野村周平さんの犬の飼い方が「非常識」だと話題になっています。

野村さんは5月4日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』で「ひとり暮らしだと寂しいので、ワンちゃんを飼いたい」とロケを行い、ペットショップで約23万円で売られていたボーダーコリーを購入していました。




『櫻井・有吉THE夜会』では子犬に「スヌープ」と名付けたと語り、「子犬なので、帰ったらとりあえず糞まみれなんですよ。それも喜んで拭けるんですよ」とご機嫌で、インスタのスヌープ率はかなりのものです。

この放送直後からネットでは「大丈夫なの?」という声が溢れていましたが、週刊女性はきっとそれを拾ったんでしょうね。放送から5日後に週刊女性が野村さんの自宅を訪れたところ、野村さんが愛犬を抱えたまま片手ハンドルで自転車を運転して帰ってきたところを目撃、今週号にはその写真が掲載されています。

[以下引用]

記者が見ていたかぎり、リードや首輪をつけずに飼っている様子の野村だが、「慣れるためには、子犬のうちから首輪をしたほうがいいですね」(前出・ペットショップ店員)という声もある。本当に首輪をしなくて大丈夫なのだろうか。

「飼う際に登録した情報を首輪につけておかないと迷子になったときに飼い主がわからず、殺処分となってしまうおそれもあります」(一般社団法人日本動物虐待防止協会代表理事・藤村晃子さん)

[週刊女性]



私が野村さんのインスタを見た限りは青い首輪をつけているんですけどね。室内では付けていて、外では付けていないということもないと思うので、記者さんには見えなかっただけじゃないですかね。

 野村周平さんのSNSはこちらから→芸能人ブログ全集

それでもリードを付けないでいざというときどうするんだろうと思いますし、子犬を片手に抱いて自転車って怖いです。そもそも東京都の交通規則では物を持ちながらの片手運転は違反行為となっています。

手にはレジ袋も下げていたので、ちょっとそこまで買い物に行っただけなのでしょうが、それならなおさらリードを付けて散歩した方が子犬も喜ぶのではないでしょうか。

週刊女性には“ネット上では、成犬になるまで飼えるのか心配する声も”として「ボーダーコリーはしつけが難しく、飼育初心者には不向きですね。もとは広い牧場で羊を追いかける犬ですから、運動不足にならない工夫をしなければいけません」というペットショップ店員のコメントがありました。

ネットにはボーダーコリーに必要なのはたくさんの運動よりも飼い主とのコミュニケーションであり、速度を変えたり、マテ、スワレなどの指示を出しながらの散歩であれば、散歩の距離はふつうの犬と同じでいいという飼い方アドバイスもありますので、必ずしも運動、運動!と躍起にならなくてもいいのかもしれません。

そうは言っても、子犬の時期にきちんとしたしつけが必要なのは変わりません。

野村さんは一人暮らしで留守にすることが多いでしょうに大丈夫でしょうか。

「子犬なので、帰ったらとりあえず糞まみれなんですよ。それも喜んで拭けるんですよ」と言っていましたが、成犬になれば自然とトイレを覚えるわけではないですし、牧羊犬でよく吠える性質のボーダーコリーを集合住宅で飼うには、やっぱりある程度しつけないと難しいでしょうね。

きっとシッターに預けてしつけてもらったりするんだと思いますが…

週刊女性によると、恋人の水原希子さんはインスタで愛犬にぶどうをあげている画像をアップし「犬がぶどうを食べると、腎不全になる危険がある」と注意コメントがついたことがあるそう。

リードを付けないで抱いて移動するあたり、野村さんも犬というより子どものようなイメージで接しているのかもしれません。

病気になればウン万、ワクチンにもお金がかかる、保険に入るとしても人間並とか、そのへんの出費はきっと野村さんにとっては些末なことでしょうからクリアできるとして、成犬になってもちゃんと可愛がれるよう、努力してほしいです。

こんなことで話題になるのも、水原さんともどもふだんからとんがってるからでしょうね。

◆こういうこと言うのも嫌われる

野村周平の浅はかな考え→ geinou reading geinou ranking

野村周平の浅はかな考え→ geinou ranking geinou reading

捨て犬 -
捨て犬 –

[amazon]

※水原希子さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら