スマホ強奪事件で書類送検後、初の連ドラ主演となった『アルジャーノンに花束を』の視聴率が低迷したまま終了した山下智久さんが、とても危険な状態にはまりつつあると報じられています。



ranking



[楽天市場]


[以下引用



TBSの連続ドラマ「アルジャーノンに花束を」は8.6%と低迷したまま終了。レギュラー出演していたバラエティー番組も終わり、レギュラーで露出があるのはインターFMの朝の10分間番組だけとなってしまった。「一時期は役者以外でも何とか道をと山下の周囲も一生懸命でしたが、いずれも視聴率低迷で打ち切りの連続。役者としては『アルジャーノンに花束を』での演技力は評価されてますが、いかんせん数字が付いてこない。いくらジャニーズだからといっても、先細り感はぬぐえません」とはあるテレビ局関係者。



そんな状況を本人も気にしてか、「山下君は最近、ネットに出てくる自分の評価を気にするようになったと耳にしたんです。自分の名前を入れてどう見られているのか、検索したりしているそうですが、それが本当なら…」と同関係者。いわゆるエゴサーチと呼ばれるようなものをしているようだが、非常に危険とも示唆する。



「タレントなら良くも悪くもいろいろ書かれるわけです。それをいちいち気にしてたら、タレント業なんてやってられないんです。敢えて、気にしてチェックをしている人もいます。客観的に自分自身をうまく分析できたりといい面で使える人もいるそうですから。ただ、大抵はひどいことを書かれて落ち込むし、何を書かれるのかと心配で演技も出来なくなる。ダメになればなるほど、気にしたくなりますが、余計に悪くなっていくんです。心配になっちゃいますよ」と同関係者。



[リアルライブ]




役者以外での活動で打ち切りが連続したってなんのことでしょうね?



今田耕司さんとMCを務めていた『ジェネレーション天国』は確かに2014年で打ち切られましたが、『大人のkiss英語」は今度season3が始まることが発表されていますし、打ち切りとは違いますよね。



とはいえ、先細り感は否めませんが。



ちなみに、演技を酷評されることも多い山下さんですが、こちらにはランクインしていません。



 演技が下手だと思う俳優ランキング!1位はなんと、棒演技を披露したあの…



今後は役者メインでいいのかも。



エゴサーチはしないほうがいいでしょうね。



たまに2ちゃんねるを見ていると公言する芸能人もいますが、かなりハートが強いと思います。



悪く書かれて当然、ファンや冷静な意見だけ参考にする、という心構えでいれば、うまく役立てることもできるかもしれませんが、ネットはその匿名性から辛口なコメントが多いものですし、いくら覚悟していても、傷つけようという意思を持っている言葉にはなかなか対抗できないものです。



近キョリ恋愛 Blu-ray豪華版(初回限定生産) -

近キョリ恋愛 Blu-ray豪華版(初回限定生産) –



[Amazon]


※赤西仁さんのインスタグラムはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング