低迷続きの大河ドラマですが、来年の「真田丸」は必ず成功させようと、NHKがゴシップ狙いのキャスティングをしていると報じられています。

 → ranking

※人気の真田幸村です。

[楽天市場]



現在放送中の井上真央さん主演「花燃ゆ」は、あまりにもマイナーな主人公を選んだのが失敗したのか、現時点で平均視聴率が約12.0%と、大河史上最低視聴率を記録した「平清盛」を下回りそうな惨状となっています。

しかも、低迷しているのは大河ドラマだけではありません。

このところ好調続きだった朝ドラも「まれ」が平均視聴率19.4%に終わり、2012年の「純と愛」以来となる“20%切り”となってしまいまいした。

さらには、紅白歌合戦でも司会に内定していたタモリさんに発表直前に断られ、例年なら発表している時期なのに未だ発表できていない状況です。

※松陰先生も苦笑いしていることでしょう。

吉田松陰 留魂録 (全訳注) (講談社学術文庫) -
吉田松陰 留魂録 (全訳注)

[関連商品]

さて、そんなドンヨリした空気を振り切るため、NHKはある狙いをもって「真田丸」のキャスティングを行ったといいます。

[以下引用]

今年の紅白にも審査員などで絡んでくる来年の大河『真田丸』の出演者の顔ぶれが気になるわけだが、主演の真田幸村役・堺雅人ほか、大泉洋、長澤まさみなど最初に発表されたキャストに加え、9月に追加発表されたのが鈴木京香、山本耕史、片岡愛之助と超豪華キャストだ。これらのメンツを見て、こんな声も聞こえてくる。

「堀北真希と結婚したばかりの山本、藤原紀香と交際中の片岡、長谷川博己と交際中の鈴木京香、伊勢谷友介とくっついたり離れたりの長澤まさみ。放送期間中にワイドショーで取り上げられそうな役者を選んだと一部で囁かれています。実際、『武蔵』に出演中の市川海老蔵に隠し子騒動が起きたとき、『平清盛』に出演中の松山ケンイチの妻・小雪が第一子を出産したときは数字が跳ね上がったんです」(芸能ライター)

[週刊実話]



なるほど、出演者のゴシップ頼みというわけですか…

ま、もともと人気芸能人はスキャンダルまみれというのもありますが、確かに「何かやってくれそうな」キャスティングではあります。

最近は受信料問題などを巡ってNHKの傲慢体質が叩かれることが多いですが、作品の本質的な面白さで勝負しないというところが、なんだかジリ貧のフジテレビに似てきているように感じます。

数字ばかりを追うのではなく、公共放送として国民の利益になるような番組作りに真摯に取り組んていかないと、同じような末路を辿るような。

※全てはここから始まりました…

フジテレビデモに行ってみた! -大手マスコミが一切報道できなかったネトデモの全記録 -
フジテレビデモに行ってみた!

[関連商品]

さて、NHKが用意しているのはこれだけではありません。

「八重の桜」では西島秀俊さんの鍛えられたボディが話題になったこともありましたが、今回は長澤まさみさんが文字通り体を張った演技を見せる予定だといいます。

[以下引用]

「『水戸黄門』に倣って、長澤の入浴シーンが連発される見込みです。サービス精神旺盛な長澤のこと、打ち合わせではすでに完全乗り気だとか」(NHK関係者)

NHKとしては格調ある大河にそういったシーンを持ち込みたくないのが本音のはずだが、なりふり構ってられない状況なのが現実。しかも、脚本はサプライズ好きの三谷氏ということで、かなり現実味がある話だ。

[週刊実話]



長澤さんについては、今回の「真田丸」出演を機に伊勢谷友介さんと結婚するとの噂もありましたね。

まったく、始まる前からこんな調子では、とても高視聴率なんて見込めないと思うんですけど…

三谷幸喜さんは最新映画「ギャラクシー街道」でもヒドいことになってますし、正直いってかなり厳しい状況のような気がしますが、果たしてどうなることやら…

◆芸能人の夫婦画像

堺雅人と菅野美穂のプライベートあります→ geinou reading geinou ranking

堺雅人と菅野美穂のプライベートあります→ geinou ranking geinou reading

※興行収入10億いかなかったりして。



[関連商品]

※夫婦共演するかもしれない紀香さんのブログはこちらから。

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら