明石家さんまさんがラジオで百田尚樹さんの『殉愛』についてウソばかりと揶揄したと話題になっています。



ranking



※読み応えあり



[楽天市場]


[以下引用]


さんまは、自身の関係者が「さんまファミリー」という本を出版することになり、その内容のチェックを頼まれているのだと話した。しかし、本にはさんまの失敗談などが書かれているものの、著者本人にとって都合が悪いことは書かれていないという。



さんまは「その本、出たところでインチキですからね。ホンマのこと書かれてないからね」と声を荒らげた。



これを聞いた共演者が「ダメですね」と相づちを打つと、さんまは「でしょ。ダメでしょ。そんな勝手なことしたらダメでしょ。ウソばっかり書いて」とまくし立て、さらには「やしきたかじんさんの奥さんと親戚の関係みたいになるから」と、「殉愛」を暗に「インチキ本」と揶揄。



この発言に、村上ショージは大爆笑。さんまは、話題を「さんまファミリー」の本へと戻し、「『ホントだもん』とか言って今揉めてるんですよ。でも店頭には出てるんでご安心ください」とまとめた。



[トピックニュース]




引用文には「声を荒げた」とかありますが、さんまさんですからあくまで冗談ぽくです。



そんなさんまさんだから言えるんでしょうねー。



ラジオでは、今度知人が本を出すというところで村上ショージさんが「本屋大賞狙ってるみたいですよ」と小さく言っていたのがまた…話の流れからすると偶然なんでしょうけど^^;



※百田さんも受賞しています



海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) -

海賊とよばれた男(上) (講談社文庫) –



[Amazon]


水道橋博士がMXテレビの番組で“騙しの被害”について話題になったとき、「最近だとですね、こっぴどく騙された経験は『殉愛』っていう本ですかね」とネタにしてスタジオが笑いに包まれ、アナウンサーも「あの方のご本ですね?」と若干掘り下げていました。



もしかすると『殉愛』に違和感を持っていた人が、『殉愛の真実』を読んでやっぱりね!と納得して、結果、疑問を声にすることができるようになったのかもしれませんね。



今度はMXテレビではない全国放送の番組で誰かネタにしたらいいのに。鶴瓶さんでも。



ところでその話題の百田尚樹さんは本日断筆宣言をしました。



 【文芸】作家の百田尚樹氏が断筆宣言…来年還暦を機に引退



逆風を感じ始めたのかと思いきや、理由は出版関係者が本が売れなくなったと言うからだそうで。



「売れなくなる前に辞める」という、潔いんだかなんだかわからない感じですが、断筆がニュースになると、やっぱり辞めるの止めたと断筆宣言を撤回しています。



『殉愛の真実』を読むと、百田さんが作家を続けられるのか心配になっちゃう感じですが…



百田さんがベストセラー作家でなくなると、さらに逆風は強くなるでしょうね。



※いまるさんのインスタグラムはこちらから



芸能人ブログ全集



※最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ



【最新ニュース】人気ブログランキング



◆◆◆ 気になるニュース ◆◆◆



洋食屋店主の俺が簡単に作れる手抜きレシピを教える



夜中におなかすく