ゲスの極み乙女。の川谷絵音さんとの不倫騒動で、ベッキーさんに発生したと言われるCMなどの違約金をめぐり、ベッキーさんの所属事務所と川谷さんでバトルが勃発していると報じられています。曰く、5億円とも言われる違約金を川谷さんにも折半してもらおうと提案した所、「プライベートな問題」を理由に拒否されたというのですが、広告代理店の関係者の間では、そもそも違約金はそこまで高額ではないという声が出ているんだとか。

ranking

※両成敗でいいじゃない。






[以下引用]

ベッキーは休業に際してCM契約の打ち切りなどで生じた5億円といわれる損害額を、所属事務所のサンミュージックと折半して支払うと報じられている。これが事実なら、ベッキーには仕事復帰を早めなければならない切迫した事情があることになるが、大手広告代理店の関係者は「どう見ても5億円なんてありえない」と話している。

この関係者は長くタレントのCM契約などに携わっており、過去にベッキー絡みの広告案件にも従事。あくまで部外者の立場だが「ベッキーさんのCM出演料の相場は1本1,500~2,000万円で、仮に10社が打ち切りになったとしても2億円。契約違反はその倍額を払うとかテキトーなこと書いていたメディアがありましたが、損害額は個別にもっと細かく算出されるもの」と解説する。

「企業に悪いイメージを与えて商品の売り上げを下げたのなら莫大な損害がありますが、イメージキャラとしてそぐわなくなったという程度の事象だと、報酬の返納程度で終わることが多く、その降板理由も犯罪でもない限り、巨額の賠償請求は難しいんです。ポスターや販促グッズなどを作った場合はその費用負担が出てくることもありますけど、すでに役目を果たした掲示期間のギャランティは差し引きますし、これはCM放送の期間とは違う契約になる。そういうことを考えて、5億円なんて額はまずありえないと私は思います」(同)

※事務所の先輩・酒井法子さんの時は本当に大変だったのかも。

贖罪 -
贖罪 –

[Amazon]

さらに関係者は「ベッキーさんの場合、契約していたCMすべてが打ち切りになったわけではない」とする。

「ほかのタレントに差し替えていた太田胃散や、放送を中止したローソンなどは損害が大きいといえますが、花王やNTT都市開発など、もともと1月で放送終了だったといわれている企業は損害が大きいとはいえません。契約書を個別に見たわけではありませんので外から察しただけの話ですが、個人的には最大でも2億円に届くかどうかではないかと思いますし、報酬の一部返納で、数千万円の支払いで済むという可能性だってあるのでは」(同)

[サイゾー]



なるほど。単純に倍額、というのも大雑把過ぎますが、芸能界はそんなものなのかと思っていました。

事務所とタレントが損害額を分けること自体はよくあることで、最大2億円だとしてその半分の1億円ということであれば、大金は大金でもベッキーさんなら無理なく支払えるはず、とのこと。

というのも、騒動前のベッキーさんは、CM10本、レギュラー番組はラジオも合わせて11本、その他、ゲスト出演やイベント出演などもありましたし、年収3億円は超えていたと見られるためです。

年収の3分の1と思うと痛くはありますが、ベッキーさんが売れっ子だったのはここ1,2年の話ではないので貯金はそれなりにあったでしょうから、そこまで「巨額」ではないだろうと推測されます。

なのになぜ、「巨額違約金」と強調されるのかというと、ベッキーさんの事務所の思惑があるそうで。

[以下引用]

「一部メディアが大げさに報じているのは、おそらくベッキーが大きな懲罰を受けているという印象にして同情を誘いたいという、むしろ所属事務所寄りの話を流したいからでは」と関係者。

ただ、大きなイメージダウンから今後、彼女を起用するCMや番組がかなり限られることは確実。痛いのは損害賠償よりも、二度と得られないであろう巨額の仕事オファーを失うことのほうだろう。

[サイゾー]



まあ確かに、違約金なんと5億!!というのと、数千万円でした、では、ベッキーさんへの印象が変わりますよね。

ネットでは104日の休業でのテレビ復帰は早いんじゃない?という声も見られましたが、巨額違約金があって他に稼げるタレントがいなくて事務所も潰れそう、なんて話もあれば、早い復帰も仕方ないかな、となりますし。

さらに、違約金の折半を川谷さんに断られたなんて報道があったら、真偽はともかく川谷さん叩きが激しくなって、ベッキーさんには追い風になりますし。

川谷さんの違約金折半拒否の件が本当だとしても、川谷さんは川谷さんで「クレヨンしんちゃん」の主題歌降板だったり、今後しばらくCMやドラマなどのタイアップが望めないことを考えれば、それぞれの仕事でダメージを受けているわけで、「ベッキーさんばかり」というものでもないですよね。

 干されたくせに川谷絵音「テレビで曲使うな」勘違いが止まらない!

貶されまくる川谷さんにとってはヒドい話ですが、救いは川谷さんは実力勝負というところでしょうか。

今回の「巨額違約金」がベッキーさんの事務所の盛ったウソだとしても、ベッキーさんサイドからしたら仕方ないのかなと思ったり。

ベッキーさんはこれまでのように「好感度」だけをウリにできない分、少しでもいい風掴みたいですもんね。

それでベッキーさんが受け入れられるかはまた別の話ですけど。

◆ベッキー&絵音の最新LINEが流出!?

また胡散臭いものが…→ reading geinou ranking

また胡散臭いものが…→ ranking geinou reading

※川谷絵音さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら