木村拓哉さんのテレ朝初主演連ドラ『アイムホーム』が4月16日にスタートしますが、その放送を前にして、これまでにない稼働率で番宣に参加、しかもギャラが発生していないということで、周囲の関係者を驚かせているとか。



ranking



※原作です



[楽天市場]


[以下引用]


「11日は『SmaSTATION!!』、12日には『パネルクイズアタック25』で木村自らがクイズを出題。14日には『林修の今でしょ!講座 3時間スペシャル』で自ら実験台となって脳の機能を徹底解明した。さらにドラマが放映される16日は情報番組を全てジャックするばかりか、『世界フィギュアスケート国別対抗戦2015』にもゲストとして登場し、ドラマをPRする予定なのです。フジやTBSでもやったことのない稼働率の高さに誰もが驚いています」(制作会社プロデューサー)



これほど木村が番組PRに協力するとなれば当然、莫大な出演料が生じるはずなのだが、「今回はスタイリストとメーク代のみでほぼゼロ。とにかく、浮いたお金はぜんぶ制作費に回して欲しいという木村サイドの要望を反映したからです」(テレビ関係者)。



木村の希望がかなったのか、実際に同ドラマの出演者は妻役の上戸彩をはじめ、西田敏行、水野美紀、田中圭、新井浩文、光石研、渡辺いっけい、及川光博など、映画がまるまる2本は撮影できそうな豪華レギュラー陣に加え、さらに毎回、ゲストが登場。



「初回は香川照之、第2話には、ココリコの田中直樹、第3話には蓮佛美沙子らがメーンゲストで登場。ほかにも、第1話には高級クラブのママ役で高岡早紀、第2話には西岡徳馬、そして第3話には寺田農らが脇を固める。一話の総制作費は7000万円オーバーとも言われている」(テレビ関係者=前出)



[ゲンダイネット]




凄いですね、一話7000万円オーバー。



全10話か11話かまだわかりませんが、テレ朝としても相当気合が入っていることがわかります。



様々な番宣もご苦労様なのですが、フィギュアスケートはまたびっくり。



フィギュアスケートの放送が終了したあとの21時からが『アイムホーム』なので外せなかったのかもしれませんが、逆にここまでやったらより一層ハードルがあがるような。



でもキムタクは何をやってもやらなくてもいつだってハードルは高いですし、やれるだけのことを全力でやるしかないですよね。



※こちらも初回は22.2%



南極大陸 DVD-BOX -

南極大陸 DVD-BOX –



[Amazon]


ただやれるだけのことをやるにしても何もほぼボランティアで番宣しなくても…と思うのですが、キムタクにとってこのドラマでは絶対コケられない背水の陣であり、その背景にはSMAP自体の凋落があるんだとか。



[以下引用]


「一部週刊誌上でジャニーズ事務所の“女帝”と呼ばれるメリー喜多川副社長が、後継者に一人娘の藤島ジュリー景子副社長を指名したことが尾を引いている。この報道以降、各テレビ局はSMAPのチーフマネジャーのI女史ではなく、一斉にジュリー氏に擦り寄り始めた。もし、今作で木村が結果を出せなければ視聴率神話は崩壊するし、事務所内の序列にも影響する。既に同じSMAPの中居正広が司会の音楽番組『UTAGE!』(TBS系)は視聴率不振で打ち切り話が出ているし、3月まで放送されていた草彅剛のドラマ『銭の戦争』(フジ系)も健闘はしたが大ヒットには程遠かった。テレビ界でSMAPがオワコン(終わったコンテンツ)の烙印を押されてしまう危機なのです」(芸能関係者)



ドラマ界では常勝街道を歩んできた木村にとっては初めての崖っぷち。背水の陣で臨む「アイムホーム」は初回視聴率20%の及第点をクリアできるのか。



[ゲンダイネット]




うーんやっぱりキムタクに求められる及第点は初回20%なんですね。



テレ朝の木曜21時は米倉涼子さんの『ドクターX』が放送されていた枠で、2014年10月から放送された3作目は確かに初回21.3%。その後一度も10%台になることなく最終話は27.4%。全話平均視聴率は22.9%という数字を記録しています。



前クールの『DOCTORS3』は初回14.6%で全話平均視聴率が14.3%で1月クールのドラマの中ではトップの視聴率でした。



数字的には恵まれた枠に思えますが、それでも昨年の4月クールの小栗旬さん主演の『BOADER』は9.7%スタートで、その後は右肩上がりを見せたものの最終的に全話平均は12.16%。



7月クールの武井咲さん主演『ゼロの真実』は13.1%でスタートしたもののその後伸びず10.47%に終わりました。



枠が優秀なのではなくて、やっぱり作品次第なんですね。



ところで、現副社長であるメリー喜多川さんがジュリー藤島さんを次期社長だと明言して、テレビ各局がジュリー派になびいたというのは以前から報じられていました。



 テレビ各局が飯島担当を廃止してジュリー派支持へ!メリー喜多川の「派閥なんてない」発言を受けてSMAPが苦境に



それは当然の流れだと思うのですが、社長が誰であろうと、テレビ局にしたら、結果を出してくれさえすれば何派でもいい、っていうものじゃないんでしょうかねー?



ジャニーズに限らず、今どき常に初回20%超えを期待されるのなんて芸能界を見回してもキムタクくらいでは。



今の高視聴率女優である米倉涼子さんも、『ドクターX』以外のドラマに出演するときに、20%というハードルがあるかどうか。またもし設定されたとして、20%いかなかったとしても、そんなに叩かれないような気がします。



それだけ木村拓哉という人の過去の実績が買われているんでしょうね。



ジュリー派といえば嵐や関ジャニ∞、TOKIOなどですが、その中から誰か、今すぐとはいいませんが、今後初回20%というハードルを設けるられるような人が出てきますかね。



ひらめき木村拓哉ってやっぱりすごかったんだなー



という話→ reading geinou ranking



という話→ ranking geinou reading



※元妻役の水野美紀さんのブログはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング