3月19日に全国で劇場公開された、広瀬すずさんの主演映画「ちはやふる-上の句-」がよもやの4位発進、興行収入も10億円いくかどうかという状態で、完全に大コケに分類されるといいます。

ranking

※「ちはやふる」全巻セットです

[楽天市場]



『ちはやふる』は3月19日の公開以降客足が伸び悩み、平日の空席率に至っては90%と低調で、前後編で40億円が目標だった興行収入も、この調子なら10億円に達するかどうか、という状況だとか。

映画自体は10代女子に人気のコミックが原作で、今勢いのある広瀬すずさんが主演。3月に入り独走を続ける『映画ドラえもん 新・のび太の日本誕生』を抜かせるのでは、という期待のもと、配給元の東宝は大々的に宣伝し、広瀬さんもテレビに出まくり番宣に勤しんだというのにこの不調は何が原因なのでしょうか。

[以下引用]

「映画の出来はけっして悪くない。むしろ、最近の邦画界にあっては上出来の部類に入るのではないでしょうか。実際、観た人の大半が後編である『下の句』も観にいくはずです。ところが、それこそが問題で、一昨年は『寄生獣』が興収で期待を大きく下回り、昨年は『進撃の巨人』の後編が前編の50%と嘲笑レベルの失態を晒したように、公開前から前後編を売りにする“金目興行”に観客がウンザリしているんです。通常の一般料金なら合計3600円ですから、よほど面白そうでないと普通は二の足を踏みます。それと、ここにきて囁かれるのは、広瀬の女性からの不人気ぶり。これは業界の想像以上でしょう。テレビでの失言でイメージダウンしたことが、ここにきて足を引っ張っている可能性が高いですね」(映画関係者)

[アサ芸]



広瀬さんが『ちはやふる』に主演することが発表されたのは、スタッフ軽視の発言後のことでした。

 批判殺到!広瀬すずの裏方軽視の幼稚な発言で炎上

 広瀬すずの失言謝罪騒動でフジテレビが大損害!スタッフから嫌われてテレビ業界から干されるのも時間の問題

しかしそれとは関係なく、スラっと長身のロングヘアという『ちはやふる』の主人公のイメージと広瀬さんのイメージが合わないということで、当初からゴリ押しだという批判の声がありました。

※158センチです。

広瀬すずPHOTO BOOK 『17才のすずぼん。』 -
広瀬すずPHOTO BOOK 『17才のすずぼん。』 –

[Amazon]

まあでも、昨年夏には「20代女性の嫌いな若手女性タレント」でもトップになったと報じられましたし、嫌われているのは確かですよね。

 広瀬すず、『20代女性の嫌いな若手女性タレント』でトップに…同性からは嫌われまくりでもう終了

その原因はスタッフ軽視発言もそうですが、最近で言うと友情より恋愛を選ぶという妙に正直過ぎる発言とか、さらにはやっぱりゴリ押し臭なのでは。

 嫌われ路線一直線!「四月は君の嘘」でW主演の山崎賢人と広瀬すずに「またこいつらかよ…」

 

特に原作のあるものの実写化で主演するのは、原作ファンのイメージもありますし、かなり危険ですよね。剛力彩芽さんもそうでしたが、合わないのに抜擢されているとだたのゴリ押しだと認定され、悪いのは広瀬さんではないのに嫌われてしまうという…。

 剛力彩芽にジャニーズ…ゴリ押しタレントが毛嫌いされていることを軽視する芸能事務所とマスコミ

◆そもそもの嫌われ発端は

これかも → ranking reading reading ranking

それに加えて、映画が前後編で公開されるってちょっとよくないですよね。

一つの映画を観るのに3600円というのもそうですが、後編公開までに多少なりとも間があるというのはモヤモヤが続くということです。

『ちはやふる』の場合、前編が3月19日、後編が4月29日と1ヶ月ちょっとの差ではありますが、観るなら一気に観たいという人は観るのを躊躇するのでは。

番宣でストーリーに興味が湧いたとしても、キャストによほど興味がなければ原作漫画を読んでしまった方が早いですしね。

もっと言ったら、待てばレンタルで安く一気に観られるし。

『ちはやふる』は原作自体現在も連載中で31巻まである長編なので、ふつうの2時間くらいの映画にまとめるのは難しいのかもしれませんけど、やっぱり3600円って高いです。

せめて前後編同時に公開開始にするとか、両方観るなら割引があるとかだったら、少しは観る人増えるかも?

※広瀬すずさんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら