長く静かに噂されてきた加藤茶さんの認知症疑惑に週刊新潮が結論を出しました。



加藤茶さんの変貌ぶりは認知症の影響ではなく、妻・綾菜さんのネグレクトに苦しんだ結果だと言うのです。



ranking



[楽天市場]




2011年、45歳という年の差婚で注目を集めた結婚当初は、チキン南蛮とプルコギが同時に食卓に並ぶような、加藤さんの健康を度外視した綾菜さんの手料理が並ぶ食卓が話題でした。



加藤さんは高齢な上に2006年に大動脈解離という難病を患い、その後も定期的な経過観察が必要な身なのに、必要以上にボリューミーな食事では加藤さんの命を縮めてしまう、ということで、ネットでは非難轟々。



それが最近は野菜中心のヘルシーな食事に変わって、良かったね、加トちゃん。



とは単純に言えないようで…



[以下引用]


夫妻を知る関係者が声を潜めて明かす。



「実は、加藤さんは周囲に“あの子の作る食事は口に合わない。テンションにもついていけない”と漏らしているんです。綾菜さんが努力しているのはわかりますが、お爺ちゃんと孫娘でも通るほど年齢の離れた夫婦ですから、加藤さんが味付けに不満を抱くこともあるでしょう。ただ、“婦唱夫随”の家庭なので、手料理への文句は言えないと思います」



加トちゃんの頭痛のタネは食事以外にも及んでいるという。



「夫婦の自宅を綾菜さんの若い男友達が訪れることもしばしば。それも、EXILEのメンバーのように浅黒く日焼けした連中なので加藤さんと話が合うわけもない。家庭内に居場所がなくなった加藤さんは塞ぎこむことが増えた。結果、精神科に通院するほど追い込まれてしまったのです」(同)



[週刊新潮]




食事について文句は言えないとはいえ、日々のことですからね…。



自宅に男友達が訪れることについて、加藤さんはブログで「オイラの家はセキュリティーが厳しいから嫁さんの友達は出入りはできないよ。親族以外は出入りしてないよ。」と否定していましたが、実際写真が出てますしねえ。



ひらめき親族以外は出入りなしって…



これみんな親族? → ranking reading reading ranking



そして精神科への通院。



つまり、加藤さんはうつ状態なんでしょうか。



加藤さんの変貌ぶりは以前から報じられていました。



例えばパチンコ営業のときの無表情ぶりや、テレビでの反応の悪さなど。



 加藤茶に現場から「もう来ないで」!命綱のパチンコ営業が風前の灯で家計が火の車



とくに話題になったのが、昨年の6月に出演したNHKの『鶴瓶の家族に乾杯』でした。



うつろな目でぼーっと一点を見つめる加藤さんに、鶴瓶さんが「大丈夫ですか?」「もっと早く話してください」などと声を掛けることも多く、視聴者も「やはり認知症では」と不安になるほど。



その後の綾菜さんや事務所の対応も疑問が残りました。



 加藤茶の認知症疑惑に妻は「風邪」事務所は「あれでいい」



※DVDに収録されることはなさそう…



■笑福亭鶴瓶 3DVD【鶴瓶の家族に乾杯”再会編”】12/3/7発売【楽ギフ_包装選択】 - アットマークジュエリーMusic

■笑福亭鶴瓶 3DVD【鶴瓶の家族に乾杯”再会編”】12/3/7発売【楽ギフ_包装選択】 – アットマークジュエリーMusic



[楽天市場]


しかし、昨年末のバラエティ番組の企画で加藤さんの脳をMRI検査したところ、現時点で認知症を疑う要素は出ませんでした。



ということは、あの変貌の原因は夫婦関係ということに…?



[以下引用]


先の関係者が続ける。



通院を含めた加藤さんのプライベートの移動はマネージャー任せで、綾菜さんはほとんど付き添っていません。その一方、自身がプロデュースするファッション通販サイトの運営には熱心。ほとんど“介護”放棄、ネグレクト状態なんです。06年の大手術の時は、既に離婚していた前妻がつきっきりで加藤さんを看病したものですが…」



所属事務所であるイザワオフィスの担当者によれば、



「定期的に診察を受けている先生が精神面のケアをする資格を持っているのは事実ですが、加藤は塞ぎこんでいません。夫婦仲も問題ないと聞いています」



[週刊新潮]




通院を含めたプライベートの移動に綾菜さんが付き添っていないというのが本当なら、2月に週刊文春が病院とマクドナルドを行き来する様子を掲載したときは、数少ない付き添いの時だったんでしょうか。



 加藤茶、格落ちマンションへ引っ越し!収入減で綾菜の散財に耐えられず…?



まあ正直なところ、06年の大手術のときと今は状況が違うとは思います。



あの時は生死を分けるような状況ではありましたが、今はその時と比べればつきっきりで何かをしてあげないといけないほどの状況ではなさそうですし。



でもだからといって、綾菜さんがちょっと奔放だったのかもしれません。



 加藤茶の嫁と楽しんごが花火鑑賞で綾菜の創価学会員説再び



 加藤綾菜のボッタクリが凄い!「Pe」は単なる転売サイト



今もブログを見ると、これ食べたの!?と驚くような生クリームが山盛りのパンケーキの写真を載せ、「オイラは一枚でギブアップ」「オイラはまんじゅう派だよ(笑)」なんて書いてますしねー。



「もはや虐待」という言葉は週刊新潮の記事にあった言葉ですが、45歳差での結婚というのは、よほど気をつけないと世間の目はかなり厳しいということなんでしょうね。



家庭内に居場所がないことが加藤さんをふさぎこませていたならば、そこは改善してあげてほしいです。



ネグレクト -

ネグレクト –



[Amazon]


※加藤茶さんのブログはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング