『杉原千畝 スギハラチウネ』の製作報告会見における、小雪さんの「私も親になって初めて人間にさせていただいたと思っている」という発言が配慮がないとして炎上しています。



ranking



※2015年7月に第三子を出産します。



[楽天市場]


[以下引用]


千畝の妻を演じた小雪さんは、ポーランドで「千畝さんのことを熟知されている方が多くて驚いた」と語り「日本でもまだご存じない方も多いと思います。自分たちがどういう人生を生きているのか? ということを問う作品になればと思います」と語った。



小雪さんが演じる幸子は千畝との間に生まれた3人の子どもたちを育て上げたが、小雪さんも現在第三子を妊娠中。幸子という役について「根底が明るい人間であり、彼女も外国で彼女らしく生きられる人だと感じました。3人の子を育てた、たくましさと日本の女性の柔らかさを兼ね備えている人と感じながら演じました」と語り、現在の自らにも重ね合わせ「(小雪さん自身も)強くならざるを得ないですよね。女優としても女性としてもいろんな経験をさせていただいて、自分にとってプラスになっていると思います。親になって初めて人間にさせていただいているなと感じます。自分ひとりで生きてきたような錯覚に陥ることがありますが、親がいて、周りがいて、いろんなことを体験して、苦労したり、我慢したり、みんなの力を借りて生きてこられたんだなと感じています」としみじみと語った。



[シネマトゥデイ]




「私も親になって初めて人間にさせていただいている」という部分が、「余計なことを言わないほうが」「不妊の人に失礼」「子供を産めない女性は人間じゃないとでも?」といった反発を呼んでいます。



共演の唐沢寿明さんは子どもがいないという点を指摘し、「配慮がない」とするコメントもありました。



「自分ひとりで生きてきたような錯覚に陥ることがありますが」以降の発言も踏まえると、あくまで小雪さん自身についての発言で、自虐の意味が強いというのはわかるのですが、配慮が足りないと言われるのもわかります。



「成長できた」ではなく「人間になれた」ですからね。



2011年に結婚してでき婚が疑われるくらいの早さで妊娠し2012年1月に出産、翌2013年1月に第二子を出産し、現在第三子妊娠中の小雪さんにとっては、世の中にはなかなか授からない人もいるということはあまり実感がないのかもしれません。



そういえば、小雪さんには、犬を連れて二子玉川の高島屋内を闊歩、値引きを始めたとか、楽屋から加湿器や美顔器を持ち帰るとか、ええ!というようなエピソードが幾つかあります。



 小雪、結婚前の醜態!オヤジ顔負けのガサツな性格に近所の主婦もア然



 小雪は計画的な泥棒の常習犯だと友近が暴露



「親になり人間になった」今後はきっと、そういった話もなくなるんでしょうね。



※「日本のシンドラー」と言われています。



杉原千畝―六千人の命を救った外交官 (小学館版 学習まんが人物館) -

杉原千畝―六千人の命を救った外交官 (小学館版 学習まんが人物館) –



[Amazon]


※小雪さんの姉・弥生さんのブログはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング