投資詐欺で逮捕された男性A氏との不倫が報じられたタイミングで「子供のため」を理由に芸能界を引退した江角マキコさんの続報が出ています。

なんと二人が密会していたマンションは江角さん名義であるものの支払いはA氏なんだとか。

実質的にマンションを買ってもらったことになっているその事情とは。

ranking

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

それは、突然、嵐のように…DVD-BOX [ 江角マキコ ]
価格:16826円(税込、送料無料) (2017/1/31時点)






すでに報じられているように、江角さんの不倫相手と言われるA氏は、江角さんや布袋寅泰さん、GACKTさんなど有名人も被害にあったという投資詐欺事件で逮捕された一人で、昨年12月に有罪判決を受けています。

 江角マキコが被害者に!布袋寅泰、GACKTらと投資詐欺にあっていた

被害者が約60人で被害額が113億円ということで、一人あたりの被害額の大きさが驚きを呼んでいましたが、江角さんは3億円を投資していたと言われています。

A氏との不倫を報じた先週発売の「女性自身」には、昨年12月中旬に江角さんが子供を学校に送り届けたあとA氏と落ち合い、港区の高級マンションで6時間も密会した様子があり、夫の平野眞さんは「女性自身」の取材に対し、「A氏のことで夫婦げんかになったのが別居の原因」と、暗に不倫を認める発言をしていました。

それに対し、江角さんは「女性セブン」の独占インタビューに答え、「滞在時間は4時間で同席者がいた。出資金の返済のために話し合っていた」「A氏と会っていたのは返済してもらうための弁護士のアドバイス」と説明し、不倫報道を否定しました。

 江角マキコ、家族旅行中に不倫、薬指に夫の知らない指輪

江角さんも引退しましたし、これで終わりかと思いきや、今週発売の「女性自身」「フラッシュ」には後追い報道が出ています。

そのうちの「フラッシュ」には、2人が密会していたマンションの所有者が江角さんであり、かつ、ローンの名義はA氏だったという驚くべき話が掲載されていました。

[以下引用]

「このマンションは昨年7月に建てられた新築物件。江角さん名義の部屋は2LDK、100平方メートルで、売出し価格は約2億5000万円という超高級物件だ。登記簿を見ると、江角さんが昨年10月に購入している」(不動産会社関係者)

さらに不可思議な点がある。

「購入のため1億6000万円の住宅ローンを借りているが、その債務者(返済をする人)はA氏になっている。登記を素直に読めば、A氏が江角さんにマンションを買ってあげたように見える」(前出・不動産関係者)

江角の代理人である弁護士に聞くと「その物件は譲渡担保にしたと聞いている。買ってもらったということに当たらない」と回答があった。またA氏の弁護士も同様の回答だった。

「譲渡担保」とは借金の担保に所有権を債務者が債権者にいったん譲渡する方式のこと。借金を返せば所有権は債務者に戻るが、返済できない場合、所有権は債権者に完全に移る。江角とA氏の主張が本当なら、A氏は投資金のカタにマンションの所有権を江角に渡したことになる。

[フラッシュ]



投資詐欺事件が摘発されたのは昨年8月末、江角さんも被害者であることが報じられたのは9月中旬です。

つまり、投資詐欺事件が明らかになってからA氏は2億5000万円ものマンションを江角さん名義で買ったことになります。

確かに借金を返せば所有権はA氏に戻り、返せなければマンションが完全に江角さんのものになるということで一見被害額の返済に思えます。

でも、そもそもA氏は詐欺グループの一員ではありますが、詐欺を起こしたのは『クエストキャピタルマネージメント』という会社です。よくわからないのですが、A氏の名義で返済するのは正しいんでしょうかね?それだとA氏のポケットマネーで返済することになると思うのですが。

GACKTさんや布袋さんやその他の被害者たちも、そうやって個人同士お金のやり取りをしてるんでしょうか。

※布袋さんプロデュース

ONE WAY DRIVE - 江角マキコ
ONE WAY DRIVE – 江角マキコ

[Amazon]

そして江角さんはその借金の形で買ったマンションで残り5000万円の返済計画を話し合っていたというのでしょうか。

なんというか…

ちなみに江角さんが主張していた「A氏と会っていたのは返済してもらうための弁護士のアドバイス」は、ふつうは被害者が直接交渉すると感情的になったり、相手側の時間稼ぎが繰り返され時間だけがかかるため、そういう指導をすることは考えにくい、ということでした。

江角さんについている弁護士はジャニーズやバーニングの案件をよく担当する有能な弁護士だというのになぜそんなアドバイスを、と思ったら、他の弁護士は、「弁護士は守秘義務があるから、こう言われても何も反論できない。もしかしたら江角さんはそれをわかっていて弁護士をうまく利用しているのかもしれない」という指摘をしていました。

「女性自身」の後追い報道には、「女性セブン」で江角さんが6時間と報じられた密会時間を4時間と訂正したり、2家族での家族旅行を3家族と言ったりという部分は明らかに間違いであり、それについて江角さんの知人は、江角さんはテンパるとしょうもない嘘をつく癖があるという内容があったのですが、弁護士のアドバイスだというのもその一環なんでしょうかね。

実は江角さんには黒い噂が出ていました。

 不倫以上の爆弾スキャンダルに発展!江角マキコにささやかれる黒い噂

「今回の不倫報道は男女関係のことはどうでもよくて、金の話を追うべきだ」という話だったのですが、お金の流れを追った結果が今回のマンションの件だったのであれば、江角さん、本当に被害者だったのか、不思議に思えてきます。

※無駄なものはいらない、的な内容なんですが。

もう迷わない生活 (集英社文庫) -
もう迷わない生活 (集英社文庫) –

[Amazon]

※被害仲間のGACKTさんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※ジャニーズのニュースはこちら

ジャニヲタ☆怪☆レーダー

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら