ベッキーさんとの不倫騒動について、「みんな謝れって言うけど世間の誰に謝ればいいの?」などと発言し波紋を呼んでいるゲスの極み乙女の川谷絵音さんが週刊文春の直撃取材に答えました。

※売れました。

[楽天市場]



こちらにライブのMCで川谷さんが話したことが書いてあります。

 開き直りがスゴイ!川谷絵音がライブのMCで本音ダダ漏れ

「言っておくけど俺好きで黙ってたわけじゃないから!」「みんな謝れって言うけど世間の誰に謝ればいいの?」「人の悪口言う前に自分の生活のこと考えたほうがいいと思います笑」等々、きっと本音なんでしょうけどそれをライブで言うのはどうなの?というような発言が次々と繰り出され、結局1時間のライブ中、15分がMCで途中ドラムのほな・いこかさんが催促するくらい長いMCになったそうです。

そして「多分今日のこともめっちゃ書かれると思うんだけどなんかもう何言われてもいいかなって」なんてことも言っていましたが、その言葉通り、文春の携帯電話への取材にも逃げることなく応じました。

[以下引用]

――ライブで「好きで黙っていたわけじゃない」「謝れっていうけど誰に謝ればいいの?」と発言されていたそうですが。

「はい。あのー、何ていうんですかね、世間の人たちにバーッて『謝れ、謝れ』って言われるのが、謝るべき人に謝るということとは違うのかなっていう意味で言ったんですけどね」

――それは例えばインスタグラムなどに寄せられている言葉に対してですか。

「そうですね。ネットとかの『謝れ、謝れ』みたいな、言う人たちに対して、僕もそうなんですけど、ベッキーさんもそうだと思うけど、何か違うんじゃないかなと思って」

――「好きで黙っていたわけじゃない」とか「正直内輪での話だからみんな関係ないじゃん」という言葉は、本意という風に受け止めてよろしいんでしょうか。

「そうですね。まあ悪いほうに取られるのがすごい嫌なんですけど、はい」

――一月のフリーライブではファンの前で謝罪されましたが、あれはご自身としては不本意だった?

「うーん、そうですね。僕はあの時に、ちゃんとした話をしたかったんですけど、相手方にも迷惑をかけるかなというところもあったり、会社同士の話もあったので、詳しく話すとかじゃなくて、ただ単に『申し訳ありませんでした』という言葉だけを言うっていう形に、話し合いでなって。はい。で、ああいう形の……」

※あの時僕泣きました。

ぴあMUSIC COMPLEX Vol.3 (ぴあmook) -
ぴあMUSIC COMPLEX Vol.3 (ぴあmook) –

[Amazon]

――今回のライブで、「写真使うならもっといいやつ使ってほしい」とか「ミヤネ屋の金髪の写真は二年前」という話も実際にされたんですか。

「なんかあんまりしんみりした雰囲気になるのも、と思って。ライブで。はい。ちょっと明るめな話はしましたね。メンバーに対しても自分に対しても、ちょっと今は雰囲気が……」

――「今日のことも書かれると思うけど、もう何を言われてもいい」とも。

「そうですね。特に対外的にコメントしたつもりはなくて。ファンの人に対してというか。僕がずっと暗くなっていると、ファンの人たちは、あまりよく思わないので。ライブの場でそういう話をするのは、明るく振舞ったというのはありますね」

――「謝れっていうけど誰に謝ればいいの」というのは、ネットに対してとおっしゃいましたが、奥さまに対する謝罪のお気持ちは持たれているんですか。

「はい。それはもう、奥さんとは何回も話をして、『申し訳ございませんでした』という話は。何度言ったからと言って変わるわけじゃないんですけど、あの、そういう話は二人の間ではしていますね」

――まだご結婚生活は続けているんですか?

「えーっと、もう別居中ですね。ずっと」

――離婚に向けて協議を進めている状態ですか。

「そうですね。二人でちゃんと話し合いを今、しています。はい」

――今、病院にいらっしゃるということですが、ご体調優れないんでしょうか。

「僕、ちょっとノドのリハビリでずっと通っていて。今も病院にいて。すいません、ありがとうございます。失礼します」

[週刊文春]



飄々とした話しぶりは騒動前と変わらなかったとのこと。

もともと自分でも言っているように川谷さんは失言が多いようですね。

過去川谷さんが

「フランプールのボーカルがジャニーズみたいなライブパフォーマンスだった。意識してるんだろうなぁ。ああはなりたくないなぁ。」

「miwaってシンガーソングライター?が音楽舐めてるとしか思えない。」

とツイートしていたことは有名です。

これはまあ2011年とデビュー前のことなので、素人ならこのくらい無責任なことを言うのは大したことありません。

でも今回のMCのいろいろって、不倫して相手をほぼ引退まで追い込んでおいてなに言ってるんだと思ってしまいます。

ゲスの極み乙女自体川谷さんが「遊びで始めた」らしいですし、デビューした翌年にはCMのタイアップが取れたりとかで、なんかいろいろ真摯さがないのかもしれませんね。

心構えが素人っぽいというか。

ギターマガジン 2016年2月号 【表紙】 川谷絵音(ゲスの極み乙女。/indigo la End)[本/雑誌] (雑誌) / リットーミュージック - CD&DVD NEOWING
ギターマガジン 2016年2月号 【表紙】 川谷絵音(ゲスの極み乙女。/indigo la End)[本/雑誌] (雑誌) / リットーミュージック – CD&DVD NEOWING

[楽天市場]

まあ、今回川谷さんが話したことでベッキーさんへの批判が川谷さんへ逸れた感じはあります。

そういう意味では、ありあまるベッキーさんへの愛があふれたのかもしれませんが、逆に言えば喋ったからこそ騒動が長続きしてしまうというか。

ちなみにベッキーさんは川谷さんと連絡を断ち、CMの違約金と言われる4億は自分で払うと言ってるそうですが…11月末から1月頭までのほんの1ヶ月ちょっとの恋で仕事と貯金を失くしたなんて、恐ろしいですね。

最後に、ゲスの極み乙女のメンバーで既婚であることを隠していたのは川谷さんだけではなかったそうです。

[以下引用]

内情を知る音楽関係者が明かす。

「ほな・いこかは音楽関係の仕事をしている男性と婚姻関係にあります。しかし、彼女はあのビジュアルから、『かわいすぎるドラマー』と評判で、男性ファンも多い。そのため『公表しない方がいい』という判断から一部しか知らないトップシークレットなんです」

[週刊文春]



川谷さんは電話取材の中で、ほな・いこかさんの結婚について「僕からは、何とも言えないですね。はい。僕があんまり無責任な発言をするとあれなので」と答えたとのこと。

現在26歳のほな・いこかさんは中学生の頃からタレント活動をしており、雑誌の撮影や舞台にも出演し女優志望だったそうで、MVで彼女が演じる“ドSキャラ”は十代男子には絶大な人気を誇るんだそう。

それはまあ隠したかったかもしれませんが、川谷さんの既婚隠しといい、なんだか不誠実なバンドというイメージがつきました。

今はゲスの極み乙女は好調なようですが、いつまで続きますかね。

ロマンスがありあまる(通常盤) - ゲスの極み乙女。
ロマンスがありあまる(通常盤) – ゲスの極み乙女。

[Amazon]

※川谷絵音さんのSNSはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

ストレスを他人にぶつけてしか発散できないクズってなんなの?