ココリコの田中直樹さんと小日向しえさんの離婚が発表され、親権が田中さんにあることで小日向さんの浮気などが疑われていますが、実際にはまったく違うのではないかと週刊文春が報じています。

ranking

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料&ポイント10倍】ペルソネル活動2/田中直樹
価格:3694円(税込、送料無料) (2017/5/10時点)




そもそもが交際期間なしに「お互い好きなんだから結婚しよか」と田中さんがプロポーズして結婚した二人です。

2003年6月に結婚し、翌2004年6月に長男、2008年4月に次男が誕生…と、順調な時期もあったのでしょうが、盛り上がっているうちはともかく、徐々に違いが出てくるのは想像の通りだったようで…

[以下引用]

「お互いをよく知らぬまま結婚したことで、後々に行き違いが生じたのでしょう。田中さんは物静かで、自分の殻にこもるタイプ。人付き合いが苦手で、うるさい環境を嫌います。小日向さんは社交的で友達も多い。毎日子供を大声で叱りつけながら子育てに奮闘していました」(芸能関係者)

[週刊文春]



こんな感じでもうまくいくケースはあると思うのですが、田中さんの家庭は壊れてしまいました。

「ガキの使いやあらへんで」や「笑ってはいけない」シリーズなどの番組にたびたび家族で出演し、世間的にはおしどり夫婦、仲良し家族として認識されていましたし、2013年に田中さんがベストファーザー賞を受賞したこともあり、子煩悩なイメージがあったため、なおさら「なぜ?」ということになります。

しかし、知る人ぞ知る家庭不和があったようで。

[以下引用]

夫妻の知人が語る。

「実際は随分前から夫婦仲は冷め切っていた。というのも、多忙な田中さんは長男が生まれた時から子育てに積極的ではなかったから。一方で、几帳面な性格からか、金銭の管理は主に田中さんがやっていて、そのことでたびたび二人は衝突していたようです」

小日向の友人の証言。

「真面目な田中さんは、仕事で上手く行かないことがあると、家族に極端に冷たくなるそうです。時には食事や食器にまで文句をつけ、突然怒り出すようなこともあったとか。出産後、ママタレとして活躍していた小日向ですが、“理想の夫を持つ幸せな妻”という世間のイメージと現実のギャップに苦しんでいた」

次男が小学校に入学してからは、ストレス発散のためたびたび飲みに出るようになったという小日向。

「外出を咎められ、また喧嘩するという悪循環。子供が成長するにつれ、自分の時間を持ちたいと思う彼女と、それを良しとしない田中さんとの溝は深くなっていった。田中さんも相当強く彼女に言ったのでしょう。いつしか小日向は『怖い。顔も見たくない』と怯えるようになった」(同前)

[週刊文春]



これは結構意外でした。

ただ、よーく考えてみると、どうなんでしょうね…。

いくら多忙でも、子育てにまったく協力できないほどなら妻の心がささくれても当然だと思います。

下の子が小学生になったなら、少しは飲みに出たりしてもいいとも思います。

確かにそうなのですが、忙しくて子育てに協力しないのに金銭の管理はする、仕事がうまくいかないと「家族に」辛くあたると、これだと田中さんがモラハラ夫であると言っているようなものです。

これを小日向さんの友人が明かしているとなると、何か思惑があるのかなと思ったり。

※モラハラ夫と幸せに暮らすノウハウ本

モラ夫のトリセツ: モラハラ夫と幸せに暮らす、秘密のテクニック -
モラ夫のトリセツ: モラハラ夫と幸せに暮らす、秘密のテクニック –

[Amazon]

可能性の話ですが、例えば、金銭管理については、小日向さんが金銭的にルーズだったのかもしれませんし、もしかしたら田中さんには自分が働いて稼いだお金だからちゃんと納得して使いたいという考えがあったのかもしれません。

極端に冷たくあたるというのもどのレベルなのか、ですよね。

あんまり疲れていたら家でもニコニコはできないだろうと思いますし、小日向さんの料理やお皿のチョイスが破滅的にダメだったという可能性もなくはないです。

なんせ小日向さんの友人の証言ですから、小日向さんの都合が良くなるようなことを話している可能性は捨てきれないです。

ちなみに小日向さんのインスタを見ると、田中さんの顔中に油性マジックでかなり好き勝手に落書きする次男の写真があり、もしも田中さんが日常的に家族に冷たくあたっているんだとしたら、萎縮してこんなことできないだろうなと思いました。

料理や食器については、何枚かあったお弁当の写真は生姜焼きとレタスとトマトとか、オムライスにトマトとスナップえんどうとか、ハッキリ言ってまあいわゆる凝った弁当ではありませんでした。

でも子どもは好きで食べきりそうなものでしたし、もっと過去に遡るとドレッシングもちゃんと作ってるような記述もあって、田中さんの文句がいちゃもんなのかどうなのかはわかりませんでした。

そのへんのモラハラ的な諍いがあったのかはわかりませんけれど、週刊文春には夜中に大声で言い争うような怒鳴り声が聞こえてきたとか、子供と父、母どちらかが出かけることはあっても、家族揃っての外出は見たことがないといった、近隣住民のコメントがあり、とにかく最近はうまくいってなかったんでしょうね。

田中さんが親権を持つことから小日向さんの浮気が疑われていますが、週刊文春によると田中さんが強く主張し小日向さんがそれに納得したためこういう結果になったとのこと。

モラハラが疑われるくらいの夫に親権渡しますかね。

養育権がどちらにあるかで意味も変わるといいますから、親権の行方だけでどうのこうのは言えないのですが、通常のケースでは父親が親権を主張しても取得が難しいといわれる中での今回ですから、なかなか疑惑は消えないとは思います。

それでも離婚後も子どもに対しては双方が親として接していくと宣言しているんですから、子どものことを考えたら、田中さんは小日向さんの浮気疑惑を打ち消す努力をすべきですし、小日向さんの友人は田中さんのモラハラ疑惑を誘発するようなコメントはすべきではないのではないでしょうか。

※役者としても頑張ってます。

慰謝料弁護士〜あなたの涙、お金に変えましょう〜 DVD-BOX [ 田中直樹 ] - 楽天ブックス
慰謝料弁護士〜あなたの涙、お金に変えましょう〜 DVD-BOX [ 田中直樹 ] – 楽天ブックス

[楽天市場]

※小日向しえさんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら