フジテレビのドラマに出るのは罰ゲーム、なんて言われる今日このごろ、低視聴率が当たり前になりつつあるフジテレビの連続ドラマですが、業界では4月クールの作品についても同様に厳しくなると見られており、特に日曜午後9時放送の観月ありささん主演ドラマについては放送する前からフジテレビ自体が歴史的大爆死を予想しているんだとか。

ranking

※フジのドラマで久々の高視聴率だったのでは[楽天市場]






4月にフジテレビが放送するのは、月曜9時が相葉雅紀さん主演『貴族探偵』、火曜10時が小栗旬さん主演CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』、木曜午後10時が桐谷美玲さん主演『人は見た目が100パーセント』、日曜9時が観月ありささん主演『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』の4つです。

この中で唯一希望的観測もあるのが小栗旬さんの『CRISIS』です。

[以下引用]

直木賞作家・金城一紀が脚本を務めるアクション作品という点では、「手堅く数字が見込める内容」(テレビ局関係者)というが……。

「ただ、フジなので一抹の不安もよぎります。また、二番手が西島秀俊というのが少々気になりますね。彼は、女性にとっての“理想の男”また“抱かれたい男”などと、祭り上げられていますが、実際の人気や視聴率、また演技力という点でも、正直小栗には遠く及びません。主演と企画力で、どこまで数字が伸ばせるのかが見ものですね」(同)

[サイゾーウーマン]



2014年4月に放送され好評だった小栗旬さん主演、金城一紀さん脚本の『BORDER』の流れをくむ作品だとして注目されていますが、『BORDER』はテレ朝だったんですよね。

『BORDER』は最低視聴率は第一話、第二話の9.7%でしたが、その後は面白いドラマの典型である右肩上がりとなり、第七話で16.7%という最高視聴率を記録、最終的に全話平均視聴率は12.2%となりました。

『CRISIS』自体は『BORDER』と別物ですが、フジも同じ脚本、主演でよくドラマを作ろうと思ったなと。

BORDER DVD-BOX [ 小栗旬 ] - 楽天ブックス
BORDER DVD-BOX [ 小栗旬 ] – 楽天ブックス

[楽天市場]

その他、同記事では『貴族探偵』は月9ドラマ30周年記念作品ということもあり武井咲さん、仲間由紀恵さん、生瀬勝久さん、中山美穂さんなど有名どころが勢揃いしているものの、「今の月9では1ケタは免れないのでは」という芸能プロ幹部のコメントがあり、『人は見た目が100パーセント』は主演の桐谷美玲さんを「外見以外に評価できるポイントがまったくない」と制作会社スタッフに切り捨てられています。

一番ひどいのは『櫻子さん』です。

[以下引用]

観月ありさが主演する、日曜午後9時放送の『櫻子さんの足下には死体が埋まっている』については、「フジは勝負を放棄している」という意見が。

「裏では、高視聴率ドラマを連発するTBS日曜劇場が放送される時間帯だけに、今回もかなり厳しい戦いになると思います。しかもTBS側は、相変わらず『フジの日9ドラマに出演した役者は、今後TBSのドラマに起用しない』という姿勢を取っていることから、フジは役者にオファーを断られることも少なくないんだとか。観月に関しては、単純に連ドラの連続主演記録を伸ばしたいという一心で出演を決めたのでしょう。今後観月に、TBSから主演級のオファーが来るとは思えませんしね。単話平均視聴率2.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)という歴史的な大爆死を喫した『HEAT』に近い数字を記録するのではと、フジサイドも予想しているようです」(前出・幹部)

[サイゾーウーマン]



『HEAT』は2015年に火曜10時枠でフジテレビが放送したAKIRAさん主演のドラマです。

消防団を舞台にした史上初のドラマで、放送開始前の時点で続編として消防の部隊「エネルギー・産業基盤災害即応部隊(ドラゴンハイパー・コマンド. ユニット)」を題材にした映画『DRAGON』(仮題)の製作が決定していましたが、ドラマが21世紀以降放送された民放連ドラで最低視聴率を記録という歴史的大爆死をしたこともあり映画化の計画は白紙になっています。

それと同レベルの爆死を予想しながら制作するフジテレビの人が気の毒でなりません。

もちろん、それ以上に出演者として名を連ねる観月ありささん、藤ヶ谷太輔さん、高嶋政宏さん、上川隆也さんといった俳優の方々が気の毒ですが。

ちなみに『櫻子さん』は骨が好きな“変人”である観月さんが事件を解決するというもので、『貴族探偵』同様変わった人が事件を解決するミステリーです。

よくまあ似たようなものを選ぶなと。フジテレビ的には今はこのタイプなんでしょうね。

フジテレビは俳優はもちろんのこと、常識は何処へいったというしかない扱いをして原作者の方々にも逃げられ、脚本家も次々と離れていると言われています。

 まさにクソ野郎!無礼過ぎるフジテレビに絶縁宣言の作家続出

こんな現状を作っているのは実績ありきで冒険をしない上層部だといい、新しく入社するのもコネが多いという現状を思うと、フジテレビの上昇はなさそうですね。

 週刊誌を見てキャスティング、年収は3年めから上がらずリメイクばかり…フジテレビ低迷の背景

◆悲報

フジテレビが触れたタブー→ ranking reading

フジテレビが触れたタブー→ reading ranking

フジテレビはなぜここまで凋落したのか J-CASTニュースセレクション -
フジテレビはなぜここまで凋落したのか J-CASTニュースセレクション –

[Amazon]

※観月ありささんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら