。

 

出演1週間前にオファーを受け、そのときに「当時2股していた」と番組スタッフから聞いたマナさん。ショックだったが実際に兼近と会い、2股を否定する姿をみて「本当にしてないんだろうと思った」と本音を吐露。

 

番組の構成上、無理やり「兼近の悪いところ」を絞り出したと告白し、「悪いところは本当にない。付き合った2年間はすごくイイ思い出」「チャラく見えるけど根は本当に真面目」と主張し続けた。

[しらべえ]

 

出演1週間前のオファーって、そんなにバタバタなものなんですね。びっくりです。

 

マナさんが公開した動画はこちら。

 

 

 

 

ユーチューバーをしているということで、「ん?」と思わないでもないですが、泣きはらしたようなこの目は真実を語っているように思えます。

 

この動画では、打ち合わせで初めて「当時兼近さんは二股してた」と言われてショックを受けたこと、番組中に流れたVTRではマナさんが二股現場を目撃して破局したとなっていましたがそんな事実はなかったこと、番組中に兼近さんに会って、否定している様子を見て「やっぱり二股なんてしてなかったんだな」と思ったこと、とても優しい彼氏だったこと、などを明かしています。

 

 

相方・りんたろー。の主張

 

もう消してしまっていますが、番組終了後りんたろー。さんはこんなツイートをしています。

 

 

 

兼近さんも、「いや過去に色々たくさんあったけど二股などは嘘だ!!笑 他のことで色んな人に迷惑はかけている!!」とツイートし、削除しています。

 

 

[以下引用]

「兼近は台本をもらった際にあまりにも事実と違いすぎることで『これは嫌だ!』といったようですが、それでも番組側からヤラセをされてしまったよう。ツイッターで暴露と苦言、さらに不快感を露わにしてましたね。また、りんたろー。の方も、兼近が極悪にされたことで、番組のノリについていけなかったと苦言し、相方を擁護していました。

番組側はチャラ系の芸風だから大丈夫と思ったのかもしれません。ですが、その後の武田真治さんの場面でも『俺こんなことしない!』という声があったので、全体的に過剰な演出があったみたいですね。武田さんは受け入れましたが、EXITは激怒しているので、日テレの間で不穏な雰囲気が漂いそうです」(芸能ライター)

[エンタメガ]

 

今回の『24時間テレビ』出演で、「チャラそうに見えてピュア」というキャラが崩壊してしまったものの、やっぱり根はマジメだからそんな事実と違うことは受け入れられないと反論したのかもしれませんね。

 

しかしツイートしていた分はもう消してしまっているので、今はもしかしたら芸人として受け入れることにしたのかもしれません。それが本人たちの意思なのか、どこかからの指導なのかはわかりませんが。

 

ついでに言えば、いとうあさこさんが放送時間内にゴールできなかったのも、次の『行列のできる法律相談所』につなげるための演出という話もあり。

 

いずれにせよ『24時間テレビ』は今年も新たな黒い歴史を刻みました。

 

◆いろいろあります

24時間テレビの黒歴史→ geinou ranking geinou reading

24時間テレビの黒歴史→ geinou reading geinou ranking

 

※兼近さん

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※EXITの兼近さん、りんたろー。さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

狙いは涙!そして視聴率、CM収入!!24時間テレビランナー選出の困難と打算。ときに圧力

[スポンサーリンク]

 

明日、8月24日から放送される日テレの夏の風物詩『24時間テレビ』。

 

今年は特に、チャリティマラソンのランナー決めに時間がかかったと言いますが、その結果、どう見ても走るのに適さない人たちが走ることになりました。

 

その決定に至った背景とは…

 

 

※一番心配されるのがこの方。

 

 

4人での駅伝形式になった理由

 

 

例年より遅い7月に発表された今年の『24時間テレビ』マラソンランナーは、いとうあさこさん、近藤春菜さん、ガンバレルーヤのよしこさん。

 

この3人に加え、当日発表される4人での駅伝形式になります。

 

週刊新潮によると、4人での駅伝形式となったのは一人で走らせるにはタマが弱すぎるため、とのこと。また、実は昨年からランナーの選考をしていたにも関わらず、「弱いタマ」しか揃えられなかったのは、昨年報じられた『イッテQ』のヤラセ疑惑が原因だとのこと。

 

ヤラセ発覚で「イッテQ!」打ち切りの危機!人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」での不正問題に文春砲が炸裂!

 

[以下引用]

「いくら視聴率を獲得しているからといって、あれだけ世間を騒がせた問題を起こすと、タレント事務所は距離を置くものです。今年の『24時間テレビ』の総合演出が、『イッテQ』や『嵐にしやがれ』の古立善之プロデューサーなんです。『24時間テレビ』のメインパーソナリティーが嵐であることはもちろん、『イッテQ』と『嵐にしやがれ』のスタッフがメインです。だからこそ、タレント事務所から“また同じようなヤラセ問題が起こる可能性があるのでは?”と警戒されていたわけです。そういう状況ですから、ランナーの人選は難航しました。ランナーがなかなか決まらず、かつ1人で走らせるにはタマが弱すぎると、駅伝形式に企画が変更されたのは6月でした。7月に入ってもランナーが発表されず、今年はチャリティーマラソンをやらないのではないかと憶測が飛び交ったのは、こういう事情があったからです」(同・日テレ関係者)

 

国民的チャリティー番組でヤラセはないはずだ。ただ、これまでに発表されたランナーは確かに旬の人ではない。

[デイリー新潮]

 

「国民的チャリティー番組でヤラセはないはずだ」って、新潮さん嫌味ですかね。

 

特にマラソンなんて、西村知美さんのときには残り距離が1時間で20キロ短縮し、実はオリンピックレベルの能力の持ち主だったのか、はたまたワープかと言われたこともあり、今ほどネットが発達してなかったころには謎が多かったですしね。

 

そうじゃなくても、『24時間テレビ』に出れば必ず「チャリティなのにギャラ」問題には巻き込まれます。

 

24時間テレビのネガキャンネタ!ギャラ問題、ヤラセ疑惑にマラソン距離偽装疑惑、炎上上等の裏側

 

中でもチャリティマラソンは、練習時間も取り体張って苦しい思いをして走るのに批判もされるわけですから、あまりお得感はない仕事だと思います。

 

 

女芸人3人がランナーに選ばれたのは圧力だった

 

[スポンサーリンク]

 

それにしても、今年のランナーであるいとうあさこさん、近藤春菜さん、ガンバレルーヤよしこさんというのは、見るだけでランナー選出がどれだけ難航したのかわかるような人選です。

 

この人選については日本テレビ関係者も首をかしげているそう。

 

[以下引用]

「昨年のみやぞんさんは基礎体力もポテンシャルも高いうえに、完璧にコンディションを整えて本番に臨みました。それに比べて、今年の3人はアスリート体形とはかけ離れたポッチャリ体形。本当に完走できるのか疑問です。いくら番組やチャリティーのためとはいえ、立場上オファーを断りにくい彼女たちを走らせることに、正直、『企画として際どい』という感想を抱く局員も少なくありません

[ゲンダイネット]

 

チャリティランナーは日テレに貢献している人、というルールのようなものがありましたし、その点3人は条件を満たしてはいます。

 

が、なぜこの3人かと言うと…

 

[以下引用]

「いとうは視聴率低下の責任も含めて、女性レギュラー陣のリーダーであるという責任感が強い。マラソンメンバーを引っ張っていく力もあるので、頼まれたら断れません。よしこは『イッテQ!』女性陣の一番若手。いとうに続かないわけにはいかない。近藤も吉本問題で世間を騒がせた責任を感じていることでしょう。断りたくても断れない事情がそれぞれにあるのです」(前出の弘世一紀氏)

[ゲンダイネット]

 

いとうさんは『イッテQ』ヤラセ問題に関わっていませんし、視聴率低下に責任を感じることもないと思うのですが、頼まれれば断れないというのはなんとなくわかります。

 

そしてよしこさんが、いとうさんがするならやるしかない状況も。

 

近藤さんは…??

 

加藤さんと一緒に上層部を批判したために、「春菜、おまえちょっとチャリティマラソンで走ってこい!」とか言われて断れなかったのでしょうか。

 

 

狙いはお涙。そのためならなんだってする日テレ

 

[以下引用]

「チャリティー番組ですから募金を集めるのが本来の目的です。マラソンを走り慣れているイメージの薄いタレントが、苦しそうな表情を浮かべながら走る映像が流れると、募金額が増えると言われています。今回の3人は全員ポッチャリ体形で、視聴者にとって親近感もある。特に、よしこは昨年末に脳腫瘍を患い、一時休養していました。そんな彼女がタスキをつなぐことができれば、リアルな感動も演出できる。『イッテQ!』にとっても、大きな収穫となります」

[ゲンダイネット]

 

 

当初一人42.195キロ走る予定でしたが、よしこさんと近藤さんは距離を10キロ縮めることが発表されました。

 

つまり、42.195キロ走る練習が間に合わないくらい、準備期間に余裕がないということでしょうね。

 

そんな危うい人を走らせればそりゃ苦しい表情は撮れまくりでしょうね。

 

そもそもチャリティマラソンは1992年、「マンネリ脱却のため」第15回の放送から導入されました。

 

※同時に『サライ』も。

[Amazon]

 

その結果、視聴率は前年の1991年が6.6%と歴代最低視聴率、取り入れた1992年が17.2%と大幅アップ。

 

歴代最低の募金額だった1982年の直後には特にテコ入れした様子はないのに、視聴率が6%台になってテコ入れしたということは、つまり募金額低迷よりも視聴率低迷に焦ったということなのでしょう。CM収入に大きく影響しますから。

 

 

ギャラだけじゃない!24時間テレビの「不都合な真実」

 

で、視聴率アップの大きなきっかけになったマラソンと『サライ』はどちらもやめるわけにいかず、『サライ』を歌うだけの谷村新司さんと加山雄三さんに200万円ものギャラを払うことになってるんでしょうね…。

 

 

史上最低更新か!24時間テレビの高額ギャラ問題で日テレ関係者は赤っ恥を心配…

 

そのマラソンに欠かせないのが「できないはずの人の挑戦」。

 

これまでも、心臓疾患を患った徳光和夫さんや高齢の萩本欽一さん、太っていて走るのに適さないと思われる大島美幸さんなど、なぜこの人が、という例は多いです。

 

そこに、「昨年末脳腫瘍を患ったよしこ」を筆頭に、「49歳で7キロしか走ったことのないいとうあさこ」「太っていて走るのに適さないと思われる近藤春菜」、そして当日発表のもうひとりの歴史が加わると。

 

そういえば吉田沙保里さんに内定、なんて情報もありましたが、吉田さんなら一人で走りきりそうですし、違いそうですね。

 

吉田沙保里がチャリティマラソン走者に内定情報。日テレが囲い込み中とか

 

すべて視聴率=CM収入と、おまけに募金額のため。

 

今年も批判とセットの日テレ夏の風物詩が、もうすぐ始まります。

 

※限界は以前から言われてますよ

24時間テレビ→ geinou ranking geinou reading

24時間テレビ→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※よしこさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

吉本の圧力なのか真実か…パワハラ疑惑で追い込まれる友近

[スポンサーリンク]

 

本日発売の週刊新潮が友近さんのマネージャーに対するパワハラ疑惑を報じました。それによると、友近さんのマネージャーが20人近く替わっているんだとか。

 

これが真実なのか、はたまた会社に楯突いた結果のリークなのか…

 

 

 

 

友近のパワハラ疑惑

 

[以下引用]

「今年に入ってから吉本興業幹部宛てに、友近のマネージャーから2通の嘆願書が提出されたそう。そこには友近から『こんなできへんやつ初めて見たわ』『向いてないから辞めろ』といった罵詈雑言を浴びせられたり、説教が深夜まで及んだりしたことが記されていたといいます。同誌の直撃を受けた友近は自身のパワハラ告発について、『嘆願書を出したのは、キツい言葉に免疫がない、今まで怒られたことがないような人やないですか』『現場で挨拶ができないとか名刺を持ってこないとか、そんなところから教えるんです』と反論。仕事をうまく回すために行っていることで、パワハラという意識はないと語っています」(週刊誌記者)

 

ネット上では友近を擁護する声も聞かれるが、20人全員が挨拶もできないというのも考えにくい。

[サイゾー]

 

友近さん、なんとなく真っ直ぐで正義感の塊、みたいな感じがありますから、ありそうな話かなと思います。

 

ただ、「20人全員が挨拶もできないというのも考えにくい」とありますが、正直吉本のマネージャーにはあまり「当たり前」が期待できないのかなとも思います。

 

以前、エド・はるみさんが「私が消えた理由」としてマネージャーを糾弾していました。

 

 

エドはるみが告白!「私が消えた理由」。島田紳助は関係なかった!!

 

それによると、スケジュールを勝手に断る、仕事の集合時間を間違えて伝えたり、仕事が入ってることを伝えない、といったことが重なり、「エドは天狗になった」と評価が下がり、結果的に干されてしまったというものでした。

 

エドさんのマネージャーは格別ですが、以前『アメトーーク』の「マネージャーほったらかし芸人」で放送していたところによると、吉本では基本的に一人が複数の芸人さんを担当しているようですね。しかも、例えばナイナイとハリセンボンとその他にも複数のコンビを担当する、というような、売れてる売れてない関係なく4~6組くらいをかけもちしているとか。

 

それでは丁寧なケアなんてできないですよね。

 

マネージャーのできなさ加減をネタにする芸人も多く、友近さんくらいきっちりしてそうな人を満足行くようにフォローできる人もそういないかも。

 

◆岡本社長がダウンタウンのバシリだった頃の…

 貴重動画→ geinou ranking geinou reading

 貴重動画→ geinou reading geinou ranking

 

 

友近のパワハラ報道は予告されていた

 

[スポンサーリンク]

 

一方で友近さんはとにかく正確がキツく細かく、少しの段取りの違いに怒って帰ってしまうこともあったと報じられたことがあります。

 

友近が干される!あまりに悪い現場評とは

 

そういう人ならパワハラもどきの行為もありそうな気がしますが、1点気になるのがこの話。

 

 

[以下引用]

「7月30日発売の『アサヒ芸能』(徳間書店)によれば、岡本社長は懇意のメディアに反目の芸人たちのネガティブ情報をリークして潰そうとしているといいます。友近に関しても『パワハラでマネージャーが10人も替わった』との怪情報が吉本サイドに近い人物によって流されているとも。社長交代を迫った加藤浩次はもちろん、同調した平成ノブシコブシ・吉村崇や、ハリセンボン・近藤春菜も粛清の対象になっているといいます」(週刊誌記者)

[サイゾー]

 

 

この情報通り友近さんのパワハラが報じられたわけですね。しかも、10人でもびっくりだったのが20人になって。

 

100%本当の話なのか、ちょっと盛ったのかわかりませんが、まあ岡本社長のパワハラに怒っていた友近さん自身がパワハラしていたなんて言われたらイメージダウンまっしぐらです。

 

ちなみに加藤浩次さんについては黒い人脈、ということで、すでにネットメディアではちょいちょいと報じられています。

 

加藤浩次に黒い人脈が…大崎会長が「絶対に許さない」と加藤つぶしに動き出す

 

この先、反逆の姿勢を見せた吉村さんや近藤春菜さんについてもマイナス情報が出てくるようであれば、岡本社長が潰そうとして圧力をかけている可能性が高くなりますね。

 

友近さんが第一弾となったのは、松本さんが「プロ根性で乗り越えましょ」と言ったときに「まだ気持ちがついていかない」とコメントしたからかも。

 

もう落ち着いた感のある吉本お家騒動は、水面下で続いているのかもしれませんね。

 

◆お笑い芸人の名言を

集めてみた→ geinou ranking geinou reading

集めてみた→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※元カレなだぎ武さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

「アメトーーク!」が打ち切りへ!視聴者人気は高いもののスポンサー離れが深刻で、後番組は「テレビ千鳥」が有力候補に

 
[スポンサーリンク]

 

反社会勢力への闇営業問題を受けて、テレビ朝日系の人気バラエティ番組「アメトーーク!」の行く末が風前の灯となっています。

 

宮迫博之さんがテレビから消えたことで、現在は相方である蛍原徹さんが一人で司会を務めており、視聴者からも「今後も続けて欲しい」との声が多く寄せられているそう。

 

もちろん、深夜番組としては視聴率も高く、テレ朝サイドは「10月改編でもアメトークは存続させる」とコメントしているのですが…

 

 

※DVDもよく売れてたらしいのに

 

 

 

[以下引用]

「問題なのは、番組イメージが毀損されてしまった点と、スポンサー離れですね。今後もスポンサーの反発が強く、新規での獲得も難しいとなれば、やはり番組を終了させるか、タイトルを変えて大幅リニューアルするしか選択肢がなくなってしまうでしょうね」(テレビ制作関係者)

 

そこで、同局が検討しているのが、『アメトーーク!』から『テレビ千鳥』への変更だという。15日、同局は『アメトーーク!』を休止し、従来、月曜深夜1時59分からオンエアしている『テレビ千鳥』のスペシャルを放送した。これはもう、同局になんらかの意図があってのものだろう。

 

「同枠で『テレビ千鳥』が放送されたのは初めてではありませんが、時期が時期だけに、『テレビ千鳥』でどれだけ数字が獲れるのかというリサーチの意味もあるようです。すぐ改編するかどうかは分かりませんが、近い将来、千鳥の番組に取って代わる可能性が高くなったと言えそうです。『テレビ千鳥』に変えるのか、あるいはタイトルを変えて千鳥MCの番組にリニューアルするのか、今後検討していくのでしょうね。」(同)

[日刊サイゾー]

 

 

ということですが、「アメトーーク!」には根強いファンもいますし、深夜11時半の時間帯で視聴率8%前後を安定してキープする優良番組ですから、そう簡単に打ち切りにはできないでしょう。

 

司会についても、蛍原さん一人になってその芸人力が注目されたり、逆に視聴率が上がったくらいですからね。

 

ただ、長期的に見たらやはり蛍原さんだけでは力不足(失礼)な感は否めないので、テレ朝内部では「千鳥と蛍原の3人による司会」というセンも検討されているんだとか。

 

いずれにせよ、「アメトーーク!」が”雨上がり決死隊”の冠番組である以上、このタイトルでの番組継続は困難ですし、スポンサー離れを防ぐためにもタイトル変更だけは早急に必要なのでは?

 

もうすぐ10月の改編期がきますし、今テレ朝は頭を悩ませていることでしょうね。

 

 

◆宮迫博之関係で非難されたジャニーズタレント

なぜこんなことを… → geinou ranking geinou reading

なぜこんなことを… → geinou reading geinou ranking

 

[amazon]

※宮迫博之さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

これはヤバイプリクラ流出!吉本興業会長大崎洋と若い女性が…でも?

[スポンサーリンク]

 

闇社会に詳しい沖田臥竜さんがSNSで公開したプリクラがヤバイと話題になっています。

 

移っているのは吉本興業の会長・大崎洋さんと若い女性で…

 

 

 

 

[以下引用]

「作家の沖田臥竜さんが13日、突然『白髪頭の男性と若い女性のプリクラ』を公開。説明は特にないのですが、その男性が『大崎会長なのでは』と話題になっているんです。

複数枚のプリクラの中には『ひろしっち』とコメント入りもあり、顔に一部モザイクはあるものの『ほくろや耳が一緒では』という指摘もあり、騒然となっています。孫では、芸人では、という説もありますが『キス風』の画像まであるので……。

まだどういった関係の男女なのかもわかりませんが、吉本がこんな時期だけに注目を集めています。これについてコメントするようなことはないと思いますが……」(記者)

[エンタメガ]

 

ということで、当初公開されていたのがこちら。

 

 

 

 

 

 

 

ここまでなら大崎会長に似てるレベルでしたが、8月14日深夜に「真夜中のプリクラ」として公開されていたのがこちら。

 

 

 

はっきり大崎会長だとわかります。

 

これについて、沖縄映画祭に設置されたプリクラで「汐宮あまね」さんという吉本興業所属の女性と2014年に撮ったものだ、というコメントがついていましたが、沖田さんは「年数合ってる?」と。

 

そして、今朝7時前にはその投稿自体が削除されました。

 

正直、この程度のプリクラでは問題の有無からして不明です。

 

確かに若く見える女性とのツーショットは、え、とショッキングではありますが、別にキスしているわけでもなし…

 

しかし沖田さんがなんの意味もなくこれを投稿するのかというと、また疑問。

 

なにか意味があるのでしょうか。

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※沖田臥竜さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

金塊強奪犯が宮迫博之のギャラ飲み否定!ついでに芸能人4人のタニマチだったことを激白

[スポンサーリンク]

 

雨上がり決死隊の宮迫博之さんが金塊強奪犯の野口被告らと同席して金銭を受け取ったとされる〝ギャラ飲み疑惑〟に進展がありました。

 

元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏が野口被告に接見して確認したところ、新たな事実が判明しています。

 

 

 

 

宮迫博之ギャラ飲み疑惑は無罪だった

 

宮迫博之さんについては、フライデーの第一報で報じられた振り込め詐欺グループに対する闇営業問題の他に、金塊強奪犯とのギャラ飲み疑惑がありました。

 

ギャラ飲みについて、宮迫さんは会見で否定しましたが、フライデーが当事者の一人である野口被告に取材したところ、一緒に飲んだことを認め、ギャラの支払いについては「それについては話せません」とぼかしたために宮迫さんに対する疑惑が強まる事態に。

 

 

宮迫博之がまたウソ!フライデーにも疑問。イベントに参加してないロンブー亮がなぜ?

 

しかし今回、小川さんの取材で無罪だったことがわかりました。

 

 

[以下引用]

小川氏は6日、7億5800万円相当の金塊を強奪した容疑で逮捕・起訴され、1審判決で懲役9年の判決を受けた野口和樹被告(43)が収容されている福岡拘置所にテレビ局のスタッフと共に赴き、約30分間、野口被告と面会した。同被告は宮迫への金銭授受の疑いに「僕は払ってない」と否定しつつ、写真を撮る前に、宮迫が別の席で飲んでいた人物として「名前を言っても放送できない有名人」の存在などを証言した。

[まいどなニュース]

 

 

「僕は払ってない」

 

じゃあ他の同席者は、ということですが、そこは今週発売の週刊文春の取材に対し、写真に写っていた4人のうちの一人が「宮迫さんが言うように記念写真を撮ってもらっただけ。それ以上のことは何もないし、お金を払うなんてありえない。他の二人もそう言っている。(獄中の野口が)なぜ真相を『話せない』と言っているのかは分からないし、宮迫さんとは知り合いでも何でもないけど、完全に濡れ衣ですよ」と答えています。

 

ということで、宮迫さんはギャラ飲みについては無罪、となります。

 

[スポンサーリンク]

 

なぜ野口被告はフライデーに濁したのか

 

フライデーが野口被告に取材したときも「僕は払ってない」と言っていれば問題はここまで大きくならなかったと思うのですが、それにはそれで理由があるよう。

 

[以下引用]

そして、野口被告は宮迫への思いも吐露した。同被告は「僕らとの写真が流出したことで宮迫君に迷惑をかけたのは申し訳ないと思っています」と謝罪。その一方で、「ただ、あの会見はないでしょう。吉本の実情を暴露して『自分はかわいそうだ』と言っているだけ。本質は、反社会的グループと関わって『金はもらっていない』とうそをついたのが始まり。それが、今では吉本のお家騒動になっている。会見の場は、本当は反省し謝罪すべき場所であったはずなのに、あれではまるでクーデターじゃないですか」などと小川氏に話したという。

[まいどなニュース]

 

 

つまり宮迫さんの潔くない、男前じゃない会見に腹が立ってたために、明言しなかったということでしょうか。

 

ついでに野口被告は、宮迫さんではない4人の芸能人との付き合いがあったことを明かしています。

 

月50万支払ってた人、100万出してた人、お笑い芸人も2人ほどタニマチのように付き合っていたとのこと。

 

小川さんは「ウラがとれていない」として実名を伏せていますが、その芸能人たちはヒヤヒヤしてるでしょうね。

 

 

◆この芸能人と金塊強奪犯の親密な関係が暴露されていた!

あーあ→ geinou ranking geinou reading

あーあ→ geinou reading geinou ranking

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

 

スキャンダル爆発を寸前で回避!ロンブー田村淳保身残留!絶対バラされたくない過去とは

[スポンサーリンク]

 

ロンブー田村亮さんが反社会的勢力への闇営業問題で、所属する吉本興業幹部の対応に不信感を持ち契約解除もあり得ると言われる中、相方の田村淳さんの去就が注目されていましたが、淳さんには絶対に吉本興業を離れられない理由があると報じられています。

 

 

※今はこんなインテリ風ですが…

 

 

[以下引用]

「今から6年前ですが、芸能界にも深くかかわっていたとされる、半グレ集団の元メンバーが暴露本を出版したんです。当時、『週刊文春』(文藝春秋)がその本の著者にインタビューをし、記事にしたのですが、その『週刊文春』の記事では、その半グレ集団の別の関係者の証言として、淳の名前も挙がったんです。

 

若手芸人として売り出し中だった淳が手を出した女性が、その半グレ集団の幹部のもとに駆け込んだといい、このとき、淳は半グレの幹部に謝罪する様子を動画で撮影され、多額の現金を要求されたというんです。この際、所属事務所の上層部が問題解決にすぐに動き、外部にも話が漏れないよう、懸命に動いてくれたそうです。これに対し淳も並々ならぬ恩義を感じているといいます。また、それは大手の芸能プロだからこそできたフォローといえます。

 

淳は、事務所上層部に感謝とともに、借りがあるといえる。また淳が事務所を辞めた場合、考えられる最悪の事態として、当時のスキャンダルが蒸し返される可能性もある。だから、相方の亮が事務所を辞めても、淳が辞めるということは絶対にないでしょうね」(前出のお笑い関係者)

[日刊大衆]

 

 

この話、2013年に本が出たときにも話題になっています。

 

長澤まさみやロンブー淳も恐喝されていた!関東連合と芸能人の関係が明らかに!

 

※ちなみに本はこちら

[Amazon]

 

淳さんは脅されただけでなく、自身の関係もグレーです。

 

暴力団排除条例の施行を前に島田紳助さんが暴力団との親交を理由に芸能界を引退したとき、さんざんブラックな芸能人が話題になりましたが、そのうちの一人として淳さんの名前がありました。

 

 

田村淳が警察にマークされた?関東連合との関係の実態は?

 

そのため、言うほど吉本興業がその噂を抑えられたわけではないと思うのですが、もっと凄い話があるのかもしれませんね。

 

淳さんは女性セブンがまるで親孝行のように報じた父親の誕生日パーティーが実は画像をリンクするのもおぞましい酒池肉林パーティだったこともネットで話題になったことがあり、決してクリーンなイメージはありません。

 

そういう過去もあり、国政への進出は諦めているとは思いますが、結婚し子どもにも恵まれた今、そんな過去をほじくられ放題ほじくられるのは親として嫌だろうなとは思います。

 

となれば、少しでも守ってくれそうな大きな事務所にいたいと思うのは当然かもしれません。

 

淳さんのように、昔のスキャンダルがほじくられるのが嫌で事務所から離れられない芸能人って案外いそうな気がします。

 

例えば中居正広さんには妊娠堕胎疑惑がありますが、あれも事務所を離れたとたん、もみ消された裏側、みたいな感じで再度報じられたりしたら、芸能生活厳しいですしね。

 

守ってくれるからと羽目を外していると、後々面倒なのが芸能界なのかもしれません。

 

◆この人も事務所から離れられなそう…

もう一人の妊娠堕胎騒動ジャニタレ→ geinou ranking geinou reading

もう一人の妊娠堕胎騒動ジャニタレ→ geinou reading geinou ranking

 

※田村淳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ヤラセ間違いなし?「宮迫博之が振り込め詐欺防止の啓発チラシ配布」報道に反発の声多数

[スポンサーリンク]

 

反社会的勢力へ闇営業して金銭を授受していたとして問題になっている宮迫博之さんが神奈川県茅ヶ崎市で行われたフラダンスのイベントに登場、振り込め詐欺防止を促す啓発チラシを配ったとデイリー新潮が報じています。

 

が、そのシチュエーションの不自然さに反感の声が次々とあがっています。

 

 

※茅ヶ崎というと桑田佳祐さんのイメージ

 

 

宮迫博之、茅ヶ崎のフラフェスティバルに現れる

 

デイリー新潮によると、宮迫さんは茅ヶ崎市民文化会館で行われた「Hawai’i 湘南フラフェスティバル」に現れたとのこと。

 

目的は振り込め詐欺防止を促す啓発チラシを配るため。

 

記者が直撃したところ、

 

「このイベントのお話は、友人が探してきてくれました。茅ヶ崎は振り込め詐欺の被害者の方が多いそうで、このイベントも、以前から啓発活動に取り組んできたそうです。そういう場所に、少しでも顔が知られている僕が出れば、お役に立てるのではと思って、出させてもらいました……」

[デイリー新潮]

 

と答えたそう。

 

調べてみたら、2017年に茅ヶ崎のタウンニュースが特殊詐欺の被害件数・被害額共に茅ヶ崎が県内最多だったと報じていました。

 

フラダンスと振り込め詐欺防止?と思いましたが、「このイベントも、以前から啓発活動に取り組んできたそうです」とのこと。

 

フラダンスは年配の方も多いですし、確かに同時に啓発活動するのは意味のあることなのかも。

 

また、「Hawai’i 湘南フラフェスティバル 」で検索すると、他にも乳がんに関する啓発活動のあった年もあるようですから、そういう意識の高いイベントなんでしょうね。

 

[スポンサーリンク]

 

宮迫博之の行動への反感

 

しかし、すっかり好感度が地に落ちた宮迫さんのすることですので、ネットでは反感の声が。

 

宮迫博之が笑顔

デイリー新潮に掲載されたその時の写真がこちら。

 

 

 

笑顔です。

 

フラダンスのイベントなのでアロハシャツなのも仕方ないですし、アロハシャツなら派手なのも仕方ないですが、まあでもやっぱりそれで笑顔だとつっこまれますよね。

 

こう、チラシを手渡ししてるとか、相手がいるときの笑顔なら、そりゃ怖い顔でできないよなとも思いますが。

 

写真のセレクトは新潮なのでしょうが、こうやって歩いてるときに笑顔に見える写真を掲載されるのもそれが新潮の意地悪さというかなんというか。

 

 

茅ヶ崎まで新潮がいる意味

そもそもなんで茅ヶ崎で行われたイベントに現れた宮迫さんを新潮は取材できたのか。

 

ということで、事前に宮迫さんサイドがリークしていたのでは、という疑惑も出ています。

 

確かに、もしも一般市民からの目撃情報を元に新潮記者が現場へ急行したんだとしても、茅ヶ崎はそんなに近くはないので、こんなにしっかり間に合ってるのは不思議です。

 

仕組まれてると思うのが自然かも。

 

 

懲りずに写真を撮る宮迫博之

新潮によると、来場者はすぐに宮迫さんに気づき、宮迫さんは記念撮影に気さくに応じていたそう。

 

宮迫さんは写真を拒まない主義で、これまで何万枚と撮ってきたと会見で話していましたが、それが原因でギャラ飲み疑惑まで出ているのに懲りないですよね。

 

宮迫博之引退!フライデーが金塊強奪犯との「ギャラ飲み」報道へ。戦々恐々とする芸能人は…

 

 

時期尚早

謹慎中で、外に出られないほど憔悴しているということだったのに、こういうアピールをするには早かったのでは。

 

という声も見られます。

 

先月末には宮迫さん、田村亮さんを除いた11人の謹慎芸人たちが、繁華街の空き缶拾いをしていたと言いますし、亮さんも老人介護の勉強を始めたと『女性自身』が伝えており、みんななんとかアピールしてますね。

 

やらない善よりやる偽善という言葉もあり、事実そういう部分もあるとは思いますが、あまりに狙ってる感じはあざといです。

 

ただまあ、啓発活動に参加するのは悪いことではありません。

 

たとえ宮迫さんの行動が計算づくしであったとしても、マイナス面ばかり論っても生産的ではないので、少しでもプラス面を探すと、今回は茅ヶ崎は神奈川県下で最も特殊詐欺の被害が多いという付加情報もあり、茅ヶ崎に縁のある人は注意を促すこともあるのかも。

 

あとは、繁華街の空き缶拾いや老人介護、啓発イベントへの参加など、今後もこういったボランティアに継続的に参加すればいいと思いますが…喉元過ぎれば熱さを忘れる、なんて言葉もありますね。

 

すっかり終着点のわからなくなっている今回の闇営業問題。

 

吉本興業内部はゴタゴタしているようですが、なんとなく収束していくのでしょうか。

 

◆この闇営業関連の報道の仕方に苦言を呈した

意外な人物とは→ geinou ranking geinou reading

意外な人物とは→ geinou reading geinou ranking

 

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

薬物疑惑に反社会的勢力とのトラブルの噂も。「うつ病」名倉潤の2ヶ月休養に疑問の声

[スポンサーリンク]

 

ネプチューンの名倉潤さんがうつ病治療のため2ヶ月休養すると発表しました。

 

病を隠すことなく休みを告げたのに、ウラを憶測する人はするようで…

 

 

 

 

「うつ病」公表のなぜ

 

[以下引用]

一方で、業界では今回の発表に首をかしげる人も多い。スポーツ紙記者は「なぜ『うつ病』という病名まで発表したのか。名倉さんはお笑い芸人。病名を出してしまうと、復帰した際に視聴者も笑いづらくなってしまうのではいか」と話す。

[サイゾー]

 

実際、ナイナイの岡村隆史さんが休養したときは、どれだけメンタル面の病名が噂になっても吉本興業は絶対に認めていませんが、それは復帰した時『笑えなくなる』からだった」といいます。

 

復帰後、岡村さんは発症に至るまでや加療当時の詳細を語ることもありますが、精神的な病であったことをほのめかしているものの、今でもはっきりした病名は公表していません。

 

でもまあ、そこまで言ってればはっきり言わなくてもわかることはありますが、別にそのことが常に頭にあるわけでもなし、岡村さんは岡村さんですし、名倉さんが帰ってきたときも同様だと思うんですけど…。

 

 

うつ病公表にコメントして炎上したのは…

 

ちなみにこのうつ病公表について安藤優子さんは、「大きな衝撃に包まれました」「発表の仕方なんですが、体調不良というふうに丸っとすることもできたと思うんですが、あえてご自分がうつ病だということを発表されたことに、言葉ちょっと違うんですが…好感を覚えたというか、これはすべて受け入れて戦っていく覚悟なんだなという感じがした」とコメントし炎上しています。

 

「言葉ちょっと違うんですが…好感を覚えたというか、」丸っといらないですよね。じゃあ公表しなかったらダメってこと?となりますし。

 

そして小倉智昭さんは「うつ病って克服するのが大変な人もいれば、早めにそこから抜け出す人もいるし、気持ちの持ちよう一つでも違ってくるでしょうから、治療はかなり大変だと思う」とコメントし炎上。

 

「気持ちの持ちよう一つでも違ってくるでしょうから」が不要でした。

 

うつって、その「気持ちの持ちよう」がどうにもならなくなるんですよね。

 

他人からすれば「どうしてそう考えちゃうの?」というようなこともあるでしょうが、脳内物質の状態を調べればもうそうなるしかない、という。

 

どうしてもわかりづらい難しい話なので、下手にコメントしないほうがいいのかも。

 

 

[スポンサーリンク]

 

「2ヶ月」という療養期間のなぞ

 

[以下引用]

2ヵ月という療養機関にも疑問符がつく。都内で心療内科を経営する医師は「メンタルの病気は長期に渡って向き合っていくものであり、2ヵ月で治るというものではない」と断言。2ヵ月足らずの休養ならば、当たり障りのない別の理由で発表してもいいように思えるが……。

[サイゾー]

 

先程の例で言うと、岡村さんは5ヶ月休みました。

 

でも年単位で治療している人も多いですし、たしかに期間を最初から宣言するのは逆にストレスやプレッシャーになるんじゃないかとは思いました。

 

ただ、それが励みになるタイプの人もいるのかもしれませんしね。

 

 

名倉潤の兄との関係か

 

とにかく、ゆっくり休んでほしいものですが、こんな状態でも業界の人というのはウラを読もうとするものなんですね。

 

[以下引用]

「名倉に関しては、一部でプライベートでの人間関係トラブルも噂されており、今回の件も謎が謎を呼ぶ休養発表という印象です。ひょっとしたら今後、大きな騒動に発展する可能性もあります」(スポーツ紙記者)

[サイゾー]

 

それならなおさら、うつで2ヶ月休養と公表する意味がわからないような。

 

そもそも、『しゃべくり007』で不動だった位置から席替えもあり、体調が思わしくない兆候は前からありましたから、病気じゃない、というのはないような。

 

名倉さんは以前からずっとお兄さんが反社会的勢力の人であること、殺人事件を起こしたことがネットで攻撃材料になっています。

 

しかも、このお兄さん、昨年満期で出所したとか。

 

そういえば、田口淳之介さん関連で名倉さんの名前が浮上したことも。

 

元ジャニーズとお笑い芸人が薬物捜査の対象に浮上しテレビ局関係者真っ青

 

最近はお笑いの反社会的勢力の闇営業が話題になっていましたし、名倉さんは真面目そうですし、そういうストレスもあったのかもしれませんね。

 

結びつけようと思えばホントいろんなことが出てきますが、ちょうどお子さんの夏休みともかぶるでしょうし、とにかくゆっくりしてほしいものです。

 

◆お笑い以外にも闇とのつながりが噂される芸能人って

結構います → geinou ranking geinou reading

結構います → geinou reading geinou ranking

 

※妻・渡辺満里奈さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

加藤浩次に黒い人脈が…大崎会長が「絶対に許さない」と加藤つぶしに動き出す

[スポンサーリンク]

 

宮迫博之さんと田村亮さんらの闇営業問題をきっかけに勃発した吉 本興業のお家騒動が、泥沼化の様相を見せています。

 

なんでも、 公共の電波を使って名指しで退陣要求を突き付けられた吉本興業の 大崎洋会長は、「加藤は絶対に許さない」 と超絶激怒しているそうで、 お抱えの芸能記者にネガティブなネタを流すなどして情報戦で潰し に掛かっているそうで…

 

 

※本当に愚直?

 

 

加藤さんは『スッキリ』で吉本興業への失望を熱く語った上に、「会長、社長が辞めなければ自分が(吉本を) 辞める」と断言。

 

前日に松本人志さんが「大崎さんがいなかったら僕も辞めるので」と言及していたこともあり、加藤さんの発言が松本さんの進退にまで影響するかと思われました。

 

最終的に大崎さんと加藤さんが話し合いを行い、その結果、振り上げた剣を収めるような感じになっていますが…

 

[以下引用]

「大崎氏は身を引くつもりはさらさらない。 岡本氏を辞めさせるつもりもありません。一方、 反旗を翻した加藤に対し『絶対に許さない』 と言っているそうです。宮迫だけでなく、 加藤も吉本興業に残ることはできないでしょう」( 吉本興業関係者)

 

大崎氏の意を受けた岡本社長が「加藤追放」に向けて着々と動いて いるという。

 

「岡本氏は『加藤のバックには、いわくつきの元社員がいる』など と、さかんに記者へリークしています」(同前)

 

[文春オンライン]

 

まあふつうに考えれば社員とか従業員のような立場の人がトップを公然と批判し辞職を求めたなら会長である大崎さんが怒るのも当然といえば当然です。

 

が、吉本の人は「ファミリー」らしいですからね。

 

それが「家族」という意味なら子どもがちょっと噛み付いても「反抗期」で済ませるでしょう。

 

マフィアのファミリーみたいな意味だと、加藤さんの今後はヤバイでしょうね。

 

ということで、確かにいくつかのネットメディアでは、 加藤さんを貶すような記事を出していました。

 

どうやら「いわくつきの元社員」の存在自体は事実なようで、週刊文春がこの元社員を電話で直撃しています。

 

それによると、「そんなことあ るわけないじゃないですか。加藤とは(自分が吉本を) 辞めてから一度も連絡を取ってませんよ」と言下に否定したとのこと。

 

とはいえ、その存在は少し前からネットメディアでも取り上げられていました。

 

[以下引用]

“加藤の乱” 勃発直後から、マスコミ関係者の間では「 複数の関係者が加藤に接触している」 という情報がささやかれるようになったようだ。

 

「その人物は、いずれも極楽とんぼの元関係者で、同時に“ 黒い人脈”とも言われています。 特に中心人物と目されているのは、 2009年に吉本が創業一族を全員追い出した“お家騒動”で、 大崎会長との覇権争いに破れ、 吉本を去ることになった業界人だとか。現役の吉本社員時代から、 業界関係者への女性の斡旋を得意とし、専門店を経営するなど、 コンプライアンスを重んじる現在では考えられないビジネスを繰り 広げていた人間だそうで

 

さらに、 いずれも吉本を退社した元マネジャー2人もここに加わり、 加藤の独立、また吉本に対しての“復讐” を企てているとみられています」(週刊誌記者)

 

この元関係者である“3人衆”が、 加藤の今後について画策していたとなれば、 一連の騒動の根底にある“タレントと反社会的勢力との交際” という問題に、またしてもぶつかる可能性は否定できない。

[サイゾー]

 

 

加藤さんの退社については結論が先送りとなったことで、「 孤立したような状況になっている」とのこと。

 

未だに退社宣言は撤回していませんが、それでも自分が騒動を大きくしたと反省の弁を述べたことで、「狂犬加藤」が「チワワ加藤」と呼ばれることに。

 

追従する後輩芸人もいそうでしたが、要所要所で冷静にさせる発言がありましたし、うっかり加藤さんについていく発言をした人たちは今頃焦っているのかも。トレンディエンジェルの斎藤さんも「ワイドショーハイでした」なんて言ってましたし。

 

まっすぐ経営陣を攻撃したはずの加藤さんが実は吉本の中でも黒い人脈と繋がっているとなれば、加藤さんのタレント生命にも影響しそうです。

 

 

そもそも、相方の山本圭壱さん自身が未成年スキャンダルを起こしており、これが原因で吉本をクビになったときから反社会的勢力の影がつきまとっていたといいます。

 

さらに、山本さんの復帰まで10年という長い時間がかかったのは、彼のスポンサー企業や後援者が『黒い人脈』 と認定されたこともあったそう。

 

そんな山本さんは、加藤さんが吉本を離れるようなことがあればもちろんついていくでしょうから、加藤さんはさらに「黒い」イメージに。

 

あの勢いで退社を口にしたのに「勢いで言ってしまった」みたいなことを言っていますし、さらにこういうのも含めて、何が本当なのか分からないところであれこれイメージが下がる情報が出ているのも加藤さんにとっては徐々にタレント生命を削られるようなもの。

 

もしかすると一見チワワでいるのもなにかを秘めているんじゃないかという期待もありますが…

 

吉本のお家騒動はもうお腹いっぱいという声も聞こえ始めた今日このごろ。

 

どさくさに紛れて引退したはずの島田紳助さんも発言の機会を増やしていますが、どういう結末になるのでしょう。

 

これは必見!岡本社長がダウンタウンのバシリだった頃の…

 貴重動画→ geinou ranking geinou reading

 貴重動画→ geinou reading geinou ranking

 

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

宮迫博之がまたウソ!フライデーにも疑問。イベントに参加してないロンブー亮がなぜ?

[スポンサーリンク]

 

入江慎也さんが仲介し、宮迫博之さん、田村亮さんらが反社会的勢力に闇営業しギャラを受け取った問題は、現在吉本興業のお家騒動に発展していますが、そもそもの反社会的勢力と芸人、吉本興業の関係について、フライデーがさらに突っ込んでします。

 

 

※吉本の人、みんな食べたら?

 

 

宮迫博之のウソ

 

先日の宮迫さんと田村亮さんの会見で宮迫さんが否定した金塊強奪犯とのギャラ飲みについて、フライデーは拘置所にいる野口被告に面会し取材を敢行しています。

 

宮迫博之引退!フライデーが金塊強奪犯との「ギャラ飲み」報道へ。戦々恐々とする芸能人は…

 

結論としては、野口被告は飲んだことは認めましたが、ギャラの支払いについては「それについては話せません」と口をつぐんでいます。

 

そのため、フライデーには先日と同じく目撃者の「宮迫さんは現ナマで5万から10万を渡されていました」という証言と、なぜ野口被告が話せないかということについて、ウラでは暴力団が繋がっていて、複雑な人間関係があるのでしょうというスッキリしないコメントのみでした。

 

結論として、今回のフライデーの記事には金塊強奪犯とのギャラ飲みについて決定的な証拠はありません。

 

ただ一つ、この記事の信憑性のなさについて宮迫さんが指摘していた、「7月27日のことではない」という否定について、精査の結果写真が7月27日深夜1時37分のものであることを確認したとしています。ここまでわかるというのは、画像の持つデータを確認したということでしょうね。

 

つまり、また宮迫さんはウソをついたということ。

 

または勘違いかもしれませんが、最初の振り込め詐欺グループとの飲み会でギャラを受け取っていないというウソをついたために、これだけの騒動になり反社との繋がりを否定しても信じることができない現実があるだけに、宮迫さんにがっかりです。

 

 

[スポンサーリンク]

 

吉本興業は振り込め詐欺グループからギャラを受け取っていたのか

 

宮迫さんが参加した闇営業で、相手先が反社会的勢力だと見抜けなかった理由としてあげたのが、「入江君主催ですが、吉本の社員もいて一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕らの行ったのと同じスポンサー」になっていたという点です。

 

そのため、吉本興業自体と反社会的勢力との繋がりが疑われました。

 

 

吉本興業の情報隠蔽、脅迫、反社会的勢力との繋がり暴露で風向き変わる。宮迫博之と田村亮の会見は成功へ

 

この件について会見で岡本社長は同社のイベントに反社会勢力がスポンサーについたのは「事実ではない」と否定しています。

 

このイベントの主催は都内のイベント会社で吉本はタレントを派遣しただけ、「すべての取引先は反社チェックをしている」「(入江の)イベントを主催したイベント会社が反社ではないことは確認しておりましたが、結果としましてはその先まではチェックをできてませんでした」とも答えていました。

 

フライデーによると、問題のイベントは2014年5月31日に入江さんが主催したとされる『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』とのこと。

 

さらに、該当イベントのチラシを見ると、「入江慎也プロデュース」で主催は株式会社エイジ・エンターテイメントとあるため、吉本もこの『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』のことを言っているんだと思われます。

 

が、このチラシには詐欺グループのフロント企業が4つもスポンサーとして名前が並んでいます。

 

要するに吉本は株式会社エイジ・エンターテイメントが反社でないことは確認したが、協賛企業までは確認していなかったと主張しているわけですね。

 

イベントの運営会社はフライデーの取材に対し、「スポンサー料は600万円でした。(吉本興業に)支払った金額は50万円です。(特殊詐欺グループのダミー会社だと)全く知らなかったこととはいえ、当社としても(被害者の方々に)非常に申し訳なく思っております」と答えています。

 

把握してるしてないに関わらず、吉本が詐欺グループのフロント企業からも出た資金の中からギャラとして50万円という対価を受け取っていたのは事実ですから、それをけしからんといえばそうなります。

 

ただそうなると、そのイベントに出演したその他のタレントの所属事務所も同罪となりますね。

 

[スポンサーリンク]

 

吉本興業にもフライデーにもウソがある?

 

ちなみに『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』の出演者はこちら。

 

<出演アーティスト>

PUFFY、HOME MADE 家族、Silent Siren、今井洋介、下田美咲、chay、ROYALcomfort

<出演芸人>

入江慎也、藤井隆、レイザーラモンRG、椿鬼奴、2700、どぶろっく、長州小力、ダブルネーム、トレンディエンジェル斎藤、オリオンリーグ玉代勢、セブンbyセブン玉城、チョコレートプラネット、ぬりえ市川、ハンマミーヤ一木、ペレ草田

 

 

驚いたのは2点。

 

これだけ吉本芸人が出ていたのに吉本興業が受け取ったギャラが50万ということ。そりゃ一人あたりはびっくりするほど少ないんでしょうね。

 

そしてもう1点は、宮迫さんも亮さんも名前がないということ。

 

それなのに、フライデーにはこういった記述がありました。

 

[以下引用]

詐欺グループがイベントに出資した金額も桁違いだ。前出の元メンバーが言う。

 

「600万円をスポンサー料として支払いました。それだけ払ったので、イベント当日は超ビップ待遇。会場内の2階我々用の特別席が設けられ、フロアを見下ろしながら幹部がどんちゃん騒ぎをしていました。もちろん、入江はその席に挨拶をしにきましたよ田村亮も一緒でした。グループの幹部たちは気を良くして、『詐欺で稼いでいる』とはっきりと語っていました。入江はそれを聞いて『悪いことしないと稼げないっすもんね」と笑い、亮はうんうんと頷いていました」

[フライデー]

 

イベントに参加していないのに、亮さんはわざわざその会場に行き入江さんとスポンサーに挨拶に行ったんでしょうか。それは不自然なのではないでしょうか。

 

また、宮迫さんは会見で「入江君主催ですが、吉本の社員もいて一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕らの行ったのと同じスポンサー」だったと話していました。

 

が、『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』の主催はイベント会社で、入江さんはプロデュースという形でした。

 

まあプロデュースと主催を勘違いしたのかもしれませんし、『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』当日に吉本のマネージャーが4人もいて会場設営も手伝っていたそうなので、「吉本の社員もいて一緒にやっているイベント」と勘違いしたのかもしれませんけど。

 

もしかすると宮迫さんが指摘したイベントって『AH!YEAH!OH!YEAH!2014』じゃなかった可能性もあるんじゃないでしょうかね。

 

その一年前、吉本主催、入江さんが実行委員長を務めたイベントであれば、吉本がガッツリ関わっていましたし、宮迫さんも亮さんも参加してたのですが。

 お台場で24時間ノンストップのエンタメフェス 吉本興業が初開催

 

ただ、このイベントのスポンサーがどこだったのか、調べてもわかりませんでしたし、相当大規模だったので、そこに反社が関われたのかという気もします。

 

なんだかまだわからないことが多いですが、世間の関心は吉本興業のパワハラ問題と分裂危機に向かっています。

 

贖罪として「全国被害者支援ネットワーク」へ行った寄付は断られたといい、一方で芸人と反社、吉本興業と反社の関わりというのもはっきりしないまま。

 

 

いろいろわやわやで終わってしまいそうな気がします。

 

◆この報道の仕方に苦言を呈した

意外な人物とは→ geinou ranking geinou reading

意外な人物とは→ geinou reading geinou ranking

 

※だまされないように、知っておくべきことも。

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング 

 

 

松本人志の裸の王様ぶりが露呈!加藤浩次の退社発言によって吉本興業が分裂する可能性も!

[スポンサーリンク]

 

宮迫博之さんや田村亮さんらによる反社会勢力への闇営業問題が、吉本興業・岡本昭彦社長による謝罪会見をきっかけに、予想外の展開になってきています。

 

原因は、加藤浩次さんが「スッキリ」内で「僕はこの会社にいられない。今の岡本社長、大崎会長の体制が続くなら、僕は吉本興業を辞める」と断言したこと。

 

これについては、他の芸人も続々と支持を表明し始めており、逆に経営陣と宮迫・田村両人の仲裁役を買って出た松本人志さんは、その裸の王様ぶりを露呈しつつあるようで…

 

※愛さえあれば、どんな難局も乗り越えられる…はず。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

松本人志 愛 (朝日文庫) [ 松本人志 ]

価格:669円(税込、送料無料) (2019/7/24時点)


楽天で購入


 

なぜ加藤浩次はここまで現体制を批判するのか?

 

そもそも、どうして加藤さんはここまで頑なに「大崎ー岡本体制」に拒否反応を示すのでしょうか?

 

[以下引用]

「加藤は、06年に極楽とんぼの相方・山本圭壱がトラブルで吉本興業を契約解除されて以降、大崎・岡本体制に不満がくすぶっていた。途中、何度も山本の復帰をかけ合うも相手にされず、明石家さんまを仲介役にして交渉するも決裂。両者が険悪の仲だったのは周知の事実。加藤の行動には、山本の一件が根っこにあります」(週刊誌記者)

 

加藤のそうした対決姿勢は、23日の夜に「寝不足芸人、プロ根性で乗り越えましょう。私達は生まれつきオモロイ」とTwitterに投稿し、会社と芸人の結束を訴えた松本人志とはあまりに対照的だ。

 

「吉本の体質改善を訴えつつも、大崎会長は辞めるなら自分も辞めると忠誠を誓った松本ですが、実は吉本社内で大崎会長を擁護する芸人は皆無。大崎・岡本組に対するアレルギーは想像以上に広がっており、加藤ら中堅芸人以下と松本にはかなりの温度差がある。それを裸の王様状態の松本自身が気づいていないという話もあり、やもすると吉本の分裂にまで発展しかねません」(同)

[日刊サイゾー]

 

ということですが、実際に友近さんや平成ノブシコブシの吉村崇さんを始めとする中堅〜若手芸人の多くが、SNSを通じて加藤さんに対する支持を表明し始めています。

 

一方、太平サブローさんや吉本OBの島田紳助さんなどベテラン勢は、宮迫さんや加藤さんの”覚悟”に理解を示しつつも、現体制への批判を強める若手たちの動きに対しては「それはちょっとちゃうんやないか?」と釘を差しています。

 

そういう意味では、吉本興業が分裂しつつあるというのは、本当なのかも知れません。

 

[スポンサーリンク]

 

裸の王様・松本人志の介入が裏目に?

 

それにしても、今の吉本興業の会長、社長、副社長が揃って”元ダウンタウンのマネージャー”というのは、ネットでも驚きの声が多く見られました。

 

また、岡本社長の会見は5時間を超える異例の長丁場となり、その内容についても一般視聴者や吉本芸人らを中心に不満の声で溢れ返っています。

 

[以下引用]

「宮迫・田村の謝罪会見と比べると、岡本社長は終始歯切れが悪く、的を射ない回答に終始していました。パワハラ疑惑も浮上している『お前ら全員クビにする力があるんだ』発言についても場を和ませようとする冗談のつもりだったと話していましたが、言い訳としてはかなり苦しい。会社とタレントのギャラ配分についても『5:5から6:4』などと説明していましたがそんなわけはないですし、実際に複数の所属芸人がSNSで真っ向から反論していますからね」(大手芸能事務所の幹部)

 

その上で、今回の会見に関しては松本人志の“動き”が裏目に出たと語る。

 

「岡本社長からしてみれば、かつて自身がマネジャーを務めて大恩ある松本さんから『会見をしろ』と要求され、居ても立ってもいられず会見を開いたのでしょうが、あまりに準備が不足していた。その結果、自身や会社はさらなる窮地に立たされて、世間の風向きとしては岡本社長やその上の大崎会長を擁護しようとした松本さんにまで懐疑的な目が向けられるようになっています」(別の大手芸能プロ幹部)

[日刊サイゾー]

 

松本さんとしてみれば、子飼いの後輩である宮迫さんやかつてのマネジャーである大崎会長・岡本社長の両方を「守ろう」としたのでしょうけど、どうやら思い通りの展開にはならなかったようで。

 

まあ、中堅〜若手芸人からすれば、ダウンタウン閥で占められている現在の吉本興業内で、松本さんは“芸人代表”というよりは“幹部サイド”と見られているでしょからね。

 

そういった辺り、松本さんはやはり”裸の王様”といった印象を受けます。

 

今後、松本さんへの批判が高まれば、吉本興業にもさらなる激震が走りそうです。

 

それにしても…

 

相方の浜田雅功さんはいまだに沈黙を続けていますが、この問題に参戦することはあるのでしょうか?

 

もし、大崎会長の辞任すれば松本さんも追随することになりますが、その時に浜田さんが「オレは出ていかないよ」となると、これまたややこしくなるような…

 

今後の成り行きに注目です。

 

これは必見!岡本社長がダウンタウンのバシリだった頃の…

 貴重動画→ geinou ranking geinou reading

 貴重動画→ geinou reading geinou ranking

 

 

※強いコンビ愛で結ばれているといいますが、果たして…

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

S.H.Figuarts 松本人志&浜田雅功 ダウンタウン 2体セット◆新品Ss【即納】

価格:27980円(税込、送料別) (2019/7/24時点)


楽天で購入


 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのツイッターはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

 

加藤浩次が吉本興業を退社へ!経営陣変わらず。会見で「テープ回してへんやろな」は冗談とのたまう

[スポンサーリンク]

 

22日、朝の情報番組「スッキリ」の司会を務める加藤浩次さんが、宮迫博之さんと田村亮さんの謝罪会見について言及。

 

吉本興業の取締役ほか経営側の刷新を求め、「もし経営陣が変わらないなら僕は会社を辞める」と強い口調で訴えました。

 

そして先程から行われている吉本興業の岡本社長の会見では経営陣の退社はないということで、自動的に加藤さんの退社が決定、ということに…?

 

 

※「#愚直」って…

 

 

 

[以下引用]

2人の謝罪会見をまとめたVTR明けに、加藤は「宮迫さんは先輩とはいえ同い年で、先輩だからといってそこまで敬語を使わない存在。敬語を使わなくても宮迫さんもOKしてくれる存在。亮に関しては僕らが20代前半の時に一緒にやってきた人間ですよね」と、2人との関係を説明。



「その人間がこういった姿、本来はお笑いをやらなければいけない人間たちがこうやって涙を流しながら謝罪会見をしている。これは本当に悲しくてつらかったです」との思いを吐露した。



「それとともに会社に対しての怒り。こんなとこまで追い込んでしまったんだ。会社でやる会見を拒否されて、自分達で色んな人に連絡してこういった場所を借りてここまでやってしまうという状況まで会社が追い込んだんだということに、僕は本当に怒りと憤りを感じています」と語気を強めた。



続けて「大崎(洋)会長にも責任がある。役員も変わらなければいけない」と批判は人事にまで及んだ。「(会長の)大崎さんと(社長の)岡本さんを怖がっている。この体制が続くなら俺は辞める。この取締役が変わらないなら辞める。経営陣が変わらないなら俺は辞める」とまで言い切った。

[ORICON NEWS]

 

ということですが、先ほどの記者会見の中で岡本社長は自らの処分について「私と大崎会長は1年間50%減俸処分」と明言し、経営陣の辞任は行わない考えを示しました。

 

となると、加藤さん、吉本興業を退社することになりますが…大丈夫?

 

宮迫さんらが世間からここまで叩かれたのは、反社会的勢力への闇営業という事実に加えて、ギャラを貰っていなかったと「ウソをついた」ことが大きな原因です。

 

先日の二人の会見で、その後の会社の対応に問題があったのも明らかになり、そこはそこでどうにかすべき部分ではありますが、会社だけが悪いというものでもありません。

 

吉本興業の情報隠蔽、脅迫、反社会的勢力との繋がり暴露で風向き変わる。宮迫博之と田村亮の会見は成功へ

 

全国放送の帯番組で「経営陣が変わらないなら、オレは吉本を辞める!」といい切った以上、この状況で前言撤回することは非常に難しいような。

 

せっかく、吉本やジャニーズに対する歯に衣着せぬ物言いで「狂犬復活!」と評価が急上昇しているわけですから、ここで芋引くわけにもいかないでしょうけど、吉本側が宮迫さんと亮さんに対して「話し合いをさせていただいて戻ってきていただけるなら戻ってきてほしい」なんて言っている今、加藤さんだけ辞めるというのも…。

 

しかし、吉本大丈夫でしょうか。

 

あの世間をドン引きさせた「テープ回してへんやろな。会見するなら全員連帯責任や」について、岡本社長は「テープ回してへんやろなは冗談。場を和ませるためだった」と話していました。

 

おそらくこの会見に臨むにあたり、岡本社長も想定問答集をもとにQ&Aを練習していたと思いますし、この「テープ回してへんやろな」は絶対聞かれると吉本の弁護士を含めて回答をよく考えていたと思うのですが、それで「冗談」「場を和ませるため」って…

 

岡本社長によると、宮迫さんらは場の空気を読まない冗談に「・・・」となったそう。

 

完全にスベってしまったと言いたかったのでしょうけど、苦しい言い訳のような。

 

まだ会見は途中ではありますが、そういった不誠実な対応を見る限り、加藤浩次さんが退社すれば追随する芸人が続出するかもしれません。

 

文庫 吉本興業の正体 (草思社文庫)

文庫 吉本興業の正体 (草思社文庫)

[関連商品]

 

ちなみに、現経営陣の大崎会長、岡本社長、藤原副社長は3人ともダウンタウンのマネージャー出身なんですよね。

 

松本人志さんは「大崎会長が辞めるなら、オレも吉本を辞める。アニキなんで」とコメントしていましたが、今の吉本はダウンタウン人脈によって支配されていると言っても過言ではありません。

 

加藤浩次さんが「大崎さんと岡本さんを怖がっている。この体制が続くなら俺は辞める」との発言の裏には、吉本興業内の派閥争いのようなキナ臭さも感じてしまうのは気のせいでしょうか?

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

吉本興業の情報隠蔽、脅迫、反社会的勢力との繋がり暴露で風向き変わる。宮迫博之と田村亮の会見は成功へ

[スポンサーリンク]

 

反社会的勢力に対する闇営業問題で芸能界引退と言われた雨上がり決死隊・宮迫博之さんとロンドンブーツ1号2号の田村亮さんが2時間半に及ぶ会見を開き、自らの口で状況説明をしたことで、すっかり風向きが変わっています。

 

 

 

 

会見で発覚した問題

 

2時間半という長時間、さらに会見が終わったあとも、2人は記者に真摯に対応したとのこと。

 

内容は多くの媒体でまとめてありますが、注目すべき内容はこちら。

 

吉本の情報隠蔽

吉本興業側は、宮迫さんたちがお金をもらっていた事実を6月8日には把握していたのに、6月24日まで発表していなかったこと。

 

フライデーの第一報は6月7日発売号です。

 

宮迫博之が芸能界引退へ!カラテカ・入江慎也の振り込め詐欺集団闇営業でギャラ100万!テレビ局が出演禁止へ

宮迫さんや吉本興業ががフライデーの取材を受けたのは当然それより前で、当初は自己保身と勝手な思い込みでギャラはもらってない方向で話すよう、宮迫さんが入江さんに指示したと会見で明かしています。

 

しかし亮さんの説得もあり、6月8日の時点では会社に報告し、会見を開いて説明したいと訴えていたのに吉本は「静観で」と、それをしなかった、ということでした。

 

ちなみに6月8日というと、宮迫さんがツイッターで雑な謝罪をしたと話題になった日でした。

 

宮迫博之逆ギレか。雑な「謝罪」が波紋。闇営業ギャラゼロ主張は脱税疑惑逃れか

 

 

 吉本興業の脅し

 

6月24日になり、関係者が集められ謹慎処分が伝えられたときに、亮さんが会見の必要性を訴えたところ以下のような実質的な脅しがあったとか。

 

「吉本興業の岡本昭彦社長が、そこにいた弁護士と社員に『全て(外へ)出ろ』と。僕たちと岡本社長と5人だけになりました。岡本社長がおっしゃったのは『お前ら、テープ回してないやろな』と。そんなことするわけありません。『亮、ええよ。おまえ、辞めて、一人会見したらええわ。やってもええけど、ほんなら全員連帯責任でクビにするからな』と言われました。『それでもええんやったら記者会見やれ』と。『俺にはお前ら全員クビにする力があるんだ』とそう言われて、全員、何も言えなくなりました」(宮迫さん)

 

そもそもは、最初から宮迫さんがギャラを貰っていたことを認めればよかったわけですけどね。だからこそ、吉本も対応に苦慮した部分もあるんでしょうから。

 

一方で、5年前のことを急に言われても思い出せなかったとか、自己保身が先に立ったというのも、正直なところなのでしょう。

 

これに対し亮さんは、「ファミリーというなら、僕は“子供”だと思ってます。子供が本当に謝ろうとしてるのを止めるのは親ではないと思う。不信感しかなくなってしまいました。背中を押してほしい。どうしたら謝れるか手伝ってほしかった」と号泣していましたが…

 

 

詐欺会社は吉本興業も関わるところだった

 

ギャラの話をしていたときに、亮さんがそんな大金払う会社は大丈夫なのかと心配したところ、入江さんは「僕のイベントのスポンサーについてくれている。吉本の会社を通したイベントについてくれているスポンサーなので安心です」と答えたとのこと。

 

さらに、「入江君主催ですが、吉本の社員もいて一緒にやっているイベントのスポンサーが、僕らの行ったのと同じスポンサー」だったこともあり、安心してしまったという説明も。

 

ここは、「吉本という大きな会社ですら気づけなかったというのは、一個人で判断するのは難しいと思う」と、反社会的勢力を見分ける難しさを語って自分たちを含めて会社もフォローしていましたが、可能性としては、吉本も宮迫さんたちも反社会的勢力だと分っていたけど繋がっていた、ということもありえます。

 

これは吉本にとってなかなかの爆弾でしたし、宮迫さんたちにとっても反社会的勢力との自覚ある繋がりをグレーにするための勝負となる暴露だったかなと思います。

 

 

在阪在京5局は吉本の株主だから大丈夫

 

 

「僕がすごく不信に思ったのが、『在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから』と言われました。何が大丈夫か分からないですが、(中略)もともと好きだった会社がこんな風に変わってしまったんだという思いが募っていった」(亮さん)

 

これは会見するなら生放送で、ネット配信もと訴えたときの吉本側の答えだったそう。

 

「何が大丈夫か分からない」と言っていますが、まあ、忖度してくれると、そういうことですよね。

 

事実、テレ朝は今日のこの二人の会見を配信する際、「ノーカット版」としながら「在阪在京5局は吉本の株主」の部分がカットされているのでは、と話題になっています。

 

また、TBSも「在阪在京…」の部分はカットし、安住紳一郎さんが「編集についての意見はあると思いますが…」とコメントする場面も

 

こうやって不都合なところは表に出ないようになっているんですね。特にテレビでは。

 

[スポンサーリンク]

 

変わった風向き

 

非常に中身の濃い会見でしたから、その他もいろいろと気になるところはありましたが、今風向きは変わり、吉本興業の対応はおかしい、会見すべきは吉本興業、という流れになっています。

 

この謝罪会見に関するYahooでの簡易アンケートでも、現時点では「納得いく内容だった」が78%、「どちらとも言えない・わからない」「納得いかない内容だった」がそれぞれ11%でした。

 

宮迫さんは元の印象と演技っぽい感じが感じられたり、たびたび亮さんの発言にかぶせるようなところがあったためにマイナスな印象を持ってる人も多いようですが、亮さんの様子は、これでもしも嘘を言っているならどうしたらいいのか、というくらいの「素」でした。

 

相方の田村淳さんも、「正直者で真っ直ぐな亮が戻ってきて安心しました」とツイートしていましたしね。

 

ダウンタウンの松本さんは「後輩芸人達は不安よな。松本 動きます。」とツイートし、TBS『新・情報7Days』がこれについて直撃したところ、松本は「ちょっと会社と話しようかなぁって思ってます」と回答。「記者会見を見て思ったことは?」との質問には、「ちょっと心痛いですね」と胸中を語っています。

 

また、ビートたけしさんはその『新・情報7Days』で、「涙を流して記者会見した人の芸を見て、これから誰が笑うの。それをやってしまわなきゃいけないようにした事務所、おかしいって。(略)家族がいて食えないようにした事務所は何だ。最低保障くらいしろよ」怒っていました。

 

スタートとなった宮迫さんの嘘がしょうもないのは当然なのですが、人は間違うものだとすれば、ギャラを貰ったことを明かした8日の時点で、正直にその辺りの弱さも含めて釈明し早く謹慎させていれば、時間はかかっても復帰はあったでしょうし、まだ救われたのでは。

 

本当に相手企業が反社会的勢力と知らなかった、ということが前提ですが、吉本興業は生活保護を不正受給していた次長課長河本準一さんとキングコング梶原雄太さんをクビにしなかったのに、ちょっと対応を間違えた芸人の将来を奪ったことになります。

 

その辺りの判断を誤ったために、芸人が表舞台から消え、『アメトーーク』の継続は困難な状態になっています。

 

ただ、最初にギャラを貰ってないと主張したことが信用を失わせた大きな原因であることも事実。

 

ここまできたら、宮迫さんや田村亮さんが吉本で復活することはないでしょうね。それぞれの相方と、松本人志さんの動向が気になります。

 

特に松本さんの動き方によっては、吉本が傾くかどうかくらいになるのでは。

 

◆宮迫博之、イケメン俳優に数十万たかる!?

確かにもう全く笑えないわ…→ geinou ranking geinou reading

確かにもう全く笑えないわ…→ geinou reading geinou ranking

 

※きっとさようなら

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※松本人志さんのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

 

「イッテQ!」新MCに出川哲朗が内定!BPOによるヤラセ認定を受けて内村光良がは10月いっぱいで降板へ

[スポンサーリンク]

 

今月5日、日テレの人気バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で問題となった“やらせ祭り”問題について、放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会は「放送倫理違反に当たる」との見解を示しました。

 

これを受けて、日テレ内部は蜂の巣を突っついたような大騒ぎになっているといいますが、すでに番組の最大功労者である内村光良さんは10月いっぱいでの降板を決意したと言われています。

 

そして、その後任MCとして意外なアノ人が内定したとも…

 



 

 

 

降板の意志を固めた内村光良。日テレは大慌てで改善策を提示

 

[以下引用]

内村さんは、自分がタレントとして芸人としてまた、一人の人間として納得できる対応策が示されない時は、10月いっぱいで『イッテQ』を降板すると発言したそうです」

 

こう話すのは番組の事情通だ。どうやら内村の決意は固いそうで、今回の件について説明に訪れた旧知の仲である演出担当者に対し最後まで口を開かなかったとも。

 

「あんな厳しい表情をした内村さんを見るのは初めてです。みやぞんやバービーが大けがをしたとき、内村は泣きながら番組幹部に『これ以上、仲間を傷つけないでほしい。危険なロケなら俺にやらせろ』と直談判したんです。もしかしたら、すでに内村の腹は決まっているかもしれません」(同事情通)

[東スポ]

 

最近の「イッテQ」は、裏番組の「ポツンと一軒家」に視聴率で勝てなくなってきていますし、同時間帯で圧倒的な強さを誇ったかつての勢いは消えつつあります。

 

盛者必衰は世の常ですから仕方ない部分はありますが、BPOに放送倫理違反の烙印を押されてしまったことで、内村さんも「今が潮時」と考えているのかもしれません。

 

ただ、日テレとしてはなんとか番組を存続させるべく必死になっているといいます。

 

たとえば、今後は放送前にVTRのチェックを担当プロデューサーや局プロデューサーだけではなく、局長や考査部、番組向上委員会といった番組関係部署以外にもしてもらうなど、絶対にヤラセが起きない体制を整えたそう。

 

また、出演タレントの怪我防止についても、「万が一、タレントから“もうだめだ”とのギブアップ宣言が出たら絶対に追い込まない。今後はロケの様子もVTRに撮って保存し、ディレクターやプロデューサー、番組向上委員会のメンバーにもチェックしてもらう」とのこと。

 

さらには、末端の番組スタッフが社長へ直々に意見できる”目安箱”も設置されたそうで、これによってヤラセだけではなくパワハラなども防ごうとしているといいます。

 

正直、こういったことは最初からやっているのかと思っていたんですが…どうやらテレビ局のコンプライアンスはまだまだ改善の余地がありそうで。。

 

[スポンサーリンク]

 

 

イッテQの後任MCに内定したアノ人とは?

 

さて、そんな日テレサイドの涙ぐましい努力に内村さんも考えを軟化させたのか、自身の降板の意志は変わらないものの、番組の存続にはOKを出しつつあるといいます。

 

ある条件付きで…

 

[以下引用]

「内村はすでに降板の意向を示していて、後任として同じ事務所の出川哲朗をプッシュしていると聞きます。出川のほうには断る理由はなく、『紅白の司会も狙う』と息巻いているとか。彼は『イッテQ』では番組初期から100回以上の体を張ったロケに挑んできており、内村と共に番組の顔役の一人。6月30日の放送では『出川哲朗 およそ100回アワード』と題して、これまでの“出川史”を振り返る企画も放送され、大反響となっています。出川は腰に爆弾を抱えており、55歳とあって肉体的にもロケがきつくなっていますから、MC転向は渡りに舟でしょう」(テレビ関係者)

[日刊サイゾー]

 

なるほど、出川さんですか…

 

その昔は「抱かれたくない男ランキング」などで常に上位にランクインするなど、特に女性からの好感度はかなり低かった出川さん。

 

しかし、近年は「好感度タレント」としてお茶の間の受けは抜群で、内村さんの後任MCとして相応しいのでは?

 

まあ、本業がリアクション芸人なので”司会者”としての力量には疑問符が付きますが、そもそも内村さんも番組放送中はちょこっと感想を言ったり、ツッコんだり、掛け声を出したり、たいしたことしてないですからね。

 

出川さんにも十分務まるでしょう。

 

ということで、10月に大リニューアルしそうな「イッテQ」に乞うご期待!です。

 

◆出川哲朗の若かりし頃がセクシー過ぎる!

 画像→ geinou ranking geinou reading

 画像→ geinou reading geinou ranking

 

※忙しくなりそうです。



 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※出川哲朗さんのインスタはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング