2017年のNHK大河ドラマが柴咲コウさん主演であることが発表されました。内容は戦国時代の女城主である、井伊直虎の波瀾万丈の生涯ということで、「無理矢理女性を主人公にしなくても」「マイナー過ぎる」という批判の声が…

ranking

※なんというか…こんな感じ?

[楽天市場]



[以下引用]

「今回抜擢された柴咲コウはNHKドラマ初出演にして、いきなりの大河初主演となります。また脚本家は『JIN-仁-』、『天皇の料理番』(共にTBS系)など数々の高視聴率ドラマを手掛けてきたヒットメイカーの森下佳子です。大河といえば、現在放送中の『花燃ゆ』は視聴者からの評判や視聴率が芳しくなく、苦戦していますから、来年の堺雅人主演『真田丸』と、この『おんな城主 直虎』で、再び大河枠の人気を取り戻そうと関係者は息巻いているようです」(業界関係者)

しかしこの発表後、ネットでは「マイナーな歴史上人物で見る気がしない!」「女を主人公にする必要はないのでは?」と、歴史上の人材が少ない中、無理やり女主人公ものを作ることで、年々内容がマニアックになってきていると放送前から批判が殺到しているという。

「ここ数年、NHK大河ドラマは男性と女性が交互に主役を務めています。そのため視聴者からは『男女交互の流れに縛られて作る必要はないのでは?』との声があがっているのです。ほかにも、井伊直虎という人物が一般的にマイナーであるために、視聴者の興味を惹きつけることができるのか。そして脚本家である森下佳子の代表作は、原作ありきの作品が多いため、オリジナル要素を多く取り入れる大河で、1年も話を持たせることができるのか、という意見も飛び交っています」(テレビ誌記者)

[アサ芸]



ネットの声を見たところ、「女性が主人公の大河は観ない」という声もありますが、「柴咲コウなら観たい」「マイナーだけど興味深い」等々、好意的なコメントも多く見られました。

確かに、2016年の堺雅人さん主演「真田丸」や2014年の岡田准一さん主演「軍師官兵衛」などと比べると、女性が主人公のものはマイナー過ぎるくらいマイナーです。

大河ドラマは歴史物で、歴史上女性が活躍したエピソードというのは限られますから、女性を主人公にしようとするとどんどんマイナーになってしまうんでしょうね。

しかし「戦国時代の女性領主」というイメージからか、検索すると画像はアニメチックなものばかり出てくるのが気になりますが、確かに興味深いですし、それをあの柴咲コウさんが演じるとなると、同じマイナーでも「八重の桜」や「花燃ゆ」とはちょっと違う印象があります。

※これも…

剣と紅 -
剣と紅 –

[Amazon]

当時25歳の上野さんが6,7歳のころから演じた「江」のように、また、「幕末男子の育て方」なんてヘンなキャッチコピーをつけてしまった井上真央さんの「花燃ゆ」のように、なんだか妙なことをしなければ、そこそこ行くような気もしますが…

さて、どうでしょうか。

※美味しそうな料理がたくさんの柴咲コウさんのインスタグラムはこちらから

芸能人ブログ全集

※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ

【最新ニュース】人気ブログランキング

ひらめき今旬ナビ!最新記事はこちら

◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆

このラーメン198円wwwwwwwwwwww

やすっ