カテゴリー:お笑い芸人の記事一覧

カテゴリー:お笑い芸人
宮川大輔はヤラセを黙認していたことが発覚!数々の疑惑を「信頼」でごまかしていた

2週連続で文春砲が炸裂した「世界の果てまでイッテQ!」のヤラセ問題が、さらに大きな波紋となって広がりつつあります。

 

 

日テレは高橋好男社長が11月15日に謝罪会見を開き、ヤラセが明らかになった企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」を休止することを発表しましたが、すでにBPO審議入りは不可避の状況で、番組打ち切りの可能性も高くなってきました。

 

そんな中、同企画の顔として視聴者からの支持も高かった宮川大輔さんが、以前からヤラセを黙認していたというショッキングな証言が飛び出しています。

 

[以下引用]

「プライム枠でも1,000万~2,000万円が相場となっている、緊縮予算のご時世。そんななか、『イッテQ!』の予算は異例の5,000万円といわれています。いっぽうで出演者のギャラは比較的安かった。出演交渉をする際も『うちは視聴率20%なんだよ』と、高視聴率を笠に着ていたそうです。そうした横柄な態度が、今回の不祥事を招いたのではないでしょうか」(事務所関係者)

 

そんな番組の姿勢に、かねてから宮川は疑問を感じていたという。

 

「現地の人たちは基本的にエキストラだったわけですから、異様にテンションが高い。ロケの最中、宮川さんはお祭りの参加者たちを見て『なんでこんなに人多いん?』『テンション高すぎひん?』と、漏らしていたといいます。さらに、現地の人が領収書のような書類にサインする場面を目撃してしまったのだとか。その際も宮川さんはスタッフに『あれなんなん?』と追及したそうです」(番組関係者)

 

あまりにも不自然すぎる光景。堪りかねた宮川がこんな指摘をしたことも――。

 

「それでも、スタッフはやらせを認めるわけにはいきません。この手の番組はタレントのリアクションが命ですから、やらせだとバレないようにずっと言い訳をしてきたといいます。宮川さんは半信半疑の状態で『これ、祭りちゃうやん!?』とツッコんでいたそうです。とはいえスタッフとは11年もの付き合い。『嘘をつくはずがない』と宮川さんは彼らを信じていたのに……」(前同)

 

[女性自身]

 

なるほど、やはりそうだったんですか…

 

番組ファンからは「宮川さんが可哀想」「日テレに責任があるのに、宮川さんの写真が使われて、さも悪人のようにされてるのはおかしい」など、宮川さんに同情する声が圧倒的ですが、宮川さんは同企画の主役でしたからね。

 

※自分のお小遣いで買って読んだ子は、ウソがあったと知っってショックでしょうね。

[Amazon]

 

宮川さんは文春に直撃されたとき、「僕は橋の祭りと聞いていて。あの場所で何も分からないですけども『今回はあそこでやろう』ということやったかもしれませんよ」と答えていましたが、タイでは本当に「橋祭り」があったという指摘もあり、それをラオスでやった、という意味のコメントだった可能性もあります。

 

NEWSポストセブンによると、これまで放送された116の祭りのうち11がその存在を確認できずヤラセである可能性が高いとか。

 →ヤラセ疑惑は11。祭り116全リスト

 

ヤラセに薄々でも気付いていながら黙認していたことが事実なら、自分だけ被害者というか”無罪”というわけにもいかないのでは?

 

「女性自身」によると、当初、宮川さんは「今の自分があるのもすべて“お祭り男”のおかげ。それがなくなるなら、番組を降ります」とスタッフに伝えていたものの、実際になくなってしまうと「お世話になった番組のためにどうにかしなければ」と考え直したんだとか。

 

まあ、本人としては「裏切られた」という残念な気持ちよりも、「だから言わんこっちゃないやろ…どうしてくれんねん!」という怒りの気持ちのほうが強いのでは?

 

「イッテQ」の中でもお祭り企画は特に人気が高く、番組史上最高視聴率を獲得したのも同企画。

 

そんな人気企画が消えただけに、番組がたとえ存続できたとしても、これまでのような高視聴率を維持するのは難しいような気がします。

 

実際、ヤラセ発覚直後の11月11日放送回の視聴率は16.6%でスポーツ紙は「根強い人気を見せた」となぜかプラスな書き方をしていましたが、過去4週では最低でした。

 

女性自身でも、これからは一気に番組離れが進んでいくと予想し、「いま日テレがもっとも恐れているのは、やらせ疑惑がほかの企画にも波及してしまうこと。最悪、番組が打ち切りになってしまう可能性もあり、そうなれば、何10億円もの損失が出てしまう。そうならないために、日テレは祭り企画を休止して早々に“火消し”をしようと必死なんです」というテレビ関係者のコメントがありました。

 

ちなみに、「イッテQ」とともに日テレ日曜夜の独走状態を支えてきた「鉄腕ダッシュ」も、山口メンバーが消えてからどんどん視聴率が下がってきており、今では番組存続すら危ぶまれつつあります。

 

かつて、フジテレビは韓流ゴリ押し騒動で視聴率三冠王から没落しましたが、日テレも「驕れる者久しからず」の言葉通りの運命を歩んでしまうのでしょうか…

 

◆こうなると、ヤラセに思えてきますが…大丈夫ですか?

 再燃するイモト疑惑→ geinou ranking geinou reading

 再燃するイモト疑惑→ geinou reading geinou ranking

 

※2019年のカレンダーは出るのでしょうか。

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ジャニーズがまた圧力!元SMAPに対するガキ使「笑ってはいけない」への出演オファーを妨害か!?

日本テレビが毎年大晦日に放送しているの人気番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」に、元SMAPで現在は「新しい地図」として活動している稲垣吾郎さん、草彅剛さん、香取慎吾さんのサプライズ出演が浮上しているといいます。

 

しかし、日テレといえばジャニーズ事務所とベッタリな関係であることは有名な話。

 

そのため、番組制作側の意向とは裏腹に、ジャニーズからの”無言の圧力”を恐れた局側が忖度する可能性が高いそうで…

 

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)ダウンタウン結成35年記念 DVD 初回限定永久保存版(23)(罰)絶対に笑ってはいけない科学博士24時

ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!(祝)ダウンタウン結成35年記念 DVD 初回限定永久保存版(23)(罰)絶対に笑ってはいけない科学博士24時

 

[以下引用]

「結果的に出演しませんでしたが、3人は昨年も『ガキ使』への出演オファーがあったことが一部週刊誌で報じられました。今や局を代表する大みそかおなじみの人気番組ではあるものの、企画も固定化されてきて長尺の番組ということもあり、毎年演出には一苦労していますからね。3人が出演するとなれば話題性は抜群ですし、高視聴率も期待できる。出演を期待する声が出るのも頷けます」(芸能事務所のマネージャー)



とはいえ、高いハードルとなりそうなのが、日テレとジャニーズ事務所との関係だ。



「ウチは民放の中でも今もっともジャニーズさんと太いパイプで結ばれています。ジャニーズサイドが『3人を番組で使うな』といった圧力をかけることはないですが、上層部が忖度する可能性は高いですよね」(日テレ関係者)

[アサ芸プラス]

 

「絶対に笑ってはいけない」シリーズには、毎年のように大物ゲストが出演して話題になっていますし、それを考えると「元SMAPメンバー」という肩書は最強の飛び道具になることは確実でしょう。

 

「新しい地図」の3人についても、ジャニーズを辞めた当初は「地上波テレビから完全に干される」と予想されていたものの、NHKを中心にしぶとく生き残っています。

 

そう考えると出演可能性もゼロではないような気がしますが…やはり、民放各局の中で最も「ジャニーズ寄り」と言われる日テレだけに、実現は厳しいのでは?

 

そういえば、2015年に放送された「絶対に笑ってはいけない名探偵24時!」では、松本人志さんの親友でもある中居正広さんが、他のSMAPメンバーのソックリさんとともに出演してましたね。

 

どちらかというと、“偽SMAP”の再登場の方が現実味…あるわけないか。

 

「新しい地図」の3人については、同じく大晦日の紅白歌合戦でも「NHKの隠し玉では?」と予想されています。

 

こういった報道が出てくるということは、つまり「需要がある」ということ。

 

いくらジャニーズ事務所が圧力を掛けようとも、3人が地上波でSMAP時代以上に活躍を始めるのは時間の問題かもしれません。

 

※ジャニー喜多川が事務所の通達に反旗!

 こんなんで大丈夫?→ geinou ranking geinou reading

 こんなんで大丈夫?→ geinou reading geinou ranking

 

※「新しい地図」=「New(s) Map」だそうで。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

5人の新しい地図〜ずっと先の未来〜 (MSムック)

価格:1300円(税込、送料無料) (2018/11/19時点)

楽天で購入

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※稲垣さん、草彅さん、香取さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

年内熱愛発覚か。土屋太鳳が年上ベテラン芸人と交際中

業界でもモテモテの土屋太鳳さんが年上のベテラン芸人と熱愛関係だと報じられています。

 

 

 

 

[以下引用]

「土屋は業界内でもかなりモテ、年下の若手俳優から同世代のタレントまで、何人もの人が土屋にアピールしていたという話を聞きます。スタッフへの対応もかなり丁寧なことから、勘違いするスタッフもいます」(テレビ制作関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

確かに共演する俳優はこぞって大絶賛でした。

 

例えば竹内涼真さんは「太鳳ちゃんは女神様、浄化される」、菅田将暉さんは「土屋さんはまっすぐですてきな方」、間宮祥太朗さんは「顔かたちとか造形美だけじゃなくてキレイな子」、等々。

 

唯一違ったのが佐藤健さん。

 

土屋さんは佐藤さんは『8年越しの花嫁』で共演した際、佐藤さんを「健先輩」と呼び、繰り返し尊敬の念を伝えながら「同じ時代に生きて、一緒にお芝居出来て良かったです」と大絶賛だったのですが、佐藤さんは「嬉しいんですけど、共演する相手ごとに言ってるんじゃないかなって(笑)。そんな目で見ています」といやに冷静に返しており、他の俳優さんの反応とは違ったため、土屋さんの一方通行の片思いのように言われていました。

 →土屋太鳳のあざとさに佐藤健ドン引き

 

土屋さんは実際手放しで相手を褒めますし、竹内さんや菅田さんのような反応が大人の対応なのかと思いますが、会見中に「〇〇さん、すごく好き」などと発言したり、視力が弱いために至近距離で話すため、福士蒼汰さんや山崎賢人さんなどは勘違いしちゃったという話もあります。

 →土屋太鳳は新・魔性の女

 

そんな土屋さんは、業界内ではある男性との熱愛が噂されているそう。

 

 

[以下引用]

「お相手は誰もが知るベテラン芸人で、少なくても半年ほどは交際しているようです。土屋のほうがゾッコンで、いくつか媒体の記者も証拠をつかむべく追っているようなので、もしかすると年内にも土屋の熱愛報道が世間を賑わせるなんてことも、あるかもしれませんね」(マスコミ関係者)

[ビジネスジャーナル]

 

土屋さんの知人によると、土屋さんは結構年上の男性が好みで、年齢の近い男性のキラキラよりも余裕のある博識なところにグッとくるタイプで、好きになると一直線、恋愛にはどっぷりハマるため、土屋さんの親しい知人は重い女になりがちだと心配する人もいるとのこと。

 

年の近い男性のキラキラ…山崎賢人さんとの焼肉デートを思い出しましたが。

 

お相手は誰もが知るベテラン芸人ってかなりの大物を想像してしまってなんかアレですが、結婚していないということなら限られるような気も?

 

土屋さんも23歳。

 

いい恋をしてるならそれはそれかもしれません。

 

◆真逆の意見も!「土屋太鳳の業界評は散々」

将来に不安しかない…→ geinou ranking geinou reading

将来に不安しかない…→ geinou reading geinou ranking

 

 

※ベテラン芸人ってこのレベル?皆既婚ですが…

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※土屋太鳳さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

日テレが疑惑を認めた!『イッテQ』のでっち上げ2つ目発覚で謝罪も週刊文春は追い込む

先週発売の週刊文春が日テレの人気番組『イッテQ』の人気企画「お祭り企画」で今年放送されたラオスの「橋祭り」がでっち上げだったことを報じ、話題騒然となりましたが、今週はさらに昨年放送されたタイの「カリフラワー祭り」もでっち上げだったと報じています。

 

日テレは「橋祭り」「カリフラワー祭り」ともに疑惑を認め謝罪しています。

 

 

 

 

タイのカリフラワー祭りも嘘だった!

 

[以下引用]

「カリフラワー祭り」は、昨年1月14日、タイの中部・ペッチャブーン県の外れにあるサイヨン村で行なわれた。二人三脚で泥沼を駆け抜け、カリフラワー20キロを収穫するスピードを争うレースで、2月の放送では「カリフラワーの名産地で年に1度、その収穫を祝う祭りが開かれる」などと紹介された。「お祭り男」の宮川大輔(46)に加え、「NEWS」の手越祐也(31)も参戦。番組は22.2%の高視聴率を記録していた。

 

[Amazon]

 

だが、サイヨン村の村長は疑問を呈する。

 

「テレビ番組のコーディネーターを夫に持つ地元住民から『日本のテレビが来るのでラコーン・サン(短いドラマや芝居)を作りたい』と言われ、開催した。話し合いの中で去年は野菜の値段がとても安かったこともあり、カリフラワーを使ったゲームをすることになったのです。当日は年に1度の子供の日で、あのゲームは収穫を祝うものではありません

[週刊文春]

 

祭りの出場者には賞金や参加費などが渡されており、「祭り」の運営費は、「イッテQ!」の海外コーディネーションを担当するM社が運営費を負担していたとのこと。

 

普通の地元の祭りなら運営費は地元から出るはずですから、もう「クロ」ですね。

 

週刊文春が日本テレビに「カリフラワー祭り」の開催経緯などについて尋ねたところ、次のような回答が。

 

[以下引用]

「『カリフラワー祭り』や先にご指摘をいただいた『橋祭り』を含め、『祭り』企画において、番組の意向でコーディネート会社が主催者に提案したり、実質的な主催者となってイベントとして開催したケースがありました。

 

また番組がコーディネート会社に支払っている撮影経費の中から、開催費用や賞金、参加費、協力費などが支払われていることもありました。コーディネート会社との長年にわたる協力関係に甘え、企画についての確認が不十分なまま放送に至ったことについて、当社に責任があると考えております。『祭り』企画に関しましては、現在、詳細を確認中です。今回のような事態を招きましたことを、お詫び申し上げます」

[週刊文春]

 

先週よりは幾分かまともではあります。

 →日テレ『イッテQ』にヤラセ発覚

 

が、明日発売の週刊文春には「下請けに責任を押し付ける日本テレビの対応」についても掲載されるそう。

 

「当社に責任があると考えております」と言ってはいるものの、その前にあくまでコーディネート会社がやったことだとしているところが、そうではなく、企画自体に日テレスタッフが関わっていたということなのでしょうか。

 

今回日テレに責任を押し付けられているM社は、先週のラオスの件でも名前の出ていたタイにある日系の会社です。

 

こうなるとM社が関わった企画を片っ端から検証してみたら、他にもヤラセがあるかもしれませんね。

 

 

『イッテQ』が失った信用

 

今回の件については、部外者である内山信二さんは「何で人気ある番組を叩こうとするのかな。 誰か傷つく人がいるんですか、誰も傷ついていないのでいい」と言い、岡村隆史さんは「(番組)制作の人がどうやったらこれ笑ってくれるのかなぁ思って一生懸命考えた結果が『ヤラセや』言われて。なんか悲しいっちゃ悲しいですよ」「ほじくらん方が夢あってええんちゃうか」とコメントしています。

 

また、出演者のロッヂ中岡さんは「人を不快にしたくてやってることなんて1ミリもない」とコメントしており、やってる人にとったらそれはそうなんだろうなと思います。

 

でも、「伝統的な祭り」として紹介された祭りがまるで関係のないものだったラオスやタイの人たちの立場に立ったらそんなこと言えないんじゃないですかね。

 

逆に考えて、日本に「振り子のように揺れるボールを避けながら細い橋を自転車で渡り切る祭り」や「カリフラワーの20キロ早採り祭り」がある、これらは日本古来の伝統的な祭りだと海外で放送されたらどう思うんでしょう。

 

また、ラオス政府の「日本人は誠実だと思っていた」という言葉を聞いても同じことが言えるのでしょうか。

 

 

ネットには、ヤラセが発覚したことで『イッテQ』が楽しめなくなった、これまで観て楽しんだ祭りの中には他にもでっち上げのものがあったのかもしれないと思うとがっかりだという声もあります。

 

悲しいのは、イモトさんの登山企画なども怪しく思えてしまうことです。

 

 

『イッテQ』は、しっかりと何がウソで何が本当だったのか公にして、今後の対策を練って発表しないと、視聴率右肩下がりで寂しいことになるかも。

 

◆これも不快にする気ゼロだったとでも?

ロッヂ中岡さん!→ geinou reading geinou ranking

ロッヂ中岡さん!→ geinou ranking geinou reading

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

内村光良が激怒!『イッテQ』降板も。ラオス政府もヤラセに不快感で打ち切りが現実的に…

週刊文春が報じた日テレ『世界の果てまでイッテQ!』のヤラセ疑惑問題で、内村光良さんが激怒し日テレの対応によっては降板も辞さない構えであると報じられています。

 

 

 

 

『イッテQ』ヤラセ常態化疑惑も

 

週刊文春が報じた『イッテQ』のヤラセ疑惑詳細はこちら。

 →ヤラセ発覚で『イッテQ』打ち切りの危機

 

今年5月に放送されたラオスのメコン川で行われている伝統的な祭りである「橋祭り」が実際には存在せず、現地の人はもちろんラオス情報文化観光省観光部副部長も「こうした自転車競技はラオスには存在しない」と話したと報じられています。

 

週刊文春の取材に対し日テレは「かねてから行われている催し」「番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」と回答しましたが、現実にラオスの政府まで「ラオスの祭りでも文化でもない」と強く否定し、セット設営を手伝ったタイ人は「日本の番組に頼まれて撮影場所を探し、セットを作った」と証言しているんですけどね。

 

週刊文春によると今回の「橋祭り」はタイにあるテレビ番組やCM、映画制作などをコーディネートしている日系企業M社が企画したとのこと。

 

ラオスではなくタイのメコン川では実際にこの橋祭りが行われており、現地ニュースでも報道されているほどだといいますから、もしかするとタイのM社に乗せられただけ?という可能性もあります。

 

が、東スポによると日テレ関係者は『イッテQ』のヤラセについて「結論から言えば、真っ黒け」と断言したとか。

 

[以下引用]

「当初、制作サイドはシラを切り通す方針でしたが、ごまかしきれないとみて緊急会議を開いた。制作した制作会社社長を呼び出し聞き取り調査を行った結果、現地コーディネーターに責任を押し付けることに。今後は制作会社が矢面に立ち、コーディネーターの責任にすべく話の筋を変えていくつもりのようだ」

 

ちなみに「イッテQ」の海外ロケは、1本あたりの制作費が1000万~2000万円。経費を安くあげれば、すべて制作会社の儲けになるシステムだという。

 

「だから発覚していないヤラセはまだあると思われます。番組サイドが真剣にビビっているのが、過去のヤラセも掘り起こされること。そうなればBPO(放送倫理・番組向上機構)の審議入りや打ち切りは免れない」(同)

 

実際に、「イッテQ」のヤラセは「常態化していたのでは?」との声もある。

 

あれだけの奇跡が毎回、起こるわけがないということ。ラオスの祭りが完全なヤラセとなると、これまで成し遂げてきた“奇跡”も疑惑の目で見られる。極論を言えば、イモトアヤコの登山も『ヘリコプターなどを使用していたのでは』と言われかねない」(別の日テレ関係者)

[東スポ]

 

経費を安く上げればすべて制作会社の儲けになるって、なんでそんなシステムにしたんでしょうね。

 

経費は経費、ギャラはギャラで分けないと、そりゃ儲けを大きくする方向に努力が向くでしょうに。

 

結局それだけ信用していたということなのでしょうが、甘いです。

 

週刊文春によると制作陣自ら『イッテQ』をドキュメンタリーバラエティと銘打ち、「ウソとヤラセの完全排除」をモットーとしていたということですが、それならそのモットーをまっとうすべくシステム作りをすべきだったのでは。

 

そのあたりをいい加減にした結果、イモトさんの登山にまで疑惑が及ぶことになってしまって、これまでの感動を返してほしいです。

 

さらに、「あれだけの奇跡が毎回、起こるわけがない」って、同じ日テレの『鉄腕ダッシュ』もそうですよね。

 

しょっちゅう「幻の魚」やら「超貴重な生物」やら見つけていましたが、もしかして日テレだし…と、他の番組まで怪しく見えてきてしまいました。

 

 

宮川大輔は本当に知らなかったのか?内村光良は降板決意という噂も

 

[以下引用]

「週刊文春」は宮川を直撃して話を聞いている。本人は真摯に対応したうえで「僕、ホンマに分からないですよ」と回答。最後には記者に「しっかり調べてください」と話したという。

 

「宮川は、ヤラセだとは本当に知らなかったようです、番組スタッフの罪は重いですよ」(同)

 

宮川以上に怒っているのが内村だという。

 

「今後の状況次第では自ら降板することもあり得る。内村は昨年、NHK紅白歌合戦の司会も務め、国民的タレントと言っても過言ではない。視聴者からの見え方を非常に気にするタレントですからね」(放送作家)

[東スポ]

 

内村さんは今年も紅白歌合戦の総合司会を務めることが今日発表されました。なんというタイミングでしょうね。

 

そして宮川さん、本当に知らなかったのでしょうか。

 

放送された「橋祭り」は、橋に見立てた細い板を4つの回転する玉をよけながら自転車で渡るもので、タイミング悪く玉に衝突すると泥水に落下する仕組みだったため、放送では宮川さんは「風雲たけし城みたい」とコメントしており、これはヤラセだと知っていたら言えないかなと思います。

 

そして、週刊文春への真摯な対応も、知らなかったからこそかなと思います。

 

ただ気になるのが、文春に直撃され「実際に行われていたのが『橋祭り』ではなく、別の祭りの可能性は?」と聞かれ、「そこも分からないです。うーん、僕は橋の祭りと聞いていて。あの場所で何も分からないですけども『今回はあそこでやろう』ということやったかもしれませんよ」と答えていたところです。

 

既述の通り、メコン川のタイ国内では本当に「橋祭り」があったわけで、それをラオス国内のメコン川でやった、ということを、「『今回はあそこでやろう』ということやったかもしれませんよ」と言ったんだとしたら、宮川さんも何か知っていたのかも?

 

日テレは週刊文春の報道を受けて「番組としては今回、意図的に隠した事実はありませんが、開催実績について毎年今回の撮影場所で実施されているような、放送上、誤解を招く証言があったことに関しまして、ご批判を真摯に受け止めております」コメントを発表。

 

すぐさま週刊文春が「証言を得ている」と反論のコメントを発表しています。

 

ラオス政府も「日本人は誠実だと思っていた」と不快感を示しており、内村さんがどうのではなくて、『イッテQ』自体打ち切りのピンチです。

 

もしも打ち切らなかったとしても、こんな実態が明らかになった『イッテQ』がこれまで通りの好調さをキープできるのでしょうか。

 

ここ数年日テレは民放トップを走ってきましたが、10月は月間視聴率で三冠を逃しました。

 

日テレの好調さは日曜の『笑点』『鉄腕ダッシュ』『イッテQ』『行列のできる法律相談所』と連続するバラエティでついた勢いを一週間キープすることで保って来たと言われ

ていますが、それがこんな形で終わりを迎えるとは。

 

◆岡村隆史の主張が

ズレている…→ geinou ranking geinou reading

ズレている…→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ヤラセ発覚で「イッテQ!」打ち切りの危機!人気企画「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」での不正問題に文春砲が炸裂!

日本テレビの看板番組「世界の果てまでイッテQ!」でヤラセ発覚です。

 

これは本日付の「週刊文春オンライン」が報じているもので、今年5月20日に放送された「世界で一番盛り上がるのは何祭り?」の「橋祭りinラオス」という企画で不正が行われたとのこと。

 

同企画は宮川大輔さんがハッピ&ハチマキ姿で世界の過激な祭りに突撃するという人気企画だけに、報道が事実なら大きな問題となることは必至です。

 



 

[以下引用]

実際の放送では、自転車で“橋”に見立てた全長25メートルの板を渡り、スピードなどを競う“祭り”だと紹介。

 

4月8日にラオスの首都ビエンチャンで行なわれ、宮川が“祭り”に参加した一部始終が放映されたのだが、ビエンチャンに赴任する日本人の駐在員は次のように異議を唱える。

 

「ラオスで『橋祭り』なんて聞いたことはないし、周囲のラオス人に聞いても誰も知らない。そもそもこの地域で自転車といえば、外国人観光客がレンタサイクルに乗るぐらい。この『橋祭り』は不自然な点が多すぎる」



ラオス国内の観光イベントを管轄する、情報文化観光省観光部のブンラップ副部長は、「週刊文春」の取材に次のように語った。
 

また同番組の取材申請を許可した情報文化観光省マスメディア局の担当者も「日本側の働きかけで実現した」と断言する。

 

「2人の役人が撮影に立ち会いましたが、(「橋祭り」は)ラオスで初めて行われたものです」

[文春オンライン]

ということですが、これが本当ならちょっとヤバイですね。

 

ラオスで伝統的に行われていない祭りを「伝統的な祭りだ」と紹介したのであれば、それは視聴者に対する嘘だけではなく、ラオスに対する侮辱にもなります。

 

実際、文春の取材に答えているラオス政府の関係者からも、なんとなく憤りの感情が感じられるんですが…気のせいでしょうか?

 

ちなみに、日テレの広報部は文春の取材に対し次のように回答しています。

 

[以下引用]

「橋祭りはメコン川流域などでかねてから行われている催しで、地元のテレビ局などでも取り上げられております。今回は現地からの提案を受けて参加したもので、番組サイドで企画したり、セットなどを設置した事実はありません」

[文春オンライン]

 

どうやら、番組のナレーションではこの祭りが「メコン川流域で行われている」という点を強調していたようなので、番組制作サイドは最初から「ラオスの祭りではないこと」を知っていた可能性が高いような。

 

つまり、ナレーションで強調しておかないと「後でまずいことになるかもしれない」と、予め自己防衛していたと。

 

ただ、文春側は今回の件についてかなり力を入れて取材をしているようで、明日発売の本誌では5ページにも使って詳細を報じているようです。

 

そこにはセットを設営した現地スタッフや祭りに参加して「協力費」をもらった少年たちの証言に加え、宮川大輔さん本人への直撃インタビューまで行っているんだとか。

 

これはかなり自信があるといった感じですね。

 

バラエティー番組でのヤラセ問題といえば、2007年の「発掘!あるある大事典」(フジテレビ系)で、納豆ダイエットに関するデータ捏造が発覚したことが思い起こされます。

 

結局、番組は打ち切られ、制作元の関西テレビ社長が辞任するという大騒動に。

 

また、同じくフジテレビで2013年に放送された「ほこ×たて 2時間スペシャル」では、番組内のラジコンカー対決で「やっていない対決が編集でやったことになっていた」ことが発覚し、BPOから「重大な放送倫理違反」があったとペナルティを受け、こちらも打ち切りになるという結果になりました。

 

それらを考えると、今回の「イッテQ!」もBPOの審査対象になるのかどうか気になるところですが、もし審査で「クロ」と裁定された場合は打ち切りとなる恐れもあります。

 

「イッテQ!」は視聴率20%超えも珍しくない超人気バラエティ番組で、日テレを代表する看板番組なだけに、そうなればかなり大きな影響が出ることは避けられないでしょう。

 

しかも、もう一つの看板番組であった「鉄腕DASH」が、TOKIO・山口達也さんを失ったことでジリ貧になりつつあることを考えると、日テレ黄金時代が一気に終了となる可能性もあります。

 

今後の展開に注目です。

 

◆最近はこんなことで批判殺到!

イッテQも終わりが近い…→ geinou reading geinou ranking

イッテQも終わりが近い…→ geinou ranking geinou reading

 

※もしかして最後のカレンダーになる?

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※宮川大輔さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

サンドウィッチマン伊達みきおに圧力!”ブルジョワ障害者”発言を巡る坂上忍の言動に視聴者から批判殺到!

10月31日放送の情報番組「バイキング」(フジテレビ系)で、さいたま市議会における「ブルジョワ障害者」発言をめぐり、司会の坂上忍さんがサンドウィッチマンの伊達みきおさんに対して露骨に圧力を掛ける場面が発生し、視聴者から批判が殺到しています。

 

※好感度高いだけに…

サンドウィッチマンライブ2007 新宿与太郎哀歌

サンドウィッチマンライブ2007 新宿与太郎哀歌

[Amazon]

 

問題となった発言は、10月19日のさいたま市議会で無所属の吉田一郎議員が「年収1300万円以上」とされる車椅子の伝田ひろみ議員に向けて発したもの。

 

最終的に吉田議員は伝田議員に謝罪し、議長からも厳重注意を受けたといいますが…

 

[以下引用]

「バイキング」では件の流れを特集し、司会の坂上が“ブルジョワ障害者”発言の是非について伊達の見解を聞いたところ「ブルジョワっていう言葉自体は要するに『裕福な』ということなんですね」と伊達。続けて、「誰がこれを聞いて怒ってんのかな?全然差別的な用語ではないような気がするんですけどね」と主張すると、坂上は驚いた表情で「ん??」と戸惑いながら「ブルジョワと障害者っていう言葉をくっ付けて、ブルジョワをもヤユしたようなニュアンスでとても不適切なワードだとボクは思いますけれども」と続けた。

 

「差別的な用語ではないと主張する伊達と、とても不適切なワードだと考える坂上で意見が完全に相反するものとなり、一瞬スタジオを沈黙の空気が覆うと、最後に坂上は『えーっと、収録じゃないので編集のしようがないのでアレですけど…』と話し、その場を収めました。この“編集のしようがない”との発言で伊達も怖気付いた様子を見せ、伊達の発言をなかったかのように丸め込むと、まるで収録であればカットされるべき発言のようだと匂わせました。ただし、こうした事態にもネット上では『この件に限らず、以前も坂上忍がスタジオ全体を自分の意見へ誘導する光景を見ました』『坂上が自分の意見に合わない意見にイライラするのは毎度おなじみ』『相変わらず偉そうなことを言っているのですね』との書き込みが目立ち、驚くというよりもむしろ、“またか…”というような反応が多いようですね」(テレビ誌ライター)

[アサ芸プラス]

 

発言に対して賛否両論飛び交うのは、こういった番組では当たり前のこと。

 

司会者であれば、そういったいろんな意見をうまくまとめ上げて視聴者に伝えることがうでの見せ所のはずですが、自分とは見解の異なるからといってコメンテーターを威圧したり圧力を掛けて萎縮させるなんて、もってのほか。

 

なんですが、坂上さんに関してはそれが当たり前みたいになっていますからね。

 

今年3月に金曜日レギュラーを降板した宮迫博之さんは、その半年後にラジオで「昔から噂話とか人のことをとやかく言うことが嫌いだった」「そういう人間がMCをやってはダメ」とぶっちゃけ、暗に坂上バイキングを批判したとして話題に。

 

さらに、今年9月に火曜日レギュラーを降板した小藪千豊さんは、AbemaTVの生放送で「(自分の発言に対し)坂上さんが明らかに嫌な顔をしている時がある」「心が折れるときがある」などと明かし、いかい坂上さんが”嫌な奴”なのかを遠回しに暴露してました。

 

今回の件でも、伊達さんに対しては「もう、バイキングなんて降板したほうが良いのでは?」という声をチラホラ見かける一方で、坂上さんを擁護する声はほとんどなし。

 

まあ、かつての島田紳助さんや和田アキ子さんなど、昔から世間からの嫌われキャラとして定着する大御所芸能人はいましたが、共演者からここまで露骨に嫌われる司会者って、聞いたことないような…

 

今は飛ぶ鳥を落とす勢いの坂上さんですが、その時代が終わる日は意外に早く来るかもしれません。

 

※坂上忍の子役時代[動画]

 どーしてこーなった!?→ geinou ranking geinou reading

 どーしてこーなった!?→ geinou reading geinou ranking

 

※好感度低いだけに…

おまえの代わりなんていくらだっている 覚悟の仕事論 (新潮新書) [ 坂上 忍 ] - 楽天ブックス

おまえの代わりなんていくらだっている 覚悟の仕事論 (新潮新書)[ 坂上 忍 ]

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※坂上忍さんのSNSなんて興味ないでしょうけど… 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

自らを「御神体」と呼ばせチケットを売りさばく…中田敦彦の教祖様ビジネスの実態が酷い

「干され疑惑」が話題のオリエンタルラジオの中田敦彦さんは、仕事が減ったのは夫婦間で問題だった「ワークライフバランス」の解決のために仕事を整理したことが原因であり干されたわけではないと明かしましたが、実は引退騒動などまるで気に掛けてないんだとか。

 

というのも、今始めている教祖ビジネスが順調だからということで…

 

 

※これ関係の売上を全部吉本に持って行かれて始めたのがサロンだそう

 

 

自らを「御神体」、月会費を支払わせチケット捌きも…

 

中田さんは現在月会費1千円のオンラインサロン「NKTオンラインサロン」を主宰していますが、この参加メンバーから「怪しすぎる」「宗教みたい」という声が続出してるんだとか。

 

[以下引用]

サロン内ではバーベキューなどのオフ会もあり、ライブのチケットを中田などから直接、手売りされる。

 

「芸人にファンが会えるんです。舞い上がりますよね。彼はファン心理を利用して、10枚以上のチケットをファンに渡して周囲にさばくよう頼むのです。売り切った子には“もっといけそう?”と追加で売らせる。さらには、レディオ・フィッシュの弟分のグループのビデオ撮影なんかもやらせる。ギャラなどありません。月会費1千円を払い、働くんですよ」

 

そしてオフ会にはファンに全身黒の服を着てこいと要請。着てくると、黒い数珠を授けるという。

 

「黒ずくめの服を勧めるのも、“まず中田を信じてほしい。だから黒い服着ろって言ったら着るんです。まず、信じる”と宗教じみているし、自分を“御神体”などと呼ばせたりしてもいる。全部シャレと片づけるには気味が悪すぎます」

[デイリー新潮]

 

吉本興業はサロン運営を容認しているそう。

 

1000円払ってチケット捌きやビデオ撮影って、もしかすると1000円でチケット捌きやビデオ撮影がさせてもらえるというイメージなんですかね。

 

しかし自分を「御神体」って。

 

念の為調べましたが御神体とは「神の宿るもの」「神霊を象徴する物体を表す。 神道において、神霊を象徴するとされて礼拝される神聖な物体のこと」つまり物体です。神社にいくと注連縄のある大きな岩や大木がありますが、そういったもののことです。

 

中田さんは、物体?

 

検索したら、「PERFECT HUMAN」のころに中田さん本人がTwitterで、「ちなみにRADIOFISHでは『ボーカル』や『ダンサー』という呼称は使用しません。 Show-hey、FISHBOY、SHiN、つとむ→『SKILL-MASTER』 藤森慎吾→『SHAMAN』 中田敦彦→『御神体』 という構成になっております。」とツイートしていたんですね。

 

「PERFECT HUMAN」の頃のことであれば、「御神体」もジョークというかまあいいですけど、今のその月会費1000円でサロンを主宰し一般人を実際に集めたところで「御神体」って、何かちょっとどうなんでしょう。

 

 

円満な家庭生活のためファンに貢がせている中田敦彦

 

オフ会ではチケットなんて妙に現実的なものを売っていたようですが、中田さんの運営するサイトでは「幸福洗脳」「悶絶天国」「独裁電波」「素人漁業」のうちひとつだけ書いてあるTシャツが10000万円以上で、複数の文字が書いてあるものは15000円で売っています。

 

このTシャツが当初売れなかったため、中田さんは「1枚も売れてないぞ。ふざけんじゃねえ。ディープなファンだったら買えよ」「お前ら立ち上がれよ。俺のごりごりに恐ろしくて高いTシャツを最初に買うやつになれるんだぞ」と煽ったところ「めちゃくちゃ売れました」そう。

 →中田敦彦がゲス化してやるせない

 

また、サイトでは中田さんの講演会の視聴権も売っていますし、「中田プレゼン塾」という講座の告知もしています。

 

初回は応募多数で増員し18名の参加だったとのことで、人気あるようですが、どうしても自己啓発セミナーだったり新興宗教くささを感じてしまうんですよね。

 

会費を払ってお手伝いだろうが、自己啓発だろうがなんだろうが、参加者が納得してお金を払ってるんなら良いじゃないかとも思うのですが、なんかスッキリしません。

 

中田さんは妻・福田萌さんに「ワークライフバランスは?」「子育て手伝え!」と言われて家でできる仕事を始め、拘束時間が減り収入が増えたと喜んでいました。

 →中田敦彦と福田萌にインテ離婚フラグ

 

中田さんにはお金を払ってもらえるだけのモノがあり、それを使って商売にしている、そういうことなんでしょうけど、自分のワークライフバランスのため、今とても直接的にファンを食い物にしているのかなと、そんな気がしています。

 

 

◆恐怖…ジップロックでグラタンを作る女・福田萌

マジです→ geinou reading geinou ranking

マジです→ geinou ranking geinou reading

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※中田敦彦さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

インテ離婚フラグ。中田敦彦「妻・福田萌が我儘になったので良い夫をやめた」←父として無責任な件

オリエンタルラジオの中田敦彦さんが日経デュアル福田萌さんとの夫婦関係を赤裸々に暴露して話題になっています。

 

「(自分が夫としてやってきたことは)真逆だったのかもしれない」と、「良い夫をやめた」と言うのですが、要するに、良い夫として妻である福田さんの希望をどこまでも受け入れ続けていたら福田さんが助長したので良い夫をやめるということのようです。

 

 

 

 

 

中田敦彦の主張

 

日経デュアルに掲載された中田敦彦さんのコラム全文はこちら

 →方針変更!「良い夫」やめました

 

ながーいのでまとめると、妻の福田さんに「ワークライフバランスは?」「子育て手伝え!」と言われた中田さんは、拘束時間の長い仕事をセーブする一方で物販サイトを立ち上げ、在宅時間を増やしながらも収入も増やす、という「無理ゲー」に成功。

 

家にいる時間が増えたことで、家事育児をシェアでき大満足だったのに、福田さんからは「もう耐えられない」「あなたは一切変わっていないし、ただ成功したいだけの人」とカウンセリングを受けることを要求され、カウンセラーに言われて気付いたのが「妻に全部合わせてきたことが良くなかった」ということ。

 

中田さんが良い夫になりすぎた結果妻がマヒしてしまい、「あなたはこれをしてくれなかった」といわゆる「くれない族」になった、自分自身についても「無意識に『いい夫であろうとするフィルター』が働いていた」と分析。

 

「良い夫」としてやってきた仕事が終われば直帰、帰り時間などのこまめな連絡、在宅時間を意識的に増やす、朝早く起きることなど一切やめたそう。

 

「離婚してもいい」という立ち位置でもう一度見直してみないか?と話し合う中で、仕事が好きで稼ぐことが得意な男を夫に選んだのだから、「キミが負担に感じていることがあるなら、僕の利益で家政婦さんやシッターさんにアウトソーシングしてはいけないの?」とも提案し、結果福田さんから「これまでの自分の対応を反省している」といった趣旨の手紙をもらい一件落着した、というのが中田さんの主張でした。

 

 

「良い夫」だけでなく「良い父」も放棄?

 

福田さんはこの件につきツイッターで、

 

一方の私も「良き妻、良き母」像に縛られていたんだなぁって思います。料理も家事全般も完璧、子育ても完璧な人。話し合いの中で、「料理なんて誰でもできることをやらなくていいよ!」って夫に言われ、ほっと解放されました。

 

要求がエスカレートして、夫への態度が悪かったのは本当に申し訳ないとしか…笑。子供にはすっごい感謝したり褒めてたのに、夫への感謝、賞賛はなおざりにしてました。私が完全に夫に甘えてました。

 

とコメント。

 

夫婦のピンチも解決してよかったね、というところなのですが…

 

お金で楽になり喧嘩が減り笑顔が増えるならそれはそれ。実際、「我が家も家事育児を夫婦2人で回すのには限界を感じて、週に1回、料理を作ってくれる方を入れることにしたらかなり楽に」ともツイートしているので、潤沢なお金を有効に使えるようになったようです。

 

◆恐怖…ジップロックでグラタンを作る女・福田萌

マジです→ geinou reading geinou ranking

マジです→ geinou ranking geinou reading

 

ちなみにそのお金は、最近は中田さんが半ば教祖化して稼いでるようですね。

 →中田敦彦がゲス化しすぎてやるせない

 

「家事育児を夫婦2人で回すのには限界」って一般の共働き世帯はどうすりゃいいのとは思いますが、まあ一般と比べてもいけないんでしょう。

 

本人も認めてますし、福田さんが図に乗っていたのは確かなのでしょうし、それを助長したのは中田さんなんだと思います。

 

しかし、中田さんは「良い夫やめる」でマメな連絡を止め早起きも止め在宅時間を意識的に長くすることも止めたそうですが、同じことを妻がやったら大問題じゃないですか。

 

性別に関わらず人には特性があり、父母がまったく同じことをする必要はないとはいえ、やることが極端すぎます。帰宅予定の連絡とか朝の子供の準備の手伝いとか、一緒に暮らす人として、夫だけでなく父として至ってふつうのことですよね。

 

結局、中田さんにとっては家事育児は福田さんの仕事、自分はあくまで手伝ってあげてる、という意識だったのかなと思います。

 

ながーい記事にあった福田さんとのトラブルも、要するに会話不足なんじゃ、という部分もありましたし。

 

そんな中田さんは大前提として、「夫婦関係、親子関係は、絶対に維持しないといけないものではない」と位置付けた、つまり離婚もあり、親権もいらない、として福田さんと話し合ったといいますが、なんだかあまりに冷たいというか他人事というか脅迫じみてるというか。

 

これまでさんざん「#ウチの嫁は可愛い」とインスタにアップしてきたのに怖いなあ、と思いますが、所詮夫婦のことなので他人はわかりません。

 

ただ、結婚した時二人は「インテリ婚」と称しネットでは「いつかインテ離婚」なんて言われていたことを思い出しました。

 

 

◆中田敦彦・福田萌の引き出物に

ドン引き→ geinou reading geinou ranking

ドン引き→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※福田萌さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

オリラジ中田敦彦がゲス化しすぎてやるせない…

最近干されていると話題のオリエンタルラジオ・中田敦彦さんが自身の興した新ビジネスが当たりつつあることをラジオで明かした際、1日で諸先輩方の半年分以上のギャラを稼いだなどと放言し話題になっています。

 

※まあ天才なんですかね。

 

[以下引用]

中田は前回3日の初回放送の1日前にネット販売のTシャツ屋をオープン。「1番キービジュアルにしている1万円のTシャツ。前回の放送でリスナーに『1枚も売れてないぞ。ふざけんじゃねえ。ディープなファンだったら買えよ』って。『お前ら立ち上がれよ。俺のごりごりに恐ろしくて高いTシャツを最初に買うやつになれるんだぞ』ってあおったんです」と回顧し、「ふたを開けたらどうなったかというと、めちゃくちゃ売れました」と報告した。

 

「正直、ぶっちゃけな話、先週1日分のギャラは諸先輩方のギャラの半年分を上回っている。『ごめんなさい先輩!』と。俺は皆さんが半年分で稼ぐものを先週だけで稼ぎましたよ。それぐらいの大成功」と反響の大きさを明かしつつも、「ただ、俺はこんなことを言うためにやったわけじゃない。これは序章に過ぎない」と断言。

 

「『武勇伝』とか『チャラ男』とか『PERFECT HUMAN』とかバズを生んで僕たちは生き残っているんですけど、成功者の後日談っていうのは嘘くさくも感じる。物事がバズる、流行るってどういうことなのって、結局『やってみせてよ』ってことなんですよ」と続け、「中田は宝くじ3回当てた人じゃないの?中田は本当に狙って計算で当ててるの?ってことが証明できる半年間。この大実験を証明するぞって言って始めているところがエンターテインメントだと思う」と半年間限定でパーソナリティーを務めている同番組の見どころを語った。

 

さらに続けて、「このラジオで聞いた人が(Tシャツを)買いましたって以上のところまで(流行が)行った時に、『おれは(ラジオを)聞いていたから分かっているけど、あいつは何も知らずに(中田のTシャツ)着てやがる』ってなったら、めちゃくちゃ面白いですよ。僕はそういう笑いを作りたい」と熱弁していた。

[スポニチ]

 

長々引用いたしましたがいろいろびっくりしました。

 

まず1万円のTシャツを一枚も売れなかったからとリスナーに発破をかけたというところ。

 

そしてその結果、諸先輩方の半年分以上のお金を稼いだと言っちゃったところ。

 

あと最後の中田さんが作りたいという「笑い」がなんだかシュール過ぎるところ。

 

中田さんは最近レギュラーが減ったことで干され疑惑が浮上しましたが、本人は自分で仕事を整理しただけと言い、妻・福田萌さんも「ワークライフバランスは?子育て手伝え!と言い続けた結果、このようなことになってしまいました」とそれを援護するようなコメントを出していました。

 

が、こんな挑発的な発言を知ると、やっぱり干されたんじゃないのという気が…。

 

ちなみにこちらが10,360円で販売してるTシャツです。

 

 

これが10,360円。

 

今年3月に、中田さんが立ち上げた物販サイトで販売しているノートが6,000円という高額さで話題になりましたが、ノートが6,000円ならTシャツ10,360円は安いような気もしてきたり。

 →中田敦彦が驚異のボッタクリビジネス開始

 

他にも「悶絶天国」「独裁電波」「素人漁業」等々いろんな文字のTシャツがあり、複数の文字が書いてあるTシャツは15,360円でした。

 

※それなら3000円でこっちがいい

[Amazon]

 

中田さんのサイトでは「モノ」だけでなく中田さんの講演会の動画視聴権も販売しており、どこか自己啓発や宗教っぽさもにじませています。

 

自己啓発が悪いとはいいませんが、「お前ら立ち上がれよ。俺のごりごりに恐ろしくて高いTシャツを最初に買うやつになれるんだぞ」なんて煽って物販も含めると胡散臭さが出てくるというか。

 

中田さん本人が言っているように、中田さんが一発屋ではないのは「武勇伝」「チャラ男」「PERFECT HUMAN」と3つ当てたことでも明らかだと思います。

 

が、どんどん好感度を下げ支持層が狭まっている今、またバズることができるんでしょうか。

 

…3つで止めてたら良かった、なんてことにならないといいですね。

 

 

◆外国人の日本語タトゥーが笑える

マジです→ geinou reading geinou ranking

マジです→ geinou ranking geinou reading

 

※面白かったのになー武勇伝

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※中田敦彦さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

大ピンチ!鈴木保奈美と元カレ・フジ大田亮常務の不倫再開に恐れおののく主夫・石橋貴明。相方・木梨憲武に続いて”W離婚”の可能性も

かつて隆盛を誇った、とんねるずの石橋貴明さんが大ピンチに陥っています。

 

妻である鈴木保奈美さんと離婚危機である上に長年の相方木梨憲武さんとも別離の危機に瀕しているんだとか。

 

 

※こんな頃もありました。

 

相方である木梨憲武さんは、今年6月にロンドンで個展「Noritake Kinashi Londo Exhibition -Moment-」を開催したり、7月からは全国4箇所で個展「木梨憲武展 Timing -瞬間の光り-」を開催するなど、ますますアーティストとしての活躍の場を広げています。

 

さらに、4月公開の映画「いぬやしき」で約16年ぶりの主演を務めたことで、ここに来て俳優としても注目されつつあり、まさに再ブレークと言っても過言ではないかと。

 

一方、石橋さんは最大の収入源だった「みなさんのおかげでした」が打ち切りとなったことで、レギュラーはフジテレビ深夜の「たいむとんねる」1本のみという寂しい状況。

 

コンビで明暗が分かれた格好になってしまいましたが、石橋さんには妻・鈴木保奈美さんという強~い味方がいます。

 

10月期のフジ月9ドラマでは、かつて一世を風靡した「東京ラブストーリー」以来26年ぶりとなる織田裕二さんとの復活共演が大きな注目を集めていますが、それに加えてNHK・BSプレミアム「主婦カツ!」でも主演を務めるなど、まさに引っ張りだこ。

 

※懐かしい!

東京ラブストーリー DVD BOX

東京ラブストーリー DVD BOX

 

仕事も収入も激減している石橋さんの個人事務所「アライバル」にとっては、まさに救世主ともなり得るはずなのですが、”主夫”としては素直に喜べないそうで…

 

[以下引用]
’80年代後半に、ホリプロ期待の新人だった保奈美を抜擢し、大ブレークさせたのは、当時“トレンディードラマの旗手”と呼ばれたフジの大多亮プロデューサー(現・常務取締役)だ。

 

「ドラマがスタートして間もなく、妻帯者の大多氏と保奈美の不倫が噂されたんです。ホリプロはフジの上層部に猛抗議。フジは必死に噂を否定したんですが、某女性誌が、大多氏が公衆電話に置き忘れた手帳を入手。その中に不倫スキー旅行の写真が挟んであったんです」(元女性誌記者)



このため石橋は、保奈美がフジテレビで大多常務と再会して急接近するんじゃないかとイライラを募らせているというのだ。そこで、保奈美の帰りを待つ“主夫”状態の石橋は、「いくら撮影が押しても外泊せず、必ず自宅に戻ること」「夕方には必ず電話すること」という2つの条件を出したという。

 

「夫の代わりに自分が頑張ろうという妻にしてみれば、うざい条件ですよね。信用されていないと思った女は、腹いせに元カレと会おうとします。逆効果で、離婚に発展しかねない」(夫婦問題に詳しい弁護士)

[週刊実話]

 

あらら、これは石橋さん、なかなかツライ状況ですね。

 

まあ、普通に考えたら老境に差し掛かった元不倫カップル同士がヨリを戻すとは考えづらいですが、自分がヒマなだけにいろいろと邪推しちゃうといったところ?

 

石橋さんなんて長く最前線にいたと思いますが永遠はないわけで、表舞台から姿を消すのも時の流れで仕方ないところ。

 

そこでお子さんたちも成長して余裕のできた奥さんがまた女優として輝けるというのは素晴らしいことだと思うんですけどね。

 

また、石橋さんは相方の木梨さんとも、当初は”とんねるず”へのオファーだった「たいむとんねる」を受けるかどうかで一悶着、結局は石橋さんの単独番組になったように、現在はすきま風が吹いているそう。

 

頑なにお笑いにこだわり続ける石橋さんに対し、木梨さんは完全にアーティスト路線を邁進中で、もはやTVバラエティにはまったく未練がないといいます。

 

すでにコンビ解散は時間の問題とも言われていますが、そんな落ち目の石橋さんを象徴するような出来事も起きています。

 

[以下引用]

「9月10日に放送された『たいむとんねる』では、ゲスト出演した後輩芸人の千鳥のノブが、『お笑い番組をやりましょう』と切り出したもののタカさんは『オレはやりたいんだけどねぇ…』と言って口を濁してしまった。続けて『でももうあれでしょ。自分らでやれるでしょう?』と力ない言葉が出てしまった。これまで素人いじりで強気の発言がタカさんの持ち味でしたが、イケイケ時代の全盛期のとんねるずとはほど遠い発言でしたね」(放送作家)

[アサ芸プラス]

 

石橋さんといえば、全盛期には「東に石橋あり」とその名を轟かせ、吉本興業を中心とする関西芸人の東京侵攻に対抗して一大派閥を築いていたこともあります。

 

そんな人物が、“敵”であるはずの関西芸人に、しかもずっと後輩の千鳥に対して弱音を吐く姿を全国放送で晒すとは、なんとも時代の流れを感じてしまうというか…

 

現在、「たいむとんねる」の視聴率は3%台に低迷し、いつ打ち切られてもおかしくない状況だといいますが、かつての「東のお笑い王」がテレビから完全に消えるのは時間の問題かもしれません。

 

◆「あのとき彼は…」石橋貴明の意外な真実

え→ ranking reading

え→ reading ranking

 

※まだ俳優業が残ってますよ!

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

星野仙一物語 〜亡き妻へ贈る言葉 [ 石橋貴明 ]

価格:3707円(税込、送料無料) (2018/9/27時点)

楽天で購入


 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※落ち目の石橋さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

目を疑うモザイク写真!小原正子が入浴写真を公開でドン引きの声

クワバタオハラの小原正子さんがブログで実家での子連れ入浴姿をモザイクで公開し物議を醸しています。

 

 

 

小原さんが24日に更新したブログでは、実家に子連れで里帰りした時の様子が綴られています。

 

外食をしたりおやつを食べたりと全般にほのぼのしているその中で、ぎょっとするのがこちら。

 

[以下引用]

しかし、その後に投稿した「ユニットバス☆」というエントリーでは、「実家のお風呂はとても狭いけれどまだ ちっこい二人 仲良く入ることが出来ました」とつづられていたが、その文章に続いて小原、長男、次男で浴槽に浸かっている写真が公開されていた。写真にはもちろんモザイクは掛けられているが、小原の上半身が映っている状態。これに対し、ブログを見た読者から「ボカシ入れてもさすがに自分の裸写真載せる…?」「写真見て引きました。普通載せる?載せる必要ある?」「家族の記録として大切にするものとブログ公開用とで写真は分けた方がいい。不快過ぎる」といった声が上がる事態になっている。

[リアルライブ]

 

写真を見ましたが、顔も超すっぴんだし髪も濡れてるしなんだかあんまりにプライベート過ぎてちょっと…。

 

せめて肩まで浸かってる写真はなかったのでしょうか。撮る側も、そこは写さないよう気を遣うべきだったのでは。アルバムにお母さんのそんな写真があるというのもちょっと…

 

24日の公開記事が今日話題になるくらい、小原さんの注目度は低いものだとは思いますが、それでも芸能人がここまで肌をさらさなくてもいいです。

 

「家族の記録として大切にするものとブログ公開用とで写真は分けた方がいい」それに尽きると思います。

 

小原さんというと、今年3月に夫のマック鈴木さんが「4月から2人の時間が増える 昼デートしましょう」とわざわざSNSでつぶやき、別の記事で二人の子供が4月から保育園に入ることも明かしていたため、「子供を保育園に入れておきながら昼間デートだぁ??」と、保活がうまくいかなかった人たちの神経を逆なでしていました。

 →小原正子とマック鈴木が無神経すぎる

 

相方のくわばたりえさんもたびたび炎上しますし、すっかり炎上コンビですね。

 →くわばたりえが自己中すぎる

 

◆小原正子のトイレトレ事情が

賛否両論→ geinou ranking geinou reading

賛否両論→ geinou reading geinou ranking

 

 

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※小原正子さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

日村勇紀が絶対に干されない理由!一方で二度と戻らない好感度

9月21日発売の「FRIDAY」で、16年前、当時16歳だった女性に対する不適切な行為を告発されたバナナマンの日村勇紀さんですが、先輩芸人も含む様々な方面からの擁護もあり事態は急速に落ち着きを見せ、日村さんは無罪放免となりそうな気配です。

 

その「日村擁護」の姿勢にはワケがあると報じられています。

 

 

 

日村勇紀のスキャンダル

 

フライデーが報じたのはこちら。

 日村勇紀の未成年スキャンダルがフライデー

 

告発したのは現在32歳、当時は名古屋に住んでいた女性で、16歳だった頃、日村さんにプリクラとメアドをつけてファンレターを書いたところ、日村さんから返信があり関係が始まったとか。

 

当初は「21歳女子大生」と年齢を詐称していたものの、メールでやり取りするようになってすぐに「実は16歳」と明かしたそうですが、日村さんは「年齢は関係ない」と、彼女の存在について質問すると「綾香(仮名)ちゃんのことも好きなんだ。どうしたらいいだろう」と期待をもたせ、何度も関係を結んだそう。

 

女性が名古屋から東京へ引っ越してからは半同棲のような形になるも、出かけることはなく、それだけの仲であることに疲れ名古屋へ戻り関係は終了。女性は精神的に不安定になったとか。

 

 

あっという間に禊終了。批判対象は告発女性へ

 

16年前のこととはいえ、未成年に対する不適切な行為をしたというスキャンダルです。

 

元TOKIOの山口達也さんや小出恵介さん、狩野英孝さん、そして極楽とんぼの山本圭壱さんなど何人もの芸能人が疑惑発覚とともにバッシング対象となり、書類送検されたり芸能界から遠ざかったりしています。

 

日村さんも何らかのダメージがあると思われましたが、辞退すると見られていた「キングオブコント」の審査員は辞退せず、ダウンタウンの二人の絶妙ないじりにより日村さんは謝罪の機会を得て、相方の設楽統さんも審査員としての意気込みを聞かれたときに「しっかり審査する目線と温かく見守る目線と、相方も温かく見守る目線でいきたいと思います」と擁護。

 

ケンドーコバヤシさんやおぎやはぎの矢作さんなど擁護するようなコメントを出しましたし、ネットでも「16年前のことを今更言い出すなんて」「当時は合意だったわけだし」「週刊誌に売るなんてお金目当て」「結婚したからじゃない?」等々、日村さんを擁護し女性を非難するような流れもあり、日村さんの禊は終了、今後も順調に仕事をしていくことと思われます。

 

 

芸能界が一丸となって日村勇紀を擁護する理由

 

日村さんの件がこんな感じで流れているのには芸能界全体の「都合」があるそう。

 

[以下引用]

もしこれで日村が干されることになれば、芸能界では多くのタレントが干されることになります。十数年前はまだ淫行に関して規制が緩く、多くの芸能人は未成年のファンと関係に及んでいたようですよ。そのため、多くの事務所が一丸となって日村を守っている状況だとか。『十数年前の淫行で干される』という前例を、絶対に作りたくないのです」(芸能関係者)

[まいじつ]

 

日村さんはファンレターに返信して繋がりを持っていましたが、思い出してみれば、おばたのお兄さんが浮気相手を見つけたのも狩野英孝さんが何股もかけたのも、きっかけはSNS経由でファンと繋がってのことでした。

 

その他、2010年ころにはよしもと芸人のライセンス藤原一裕さんがTwitterでプロフィール画像が美人な人だけフォローし、ダイレクトメッセージでナンパしていた話や、ノンスタイルの井上裕介さんがナンパを誤爆した例もあります。

 

つまり多くの人がやっていることで、相手が未成年というのも珍しくはないんでしょうね。

 

直近ならともかく10年以上前のことで干される前例を作りたくないというのは、おそらく本当なんだろうなと思います。

 

そして反対に、ネットにある「私が芸能人と付き合えた方法」といったサイトではSNSを大いに活用するのがポイントだとあり、女性側が安易に近寄っているというのも事実だと思います。

 

今回告発した女性が非難の対象になったことで、「#me too」する人も減るのではないでしょうか。

 

正直なところ、やはり16年前に自分も望んで始めたはずの関係を今になって告発したことに共感はできません。

 

しかし、フライデーの記事をそのまま信じれば日村さんは最低だし気持ち悪いし、16年経っても過去のことにできないくらい、女性にとっては屈辱的な「都合のいい女」扱いだったんだろうなと思います。

 

また、「今」の話だと小出恵介さんや山口達也さんのように芸能界を去り、復帰するのもおそらく無理だと思うと、16年前だからなんなんだ?という気も。

 

特に山口さんは「未遂」で芸能界引退です。アイドルという仕事柄仕方なかったとも思いますが、その差は激しいです。

 

とはいえ、日村さんの好感度は二度と戻らないでしょうし、今すぐではなくても気づいたらいなくなっているということはあり得るのではないでしょうか。

 

◆フライデーは持ち込みネタにいくら払う?

おおいととるか→ geinou reading geinou ranking

少ないととるか→ geinou ranking geinou reading

 

[amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※日村勇紀さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

これは終わった…バナナマン日村勇紀の未成年スキャンダルがフライデー!

明日発売のフライデーが”バナナマン日村勇紀「16歳少女との淫行」証拠写真-驚愕スキャンダル”というタイトルで日村さんのスキャンダルを報じます。

 

ネットでは早くもこの件につき話題になっています。

 

 

 

フライデーの表紙によると、「今でも許せないという被害女性が衝撃の告発」とあるので最近の話というわけではなさそうです。また、こういった件は女性側の年齢詐称のケースもありますが、「今でも許せない」というからにはそういった内容ではない、という内容の記事なんだと思います。

 

日村さんは2015年に熱愛がフライデーされた神田愛花さんと今年4月に結婚を発表し幸せ真っ只中のはずですが、そういうニュースも今回告発した「被害女性」には刺激だったのかもしれません。

 

詳細は明日のフライデーを見ないとわかりませんが、いずれにせよ未成年関係のスキャンダルは芸能人にとって致命的です。

 

代表的なのは極楽とんぼの山本圭壱さんですが、事件から10年経ち復帰したものの好感度とは程遠く、狩野英孝さんも謹慎後復活しても全盛期のような活躍はありません。TOKIOの山口達也さんは未遂でも芸能界を引退しています。

 

また、事件の影響は多少なりとも相方の設楽統さんにもあるでしょう。何より設楽さんはフジテレビの朝の情報番組『ノンストップ』のメインキャスターです。明日何を話すのか頭を悩ませているのでは。

 

すでにネットでは「バナナマン好きだったのに何やってるの」「新婚なのに奥さんかわいそう」「うそーそんなことしなさそうなのに」「終わったな」「キモイ」等々の反応が出ています。

 

明日のフライデーが気になります。

 

※追記9月21日※

フライデーによると、現在32歳の女性が16歳のときの話でした。

つまり、日村さんは30歳のときのこと。

ファンレターには「21歳」と書きプリクラを同封し送ったところ、書いていたメアドに日村さんから連絡があり、交際が始まったそう。そして交際が始まるときに16歳であることを伝え「歳は関係ない」、他に彼女がいたが「綾香ちゃん(仮名)のことも好き。どうしたらいいだろう」と言われたとか。

交際開始後、最初はお酒を勧められてわけがわからないうちにその関係になり、その後しばらくして当時住んでいた名古屋から東京に引っ越し関係が続き半同棲状態になったものの、ひたすら体のみで出かけることもなく、甘い言葉を囁くこともあれば突き放されることもあり、疲れた綾香さんは名古屋へ戻り、精神的に不安定になり通院生活が続いたそう。

 

日村さんは直撃時は女性が21歳と言っていたのが16歳だったということも含めて「覚えてない」と否定しましたが、後に事務所経由では「16年前のこととはいえ、自覚が足りない行動を取ってしまったことに対して反省しております」と謝罪していました。

 

当時すでに淫行条例のあった名古屋においてのでき事なので、今回の件は条例違反となりますが16年前ですから時効は成立しています。

 

そうは言っても倫理的な問題はあるとは思います。

 

16歳の少女と30歳の成人男性ですからね。

 

日村さんが「覚えてない」を連呼したのも、それが日常で特別なことじゃなかったということのように感じマイナス効果です。一方で、日村さんは車で仕事に来たのにタクシーで帰ることがあったほどの忘れっぽい人だというエピソードもあり、本当に忘れている可能性もあります。

 

女性について、なぜ16年も前のことを日村さんが結婚した今暴露するのかという非難の声もあります。

 

一つ疑問なのが、16歳の少女が名古屋から東京へ引っ越したというのに、日村さんは違和感を感じなかったのかということ。普通16歳というと親の庇護下にあるもので、名古屋から東京に一人で引越しはしないでしょう。やっぱり21歳だと思っていたり?または、それすらどうでもいい関係だったのか。

 

それにしても、ファンレターに書いてあったメアドに連絡して始まるって、今ならSNSですが、芸人さんはそういう始まり方をしたスキャンダルがたびたびありますね。そういうふうに適当な相手を探すのが常だと思うと、気持ち悪い…

 

◆さまぁ~ず、サンドウィッチマン、バナナマン…

高評価の理由→ geinou reading geinou ranking

高評価の理由→ geinou ranking geinou reading

 

 

[Amazon]

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※神田愛花さんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

ギャラ寄付!木村佳乃が日テレ「24時間テレビ」に申し出!チャリティーなのにギャラ論争に新風か

今年も日テレ夏の風物詩『24時間テレビ』の放送が近づいてきましたが、チャリティーパーソナリティーを務める木村佳乃さんがギャラを寄付すると申し出ていると報じられています。

今年は番組パーソナリティーを務めるサンドウィッチマンもギャラを寄付すると報じられており、毎年なされる「チャリティー番組なのにギャラ」論争が今回はちょっと変わった様相になりそうです。

 

 

 

木村佳乃とサンドウィッチマンがギャラを寄付

 

[以下引用]

そんな中、今年のチャリティーパーソナリティーを務める木村佳乃が、ギャラの寄付を申し出ているという。

 

「これまでも半分程度や何割かを寄付する出演者は多かったですが、もし全額となると、萩本欽一さん以来のことになりそうです。もともと木村さんは東日本大震災の際に、チャリティー握手会の発起人となったり、募金を集めたりと、福祉活動に積極的な女優として知られています。さまざまな業界の便宜を図るため、ギャラをそのまま寄付するのではなく、ギャラと同額の寄付金をポケットマネーから出す形になりそうです。どの程度を寄付するのか注目が集まりますよ」(芸能関係者)

[サイゾー]

 

 

今年はサンドウィッチマンも番組パーソナリティーとして参加することが決まっています。

 

宮城県出身で2011年の東日本大震災を宮城県気仙沼でロケ中に被災した二人は被災地支援の意識が高く、設立した『東北魂義援金』ではこれまで総額4億円以上を寄付しています。

 

そんな二人がチャリティー番組に出演することが決まったとき、伊達さんは「個人的にはお祭りのような番組だと感じていました」とチクリとしながらも、「結果的にチャリティに参加していただけたらいいなと思っています」と話していました。

 

本気のチャリティーを続けてきたサンドウィッチマンが、長年チャリティーなのにギャラが発生することで批判されている『24時間テレビ』に参加することで不満不安を唱える声もあり、サンドウィッチマンのギャラの行方は気になるところです。が、以前アサ芸が報じたところによると、他の出演者との兼ね合い上ギャラを拒否するわけにはいかないため、木村さんと同様に一旦はもらい同額を寄付するのではとのこと。

 

萩本欽一さんは1978年に出演した際、ギャラの引き上げ交渉をして金額を上げるだけ上げた上でそのギャラを全額寄付したといいますし、ふなっしーも「ゆるキャラリレー」に出演してもらったギャラ50000円を寄付したことを明かしたことがあります。

 

「ゆるキャラリレー」で少し走って50000円となると、24時間出続ける人たちはいったいいくらもらってるんだとなりますが。

 答えはこちら→嵐、大島美幸、羽鳥慎一のギャラ

 

※似合ってますね

[amazon]

 

ギャラはどこから。

 

これら出演者のギャラは、もちろん募金から出るわけではなく、番組を放送するにあたりCMやイベントの協賛などで日テレにはスポンサー収入が発生し、ギャラはそこから出ています。日テレは制作費も含めると莫大な赤字になると主張していますが、以前週刊文春に広告代理店関係者がコメントしたところによると「『24時間テレビ』はイメージがいいから、こぞってスポンサーになってくれる。局としては、しっかり黒字になるんです」とのこと。

 

番組としては、集めた募金と販売するTシャツやグッズの売上を寄付して「チャリティです!」と言っていますが、チャリティというからいろいろ議論が生じるんだと思います。はっきりと「通常の番組でCM収益等利益はありギャラも発生しますが、集めた募金と販売するグッズの売り上げは残らず寄付します」と明言したほうが出演する人もギャラについて詮索されずいいのでは。

 

もうここ何年もネット上では「感動の押し売り」「障害者は努力しないといけないのか」「偽善」「出演者が無駄に豪華」「チャリティーマラソンをする意味はあるのか」と批判の声があります。

 →ギャラだけじゃない24時間テレビの不都合な真実

 

一際声高に障害者を特別視するのはおかしいと唱えていた乙武洋匡さんは超ゲス不倫発覚で図らずもそれを自ら証明したことになりましたが、それでも日テレの姿勢は変わっていません。

 

また、毎年批判のある24時間マラソンは今年みやぞんさんのトライアスロンになりますが、この猛暑の中なぜ24時間トライアスロン…

 

サンドウィッチマンのように、「結果としてチャリティに参加していただけたら」という部分もありますが、どうせならもう少し気持ちの良いものにしてもらえたら観る気も起きる…かも?

 

◆もうほんと限界ですよ

24時間テレビ→ geinou reading geinou ranking

24時間テレビ→ geinou ranking geinou reading

 

◆ここまで読んで頂きありがとうございます◆

※サンドウィッチマンさんのSNSはこちらから 芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング